ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川はチャンスを逃してしまった!」特集記事《ドイツの反応》



ゴール・コムドイツ語版


香川がボルシア・ドルトムントで偉大であった時はとうに過ぎ去った。彼は次なる試練においても納得のいくパフォーマンスを見せられていない。そして再びベンチ入りの危機となっている。


entry_img_1316.jpg
引用元:ゴール・コム


火曜日の午前中にボルシア・ドルトムントのトレーニング場の前で目にした光景は、非常に滑稽なものだった。そこにいたジャーナリストたちは、負傷者以外はみんなトレーニングに参加していると思っていたのだ。そしてその少し後で、土曜日のレヴィーアダービーに出場したとある選手が欠けている事に気が付いた。香川真司がいなかったのだ。後になってから気が付いた理由としては、彼が小さくて、大きな選手たちに隠れているだけだと思ってしまったかもしれないが、もしかしたら、どうせ目立たないだろう、という印象のせいでもあるかもしれない。


スポンサーリンク




なぜならこの27歳は、ここ数週間特に目立ってはいないからだ。カストロやゲレイロが負傷で休まなければならなかった間、香川は出場時間を得ることができた。しかし彼は、そこでアピールすることに失敗した。マリオ・ゲッツェの隣でプレーしたが彼は消えてしまし、ほとんど試合に関与することができなかったのだ。彼はトーマス・トゥヘルの下では出場時間を得るために戦わなければならない。しかしフィールド上の彼はゴール前で脅威となる事は全くなく、ボルシアの攻撃が活性化した時は、一列目の観客となってしまっている。水曜日のCLリスボン戦での彼はくるぶしの晴れのためベンチ外となりスタンド観戦となった。



香川は機能しない

これまでのスポルティング・リスボン戦、そしてインゴルシュタット戦、シャルケ戦における苦い結果:彼を入れた中盤のフォーメーションは正しく機能しないという事だ。香川は、本来であれば落ち着きと視野をもってプレーをコントロールする事で有名だった。ボール際でのクオリティーはトゥヘルも評価している。しかし彼はこれを活かすことをほとんどしない。彼は現在では一対一で相手を抜かすことがほとんどできていない。たった対人勝率はたった41,7パーセントだ。

そして彼は今では相手にとって危険なパサーではなくなっており、相手ゴール前で脅威となることは非常に稀だ。香川は自陣深くからボールをもらいに来て、素早い体の動きで相手をかわすことはできるが、ファイナルサードに達すると、その勢いは止まってしまう。




データが香川に不利な状況を証明


香川は今でもパスが安定している。彼のパス成功率は89.3%だ。相手陣内だけなら89.7%に達している。しかしそれ以上深いところへのパスはほとんど見られない。彼は危険を犯さなくて済むように、斜めのパスや、バックパスを好む。そしてそれはシュート数にも表れている。これまでのリーガ6試合でゴールは見られず、それはアシストも同様だ。いずれにせよ、彼はチームメートのシュートは5本アシストしているが・・。

チーム内での競争相手と比較してみると、攻撃的な選手としては明らかに少なすぎる。ゴンザロ・カストロを例に挙げれば、彼はリーガで2ゴール4アシストを記録している。さらにシュートのアシスト数は15本だ。またゲレイロはこれまで304分出場しており、これは香川よりも少ないが、すでに2ゴール2アシストを決めている。唯一マリオ・ゲッツェだけが香川同様、影響力が薄い。

香川がゲッツェの隣で旋風を巻き起こし、勝利を重ねて成功を収めた時代はとっくに過ぎ去った。マンチェスター・ユナイテッドでの不運な時を経て、彼は未だに昔の軽やかさを取り戻すことができないでいる。本来であれば、このテクニックに優れた選手にとって今シーズンの始まりは良いものだった。彼はトリーア戦で2ゴールを挙げたのだ。トーマス・トゥヘル監督も当時香川を褒めている。“今シーズンのパフォーマンスは素晴らしいね。昨シーズンの終盤もそうだった。”それに加えて、トゥヘルにとって香川は“トレーニングを無駄にしたように感じることが一度もなく、みんなのお手本となっている。”ようだ。




ベンチ入りの危機

しかしこうしたみんなのお手本も、またベンチから試合も見るしかなくなるだろう。なぜならカストロ、ゲレイロ、シュルレが帰って来るからだ。トゥヘルはシーズン序盤に成功を収めたメンバーをまた起用する事だろう。さらにチャンピオンズリーグリスボン戦には負傷で欠場することになっている(注:記事は11月2日のもの)。

いずれにせよ香川は今後あまり重要な役割をはたさないであろう。ツォルクはかつてキッカーに対して、“意図的に様々なポジションでチーム内での競争が激しくなるようにした。”と語っている。

