ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 内田“ウッシーがシャルケに残る”と報道するもディ・マッテオには疑問+残留を喜ぶファンの反応

シーズン初めから契約の延長が噂されている内田選手ですが、地元紙レヴィーアスポーツが内田選手の残留はほぼ確実という記事を載せて話題になっています。記事後半は新監督についての内容となっていましたが、興味深い内容でしたので合せて紹介しようと思います。また短いですがファンのコメントも合わせてご覧ください。



ウッシーがシャルケに残る

2014102819132767e.jpg

多くのシャルケファンがこのニュースを待っていた。内田篤人が残留する!!
クラウス・ヤン・フンターラーについても後は形式的にサインをするだけとなっている。



ブンデスリーガー第9節におけるチャンピオンズリーグ競争相手であるレバークーゼンとのトップクラスの試合は0-1という負けにふさわしいものであり、更に新しいトレーナー ロベルト・ディ・マッテオの下での忌々しいアンチフットボールにおける最初の敗戦となった。しかしこの週末にはシャルケにとっていずれにせよポジティブなニュースがあった。ファンのお気に入りがケーニヒスブラウ(訳注:ロイヤルブルー。シャルケの愛称)に残る。


まだ正式ではないが、内田篤人が2015年6月30日までとなっている契約を延長することはほぼ確実だ。レヴィーアスポーツが入手した情報によると、内田のマネージャーのヘルトは今後も一緒に働いていくことでお互いに同意したようだ。またクラウス・ヤン・フンターラーもゲルゼンキルヒェンでの新しい契約にサインを残すのみとなっている。


これはシャルケファンが就任3週間となるロベルト・ディ・マッテオの元で行われている変化に対する疑問を抱いている状況下ではとても良いニュースである。後ろに引いて守りロングボールをひたすら前へ送る ー このようなサッカーをシャルケファンは長らく見ていなかった。


ディ・マッテオはイエンス・ケラーの解雇の後でチームの守備を強化するために、もしくは守備と前の創造性との間でバランスをとるためにやって来た。この間、バイヤーアレーナで行われた試合では、まさに可哀想なチェルシーだった(訳注:もしくは貧しいチェルシー)。93分間で4本のシュートを相手ゴールに放ち、本当のゴールチャンスは全体を通して1本もなかった。


“わたしも我々が良い攻撃が出来なかった事には気付いているよ。我々はセカンドボールをもらわなかったし、もちろん攻撃を始めるのは難しいね。”とシャルケのマネージャーのヘルトは気が付いている。“しかし別の面を見れば、前半はほとんど相手の攻撃を許さなかったね。”


これは正しい、しかしこれはバイヤーのような強い対戦相手にはポイントを得るためには役に立たない。


金曜日のアウグスブルク戦でのディ・マッテオの戦術は違うように見えてもよい。そうしなければアリーナファンを怒らせて追い払う結果となるだろう。これはサッカーに付き物の悪い予感だが、この予感は土曜日のレヴァークーゼン戦以来シャルケにつきまとっている。

スポンサーリンク


以下、内田の残留を聞いたファンの反応です。


・クリーンだよ。綺麗だよ!!


・素敵よ、ウッシー。


・このカオスなクラブにおいてようやく良いニュースだよ。


・ウッシー!!!!


・孫悟空 対 ベジータ


・これはスーパーなニュースだね。


・イカス!!


・ズーピー!(訳注:スーパーの意味)


・土曜日の3ポイントの方が良かったよ.....


・素晴らしい。僕は彼が大好きだけど、彼は僕らが必要とするレベルに達していない。


・私はウッシーが健康でいることを願っているわ。彼の膝の問題があるから。それにフンターラー30すぎだし、彼がどれだけ出来るか楽しみだわ。


・素晴らしいけどホームページに載ってから喜ぶわ。


・ズーパー


・レヴィーアスポーツの情報によると、って自分らじゃないか。


・これをチームが認めたら素晴らしいね。2人の素晴らしい仕事人が留まるなんて幸せ!


・グリュック アウフ!!(訳注:無事を祈る 鉱内作業員への呼びかけ)


・グリュック アウフ!!ウッシー。




以上です。内田選手の残留はチームにとってもファンにとっても素晴らしいニュースとなりそうですね。

しかし一敗しただけで、こう書かれるディ・マッテオ。やはりこのスタイルは見ている人には受け入れ難いようですね。管理人はチャンピオンズリーグでバルセロナと対戦した時のチェルシーのイメージが強すぎて頭から離れません。

とにかく監督を変えまくるシャルケですから今後はそういう意味では目が離せません。


【おまけ 今日のドイツ】

20141028191913be0.jpg

以前紹介した木製のおもちゃ 第2弾です。こちらもザクセンの民芸品で有名な天使の置物です。様々なデザインがあり、可愛らしく小さく軽いのでお土産に大変人気があります。写真は指揮をする天使です。
[ 2014/10/28 19:30 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(4)
No title
内田は地道にサッカーしてきた事がファンにも受け入れられていて安心しました。選手にとってこれが一番ですね。
[ 2014/10/28 22:22 ] [ 編集 ]
さきほど先日の試合を見ましたが
個人的にはあの戦い方がそんなに駄目
だとは思えませんでしたけどね〜
バルサもレアルもドルトムントも
先日のシャルケもそれぞれの良さが
あると思います。問題はマイボールに
なった時に慌てすぎというか奪った時に
少し相手のプレスに対応しきれて
いないかなと言う感じがしましたね
後はカウンターの時にボールを運ぶ
サイドの選手が役不足かなと
これはファルファンいないので
仕方ないかもしれませんが…
それかマイヤーを最初から使うとか
失点シーンはチャルハノールが
素晴らしかったとほめるしかありません
けどね
[ 2014/10/29 00:16 ] [ 編集 ]
No title
ビッグクラブに行って欲しいという声もありますが、私は残留は賢明な事だと思います。

日本のサッカー少年達には、クリロなやメッシのいるチームが華で憧れるのだと思いますが、決して長いとは言えない第一戦の選手生活の中で、チームにじっくり馴染んで、ファンにも愛され、選手として機能する事が一番大事。次世代の日本代表を担う子供達にそういう姿を見せて貰いたいです。

一見ドライでクールな内田選手ですが、実は物凄く男性的な信念の持ち主なのではないですかね。ただその少女漫画チックな風貌で、DFとして損している気がします。

見る度に、ドルのクバとかピシュチェクみたいな顔をしていたら、もっと恐れられていたんじゃないかなぁ、と残念に思うのは私だけでしょうか・・・
[ 2014/10/29 07:26 ] [ 編集 ]
No title
「グリュック・アウフ」のニュアンスがいまいちわからなかったのですが、鉱員のあいさつだったんですね。
イベントで内田選手がi言っていた時、妙に盛り上がっていて不思議だったのですが、納得です。
プレーでも言葉でもシャルカーをメロメロにするウシー、恐るべし。
[ 2014/10/30 20:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。