ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!ドルトムントのプリシチを熱望!!ドイツ紙《ドイツの反応》





ビルト



リヴァプールが再びBVBスターを熱望!

クロップ、プリシチを欲しがる!



entry_img_1318.jpg
引用元:Bild



プリシッチはもうすぐ(リヴァ)プーリシッチになるだろうか?

リヴァプールはマンチェスター・シティ、そしてアーセナルと同ポイントで並んでいる。得失点差で3位だ(11節を前にして)。それでもリヴァプールは冬に補強するつもりであることを、イングランドのメディアが伝えている。その中にはリヴァプールの監督が以前から知っている選手も一人含まれている。

スポンサーリンク




クロップ、プリシッチを欲しがる。



クリスティアン・プリシッチは2015年からドルトムントでプレーしており、U17、そしてU19を経てプロ入りを果たした。当時移籍にかかわったのがユルゲン・クロップだ。



当時彼はまだBVB監督だった。プリシチッはクロップの下ではプレーはしなかったが、すでに知り合ってはいる。おそらくクロップは、今ではプリシッチをもっと良く知り合いたいと思っている事だろう。リヴァプールで。



なぜなら:リヴァプールはすでに夏にもプリシッチの獲得を目指していた。1200万ユーロでオファーしたようだが、BVBはそれを断ったようだ。



ドルトムントが、冬に彼を手放す可能性はあまり高くはないだろう。プリシッチは良い成長を見せており、最近ではレギュラーだ。9月14日以降、毎試合に出場している。欠場したのは風邪を引いたポカールのユニオン・ベルリン戦だけだ。



リヴァプールではすでに一つの移籍が決定している。マイケル・エドワーズが新しいスポーツッディレクターとして就任するのだ。“マイケルは我々にとっては、正しい人材だ。”とクロップも語っている。



しかし:“アシスタント、マイケル、スカウティングチームの誰が選手の名前を上げようが、最終的な判断は僕が下すよ。”という事のようだ。






以上です。


プリシッチはハンブルク戦でも、一人でぐいぐいとボールを前に運んでいましたね。シーズン前はベンチ入りも危ないという予想でしたが、チャンスをしっかりものにして、さらなる成長を見せてくれていますね。

ユース出身の選手ですし、ここは引き抜かれないようにしたい所です。


さてまた代表ですね。冬の移籍も近づいてきますし、移籍の話題があれば紹介したいですね。



[ 2016/11/06 18:00 ] クロップ | TB(-) | CM(5)
クロップがプリシッチを大絶賛していたのは前々から知ってましたよ
クロップは冬の補強でウィンガーを狙っているみたいですね
昨シーズンはほぼ出番がなくて今年の夏あれ程移籍を騒がれてたプリシッチ
今はスタメンで出れるようになって満足なのかな
リバプールなら今シーズン優勝争いできますしどうなんでしょう
[ 2016/11/06 18:16 ] [ 編集 ]
ロイス復帰したらロイスシュールレで固定して欲しいのでプリはクロップの元で大成して欲しい
[ 2016/11/06 21:37 ] [ 編集 ]
プリシッチは少ないチャンスを頑張ってものにしたよね
現時点の実力はデンベレ、モルよりも上だと思うよ
ユース上がりだし絶対手放したくないな
[ 2016/11/06 22:19 ] [ 編集 ]
プリシッチがリバプールに来てくれたら嬉しいな。なんだかんだでプレミアリーグって一度は夢見る選手は多いだろうし
[ 2016/11/07 01:15 ] [ 編集 ]
マネがアフリカ杯でいなくなるからそこの補強が欲しい
ちゃんと見たことないからどれくらいのもんかは知らんけど取れるならとって欲しいな
[ 2016/11/07 17:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。