ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ミキタリアンを冬に買い戻しへ!!ドイツ紙最新《ドイツの反応》




Sport1

ボルシア・ドルトムントはどうやらヘンリク・ミキタリアンの買い戻しに動いているらしい。

BVB、ミキタリアンをめぐる噂



entry_img_1332.jpg
引用元:Sport1



BVBはヘンリク・ミキタリアンを冬に買い戻すようだ。なによりもトーマス・トゥヘルがこのアルメニア人の復帰にむけて力強く動いているらしい。

スポンサーリンク



この夏、マンチェスター・ユナイテッドはボルシア・ドルトムントのヘンリク・ミキタリアンに4200万ユーロの移籍金を払った。しかしこのアルメニア人はホセ・モウリーニョのチームでこれまで説得力のあるプレーを見せられていない。たいていはベンチ入りすら果たしていないのが現状だ。



この27歳の失敗にたいしてはBVBのボスたち、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケやミヒャエル・ツォルクも驚いていた。



イングランドのタブロイド紙である、サンデー・ミラーが伝えたところによると、ドルトムントはこの司令塔を冬に買い戻したがっているとのことだ。トーマス・トゥヘルがボスたちに対して、ミキタリアンを買い戻せれば幸せだ、と語ったとのことである。一月からのローン移籍の可能性があるようだ。



このアルメニア人は昨シーズン、力強い活躍を見せ、31スコアポイントを記録している。



一方ミラーが伝えたところによると、こうした噂はしっかり注意して楽しむ程度のもののようだ。何より、最近会長ヴァツケがミキタリアンに批判的な発言をしている。



ヴァツケはキッカーに対して、“賢い選手は、どのような環境で移籍するのかしっかり考えるべきだ。”と発言していた。“ドルトムントのように良く機能する状況でプレーしていたのに、長い時間をかけて機能するようになったものを、また捨ててしまう事には疑問だね。”



わずか数週間で、この考えが変わった可能性はそう高くはないだろう。






以上です。

ソースはイギリス紙のようですが、現実的ではない、というのがこのメディアの見方のようですね。

ちょっと上手く行かなかったからといって、さすがに半年もたたないで復帰の話が出るのはいくらなんでも早すぎますね。


ミキタリアンの意思は分かりませんが、もう少しイングランドで頑張る気概を見せてもらいたい所です。

個人的には、ドルトムントはこれ以上2列目を補強してどうするの?という感じですね。実現するとしたら、誰かを放出する事が決まっているという事でしょう。


【おまけ今日のドイツ】

20161114060104cd0.jpg

持ち寄りパーティーにバラリンゴケーキを持って行きました。
日本のレシピでもドイツ人には好評だと分かりました。
[ 2016/11/14 06:03 ] ミキタリアン | TB(-) | CM(20)
数カ月ぶりにこのサイトに来てこの記事を見ましたが、これはライオラ側が仕掛けてますよね。
goalの国際版しかみてませんが(日本語版は読む価値がないので読んでません)ミキの記事が昨日今日で
上がりまくってましたから、ユナイテッドで出場するためにキャンペーンをはってて
ユナイテッドが出さないなら、ドルからに戻る、というイメージコントロールの為の記事ですね。
ドルは利用されただけでしょう

2列目はリバプールがプリシッチ狙ってる、という記事も見ましたがどうなんでしょうね。
プレミアはリバプールとユナイテッドがアメリカ人オーナーで、プリシッチ本人のステイタスからみたら
アメリカ人気のあるユナイテッド行きが理想でしょうが、スポーツ面からみたらリバプール1択しかないとは
思います。
[ 2016/11/14 06:34 ] [ 編集 ]
仮に誰かが出て行くにしても、補強はセンターバックかディフェンシブハーフに!だよ。