現時点では香川は、今回の試練にも関わらず、激しい競争の犠牲者となってしまったように見られる。スタメンで出場するのはおそらくかなり先の事となるだろう。多くの負傷者が帰ってきたら彼は長い間ベンチ生活となる可能性もある。トゥヘルは最近“新たな役割を見つけなければならない。”と語っていた。香川はこのチャンスを逃してしまったようだ。







以上です。

このような記事を読むのは残念ですね・・・・。

ですが、取り上げられておりましたので訳しました・・・。このゴルコムの記者は定期的に香川選手の記事を取り上げているんですが、いつもだいたい他のメディアが取り上げた波にのって取り上げているので、記事はその2番煎じな感じは否めません。今回も先に紹介しましたキッカーを受けての記事となります。

このように大体の記者はキッカーやビルトなどの先に上がった記事を追従するような形で似たような記事を量産していきますね。そしてそのようにして、良いにしろ悪いにしろ印象というのもが拡大されていきます。

まあそれもメディアの性格の一つですね。良い時はその良さがものすごい速さで大きくなりますし、今回のような場合だと、香川選手の不調なイメージがどんどんと増幅されてしまいます。
ファンとしては活躍を願っていますが、もしインタビューのチャンスなどがあったら、批判に対して自分の意見を述べるぐらいの事はしても良いかな、と思います。香川選手は自分では満足していないという発言を繰り返ししていますが、昨シーズンは9ゴール9アシストだったという成果も同じぐらい強調する事も大事ですね。そういう印象もしっかり残すのは大事ですよね。



[ 2016/11/05 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(48)
お疲れ様です
チームが機能しないと真っ先にスケープゴートにされてしまいますね
これはマンチェスターユナイテッド2年目からずーっとですよ
ただ、以前は香川選手が不調と言われていても崩壊したチーム状況においてはいないとダメいるとマシになるだったのですが、
今はいないとダメいてもダメという最悪の状況
それはそうですよね、香川選手が自由に動いて穴埋めすると交代させられてしまいますから・・・
[ 2016/11/05 06:46 ] [ 編集 ]
キッカーの記事に記者の願望を足したような記事ですね
冒頭の部分は批判ではなくただの誹謗中傷になっているので改めてほしいですね

ところで管理人さんにお聞きしたいのですが香川と誰かを比べての記事はよく見かけますが
たとえばゲッツェとカストロ、ゲッツェとゲレイロ、カストロとゲレイロというように選手を比べて
どちらかを批判する記事っていうのは現地ではあるんでしょうか?香川と同じ頻度で
それが少し気になりました
[ 2016/11/05 06:50 ] [ 編集 ]
戦術オタクの下では機能しない
[ 2016/11/05 06:51 ] [ 編集 ]
監督の新たな役割を見つけなくてはならないという発言を記事最後に取り上げているのであれば、自らそこに含みを持たせているので、香川が余り試合に影響を与えていないのは自身に要素はある、しかし新たな役割を与えてられ試行錯誤している可能性もあると記事を結ぶのが良かったのかなと。香川の試合後のコメントもあり、監督と話し合いを持つでしょうし、ハードル上げたので、これから先は戦術がというより香川がどう変わるかに焦点を当てて見ていこうと思います。
[ 2016/11/05 07:18 ] [ 編集 ]
>みんなのお手本
>意図的に様々なポジションでチーム内の競争が激しくなるようにした。

リーダー的な役割をしていかねば。監督は自分には厳しいし、多くに事を求められる(香川談)
つまり、期待の裏返しだよね。メディアが厳しいのも同じ。まあこれからですね、私は期待してます。

香川自身、こういう事に慣れて来て動じないメンタルを感じてます。前から言い訳はしたくないと言っていて、自分を擁護するような言動を聞いたことが有りませんから、そういう事は言わないでしょうね。彼はどんなに良い時でも、自分に満足することを恐れているようで、必ず課題を口にする人です。
だから、ファンが代わって言い訳して、ネットでは嫌われる(笑)
[ 2016/11/05 07:35 ] [ 編集 ]
香川の失敗はエゴを出せなかったこと。他の連中が連携無視してアピール合戦に勤しんだとき、チームのことなんか無視してアピール合戦に加わるべきだった。

本来は駄目なことだけど、そういうことを評価しちゃう監督の下でプレーしているってことを理解できていなかった。結果、負の連鎖に陥って思い切ったプレーをする余裕までなくなっている。

あるいは連携を重視するのであればアピール合戦をする連中を怒鳴りつけてでもやめさせるべきだった。本来は監督やキャプテンの仕事だけどね。目先の長続きしない活躍と勝利のためではなく、長期的な視点でプレーをしろと。

活躍しないとスケープゴートにされるのだから、非常時に和をもって尊しなんてやっているべきではなかった。プロ生活は裏を返せば過酷な生存競争の連続なんだし。
[ 2016/11/05 07:56 ] [ 編集 ]
7:35さん!まさにそれですね!笑。
ファンが代わりに言い訳して、あげくウザがられて嫌われるという。笑。

