ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!リスボンに1:0で勝利しCLグループ突破!試合後コメントまとめ《ドイツの反応》





【西ドイツアルゲマイネ】

BVB試合後コメント


entry_img_1312.jpg


BVBコーチトゥヘル、“ものすごく難しく感じていた。”


ドルトムント:BVBはリスボンに勝利し、チャンピオンズリーグベスト16進出を決めた。非常にハードな仕事だった。試合後のコメント。


スポンサーリンク





トーマス・トゥヘル 

“我々にとってものすごく難しく感じられた。我々はどの時間帯も、当たり前のように自分たちのプレーをすることがなかった。守備においてもミスが多かった。4試合が終わって次のラウンドに進んだね。何人かの選手は実戦経験を積むことができたが、彼らを出場させるのには少しばかり慎重だった。結果は喜んで受け入れたい。”




ギンター

“あんまりうまくいかない試合だったことには(見ている人は)気が付いたと思う。祭りのような試合じゃなかったけれど、勝てたのは良かった。”




ヴァイグル

“このような勝利がより闘志を与えてくれる。勝てて幸せです。”



201611030811340e4.jpg


ツォルク

“我々は、普段のプレーとくらべて相手を圧倒することができなかった。だけど最終的に1:0で勝利し、4試合でベスト16入りを決めたのは、我々のパフォーマンスを表していると思う。チームは難しい状況だった。だけど土曜日にはまったく違う試合があるね。我々はハンブルクではいつも苦労している。今日よりもエネルギーが必要だね。”



20161103081133445.jpg






以上です。

管理人は最後の10分しか見ることができませんでしたが、なかなか見ている方も、ストレスがたまる試合だったようですね。

ドルトムントの戦術に関しては、試合後にオリバー・カーンも頭を抱えていました。途中からゲレイロを中にしたこととか、5バックにしたこととか、ゲッツェ・カストロを下げたこととか、とにかく戦術面に関しては腑に落ちないところがあったようですが、いかんせん、試合をみていないので管理人にはこれ以上は分かりません・・・。

とにかく勝てて良かったです。これで冬休み以降も、チャンピオンズリーグが見られますからね!楽しみが伸びました!!

さて、次は苦手なハンブルク戦ですね。なんとか勝って、不調を脱出してほしいです。



【おまけ今日のドイツ】

20161103081427249.jpg


アップルパイ
[ 2016/11/03 08:18 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(17)
特に後半はリスボンにおされてた。
負けてもおかしくない試合だった。
[ 2016/11/03 08:35 ] [ 編集 ]
決定機とか連携はリスボン。ただ最後の精度がなくラモスの一発に沈んだ形。カーンが頭を抱えたのも不思議じゃない内容でした。ちなみにオバメが怪我やら懲罰やら言われてますが、どうなんでしょう。
[ 2016/11/03 08:41 ] [ 編集 ]
ん〜今回の試合は見てないんですが、
戦術イジり過ぎ感がハンパないんですよね。

[ 2016/11/03 09:03 ] [ 編集 ]
ドルはホームなのに後ろに人数かけるつまんないゲームだったけど、今までのこと考えると、つか先のこと考えるとこれでよかったんじゃないですか。

フォーメーションは4141だったんだけど、カストロが前後のバランスとって、必要に応じてダブルボランチ気味にしてプレーしてた。香川の代役だな。おかげで味方同士カバーリングができるくらいに間は閉まったし、人数余ってたから前から簡単にプレス食うこともなかった。だから余裕で長いパスが出せて得点できた。

とはいえ、バルトラのとこがまだまだ甘い。何度かスルーパス狙われたし、最終的に5バック気味にせざるを得なかった。

まー、一気に問題が解決するわけでもないので、しっかりやることを積み重ねてもらえればいいですね。休み明けのリーガは上位のいくつかと当たるんでね。
[ 2016/11/03 09:44 ] [ 編集 ]
前半はいつものごとくデンベレが癌で、ついに後半すぐにデンベレを交代。シュールレが入ってやっとボールが回るようになりました。
ところがその後の交代や戦術はひどく、選手が困惑してましたよ。ゲレイロが前に行くのはいいとしても、シュールレがSBやってましたね。
相手の決定力の無さに助けられた感じです。ゲーゲンプレスとかドルの面白さはもう無くなりましたねえ・・・。
[ 2016/11/03 10:12 ] [ 編集 ]
管理人さんのスイーツ いつも美味しそうですね。
実りの秋なのに、実る気配なしのドルトムント。いつまでこれが続くのか。

それにしてもオーバはどうしたのでしょう。ミーティング中に携帯電話をしてたとかなんとかという記事をみましたが、そんなに深刻な感じだったのでしょうか?
デンベレは練習中に携帯を隠し持っていたのをトウヘルに見つかり笑いをとっていた程度で終わっていたけれど。

大人の主力選手はみせしめ的なことがあるのか。事実がわからないから適当なことは言えないし、多分オーバが悪いのは分かるけれど、トゥヘルが相当ヒステリー状態なのも分かる。余裕のなさがひしひしと伝わってくる。昨年に引き続き、人気選手を使っての恐怖政治続行中。
[ 2016/11/03 10:57 ] [ 編集 ]
やはりオーバの事が気になりますね。
[ 2016/11/03 11:05 ] [ 編集 ]
病気や怪我以外の理由でベンチ外になったオーバメヤンの事が凄く気になります・・・
どこからどうみても良い奴のオーラが出まくってる彼がチーム内で喧嘩なんかする訳無いでしょうし一体何なのか
[ 2016/11/03 11:10 ] [ 編集 ]
アップルパイ美味しそう^^
勝ててよかったよかった。そして香川は治りかけですということで代表に行かないでくれ。
[ 2016/11/03 12:16 ] [ 編集 ]
トゥヘルの言う自分たちのサッカーって何なんでしょうか?
今シーズン大量得点で勝った試合ですら内容にもやもやしたものを感じる身としてはトゥヘルとはサッカー観がかけ離れているから理解できないのかもしれないと思いました