2列目はゲッツェに目処が立ったし、ロイスも帰って来る。香川も本来なら調子関係なく前で使わなきゃダメでしょ。それに人員過剰だからこれ以上のプレーヤーはいらない。つか、デンベレあたりは1列下げたほうがいい。
[ 2016/11/14 06:36 ] [ 編集 ]
今のユナイテッドの面子を見ても、なぜここまで干されるのか、理解に苦しみますね。
ミキタリアンは知的で英語も得意、戦術理解もきちんとできていそうなものですが。
[ 2016/11/14 07:46 ] [ 編集 ]
ライオラがもれなくついてくるからないと思うな。。
[ 2016/11/14 08:02 ] [ 編集 ]
ムヒタリアン自身は最新のインタビューで出場機会が少ないのは確かだが諦めるつもりはないし
マンUで夢をかなえるために強さを身につけると奮起してるから
出戻りはないでしょうね
[ 2016/11/14 08:15 ] [ 編集 ]
戻すやろーなぁとは、思ってた。帰ってきたら、香川は、ベンチ外になりそうですね。移籍もしなさそーやし
[ 2016/11/14 08:53 ] [ 編集 ]
これが本当ならドルトムントのこと嫌いになれそう
[ 2016/11/14 09:29 ] [ 編集 ]
ちょっと待って、どっかで見たことあるこの流れ
[ 2016/11/14 11:02 ] [ 編集 ]
本当に誰か出て行くんですかね?
[ 2016/11/14 11:15 ] [ 編集 ]
やはりミキは欲しいですね
デンベレモルプリシッチ見てると…
ロイスはまだ見込み状態で不透明なので
そこによってはより実現してもらいたい
レンタルでなら、なんとかならないですかね、まんうーさん
可愛い若手のひとりふたりは往復切符で旅に出しましょう
[ 2016/11/14 11:18 ] [ 編集 ]
そうですね。せめて1年は在籍した方が説得力がありますよね。BVBは出戻りに寛容すぎるのでなくはない話だと思います。リンゴのケーキとっても美味しそうです!どちらのレシピでしょうか?いつかおまけで管理人さんが色々レシピ載せてくれるの期待してます。
[ 2016/11/14 11:42 ] [ 編集 ]
 もうライオラ所属の選手は結構です。復帰するならライオラとの契約を白紙にしてからにしてほしいところ。
[ 2016/11/14 11:43 ] [ 編集 ]
ミキはフィットするのに時間がかかるタイプだしさすがに半年でないわ
例えレンタル含め移籍があったとしてもドルトムントには戻らないでしょ
今回の移籍があんまり好意的な感じじゃなかったし、トゥヘルの信頼はあってもミキの繊細さだと去年みたく活躍するイメージわかないわ
[ 2016/11/14 13:21 ] [ 編集 ]
管理人さんの作るお菓子いつもおいしそうですね。

ミキはさすがに今はもどってこないでしょう。
もし戻ってきたら、フロントに対しても、ミキに対しても相当な驚きです。

[ 2016/11/14 14:38 ] [ 編集 ]
これは本当ですかねー?
まーそれだけミキが試合に出てないと言う事にはなりますが、もう少し踏ん張って欲しいです。半年で帰って来たら恥ずかしいだろー。ゲッツェの件もあるのでドルがやる事は信じていませんが、さすがに無いでしょう…
[ 2016/11/14 14:52 ] [ 編集 ]
まあ香川あたりは出て行くでしょうなあ。
流石に先が見えないし
[ 2016/11/14 18:51 ] [ 編集 ]
流石に半年で戻ってこないとおもうけれど、、、、実現したら、ファンタスティック4がまた、見られるでしょうか?

ミキタリアンがレンタルで出戻りしたら、大儲けしたのは、代理人と、ドルトムントのフロントですね。

ケーキ美味しそうですね。
[ 2016/11/15 00:02 ] [ 編集 ]
ライオラの仕掛けですよね
ムヒはユナイテッドに忠誠を誓った発言をしてますよ!
ただ「今は十分なプレー時間がない。だからこそ、コーチングスタッフが僕にプレー機会をくれるよう、ベストを尽くさなければならない」この部分には?ですが
出場機会を決めるのはモウリーニョじゃないかと思うのですが・・
[ 2016/11/15 01:08 ] [ 編集 ]
使ってみることも大して無いし、要らないんだとしたら何故に獲得したのやら
モウリーニョはヘルタ戦だったか見に来てましたよね。見ても別に欲しいと思わなかったけど売りつけられたのか?…
本当に戻ってくるのなら、戻すシナリオが大人の事情的に予め移籍時から決まってて使われなかったとか?
なんだかさっぱり解せない…出場できず調子を落とす悪循環に陥る選手が気の毒です

バラリンゴケーキ、素敵ですね
降り掛かってる粉砂糖が花びらの上に積もる雪のようで齧るのがもったいないくらい綺麗な出来栄えv-254
[ 2016/11/15 01:41 ] [ 編集 ]
ムヒ ゲッツェ ロイス オバをもう一度見たい!
[ 2016/11/21 18:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。