記事については、まあそういう流れになってるんだろうなと思ってるので、ある程度は仕方ないと思いますが……

実際はヴァイグルと共に守備的MFをやってるようなものだから、攻撃に絡まないといってアレコレ言われるのがキツいです。このポジションをやる専門家としてローデを取ったはずなのに、ローデより香川の方が機能するんだから仕方ないところですね。

それに攻撃に出ようとしてサイドにしか出せないから出すと、ボールは戻って来ないですしね。

あ、またファンが言い訳してる。笑。
[ 2016/11/05 08:14 ] [ 編集 ]
香川はもっと自己アピールしても良いと思う。自分の課題を地元メディアに言っても自信がないと思われるだけ。それと日本人記者の存在ももちろん大事だけど地元メディアも大切にした方が良いのでは。媚びる必要はないが何を考えているのかわからないから好き勝手に書かれるというのもあるのでは。
[ 2016/11/05 08:33 ] [ 編集 ]
7:35 同感です。最後のネット…笑ってしまいました。自分もただただ応援するのみです!
[ 2016/11/05 08:36 ] [ 編集 ]
まあ自信を失ってるのは間違いないが
それにしても岡崎みたいに干されてもいいから点を取りに行くとか覚悟がないよ
デンベレみたいに、一人で突っ込むべき
[ 2016/11/05 08:40 ] [ 編集 ]
今季出場機会が減っているのは当然でしょうね。誰が監督でも今の香川は起用しないでしょう。
だからこそ冬に移籍して欲しいです。まだブンデス中位、プレミア中位なら試合には出れると思うので。
[ 2016/11/05 08:50 ] [ 編集 ]
なぜスケープゴートにされていると思うのだろか
今季の香川は本当に見るに堪えないでしょ・・・

チームとしての問題は根深いが香川がアピール出来ずカストロがCLで復帰後香川よりいいパフォーマンス見せたのは事実であって・・・
ゲコンバートされて難しいのかも知れないがレイロもIHの方が適しているように見える
昨季の結果を出すのはいいけど一番大事なのは今だろうに
少なくとも昨季のクオリティがあればこのような記事ばかり出てくるとは思えない

もちろんブンデス初挑戦でなし得たリーガ制覇
バイエルンキラーのイメージが強くそれと比べられているというのはあるが

それだけにアピール出来なかったことが残念でならない
せめて前後にもっと動いてくれないとボールすら来なくなるぞ・・・
[ 2016/11/05 09:17 ] [ 編集 ]
18年6月までの契約だから、水面下での移籍交渉は行われてるんですかね~
リバプール行きたいんかな? 乾や清武の活躍次第ではスペイン行ってほしいけど。
トゥヘルが長期政権になりそうだから、ドルは去ってほしいね。
[ 2016/11/05 09:45 ] [ 編集 ]
こんな記事今まで腐るほど見て来ました。
逆にこんな記事すら書かれなくなったらもう終わりなのでしょう。与えられたポジションで結果出す。
それに向かって、もがいて苦しんで一皮むけたら
嬉しいです。今は与えられた環境で戦うしかないのですから。頑張ってほしいです。
[ 2016/11/05 10:16 ] [ 編集 ]
管理人さんが紹介して下さったキッカーの記事が出た後の経過ですが、この記事の冒頭で書かれている、香川が練習にいなかったのは、元々ルーアの記者が気付いてツイッターで呟いてましたね。
その後ルーアの記者とキッカーの記者がツイッターで香川は日本の記者とプライベートインタビューをしてるから練習にいなかったんじゃないか?笑、という遣り取りをしていました。で、その後にこの記事。
ドイツ人記者は香川が自分達と話をしてくれない、と相当不満を感じているようですね。
しかし申し込まれたインタビューを香川が断っているのでしょうか?問題はそこだと思います。
申し込んでもいなくて、単に香川が日本のジャーナリストと話しているのを見て不満を覚えているのなら、自分達を上に見ているだけです。ゴシップレベルの単なる煽り記事、BVBの不調のスケープゴートにさせられているだけ。
カストロとゲレイロとの比較も前半戦冒頭の数試合に固め打ちしたものとしているので、お腹いっぱいです。
ただ、香川が申し込まれたり聞かれているのを断ったり、無視しているのであれば、この書かれようも自業自得な面はあります。ですが彼の性格上、その可能性は相当低いのではないでしょうか。
日本も同様ですが、印象操作って怖いですね。正直、戦術面以外を取り上げる記事は意味ないと思っています。ゴシップ記事との違いはない。
スポーツ専門であるなら、読む側の人間もそれなりのクオリティを求めてますからね。
[ 2016/11/05 10:44 ] [ 編集 ]
 好不調に関わらず記事にならない選手、絶好調の時だけ記事になる選手、そうした選手が世のサッカー選手の大多数です。不調が記事になるのはそうした選手達とは格が違うってこと。さほどネガティブに考えなくてもいいと思います。
[ 2016/11/05 10:44 ] [ 編集 ]
サッカーメディアはトゥヘルのやってることのチグハグさに疑問を持たないんですかね? カーンなどは疑問を呈してるようですが。
[ 2016/11/05 12:11 ] [ 編集 ]
7:35さんに 全く同意です。
言い訳を 一切しないところが香川選手の好かれるところでもあり ファンとしては じれったいところでもありますよね。
それにしても 相変わらずマンチェスターから帰ってきてずっと不調みたいな記事はなんとかならないですかね。ポジションの変更も 一切考慮しない記事には さすがにウンザリします。
[ 2016/11/05 12:27 ] [ 編集 ]
分析されてるスタッツの部分は事実だしでもまだ期待されてるんだと思いますけどね
対人は言わずもがなでパス成功率の部分は良くも悪くもまさにそうですし
でも取り上げられるだけサッカー選手として死んでないと思います
不可解なオブジェとか言われてないだけ全然良い

