ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 危機がドルトムントをダメにする?内部崩壊?【ビルト】

ドルトムントのキャプテン フンメルスがチームメートのヴァイデンフェーラーを批判したとしてドイツでも話題になっています。中でもビルトが報道した記事が、一部日本に内部崩壊として伝わり、それによって日本でも話題になっていたようですね。

もちろんビルトは大げさですが、全文を取り上げてみたいと思います。

写真引用元:ビルト紙


201410281633034b9.jpg


危機がドルトムントを壊す?


キャプテンのフンメルスがキーパーのワイデンフェーラーの失点を攻撃する。マネージャーのツォルクは順位リストのトップからチェックを外す。

スポンサーリンク


なんと痛々しいことか、BVB!


スポーツ的な危機はどうやらBVBを憔悴させているようだ。


このチームは、成功を収めた年とは違い、急に調和が取れないチームのように感じられる。


ドルトムントの無傷な世界に最初のヒビ。


0-1という結果に終わったハノーファー戦の後で異例なことにマッツ・フンメルスがキーパーのローマン・ヴァイデンフェーラーを公に批判した。キャプテンがこのフリーキックに対して、“このボールは長い時間飛んでいました。それがゴールに入った時、とても驚かされました。”


この危機がチームをダメにする?


この失点の後で、フンメルスは真っ直ぐヴァイデンファーラーの方を向いて手を叩いた。彼を力づけるために ー それともあざけり?

ヴァイデンフェーラーはフンメルスの発言が気に入らなかったようで、無言のまま立ち去った。いずれにせよこの2人のワールド チャンピオンは特別仲良しというわけではない。

フンメルスは昨日の発言を撤回し、“僕は不運な形で表現してしまいました。そうは思っていません。”(訳注:皆んなが批判と捉えているように)と、チームのプレスを通して発言した。


トレーナーのユルゲン・クロップは強調した。“これはチームの誰かと誰かが上手く行っていないと言う事ではない。説明できれば簡単だろうけど。”

では一体何が原因なんだろうか?クロップは耐え抜くためにスローガンを掲げる。

“我々は今みんな一緒にならなければならない。僕らに出来る全てにおいてだ。僕らを手助けできる人はいないし、自分たちで何とかしなければならない”


ヴァイデンフェーラーは1-2で敗れた先週のケルン戦で既に忠告していた。“チームの中の多くは、今まで成功を収めたことしか知らず、こういう状況は知らない。”


チャンピオンズリーグ出場はほぼチェックが外されてしまった状態で、マネージャーは“とても遠い所まで来てしまったし、現在下位では現実するのが難しい”と語る。

危険。チャンピオンズリーグの出場を逃せば、ドルトムントは破綻してしまう。経済的には増資したことで問題ないが、スター選手はチャンピオンズリーグでプレーしたいのだ。スーパースターのマルコ・ロイスは次の夏に去ってしまうだろうし、バイエルンが彼について話し合っている所だ。


ファンはチームの後ろで一つになっている。

4連敗したにも関わらず(14年ぶり)今回もブーイングはなかった。それどころかファンは“6年の大きな成功は6試合では無くならない”と書かれたプラカードを掲げた。


明日は2部リーグのザンクト・パウリとポカールで対戦する。
今のBVBの状況を考えると、ポカールの勝利が最後のチャンスとなるかもしれない。





以上です。フンメルスはこの他にも“僕らのシーズンの目標を達成するのはもう現実的ではない。”と発言し話題になっていました。

こういう発言を聞くと、フンメルスはキャプテンとしては少々ナイーブな感じがしますが、彼自身にとってもこうした時期は初めての経験なのだろうと思います。

いずれにせよヴァイデンフェーラーとは話し合いで既に問題は解決されたことが今日のキッカー紙に載っていました。

ビルト紙が明日のポカールに勝つことは重要という通り、今日の試合に勝ってバイエルン戦に勢いをつけて欲しいですね。

【おまけ 今日のドイツ】

20141028040301062.jpg

このお菓子はシュトッレンと言ってレーズンなどのドライフルーツやナッツなどを練りこんで焼いたケーキで、10月頃からクリスマス時期に売りだされます。ここドレスデンがオリジナルです。しっとりとして美味しいケーキです。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/10/28 07:55 ] ドルトムント  | TB(-) | CM(16)
管理人様
いつも翻訳有難うございます。
ドイツは深夜ですね。お疲れ様です。
こちら日本は朝、管理人様のBlogを拝見するのが一日の始まりとなっております。
誇張された記事かもしれませんが、不調ゆえに気分も沈んでしまい、チームメイト同士でギクシャクしてしまうのでしょうか。
何か気持ちが晴れるような切っ掛けがあれば良いですね。
見守るファンの優しさにホッとします。
好調と不調を繰り返しながら、頑張って頂きたいです。
本場のシュトーレン、とても美味しそうですね。
スパイスを効かせたホットワインにも合いそうです。
[ 2014/10/28 08:33 ] [ 編集 ]
No title
この状況でバイヤン戦か。。。
[ 2014/10/28 09:10 ] [ 編集 ]
No title
ぶっちゃけ近年は恵まれすぎた、選手的に、というのはあるのかも。 まだCL慣れしていない時も、リーグはイケイケで行けたし。 粘り強く、改革していくしかないでしょうね。

