ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

アーセナル、オバメヤンに9000万ユーロでオファーしていた?代理人が明かす!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



アーセナル、オバメヤンに9000万ユーロでオファーしていた?




entry_img_1325.jpg
引用元:Bild


普通の人間だったら、こんな金額を聞いただけで目まいがしそうだ・・・・


イタリア人の代理人である、ヴィンチェンゾ・モラビトが、アーセナルがオバメヤンに9000万ユーロの移籍金でオファーしたことを明かした。

スポンサーリンク



この発言は、モラビトがイタリアのラジオ放送CRCで語ったものだ。モラビトによるとボルシア・ドルトムントはこのオファーを断ったようである。


モラビト:“この夏アーセナルが、9000万ユーロでオバメヤンに移籍のオファーをしていたことは知っている。”



さらに、“しばらく前にドルトムントのスポーツ・ディレクターにオバメヤンの移籍について話ができるか電話で聞いたんだけど、“いいえ”と断固として話し合いに応じなかったよ。”と続けている。この電話の背景にあるのは:ナポリがイグアインの代わりを探していたので、この代理人はドルトムントに掛け合おうとしたようだ。


オバメヤン、そしてプレミアリーグへの移籍。すでにイングランドのメディアは、10月に二つのクラブからの興味を伝えている。


“デイリー・ミラー”も“サン”もチェルシーのコンテとマン・シティのグアルディオラが、このストライカーの獲得を巡って争っていると伝えていた。


しかしドルトムントの会長、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはもうこの話はたくさんなようで、“お願いだから、もうこの話には答えたくないという事を理解してほしい・・”と語っている。



丁度一週間前にオバメヤンは、ドルトムント内で大きな問題を巻き起こした。なぜならクラブの許可なしでミラノに行き、トーマス・トゥヘルがCLリスボン戦のメンバーから彼を除外したからだ。


20161109183109fa2.jpg




しかしその後ハンブルク戦(5:2)で4ゴールするという、仲直りゴールが生まれた。



トゥヘルはスカイに対して、“我々の目標は、オバがいてこそ達成できるものだ。長期的に彼をメンバーから除外する事はできないね。”



以上です。

新たなオファーの話かと思いましたが、どうやら夏の話だったようですね。しかし9000万ユーロとはすごい金額ですね。さすがに3人の選手を放出したばかりでは9000万でもオバを手放すことはできなかったようですが、夏にもこのようなオファーがきたらどうするつもりでしょうか?

チームは若返りを目指しているようですが、いったいどれだけの選手が残ってくれるか、というのはファンの心配するところですね。



[ 2016/11/09 18:40 ] オバメヤン | TB(-) | CM(5)
正直に言うとオバにそこまで移籍金を出すなんて不思議なんだけどね。もちろん優秀な選手だけど。
[ 2016/11/09 20:42 ] [ 編集 ]
だからアーセナルが狙ってるのはネタだと何度も・・・
[ 2016/11/09 21:54 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。
すごい数字ですね。
バイグルはどうなってるのですかね、延長の話、
バイエルンのアロンソがおちてきてるのが、年齢的には仕方ないですが、
不調の要因の一つだと思うので、引き抜きがあるのでわ?
ミュンヘン出身でしたよね、どうなるのかな。
[ 2016/11/09 21:57 ] [ 編集 ]
アーセナルってそこまで気前がのいいクラブなんでしょうかw
[ 2016/11/09 23:47 ] [ 編集 ]
オバメは希望のレアルからオファーくるでしょうか? 
BVBだから活躍できるんじゃないかと思ってるんですけど‥。

新しいゴールキーパーは必要ですよね。
ヴァイデンは今シーズン限りの契約で、第三GKのボンマンは18年6/30までだから契約延長するか、しないかでしょ?

18年6/30までの契約の選手

・ピスチェック
・スボ
・シャヒン
・カガワ
・ラモス
・パク
・ボンマン
・ブルニッチ
 
 これらの選手は契約延長か移籍ですよね? だいぶメンバーが入れ替わりそうですね。
 
 冬の移籍でまた誰か加入したり、出て行っちゃう選手もいるんでしょうね。

[ 2016/11/10 12:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。