カストロも波があるしゲレイロをIHで使う余裕が今ない現状チャンスは全然あります
ただ出れるチャンスで小さな怪我や代表招集などで欠場してるのが痛いですね
後半戦からでいいのでロイスやゲッツェと横並びで近い距離でプレーして欲しいです
[ 2016/11/05 12:53 ] [ 編集 ]
日本のメディアだけが場に合ってない事や的外れな記事を書いてるわけじゃないって事ですね
サッカーの本場ならそれらの変てこ記事は日本より更に多いでしょうから
権威に胡坐かいてる奴らの方が増長してるんじゃないんですか?
[ 2016/11/05 13:16 ] [ 編集 ]
香川選手の試合を見始めた頃のように
自由な気持ちで観戦出来ない
大きい選手の中で頑張ってるな〜なんてお気楽だった。
活躍すればするほど周りの要求が大きくなって
見てる方も肩に力が入ってしまう。失敗しませんようにと… どうしたらいいでしょう?
[ 2016/11/05 13:25 ] [ 編集 ]
早速日本で記事になってた…
残念でならないよ。なぜこんな記事を面白おかしく取り上げるのか?
[ 2016/11/05 13:29 ] [ 編集 ]
こういうのを黙らせるのは結果を出す以外にないよ
今は仕方ない
[ 2016/11/05 13:45 ] [ 編集 ]
役割が変わったのは試合を本当にみてればわかるでしょう。まあキッカーも同じくわかってないですけどね。英語のフォーラムではスポルティングでわかった人が数人いましたけどねえ。西ドイツアルゲマイネの採点者はこの前の試合でヴァイグルのサポートしにボールもらいに行ってるって良くわかったなと。ダービーも壁に突撃してロストでカウンターの繰り返しでひどかったじゃない。チーム内の新しい役割ってせっかく記事内で書いてるんだからただ書くだけじゃなくもっと深く考えたらいいのに。いくら香川が言ったって昨季の後半の扱いみれば同じでしょう。前半の活躍なんてなかったことにされて復帰後ずっと不調ですだったじゃない。これで調子戻したってまた数試合結果がなければ同じこと書かれるだけ。香川は言い訳嫌いだからわざわざ記者に何も言わないでしょ。香川は日本でも同じようなことずっと言われてるから慣れてるし。2連覇時もフロント主導でゲッツェをトップ下で使おうとして結構な言われようだったんじゃなかったっけ?怪我後に調子落とした時もクロップが香川を擁護してくれたからバッシングを免れていただけだし。外国人助っ人なんだしドイツ人が一番であってトゥヘルになってゲッツェが戻った今はフロントも監督もある意味敵でしょ。これがゲッツェやロイスだったら今頃ヴァッケあたりが擁護のコメント出してるわ。昨季大迫なんてサポから嫌われて一時期監督が試合に出すのをためらったくらいじゃなかった?香川も昨季のベンチ外でわかってるし自分の立ち位置わかってるでしょ。結果出さないとって言ってるけどポジが下がってヴァイグルの補佐なら厳しくなるね。
[ 2016/11/05 14:00 ] [ 編集 ]
"いくら素晴らしい戦術思想を持っていても、それをピッチ上で実現できる戦力が揃っていなければ形にはならない。例えば、チームの中で最も質の高い、中心になるべき選手の資質やキャラクターによっても、システムや戦術は大きく変わり得る。その選手を活かすことが結果を出すために最良の道であれば、その選手に合わせた戦い方を選ぶのが監督としての正しい選択だ"

今のドルトムントって戦術のベースも定まってないし、中心になるべき選手が誰なのかもイマイチ分からないけど誰になるんですかね
いくら怪我人が多くても戦術弄りすぎてて、香川どうこうの前に今季見てるサッカーほとんど「?」です
[ 2016/11/05 14:19 ] [ 編集 ]
ダメ記事ですね。
そもそもトゥヘルの元では香川さんは絶対に輝けないのです。
本質的な内容を書けない低俗紙にはウンザリしますね。
[ 2016/11/05 14:27 ] [ 編集 ]
この記者データの読み方間違ってるよw