怪我人が戻ってきてどうこうと言う問題ではないと思うのです

以前はゲームじゃないんだからと苦笑いでしたが、今ではゲームだってそんな都合良く動かないでしょと困惑してしまいます
[ 2016/11/03 12:37 ] [ 編集 ]
ドルトムントのサッカーが面白い面白くないは別にして一応1-0で勝ってる
まだ何も動かないと思うね
[ 2016/11/03 14:42 ] [ 編集 ]
実験好きにはたまらないんですけどね
シュールレが完全復活すれはもう少し実験以外のところでも楽しめるであろう
ロイスはいつになるのやら
[ 2016/11/03 15:04 ] [ 編集 ]
 リスボンは3バックで開始していたので、BVBの右サイドで数的有利を作り、SBギンターが躍動して良いチャンスを作っていた。その後、リスボンが4バックに修正するとBVBはチャンスを作ることが出来なくなる。トゥヘル監督は3バックを指示したものの、どう3バックにするのか曖昧でBVBは長い時間混乱することに。ほぼ5バックの状態で時間を浪費して試合は終了。大敗しても不思議ではない内容。

 変に多くの制約をかけた指示を与えてるから、相手が対応してきたり、こちらが対応したりして、柔軟に動きを変えなければならない時に、それが出来ないように見える。デンベレのような若すぎる選手を除いて、もっと選手を信用して、選手の判断で動けるようにしていいと思う。サッカーって自分のアイデアや判断を実行して共有して楽しむスポーツで、それを奪ってしまうと選手達が楽しくないと思うんです。私はBVBの選手達が楽しそうにプレーしてる姿を観たい。

 相手さんのルベンセメドという若いDF、彼はなかなか面白いですね。トゥヘル監督には合わないと思うけど、クロップの元なら活躍できそう。彼をリバプールで観たいと思いました。
[ 2016/11/03 16:38 ] [ 編集 ]
カストロがバランスとってヴァイグルのフォローしていた???同じ試合を見ても印象は人によって違いますね。私は、ヴァイグルは孤立する事が多く、対策を取られて相手に囲まれて前にボールを運べづず後ろで回してからバルトラが前にロングボールを入れて、競って相手に渡ってまた攻め込まれる…の繰り返しに見えました。
カストロは思い出したように下がってきますが効果的なフォローは少なく、後半諦めてゲレイロがフォロー役をさせられていました。が3バックで守備が不安定になり、結局逃げ切りを図って、守備では役に立っていなかったゲッツェとカストロを下げて、ピスチェク、ローデで5バックにしてゲレイロもSBに戻し、これでかなり安定しましたがトゥヘル的にはボール回してポゼッション高めて時間稼ぎのつもりが、中々ポゼッションしきれずシュートまで持っていかれて危ないシーンも有り…

つくづく香川の不在でゲームコントロール出来なかったと感じましたよ。
前のアウエー戦と比べて、スタメンはオバ→ラモス、香川→カストロ、パスラック→ゲレイロ、以外は全て同じ。
ホームアドヴァンテージやゲレイロが入った事を考えても、香川>>カストロだったよ。
[ 2016/11/03 22:34 ] [ 編集 ]
変に位置固定せず流動的に攻守を切り替え必要に応じ前後へスプリントする選手が中盤にいるとフォーメーションと安定する
ゲッツェカストロはその役割を全うしていましたね
そういう意味では香川は監督の指示を忠実に守り前へ展開をするべきだったかと
あとゲッツェの復調も感じられたのはいい知らせかと
シュールレもボールを回せる時点でチームに変化をもたらした
IHとサイドに関しては完全に明暗がわかれたように感じます
デンベレは育成枠にするくらいが丁度いいが突破力は魅力的なのが迷いどころ
なぜトゥヘルはデンベレの突破後のプレーを修正しないのだろうか
問題点を取りに来れないほかの選手と考えているのか・・・
ホストプレーに関してはラモスの方がいいのだろうか

ただし後半からはいつものダメなパターンになっていましたね
サイドのプレー選択肢の乏しさ
対策される→対応するの後のちぐはぐさ
本職のはずであるゲレイロSBバルトラCBの特に守備における不安定さ

とにかくGL突破できてよかった
後は問題点を解決してくれる事を祈るばかりです
[ 2016/11/03 23:28 ] [ 編集 ]
上の方のコメントだと、カストロは香川より良かったのか?自分は試合を見てないのですが、見る人によって全く違うのは?メディアの採点も同じ。
監督のタスクも指示も違うからなんでしょうか?やっぱり自分の目で見てないとわからない(今回は録画し損ねた)
まあシャルケ戦は、香川途中から足痛めてたみたいだしね
[ 2016/11/04 07:24 ] [ 編集 ]
うーん…
トゥヘルはゲームのサッカーでもしてるのかな。

ゲームのように指示したことがすぐ試合中反映されるのを選手に求めるのは酷なのでは。

そもそもこれだけ選手を抱え込んで、連携構築が薄い上に選択と集中をしない中、自然と流動的に且つ迅速に、かなりの決まり事のあるトゥヘルが指定した戦術をこなすって無理がある。
今季大量の新参者や若手を抱えるなら尚更。

トゥヘルの理想ではなく、現段階のチーム事情に則した現実的なチームマネジメントをして欲しい。

このままだとトゥヘルはトゥヘルでイライラだし、選手だって監督に対して不信になってチープが崩壊してしまうんではないかと不安。
[ 2016/11/05 15:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。