ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

「長谷部のおかげ!」好調長谷部!ベッケンバウア―に続き、今度はローター・マテウスと比べられる!!ドイツ紙《ドイツの反応》



【ビルト】


長谷部はローター・マテウスを思い出させるね!



日本人、リベロとして3バークで説得力のあるプレー!




entry_img_1321.jpg
引用元:Bild

最初は、皇帝ことフランツ・ベッケンバウアー、そして日本のレジェンド宮本恒靖だった。今度はドイツ代表出場記録を持つローター・マテウスだ。ここ数週間、長谷部誠はこのような選手と比較されるほどの栄光を得ている。なによりもニコ・コヴァチから。

スポンサーリンク



この監督はケルン戦の勝利の後で、この日本人のパフォーマンスについて聞かれると、熱くこう語った。“彼を見ていると晩年のローター・マテウスを思い出すね。彼も年をとってからはリベロでプレーしていたんだ。”



長谷部はこの賛辞を丁寧に断る。“これらの選手と比較されることは嬉しいですが、長谷部誠のままでいます。” これは正しい態度だ!!



20161107204148f2b.jpg


グラートバッハとの0:0に続いて、ケルン戦でも彼は守備のボスを担い、安定させた。彼は3バック、時には5バックの中央でプレーしている。



それに加えて彼は何度も賢いパスを出して組み立てに関与し、さらに中盤でも数的有利を保つように気を配っている。この良く機能している戦術がフランクフルト成功のカギだ!



フランクフルトがこんなに失点をしないのは26年ぶりだ。今は8失点だが、当時は5失点だった。




20161107204105cc3.jpg



左サイドバックのバスティアン・オチプカが説明する。“システムにうまく合わせられることができましたし、すごく確かだと感じています。時にはディフェンダーとして後ろでプレーしたり、時にはミッドフィルダーとしてプレーするハゼを相手にすることは、対戦相手にとっては難しいでしょうね。”


アイントラハトはポカールも含めて4試合連続無失点でプレーしている。長谷部のおかげで!彼は“新しい役割でプレーするたびに良い感じが増していますね。もちろん一番好きなポジションが守備的ミッドフィルダーである事は認めなければなりませんが。”と語った。


20161107204108b60.jpg



彼は日本代表のオマーン戦とサウジアラビア戦ではその好きなポジションでプレーできるだろう。








以上です。


長谷部選手がリベロとしてプレーしてからフランクフルトは無失点と、注目度が上がっています。このポジションでこれだけ注目されるのは嬉しい事ですね。昨日もケルンに勝利しポイントでドルトムントと並んでいます。

今シーズンが非常に楽しみですね。


ドルトムントはバイエルンを含め今後ケルン、フランクフルト、ホッフェンハイムなどとの試合がありますので気が抜けませんね・・・。上位のライプツィヒやヘルタを相手に勝ち点を取れていませんので心配です・・。

[ 2016/11/07 19:33 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(13)
オールマイティなのはわかるけど、まさかリベロとして開眼するとは。
能力は置いといて海外クラブにも関らず発揮してる強烈なキャプテンシーはベッケンバウアー並みか
[ 2016/11/07 20:22 ] [ 編集 ]
コメント整いすぎ!
[ 2016/11/07 20:28 ] [ 編集 ]
シャーフ監督にはアンカーとしての能力を見出だされ高評価を得ていましたがコバチ監督からはリベロとしての能力を見出だされ高評価を再び得るようになったんですね。コバチ監督のコメントで年をとってからとありますが長谷部選手の年齢も考慮してのコンバートだったのでしょうかね!?それにしても新しいポジションを自分のものにしてる長谷部選手は流石です。
[ 2016/11/07 21:12 ] [ 編集 ]
この歳にして新しい才能に目覚めるとは。素晴らしい向上心です。
[ 2016/11/07 21:23 ] [ 編集 ]
ハーゼここにきて盛り返すとは思わなかった..

引退後にはドイツに残り指導者の勉強をし、いつか日本に戻って代表の守備を「整えてください」
宮本の恒さまにも期待してますけどね、
[ 2016/11/07 21:42 ] [ 編集 ]
現代サッカーでリベロが
機能してそれが日本人というのは
驚きとともに嬉しい限りです。

典型的なリベロより現代風に
アレンジされてますが、
戦術的に選手の能力に依存する点は
変わりない様に思うので、長谷部を
欠いたときの戦術をどうするのか
ちょっと気になりますね。

おもしろそうなので
しばらく追っかけてみたいチームです。

世界的にもリベロをこなせる選手など
そう多くはいないでしょうから、
うまくやれば本当にクラブのレジェンドに
なれるかも知れませんね。
[ 2016/11/07 21:43 ] [ 編集 ]
日本のネットでは彼の仕事を茶化して便利屋だのと言う輩が目立ちますが、控え目に言っても長谷部は日本サッカー史と言う括りで見ても唯一無二の選手になるのではないでしょうか
サッカーセンスやキャプテンシー、言語能力や向上心…どれを取っても並外れて優れていると思います
あくまで個人的感覚ではありますが、こうやって概略して彼の事を知った様に語ってしまう自分がなんだか恥じ入られる位です
[ 2016/11/07 22:15 ] [ 編集 ]
やたら褒められてるねーw

最近のプレー見てないからわからないけど、注目は月末のドルトムント戦でしょう。そのころにはドルもフルメンバー揃うはずなんで、彼ら相手に何を見せてくれるのか対戦が楽しみですね。
[ 2016/11/08 00:49 ] [ 編集 ]
こんなに長谷部が注目される日が来るとは!
[ 2016/11/08 05:02 ] [ 編集 ]
日本代表にリベロ戦術って組み込める? 韓国北朝鮮には合いそうだけど、オーストラリアには不向きっぽい気がする。
中東のカウンター系には、代表の練習時間じゃ味方のほうが混乱しそう。
[ 2016/11/08 10:02 ] [ 編集 ]
フランクフルトでのリベロは3バックの真ん中というよりCBまで引いたアンカーだと思う
[ 2016/11/08 17:54 ] [ 編集 ]
長谷部選手は本当に戦術理解度が高い選手だと思います。どの監督になっても求められたポジションで標準以上のものを発揮できる。日本代表でも同様で、長谷部選手の代わりを見つけることが1番難しいかも知れませんね。
[ 2016/11/08 18:58 ] [ 編集 ]
日本人選手の中でも突き抜けてドイツ語が堪能だという
海外に出ると言語能力は大切だね、と改めて思った
意思疎通できなきゃ戦術も回せないでしょうし
宇佐美とかが駄目なのはこの辺りに起因する気がする
[ 2016/11/08 23:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。