典型的なシロート解釈。つか、あまり出来の良くない高校生みたいw肝心なとこ全部抜けてるw

一例をあげると、バックパスのとこ。ハーフやってるもんからすれば、前がボールロストする態勢にあれば、横パスしたり後ろ下げんのは当たり前。キーパーまで攻撃参加するブンデスのサッカーじゃなおのこと。プレミアみたいにキーパー攻撃参加せず、センターバックも2ストッパーなら一応前に出しとかなきゃ怒られっけど。

今のドルの前線は、小刻みなボールタッチをできる人がいないからボールロストする確率が高く、誰がやっても、パスは横か後ろに行く可能性が大きい。まして相手は間詰めて守ってんだし。

煽り記事書くのはいいけど、自分とこのプレースタイルが、何やってかくらいは押さえて書こうよw
[ 2016/11/05 14:42 ] [ 編集 ]
 ある意味これで金もらってるとしたら、支離滅裂ですごい記事だな。

 「負傷者以外はみんなトレーニングに参加していると思っていたのだ」「土曜日のレヴィーアダービーに出場したとある選手が欠けている事に気が付いた」「彼が小さくて、大きな選手たちに隠れているだけだと思ってしまった」

 ダービーで香川は怪我してるから、トレーニングしていないのだろう。そもそも香川を最初から探してたら気づいてたはずで、体の小さいことを理由にするのは、ある意味身体的差別発言。ドイツではこういうことが普通に許されるのは興味深い。
 仮にこの目立っていないことを身体的特徴の所為にするなら、常に香川は目に入らないはずだな。なぜなら香川は小さいのだから。要するに香川がどんなに活躍しても体が小さいからこの記者は気づかないはずだろう。人を馬鹿にしたような間抜けな論理だ。

「マリオ・ゲッツェの隣でプレーしたが彼は消えてしまし、ほとんど試合に関与することができなかったのだ」

 そもそもダービーで香川はゲッツェの隣でほとんどプレーしていないから消えてるんじゃなくてそこにいなかったから気付かなかっただけだろう。

「水曜日のCLリスボン戦での彼はくるぶしの晴れのためベンチ外となりスタンド観戦となった。」

 おやまあ、けが人が練習していないのは当たり前だったな。しかもそれを練習が始まる前に知らないというのも、記者としてはお粗末な話。

「香川は自陣深くからボールをもらいに来て、素早い体の動きで相手をかわすことはできるが、ファイナルサードに達すると、その勢いは止まってしまう。」

 え?これDF5枚でとまらないならゴール量産だよ、そんな選手がこの世に存在するなら香川一人で、後全員DFでいいじゃないか。

「唯一マリオ・ゲッツェだけが香川同様、影響力が薄い」
「香川がゲッツェの隣で旋風を巻き起こし、勝利を重ねて成功を収めた時代はとっくに過ぎ去った」「マンチェスター・ユナイテッドでの不運な時を経て、彼は未だに昔の軽やかさを取り戻すことができないでいる」

 どうあってもこういう人間って香川がドルト以外で活躍できないレッテル貼ろうとする。でもマンU時代1年目、20試合に出場し17試合がスタメン。6ゴール3アシスト。ほぼ2試合に1回はシートに記録を残している計算。
 さらに、ドルトに復帰し、どう考えても14-15の後半から香川は活躍し、EL出場権獲得に貢献した。そして今シーズンのCLも香川らのおかげであって、新参者はその恩恵を受けてる。それはゲッツェも同様。昨シーズンの記録でもゲッツェのほうが活躍していない。

「トーマス・トゥヘル監督も当時香川を褒めている。“今シーズンのパフォーマンスは素晴らしいね。昨シーズンの終盤もそうだった。”」

 ドイツ人記者は香川のポジションが変わったことも知らないらしい。そうなれば役割が変わったことなど皆無か。

「ツォルクはかつてキッカーに対して、“意図的に様々なポジションでチーム内での競争が激しくなるようにした。”と語っている。」

 なるほどチームがちぐはぐなのはその所為か。だから俺が俺がになる。こりゃあ、まとまるものもまとまらんだろうな。

「多くの負傷者が帰ってきたら彼は長い間ベンチ生活となる可能性もある」

 始まる前からゲッツェがーといってたのにいまさら。香川的には辟易だろう。でもこういう人間ってベンチ生活とは言っても放出とは言わないんだよな。むしろ香川ファンの方が出るべきという声の方が多い。不思議なものだ。

