ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【ボルト対オバメヤン】ボルトがドルトムントでトレーニングへ!BVB会長も認める!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト




ボルト対オバメヤン


BVBトレーニングでロケット対決


entry_img_1333.jpg
引用元:Bild


ブンデスリーガ史上最も速いトレーニングとなりそうだ!!

スポンサーリンク



陸上スーパースター、ウサイン・ボルトが、イングランドの新聞ガーディアンが伝えたところによると、BVBのトレーニングに参加することをトーマス・トゥヘルと約束していたようだ。“僕はサイドアタッカーだ。ドルトムントでどうなるか見てみよう!”


それに対してドルトムント会長、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはビルトに対してこの事実を認めている。“ウサインがやってくることを楽しみにしているよ。我々の選手にとってもさらなるモチベーションになるだろうね。”


このコンタクトは、両者にユニフォームを提供しているプーマのボス、ビョルン・グルデンによって実現したようだ。


ボルトがBVBに!そうなるとドルトムントのロケット、オバメヤンとの対決が実現することになりそうだ!このストライカーは30メートルを3,7秒で走るようだが、ボルトは100メートル世界新記録(9.58秒)を記録したベルリンでは、(30メートルを)3.78秒を記録している。


201611142000445f2.jpg


正確な日時はまだ決まっていない。しかし今シーズンには実現するようだ。



ヴァツケ:“トレーニングの計画にうまく合わないんだ。おそらく準備トレーニングの期間になるんじゃないかと思っている。”





以上です。

ボルトが来るというニュースを会長が認めたようです。

ドルトムントは、ほぼ毎週2試合を戦う事になっていますから準備トレーニングで、というのが現実的のようですね。

実際に30メートルのスプリント対決をやってほしいところですが、どうでしょうか・・。

サッカー好きでも有名なボルトが実際にドルトムントでプレーしている姿をぜひとも見たいです。


[ 2016/11/14 19:59 ] オバメヤン | TB(-) | CM(7)
同じ条件での30mよーいドンならばボルトの方が速いでしょうね、当然
いくらボルトの初速が遅かろうとサッカー選手と比べれば明らかに速い
なんたって人類史上最速のスプリンターなわけだし
遅いの次元が違う
[ 2016/11/14 21:44 ] [ 編集 ]
いらない
[ 2016/11/15 03:45 ] [ 編集 ]
サイドアタッカーだったんだw
CFなのかと思ってた
[ 2016/11/15 06:22 ] [ 編集 ]
>同じ条件での30mよーいドンならばボルトの方が速いでしょうね、

30mや50mならばオーバメヤンの方が速いそうですよ。
ボルトにはそれ以降の伸びがありますが。
[ 2016/11/15 15:11 ] [ 編集 ]
30m競争してプーマのcm撮るんじゃないかな。
[ 2016/11/15 17:34 ] [ 編集 ]
オーバメヤンのタイムはチームトレーニングで計測したもの
ボルトのタイムは100m走の30地点でのタイム
同じ条件、つまり、クラウチングやスタンディングの状態で厳密なタイム測定をすれば流石にボルトかと
[ 2016/11/15 18:51 ] [ 編集 ]
サッカー選手は試合の流れの中で加速始めをヨーイドンして計測されています。
なのでコンマ何秒まで計測が出来ません。
ボルトはスタート地点のゼロからスタートです。計測方法がまるで違いますね。
[ 2016/11/16 03:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。