ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ヘルタ好調の大部分は原口のおかげ!契約延長も!!」特集記事《ドイツの反応》




【90Min】11月13日




原口元気:次なるステップ



20161116162346ba1.jpg
引用元:90Min



今シーズンのヘルタはパル・ダルダイ監督の元、驚くべきことに上手く行っている。この首都にあるクラブは、非常に注目に値するシーズンスタートを切り、10試合を終えて4位に位置し、チャンピオンズリーグ出場圏内にいる。そしてベルリンが好調の原因が原口元気である。彼は今シーズンからヘルタで完全にチームを牽引する存在になっている。最近では2018年までとなっているこの代表選手の契約も早めに延長するという話が出ている。

スポンサーリンク



原口は2014年に50万ユーロの移籍金で浦和レッズからヘルタへやってきた。その当時の彼はまだ白紙の状態だったが、代表出場試合数が16試合の彼は、最初のシーズンでは21試合に出場して1ゴール2アシストを記録している。



その次のシーズンは明らかに向上し、引き続き怪我することなく、28試合で先発出場している。さらにスコアポイントにおいても彼は追加することができた。ブンデスリーガ33試合に出場し、彼は2ゴール3アシストを記録したのだ。


今シーズンの原口は、パル・ダルダイのチームの重要な一員だ。これまでの10試合では、彼はまだ2アシストであるが、ベルリンの責任者たちはこの左利きに対して満足以上の評価をしている。“我々は元気の成長に非常に感心している。彼は次なるステップに進んだんだ。”とスポーツディレクターのプレーツはこの日本人について語っている。すでに原口の代理人とは接触しているようで、契約延長について幹部たちと話をしたようだ。原口自身はすでに契約延長の意思があることを示唆している。



ヘルタにとってチームを牽引する存在の契約を延長することは、非常に重要なことだ。それに加えてこの日本人はまだ25歳で、成長過程であり、将来もっと多くゴールをすることだろう。ベルリンという慣れた環境で働くことがでるし、クラブは今シーズはなんの不安をかかえることもなく、それどころか上位6位以内に入る可能性もあるだろう。






以上です。

原口選手、ゴールからは遠ざかっていますが、毎試合先発で出場し、チームの好調に大きく貢献していますね。ヘルタは昨シーズンの前半戦も調子が良かったですし、明らかに良くなっていますね。そうした中で契約延長の話が出てきたのは良かったと思います。今シーズンこのままいけばヨーロッパリーグの可能性もありますし、楽しみです。

[ 2016/11/16 17:57 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(9)
前にも書いたけど、ヘルタは原口に守備やらせすぎ。
上下に動かしすぎなんだ。だから2列目にいながら得点に絡むことが少ない。
別な言い方すると、攻撃は2トップ一辺倒なんだ。サイドからってのが以外と少ない。これだと相手に対策取られやすいし、実際、取ってくるでしょ。さらにサイド攻撃がないチームはほぼ上位に行くことがないってのもある。
そこで重要になんのは、仕掛けができる原口の攻撃参加を増やすことだよ。守備の負担減らしてね。減った分は2トップの一人にやらしゃいい。どうせ相手のボランチは潰さないといけないんだから。代表で守備のできる香川が横に入った途端に点取った型だよ。
今後のヘルタはここにかかってると思うよ。攻撃スタイルのバリエーション増えるから相手はやりにくくなるね。そうなればチームは失速することもないだろ。cl行けるんじゃない?
[ 2016/11/16 19:24 ] [ 編集 ]
原口左利きだったっけ?と思って調べたらやっぱり右利きだったw
[ 2016/11/16 19:35 ] [ 編集 ]
まあ、右利き足なんだけどね。ドイツの主語を変えるレトリックって日本人からすると、微妙なドヤ感があるから、そこで間違うとちょっと間抜けな感じになるw
[ 2016/11/16 20:22 ] [ 編集 ]
昨日の試合でも、攻守に関わり良い仕事していたのが、本当に良かったです。真摯を感じるプレイでした。
[ 2016/11/16 20:47 ] [ 編集 ]
代表では「海外組が優遇されてる」という意見が度々聞かれますが、原口選手を筆頭に大迫選手や清武選手を見ていると、海外で上手くいかない時期を乗り越えた選手たちはかなり逞しく成長しているように思います。
今シーズンの原口選手は特にチームへの貢献が計り知れません。研究もどんどんされると思いますが、それもまた乗りこえてまだまだ成長して欲しいですね。
[ 2016/11/17 00:35 ] [ 編集 ]
>原口左利きだったっけ?と思って調べたらやっぱり右利きだったw
俺もあれ・・・?と思ったけどやっぱ右利きだよな
[ 2016/11/17 06:38 ] [ 編集 ]
日本代表のエースですね。
見ていて感動すら覚えるプレーをし続けています。
攻撃も守備もとにかく1対1が強い。
今、世界のスタンダードに一番近い選手ですね。

サウジ戦の前半の日本の素晴らしさや、原口や大迫の守備と1対1の強さを見ていると、もはやデュエルは当たり前、守備はパスコースを切るだけでは駄目!だと確信しましたね。
大迫は香川の役割すら食ってしまっているし、清武はもう絶対に外せないし…香川は…どうする…
[ 2016/11/17 13:57 ] [ 編集 ]
原口選手はヘルタで監督はじめ信頼されているのがとても感じます
もちろん日本代表でもですがそこまで行かなくても、、っていうところまで全力で走る姿から本当に
力強さが伝わってきます

清武選手ももちろん良いですが、酒井ヒロキ選手ととても息が合っているので彼の存在も大きい気がします
[ 2016/11/17 20:11 ] [ 編集 ]
外せない選手はいません。
香川がダメということを強調したいがために、他選手を巻き込むのは不愉快です。
大迫だろうと清武だろうと、より良い選手が出るだけだと監督は言ったはずです。
スタメン固定はしません。

原口選手は見ていて気持ちいいプレイヤーですね。
浦和で素行が良くないこともあり、あまり気にしてなかったのですが、応援したくなる選手になりましたね。
ドイツにきて少し謙虚になった気がします。
あと、まわりが結果だけでなく黒子の部分も評価してくれていて嬉しい。
なぜか黒子の部分を評価してもらえない選手もいるから、この部分は大きいです。
[ 2016/11/18 10:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。