ー37ー
[ 2016/11/05 14:57 ] [ 編集 ]
今の状況でネガティブな記事が出るのはやむを得ないでしょうか
ただこの記事は、香川は元々サブなんだからケガ人が戻るまでにチャンスをものにしないと出番は得られないよ、と言ってるようで違和感があります
今はずすことのできないのは、ヴァイグル パパ オーバくらいじゃないでしょうか
あとはそのときの状態で、良ければ継続して使われるし、悪ければ交代させられたりスタメン落ちになる
シンプルだと思います
ケガ人もちらほら戻ってきていますが、ケガ明けを考慮しても、個人としてもチームとしてもパフォーマンスはよくありません
そもそも完治して起用してるのかも疑問ですが
とにかくいち選手どうこうではなくチームの状態がよくありませんから、トゥヘルの模索は続くのではないでしょうか
[ 2016/11/05 15:00 ] [ 編集 ]
まぁどっちにしろ怪我人が戻って来てからの試合もうまく行ってるとは思わないし
トゥヘルに何かの改革は必要ですよね
[ 2016/11/05 16:25 ] [ 編集 ]
昨期のベンチ外の時に騒いでそのあと地元紙ルールのマティアスの批判記事からうろ覚えだがこの記者の批判記事とかブリッチャーとかイエローウォールとかただのブログだが他でも似たような記事が出て8番をやる気がないとか的外れなこと書かれてたよな
あの時はゲッツェが出戻る噂が出たあと徐々に出番を減らしてて後半戦開幕前にゲッツェ自身が帰りたいって言い出してたんだよな
8番がやる気ないって記事はゲッツェが出戻るための印象操作かと思ったもんよ
今もゲッツェは8番と10番できるが香川は8番のインサイドハーフをやる気がないって流れだろう
それから昨期に復調したあとまた怪我で練習を休んだのはどの記者にも気付かれてなかったぞ 笑
復調したらキッカーと日本人記者のマイナーな442の記事しか出なかったし、そのあとにそこから引用した記事は出てないよ
で、キッカーはゲッツェの出戻りが決まったら昨シーズンは良くなかったかのような香川の下げ記事を出した
スボやクバは怪我したりトゥヘル体制で起用されなかったりでラッキーだな
昨期にドイツメディアの印象操作ってここで議論になったが
ドイツだからそんなことないとか地元紙だからしょうがないとかコメントがあったような
どの国のメディアも読者も同じでかつてのヒーローの下げ記事に需要があってそこから印象操作につながっちまうってことよ
他人の不幸は蜜の味で不調が強調され外人だからもういらないってことで余計そうなるな
[ 2016/11/05 16:53 ] [ 編集 ]
この記事がフェアな記事だと思う人がいるのは驚きですね。
別に今の香川を一切批判するな、と言ってるのではありませんよ。
「マンチェスターユナイテッドから戻って以来、香川はずっと輝きを取り戻せていない」という論調に疑問はないんでしょうか?
ドイツメディアは事あるごとにそういう印象操作を始めますが、クロップ最後のシーズンも昨季も香川はチーム3位のスコアポイントを稼いでます。
チーム事情を考慮せず、過去の本人の数字とだけ比べるなら、ロイスもゲッツェもかつての輝きを取り戻せていないんじゃないですか?

まあ、シュールレ、ゲレイロ、カストロが復帰しましたし、お手並み拝見ですね。
これから香川抜きで連勝に次ぐ連勝、バイエルンさえも脅かすチームに変貌を遂げるなら、敗者としてドルトムントを去るだけです。
[ 2016/11/05 17:44 ] [ 編集 ]
まあ読者に向けては、誉めちぎる記事よりネガティブな記事の方が、目を引くし食い付きも違うよね。
ブンデスにはプレミアやリーガのようにたくさんの有名選手がいるわけではないから、『2連覇の立役者&元マンU』と、ちょっとしたブランド力のある香川選手はターゲットにされやすいのかなあ?
『人の不幸は蜜の味』とコメントされた方がいらっしゃいましたが、自分も全く同じことを考えてました。
[ 2016/11/05 18:27 ] [ 編集 ]
個々の記者の思惑とか評価の連鎖とか関係なく、単純に香川のプレーをずっと見ていれば、ボールを受けられない球際の弱さや単独での打開力や仕掛けの怖さが無いというのは明らかで、マンウや代表で中よりはプレッシャーの弱いサイドでまずそこを磨きなさいというガム爺やザックの親心、純粋なサイドが嫌ならやや中後ろ寄りのサイドハーフでというアギーレやハリルにトゥヘルの親心、これに対応してポジションをモノにしてこなかったツケが回ってきたという感じ。
ポスト役並みにボールを収めろとかメッシの如くドリブルで突破しろとか極端な役割を求められているわけじゃなく、それでも怖さが無いとまで言われちゃうのは、失敗だって許される他の選手が見せる程度にやってくれば良かったトライを自分の得意なワンツープレーしかしてこなかったツケだよね。プレーの幅の狭さがバレた。チーム戦術やコンディションの良い悪いじゃないと思う。
代表でもほとんど同じ問題でブラジルW杯の前からこれをやってて試合から消えてるから見慣れた試合風景だけど、逆に言えば体表でチーム差あるアジア相手にも出来ないプレーをよりプレッシャーの激しいブンデスで求められてもそりゃ無理だよなぁと。高い位置でボールを受けて前を向けなければ何も起こりようが無いからそこが改善して来ないのが一番痛い。
中でも外でもこなせるユーティリティ、ボールを受けて散らして組み立てらてる上手さ、サイドなら突破からクロスまで行けるプレーの幅、これに加えていつの間にか中に飛び込んでゴールを決めるシャドーも出来る、と香川のキャリア通りのポジションと役割をものにしてきていたら今はぜんぜん違った状況だったと思うしポジション争いもいくらか楽になって試合に出やすかったろう。プレミアではサイドは中に入るよりもクロスを上げることが主要な役割の1つというのを理解してサイドに適応していたらマンウを出ることもなかったと思うしもっと重用されていたはず。それで代表での攻めの幅も広まる好循環もあったと思う。あのブラジルの経験でもう少しプレーが変わると思ったが・・・年齢的にももう変わることはないのかな。惜しいことだ。
[ 2016/11/05 19:16 ] [ 編集 ]
今日のハンブルガーSV戦楽しみですね。私はここで、博打的ですが香川がスタメンに1票入れちゃいます。
これは希望的観測では無くて、スコアブックをつけ続けてトゥヘルの考えが最近かなり当たる様になってきたので、先に予想しちゃいます。そしてこのゴル・コムの記者にギャフンと言わせたい。

