ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

バイエルンはここ数年なかったくらい弱くなっている!ドイツ紙がその弱点を分析!《ドイツの反応》


【ビルト】



ビルトが弱点を分析!


バイエルンはここ数年なかったぐらい弱くなっている!
(直訳:倒すことが可能になっている。)



2016110806345285d.jpg
引用元:Bild



ホッフェンハイムと1:1、自分たちでは1点も入れることができず、相手よりも7キロも少ないそう今日距離。バイエルンは2:2に終わった3週間前のフランクフルト戦に続いて、またしてもふがいないパフォーマンスを見せた。



ビルトがその理由を分析する!

スポンサーリンク




バイエルンの対戦相手が、再び自信をもってプレーしていることだ。グアルディオラの時代は、バイエルンにやってきたチームが、ミュンヘンという美しい街を堪能し、ペップに敬意を表し、さらにバイエルンにぼこぼこにされて、それでも負けに対してお礼を言うためにやって来ているかのような印象を受けた。



しかしこうした時代は過ぎ去った。アリアンツ・アレーナでポイントを獲得することが可能となったのだ。少なくとも1ポイントは。バイエルンにはバイエルンの“俺たちバイエルン”を体現するような選手が欠けている。


それに加えて:シャビ・アロンゾ、ティアゴ、ヴィダルの3人はワールドクラスのプレーを見せるかと思えば、ホッフェンハイム戦のように地方リーガのようなスピードでプレーする。何よりも守備において。


立ちっぱなしのサッカーだ。それもスーパ―スター、ワールドカップ優勝者、CL優勝者たちが。最近ではボアテン、フンメルス、マルティネスたちが、前線の選手のミスでできた穴を埋めなければならなくなっている。それにはストライカーも加わっている。なぜならアンチェロッティのサッカーは守備から始まるからだ。アンチェロッティは11人で攻撃するサッカーを目指している。そして11人で守るサッカーを。そのシステムはまだ上手く行っていない。そしてホッフェンハイム戦のような失点へとつながるのだ。


さらにトーマス・ミュラーの放ったシュートは何度もゴールポストに弾かれており、まだリーガでは得点していない。なので連勝するのが難しくなっている。


まだ一度も負けていないバイエルンであるが、ここ最近で最も倒すことが可能となっている、バイエルンの次なる試練:11月19日のドルトムント戦だ。





以上です。

代表中で日本人選手のニュースも少なくなりますので、少し別なクラブのニュースも扱ってみようと思います。

バイエルン、リーガの面白さを保つためにはちょうど良い強さですね。グアルディオラの下では本当に負ける雰囲気がありませんでしたから。

次はドルトムント戦ですね。トゥヘルもアンチェロッティが相手のほうが小さくならなくて良いかもしれませんね。期待しています。

[ 2016/11/08 17:52 ] バイエルン | TB(-) | CM(7)
バイエルンは前からここで言ってきたように驚異的なチームじゃないよ。

確かに後ろからのゲームの組み立ては凄い。キーパー含めてピッチ上のほぼ全員が組み立てに関与できる。一つのプレーで得点チャンスを演出できる。

でも、そこまで。
前のプレーヤーが挟まれたり囲まれたりすると、途端に何もできなくなるからな。別の言い方すると、相手のミス誘う以外、点取りようがない。

今のサッカーのトレンドは、10人が等間隔にブロック組んでハイプレス。だから、ミュラーのような相手のミスに乗じて点取るのはうまいけど、囲んでしまえば並みのプレーヤーはうまくいかなくなる。レバみたいにフェイク10が出来ればちょっとは違うんだろうけど。

とはいえ、今のドルじゃロイス戻ってきても、ドン引き5バックでドロー狙いが精一杯じゃないかな?つか、積極的にドロー狙わないとダメだろ?後ろはまだまだまとまりないから、ちょっと効果的なパス一発ですぐ慌てる。不用意なプレー、無意味なプレーも多すぎる。だから、きっちりプレーするのが勝つことより先。

逆に、これやれれば、けが人戻ってきた時に手っ取り早く上昇気流に乗ると思う。少なくとも、今みたいにモタモタすることはないだろ?
[ 2016/11/08 19:47 ] [ 編集 ]
ミュラーがリーグ戦でいまだ無得点なのは驚きですね、CLでは点とっているのですが・・
その分キミッヒが点とってますが
今のドルトムントとバイエルンをリーグ戦で比較したところ
24得点6失点のバイエルン、25得点12失点のドルトムントで攻撃の面ではほぼ互角で守備にかなりの開きがあります
それもドルトムントの12失点の内5失点が降格圏内のインゴルシュタットとハンブルガーSVです
ハンブルガーSV戦で久しぶりのリーグでの勝利で日本人のドルトムントファンは手放しで喜んでいましたが、現地のサポは勝利を喜びながらも失点に関しては不安視してましたね
バイエルン戦はいかに失点しないかが焦点でしょう!
今期はライプチヒやホッフェンハイムといった革新的なクラブが出てきてバイエルンの1強、時点ドルトムントの時代も大きく変わりそうな気がします
[ 2016/11/08 21:32 ] [ 編集 ]
バイヤン1強はつまらないのでいいことですね。ライプツィヒが優勝したら面白いですね。BVBは応援してるけど優勝はもうフロントや監督が諦めてるから期待できません。
[ 2016/11/08 23:49 ] [ 編集 ]
監督変わって初年度だし、ある程度わかってたこと。
そんな時に優勝狙わないとか、バカだと思うよ。BVB..
F4が懐かしい、楽しかったな、あの頃の試合は。
[ 2016/11/09 00:07 ] [ 編集 ]
 シーズン前半の前半だけ見て弱くなってるとは判断が早すぎる。アンチェロッティほどの監督だと、コンディションを抑え気味に前半を戦って、ピークをジーズン後半に合わせてCL優勝を狙ってくると思うんですけどね。
[ 2016/11/09 09:36 ] [ 編集 ]
中日、阪神、巨人が弱体化したセリーグみたいに混戦して盛り上がってくるかも
[ 2016/11/09 21:57 ] [ 編集 ]
11/09 09:36様 確かにそれは有りそうですね。ローテーションが凄い。誰かに頼る感じでは無いし、固い。

ペップの時の様なワクワク感は無いけど、気が付けば3冠だった。みたいになるかも…
[ 2016/11/09 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。