ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元BVBインモビレ!「通訳を禁止にされて、彼が何を言っているのか理解できなかった。」トゥヘルを批判!!《ドイツの反応》




ビルト



彼が何を言っているのかさっぱり理解できなかった。


元BVBインモビレ!トゥヘルを批判



entry_img_1335.jpg
引用元:Bild

2015年の夏にチーロ・インモビレはBVBを去った。彼がチームに在籍したのはたった一年間だ。その後彼はセヴィリアを経てラツィオ・ローマに移籍した。

スポンサーリンク



彼のドルトムント時代の終盤は様々な噂が周りを騒がせた。その原因:当時彼はドイツ語を向上させる意欲がないなど、その姿勢などが批判されていた。しかし彼はキッカーのインタビューで当時のネガティブな報道に対して反論している。



インモビレ:“いいえ、何もウンナ(ドルトムント付近の地名)でクレイジーに振る舞っていたわけではありませんよ。僕と妻がドイツ語の教師を拒否したという事もありません。タブロイド紙が過剰に報道しただけです。”



さらにこのイタリア代表選手は続ける。



“正直に言いましょう。ドイツ語を学ぶのはものすごく難しいです。クロップは通訳を許可してくれましたが、トゥヘルはそれを禁止しました。それは非常に難しかったですね。ミスターが何を言っているのか、ほとんどわかりませんでしたから。もしドルトムント残留を望んだら、まずはドイツ語を学ばなければなりませんでしたが、それには時間がかかったでしょう。”


しかしそれでもインモビレは、一年間ブンデスリーガでプレーしたことを後悔してはいない。“僕はBVBで過ごした時間をネガティブにはとらえていません。控室では世代(間)によって本当に問題がありました。もはや僕が知っているBVBではありませんでしたね。”


20161115180716a78.jpg


彼はドルトムント公式戦34試合で10ゴールを挙げている。彼は、その当時を思い出して批判的に語っている。“もっとやれたでしょうし、このように終わってしまって申し訳ないです。でもドイツでの経験をポジティブにとらえていきたいです。”


彼はラツィオでワールドカップ優勝者ミロスラフ・クローゼの後を継いでいる。クローゼは現在レーヴ代表監督の下で研修中だ。インモビレはかつてのワールドクラス・フォワードを称えている。




クローゼはローマでは“神話”化しているようだ。


インモビレ:“彼が移籍後ドイツ代表チーム入りして、夢をかなえてくれて嬉しいです。またワールドカップの得点記録を作ったことも。ミロじゃなかったら他に誰が相応しいでしょうか?ここローマでは彼は英雄です。クラブの歴史とファンの一部になっています。”







以上です。

まあ批判という程のものではないですが、ビルトにかかると批判したことにされてしまいますね。

控室では問題があったというのが気になります。世代間と訳しましたが、何を意図しているのかまでは読み取り切れませんでした。いずれにせよ年齢層によって問題があったように感じていたみたいですね。食事に招待されなかった事と関係があるのでしょうか・・・・。

しかし移籍してもまだドイツでニュースになるインモビレ。何かと話題性のある選手であることは確かなようですね。

イタリアで頑張ってほしいです。



【おまけ今日のドイツ】

DSC01438_convert_20161115181718.jpg

松ぼっくりが沢山ついていました。
[ 2016/11/15 18:10 ] 元BVB選手 | TB(-) | CM(12)
要約すると
通訳を許可しても許可しなくても、チームメイトと打ち解けることが出来なかったという話ですね
インモービレの場合、たとえドイツ語が堪能だったとしても打ち解けるのには時間がかかっただろう
つまり、姿勢を含めたコミュニケーション力が欠如していたのではないかと
[ 2016/11/15 18:45 ] [ 編集 ]
いきなり通訳ないとかさすがに困るだろ、トゥヘルは選手のことを考えられないのか
こういった部分でモチベーターの監督と比較すると一つ落ちるところがあるんだから、よっぽど他の部分で優れてないと厳しい
[ 2016/11/15 18:52 ] [ 編集 ]
トゥヘルがイタリア語で話せば、問題なかったのでは?
[ 2016/11/15 18:58 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。私もこの記事は今朝読んだのですがその記事ではオーバやマルコやパパが懐かしいみたいな感じで締めくくられていたので、色々言われてはいますが誰にも馴染めなかった訳ではないのだなと解釈しました。ロッカールームで問題があったというのが意外でしたね。派閥とかがないチームとビュルキが言ってた気がするので…
[ 2016/11/15 20:10 ] [ 編集 ]
ドイツ語が難しいと言うのには同意するけど彼は英語喋れるの?
英語すら喋らずにイタリア語で通していたなら妥当な結果でしょうけどね
[ 2016/11/15 20:24 ] [ 編集 ]
香川の通訳も同じ理由で禁止されたんじゃないかな?それによってマスコミに言いように記事に書かれてると思うと腹立たしい。
インモービレ復調してよかった。セリエA見てると楽しそうだし、代表でも活躍してるし、得点源として再注目されてるしね。リヒテンシュタイン戦のゴールは素晴らしいかった、これこそストライカーという上手さだった。これからも彼を追い続けますよ。
[ 2016/11/16 03:02 ] [ 編集 ]
もっとひどいこといってるのかと思ったら、批判ですらなかった
[ 2016/11/16 10:48 ] [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です
通訳うんぬんは置いといてロッカールームで世代間の問題かあ
どんな感じか気になりますね 今はどうなんだろう
[ 2016/11/16 11:57 ] [ 編集 ]
ドイツ語がかなり難しい言語であることをに同意できるので、ドイツのクラブなんだからドイツ語で、というのは分かりますが通訳を最初の1年間はOKぐらいはしてあげるべきだと思います。それとBVBはビッグクラブだけどメガクラブではないという外国人選手の認識というか位置付けも関係してると思います。ずっといるわけじゃないしーみたいな感覚になってしまうのでは。バルサとかレアルだったら必死でスペイン語を必死で学びたいと思うのではないでしょうか。

ただ香川選手に関しては出戻りで、ドイツ滞在も長いのでもう少しドイツ語を頑張ってドイツ語インタビューをできるくらいになってほしい気もします。メディアに好き放題ネガキャンされるのがファンとしては悔しいので。
[ 2016/11/16 12:17 ] [ 編集 ]
EL込みとはいえ10点取ってるんだな。
ラモスより取ってた。
[ 2016/11/16 12:53 ] [ 編集 ]
意外と点取ってるんだよなぁ
まぁこいつに関しては本当にクズだから擁護しようがない
ドル移籍直後もドルの悪口散々言ってたし練習サボって女と海にバカンスに行ってた
[ 2016/11/17 06:09 ] [ 編集 ]
インモービレは実際もっとやれたと思います。
イタリア代表でのプレーを見てもやはりテクニックもインテリジェンスもそこそこあると思います。
レヴァの後釜として物足りないということでチーム下降の状況と相まって批判もされてましたが、
そもそも出場時間が短かったです。

批判に傷ついてたようですから結構繊細な人だったのかもしれません。
本人ももう少し長い目で見てほしかったです。
[ 2016/11/17 16:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。