はっきり言います。トゥヘルは香川に期待している、本当はトップ下で使って得点させたいが、香川にボール入れられる人が今はいないし、香川にどころか前にボール運べる人も不足。彼が居ないとゲームコントロールもままならなくなっている。

この試合の為に温存したのかもと、昨日の練習で元気な様子を見て思ったほど。
外れたら、すみません。まだまだ読めて無かったってことですが…
[ 2016/11/05 19:36 ] [ 編集 ]
おいおい、上の批判のないよう全部できたらメッシこえちゃうよwwそんなのほいほいできたら誰も苦労はしねぇっての。心配しなくともトゥヘルの中身はモイーズだよ。何も変わらないから結局は物事はなるようにしかならないだろう。

[ 2016/11/05 21:47 ] [ 編集 ]
シュールレ ゲッツェ ロイスを2列目に
並べたいのだろう。ドイツの人気選手だし
でもこれで中堅チームになっちゃたら散々だな
[ 2016/11/05 22:13 ] [ 編集 ]
付け焼き刃の8番やらせ続けるほどドルトムントも甘くないだろう。経営を考えたら本職の8番を冬に補強して香川を放出するのが定石だね。
どこもそうなのだろうがドルトムントには愛想が尽きたわ。
[ 2016/11/05 23:04 ] [ 編集 ]
案の定怪我人が戻ってきてベンチ外・・・
結局はメディアが取り上げた通りベンチ組どころかスタンド観戦メンバーに格下げ・・・

結果を出すべき
違いを出すべき
香川にはそれが求められていたのに無難なプレーなら妥当です
カストロは香川プラスαの役割をこなせていたし不調のゲッツェも良くなってきている

