ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「フランクフルト長谷部の日本での人気はベッカム並み?」日本を取材し長谷部を特集!《ドイツの反応》



フランクフルト・ルントシャウ】11月16日


長谷部誠

ハーズィ(長谷部)の軌跡


entry_img_1339.jpg
引用元:フランクフルト・ルントシャウ




アイントラハト・フランクフルトでプレーする長谷部誠は、故郷日本ではどのぐらい有名なのだろうか?ワールドカップ予選日本対サウジアラビア戦を見学してみた。

スポンサーリンク



アイントラハト・フランクフルトのトレーニング場や選手のそばで、日本のジャーナリストを見かけることは決して珍しい事ではない。その理由は:長谷部誠の存在だ。彼は日本ではデイヴィッド・ベッカム並みのスターで、外を歩くことはほとんどできないぐらいの大スターだと、時々耳にする。日本を訪問する事でそれに触れることができるだろう。


すると一つの事が明らかになった。長谷部誠は本当に、すごくポピュラーだという事だ。そして彼がドイツでプレーするクラブも。土曜日に行われた川崎フロンターレと浦和レッズ(90年代にウーヴェ・バインが初めてのドイツ人選手としてプレー)の際に、ホームクラブの幹部達にインタビューを行った。まず、ドイツのどのクラブを応援していますか?という質問に対しては、“アイントラハト・フランクフルト”という言葉が返ってきた。その後すぐに“あー、長谷部!”という言葉が続いた。他の同僚たちは初めは話を聞いていたが、“乾!、高原!”とまるでピストルを放ったかのように言葉を補った。その後稲本の名前だけ、後で指摘しなければならなかったが、彼らは笑顔でもってそれに答えた。彼らはヨーロッパである程度成果を上げた選手について、喜んでいる。



スタジアムで行われた他の所在においても、“フランクフルト”という名前は非常に好意的に受け止められているようだった。最近フランクフルトのニコ・コヴァチ監督が“ハーズィ―”と呼んでいる長谷部誠だけのおかげでもないようだ。



しかし“日本のベッカム?”ビッグスター?これに対して日本サッカー協会の広報会長は戸惑いながら首を横に振る。その原因は日本ではどのプロサッカー選手もスター扱いであることにあるようだ。リーガでも代表選でも選手一人一人に応援歌があり、ファンたちは選手を祝福するのだ。


日本が長谷部とともに戦ったサウジ・アラビア戦が火曜日に行われたが、日本は半ダースのブンデスリーガ選手と共に2:1で勝利した。そこで最も目についたのは香川のユニフォームだ。スタジアム・マガジンには香川のインタビューが掲載されていた。しかし彼はベンチスタートとなっている。そしてキャプテンは、いつものように長谷部誠だ。長谷部のユニフォームも良く目についた。若い女の子から年配の男性まで。この年配の男性はウルトラスの定位置で大きな旗を振っていたが、その旗には日本語ではない文字が記されていた(注:実際にどのような光景なのかはうまく想像できず。)。


フィールド上での長谷部は、チームを危なげない勝利へと導いた。数多くのチャンスを逃したことだけがネガティブな事として上げられるだろう。長谷部はテストマッチのオマーン戦では温存された、非常に控えめで、特に目立っていなかった。しかしアイントラハトでの彼の役割を考えれば、これは悪い事ではないだろう。彼は遅くとも木曜日にはフランクフルトに戻って来る事になっている。そして日曜日にはブレーメン戦に出場しなければならない。3バックのセンターとして。






以上です。


長谷部選手を追いかけてわざわざ日本まで取材に行ったようですね。このような記事は初めて読みましたので、中々興味深かったです。

長谷部選手には引退後もクラブに残るのではないかという噂がありますが、本当にそうなってほしいですね。もちろんまずはこの好調を維持してプレー続けてほしいです。




[ 2016/11/17 18:58 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(7)
ここまで長くスタメンでプレーし続けられるのは凄い。
[ 2016/11/17 19:15 ] [ 編集 ]
アイントラハトとFSVフランクフルトが別のクラブだと知ってる日本人は僅かだろう
[ 2016/11/17 20:27 ] [ 編集 ]
長谷部は凄く有名だと思うが
日本でフランクフルトの試合はあまり見られてないと思うぞ…
心を整えるを出版直後のヴォルフスブルクの試合も実況は1スレ消費せず終わった…
[ 2016/11/17 23:17 ] [ 編集 ]
いや、長谷部と原口は最後は浦和に戻ってきて欲しいわ
特に原口は引退前に浦和でタイトル獲ってくれ
[ 2016/11/18 00:10 ] [ 編集 ]
「彼は日本ではデイヴィッド・ベッカム並みのスターで、外を歩くことはほとんどできないぐらいの大スターだと、時々耳にする」

 日本にいる俺でもそれは知らなかった

「そこで最も目についたのは香川のユニフォームだ。」

 まったく違うじゃないか

「数多くのチャンスを逃したことだけがネガティブな事として上げられるだろう。」

 18本打って怪しいファールでのPK入れて、たった2点だからね

-40-
[ 2016/11/18 00:21 ] [ 編集 ]
ベッカムは言い過ぎですが人気があることは間違いないですよね。現地まで来て取材する姿勢は素晴らしいですし、そこまで関心を持たれた長谷部選手もすごいと思います。著書でドイツで指導者の資格を取るのも面白いかも、と書いていたのでそうなったら面白いですね。フランクフルトは本物と言える日本食のお店もありますし、きっと他の都市に比べて住みやすいのではないでしょうか。デュッセルドルフは別格ですね。
[ 2016/11/18 11:20 ] [ 編集 ]
日本のベッカムはウシーだで
決め手はファンガールの多さだな

長谷部はシュバイニーやランパードってとこか、ポジション的にも息の長さ的にもね
[ 2016/11/18 20:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。