ちなみにシュトッレンは、最近は日本でもかなりメジャーになっていて、かなり本格的なものもあるんですよ!(^^
[ 2014/10/28 09:41 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
日本やイングランドほど下品な感じではないけど、ドイツもそれなりに下品な記事書くんですね。
それにしてもドルサポは素晴らしい。
[ 2014/10/28 10:33 ] [ 編集 ]
おいしそうですね。シュトッレンは見たことないですね。わたくし男ですが、こういったものは好きです。ドルトムント……クロップの言うとおり、今はまとまらなくてはいけない時期ですね。なにが問題かを全員で話し合って、チームとしての軸をぶらさずに、1試合1試合真剣にぶつかって欲しいです。慌てて試合運びをする展開がよくあるように思われます。怪我からの復帰人が多く、コンディションが揃わないうちに、連携ミスやフォーリングの未共有などから引き起こされるピンチやプレーの間隙。イライラが募るのはわかります。でもこういう時こそ一つずつ丁寧に問題を解消させて行くべきだと思います。
[ 2014/10/28 11:05 ] [ 編集 ]
No title
今期はケールからフンメルスへキャプテンが変わり、フンメルスが故障してる間はヴァイデンフェーラーがキャプテンだったけど。
フンメルスはキャプテン失格だよな。チーム内の話し合いで言うならわかるが、キャプテンがマスコミで個人攻撃したらチーム崩壊するよ。
[ 2014/10/28 11:28 ] [ 編集 ]
No title
サポが厳しい情況下でも希望を持っているのに「“僕らのシーズンの目標を達成するのはもう現実的ではない」とか言ってしまったらダメだろフンメルス、キャプテンなんだから・・
[ 2014/10/28 11:45 ] [ 編集 ]
No title
「6年の大きな成功は6試合ではなくならない」
サポーターが素晴らしい!
自分もそう思って応援し続けていく気持ちになりました

フンメルスの発言を内部崩壊と書き立てるのはいかにもタブロイド紙的、スキャンダル大好き新聞という感じですね
ただ、ネガティヴな発言はチームにはマイナスな気がする
キャプテンという立場的にも、その辺はブレないで欲しいと願ってるよ
[ 2014/10/28 12:29 ] [ 編集 ]
No title
個人的にはこういう状況を楽しめる強さがドルトムントにはあると思う
盛り返してほしいね。
ファンもこの状況を楽しんでいるはず、というか個人的に今いる選手たちがどう乗り越えるかに興味ある
[ 2014/10/28 12:31 ] [ 編集 ]
No title
キャプテンとしてのフンメルスには厳しい船出になりましたね。
“6年の大きな成功は6試合では無くならない”というファンの言葉には、良い言葉だなぁと思いました。辛く投げ出しそうな時に自分に言おうと思います(笑)
負けが込んで萎縮しているBVBを批判するのは本人たちや周りが充分やっているでしょうから、私はただ応援して待ちたいと思います。
もうシュトーレンの時期なんですねぇ。料理教室で毎年焼いていたのを思い出しました。
[ 2014/10/28 12:51 ] [ 編集 ]
No title
バイエルン戦の内容によっては、完全に崩壊しそう
[ 2014/10/28 13:13 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムント・サポの言葉には感動しました
誰が去って行こうと誰が加入しようとドルトムントはドルトムントなんだ
今期どんな結果で終わろうとドルトムントサポたちと一緒にドルトムントを応援して行きたいと思います
[ 2014/10/28 13:21 ] [ 編集 ]
No title
まあそりゃいろいろ小言やアドバイスを頂戴しますよね。メディアにせよ、他の人間にせよ。

でも彼らが何を書いても関係ないんですよね。価値のある言葉を発し価値のある行動をするのは監督、クラブスタッフ、選手、そしてサポーターだけです。
[ 2014/10/28 15:15 ] [ 編集 ]
フンメルスも不調だったし、ヴァイデンフェラーもハノーファー戦での判断ミスなどありました。
誰かの名前をあげてしまうのも不用意だし、試合後のメンタル低下時にインタビューされるのも、辛いですわね。
フンメルスも、優勝を狙う時だけでなく、こういう状況から学んで立ち上がるように願います。
あまりにも怪我やらローテーションやらで落ち着きがない状況が続いて、復帰した選手や加入した選手が来たらきたで、足並み揃えるのも大変です。
今の苦境には、やはりまだフィットしきれていないインモービレやラモスを使わずに、トップで結果を出せるロイスやオーバメアンを使って、まずはバイエルン戦を勝ち自信を持って欲しいです。
ロイスの移籍が取り沙汰されてますが、ロイスみたいな人柄はドルトムントを立て直す方にモチベーションを感じる人に見えますが、希望どおり残って欲しいし、香川との大爆発をみたいですね。
[ 2014/10/28 17:35 ] [ 編集 ]
No title
いつもありがとうございます。
チームが苦しいときこそ、気持ちを一つにしてほしいですね。
どんなことがあっても、乗り越えてほしいです。
ドルトムントのファンは素晴らしいです。

[ 2014/10/28 22:19 ] [ 編集 ]
No title
なぜ勝てないかということの分析は出尽くしていて自分が言うまでもないし、今は見続けるしかないなあ。
信頼とか連携とか、試合中の良いプレーから生まれたりするので、そういうのが見たいなあ。
[ 2014/10/28 22:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。