若手含め二列目が戻ってきたことを考えればこうなるのも時間の問題だったのかと

今までなら移籍して見返してやれと思えましたが正直言うならば現在のドルでは力不足と言わざるを得ません

這い上がるならばTOでいかに結果を出すのか
無理ならば実力相応のクラブへと移籍

過去の成績ならば申し分無いドルの主力ですが今季は?他選手の方がいいのは明白では?
ゴールアシストでなくともそれに繋がるプレーは?
正直見た気がしません
この程度の選手なのですか?そんなことは無いでしょう
香川自身がわかっている事だと思いますが・・・
他選手やメディアが叩かれて香川が評価されないのはおかしいという方が多いように感じたので厳しめのコメントを
香川可愛さで周りを落としたり陰謀論に似たものを語るのは正直どうなのかと
[ 2016/11/05 23:27 ] [ 編集 ]
香川のプレイを駄目だししてる人、あなたの理想の選手像を押し付けて侮辱するのはやめましょう。選手には個々のスペシャルな技能を持っていて、適材適所で使えば素晴らしい結果がでるんです。
ペドロご存じですか、チェルシーに所属してますけど。今期の彼と作季の彼を見比べてみ。使い方で選手は変わるということがわかるからさ。
今のドルトムントは試合が面白くない、監督がお気に入りの選手に自分の理想を押し付けて、それがこなせなくてアップアップしてるんだよ。
あなたみたいに選手とはこうあるべき論で動いてるから、選手を尊敬もしないし、上手くいかないとヒステリックになる。
試合がガタガタになって勝てなくなってるのはモチベーションが下がってるんだよ。建て直せればいいが原因を取り除かないとこのままズルズルと順位を下げるだろう。過去に同じように瓦解したチームを見たことあるからみんな気づいてるよ。
[ 2016/11/05 23:37 ] [ 編集 ]
香川ずっと見てるけど・・・残念ながらこの記事超絶的確だよ、この通りとしか言いようがない、香川好きでちゃんと見てきたやつなら分かるはず。。この記事否定してる奴ら、現実見ろよ、、まあ、自分も香川ファンだからつらいし、いつか復活してくれると信じたいけど、今はこの記事のとおりだよ。。香川、もっともっと完全に開き直ってガンガンシュート打ってけ、ドリブルしかけてけ!
[ 2016/11/06 00:30 ] [ 編集 ]
自分もこの記事はその通りと思いましたね。香川のプレーを昔から見ていたら、輝きを失ったどころか別人になってしまったとしか思えない。何年もずっと復活するって信じてた。インサイドハーフやボランチ的な役割を求められるようになっても、彼ならそのポジションでも素晴らしい選手になれると。だって2013年以前の彼は本当にすごかったから。
誰も全く同じ役割なんて求めてないと思う。でも似たような役割も違う役割もどちらも結局出せてない。モイーズの特に初期は明らかに香川を信頼してなくてモイーズが良くないと思ってた。でもファンハールにも認められずトゥヘルの下でもだめというならあまりに限定された選手。何かのせいにするのは簡単だけど。応援はし続けるけど、あんなにスペシャルだった選手がこんなになってしまうことってあるんだな。
[ 2016/11/06 02:49 ] [ 編集 ]
00:30さんに同意!
ダメだしされてもね〜香川1人だけ調子悪いまま他のメンバーは怪我しても怪我明けも常にベストコンディションなんだね〜その割には今の成績⁇?でしかないわ。こういうメディアにもドルトムントにも、ダメだしする人にもうんざり。
ダメだしするならドルトムントそのものダメでしょ!
真実の愛じゃなくて、真実を知ろうともしない、自己の都合のいいように真実を作り上げる。真実の意味不明
[ 2016/11/06 07:49 ] [ 編集 ]
とりあえず香川は「課題」「反省」この2つを禁止用語にしよう。
せっかく試合出ておいて課題なんか見つけてんなよ、解決しろやw
せっかく(ry
インタビューに答えるんなら、まずは自分がどれだけしっかりやったかをアピールしようぜ。
解決or活躍したことを半分ウソでもいいからガッツリアピールする方が大事だと思う。
みんな誰だって試合出たいし、自分ができる、うまいと思ってるんだから、やったぜ俺は!でも監督は〇〇だけどなっくらいじゃないと、外国じゃますますインタビューする価値もないんじゃないの。
チームが悪いのは香川のせいじゃないんだから、何を勘違いしてリーダ的役割を~なんて言ってるのやら。
ドルはドイツ人優遇もろなクラブなんだから、勘違いしない方がいい。
トゥヘルからの信頼に価値なんかないし、かつてのBVBの放蕩息子(だっけ? はもう親父もいないんですよ。ただの辛気臭い外国人選手が存在感薄い、それだけだ。
[ 2016/11/06 09:58 ] [ 編集 ]
昨シーズンの活躍がなかったことになってるのは、なんだかなぁ。
ただ、今シーズン明らかにコンディション悪そうで、香川にとってあまり活きない戦術なのと相まって、苦しい立場ですね。
専属トレーナーさんつけてるのに、なぜ、あんなにコンディション悪くなるのか?
それが一番不思議。
[ 2016/11/06 11:05 ] [ 編集 ]
ハンブルガー戦のHTに流れた、現地ジャーナリスト?へのインタビューが的確だった
香川が言った"チームにミスが多いから自分までリスクをおかしたくない…"という発言に対して、それは別の選手がやることで、香川のポジションはリスクをかけたプレーが求められる
香川がそういうプレーでミスをしたなら、周りがフォローすればいい
というようなことを話してました
香川が周りを信頼できていないのか、自分がフォローしなきゃという思いが強すぎるのか、トゥヘルの指示が影響してるのかわかりませんが、そんな当たり前のチームプレーを今の香川はできないでいる
去年の劇的ゴールを決めたヴォルフス戦やダービーでの先制点のような強い意思を見せることが、経験ある香川がすべきことだと感じます
[ 2016/11/06 14:56 ] [ 編集 ]
チャンスを活かせなかった。概ね同意です
そんな状況です
ここをどう乗り越えるかが、他の選手の励みにもなる
[ 2016/11/06 21:51 ] [ 編集 ]
香川がチームのバランス取るためにプレーするけど周りはそれを求めてないってのは
代表でも起こってることだね
時には楽にシンプルにプレーしてみたらどうなんだろう
[ 2016/11/07 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。