ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 オリバー・カーン  インモビレ、クロップを批判  ノイヤーには称賛も

※香川選手、本日のポカール戦で、1ゴール1アシストと素晴らしい結果を残しましたね。ドイツは現在夜11時と、採点や記事が出るのは明日の朝になると思いますので、今回は準備していた記事をアップしたいと思います。



日曜日のバイエルン対グラートバッハ戦の後、スカイTVのスカイ90という番組に元ドイツ代表オリバー・カーンとロー
ター・マテウスがゲストとして出演し90分にわたって各試合の分析を行いました。

このブログで先日のチャンピオンズリーグ戦でカーンのコメントを取り上げたので、どうにかしてこの番組をブログで取り上げたいと思っていた所、カーンとマテウスのインモビレに対するコメントが批判と取られ、ドイツメディアをにぎわせる結果となりましたので、その様子をお伝えしたいと思います。見出しだけでも以下のようになっています。

IMG_4969_convert_20141028225126.jpg

【カーン BVB移籍を批判 インモビレはコンセプトに合わない】 トランスファーマルクト

【カーンとマテウス:BVB移籍を批判】 ヤフー スポーツ

【カーンがインモビレに。彼はコンセプトに合わない】 ビルト

【カーンがBVBを攻撃 自分の責任】 フォーカス


それらの中からカーンのコメントを中心に引用して紹介したいと思います。

スポンサーリンク


【スポーツビルト】サッカー専門誌

カーンがインモビレについて“彼はBVBのコンセプトに合わない”


オリバー・カーンはボルシア・ドルトムントの補強について批判した。


かつての世界的なキーパーは“スカイ90”というトーク番組で、“補強に関して言うならドルトムントは最上とは言えない。例えばチーロ・インモビレは本来ならユルゲン・クロップのコンセプトには合っていない。ドルトムントは一緒にプレーできるストライカーが必要だが、インモビレはそうではない。”と語った。



このイタリアのストライカー チーロ・インモビレはこの夏1940万ユーロでFCトリノからやって来た。この24歳は今季バイエルンに移籍したロベルト・レヴァンドフスキーを埋め合わせるはずだった。インモビレは今まで11試合に出場し4ゴールを決めている。


ローター・マテウス氏は同様にインモビレについて意見を語る。“ボルシア・ドルトムントは大きなクオリティーを失った。これははっきりしている。彼らは何かしらやろうとしたが、インモビレはペナルティーエリア内でのプレーヤーだ。彼はチームのテンポを一緒にプレーすることは全然出来ないし、このボルシア・ドルトムントの速いプレーは彼には合っていない”


またドルトムントの危機についても取り上げており、カーンは“疑問なのはユルゲン・クロップという大きな像の周囲がどれだけ成長したかと言う事だ。特にこうした危機的な状況になって、全てがクロップに集中している。彼ただ一人がBVBの問題を解決するべきであるかのようだが、こうした状況は問題だと思う”と述べた。

ボルシア・ドルトムントはリーガにおいて4連敗中である。そして6試合勝ち星がなく、2部リーグとの入れ替え戦となる16位まであと1ポイント差となっている。




【ビルト】 それに対するクロップの反応

ユルゲン・クロップはカーンの批判をのみ込む


“カーン インモビレはドルトムントに合わない”


ドルトムントが危機的な状況にあるとどこで気づくか?トレーナーのユルゲン・クロップは厳しい批判に対して穏やかに反応する。また失敗した買い物についてもオリバー・カーンの批判をのみ込む。


カーンはTV番組“スカイ90”において“補強に関して言うならドルトムントは最上とは言えない。例えばチーロ・インモビレは本来ならユルゲン・クロップのコンセプトには合っていない。ドルトムントは一緒にプレーできるストライカーが必要だが、インモビレはそうではない”と語り、ローター・マテウスもイタリア人インモビレがドルトムントの速いテンポのサッカーには合っていないと意見を言っていた。


クロップは何と言ったか?

今の我々の状況では誰もが我々の新しい選手、補強に意味があったか問うことが出来るだろう。また今いる選手をチームに残した事がはたして意味あることだったか質問する事も出来るだろう。また私について何でも言う事が出来るだろう。今の状況ではネガティブな事について話すのは簡単だ。我々がそうだからだ。だから私は我々のチームをネガティブに見る誰に対しても悪意はない。だけど、それについて興味はないし、そうした意見を気にかける事もないよ。





【ディー・ヴェルト】 カーンがノイアーを褒める。

一方でカーンは対グラートバッハ戦で素晴らしいセーブをしたマニュエル・ノイヤーに大きな賞賛を送った。ナレーターの“ノイアーはあなたよりも既に良いですか?”という質問に対して、


“彼の年の頃には私はこんなに良くはなかった。私は30歳にしてサッカーに必要なおおよそ全ての物を手に入れたが、ノイアーはそれよりも早い段階で既に良い。彼が世界一のキーパーだというのは全く公平な意見だ”


“今日の若いプレーヤーたちは昔と比べて早い段階で良い。ユース世代のレベルは全く違うものになっている”と語った。





以上です。カーンのコメントを中心に紹介しました。番組は90分に及ぶもので、カーンがインモビレに対してコメントしたのは本当にこれだけだったのですが、ここばかりがメディアに取り上げられて騒ぎが大きくなってしまいましたね。そういうところはドイツにもあります。

管理人の印象ではカーンのコメントはどちらかと言えば冷静でローター・マテウスの方が批判的な意見をはっきり言っていました。カーンがノイアーを褒めたというのも批判と同じぐらい大きなニュースとなっていましたのでコメントだけ紹介しました。

先ほどのポカール戦ではザンクト・パウリ相手に3-0(インモビレ、ロイス、香川のゴール)で勝利しました。明日の新聞にドルトムントと香川選手がどう取り上げられるか楽しみです。


【おまけ 今日のドイツ】

DSC01589.jpg

DSC01583.jpg

南ドイツバーデン・ビュルテンベルク州のエスリンゲンにある木組みの家です。
南ドイツにはこのような建物が多くありますが、この街もこの木組みの家が沢山ある素敵な街として有名です。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
[ 2014/10/29 07:26 ] カーン | TB(-) | CM(12)
No title
初めてコメントさしていただいます
何時も楽しくブログを見さしていただいております
私は大阪在住の21なのですが日韓Wカップの時からドイツ代表(特にカーン選手)が好きになり
ブンデスも見始めたのですが
現地の新聞などの情報は全く分からなかったので
大変ありがたいです。
(ドイツ語勉強してるんですが難しいです・・・w)

もしニュース等が有ればロイス選手の移籍情報
などの事が知りたいです。
(昔はバイエルンファンだったのですが
余りにも補強が・・・w)
[ 2014/10/29 07:50 ] [ 編集 ]
No title
おはようございます。
香川選手1A1G、もちろんザンクトパウリは2部のチームですが、今日の勝ちは精神面でプラスでしょうし、嬉しかったです!フォーメーションちょっとはまっていたような?インモビレ選手、批判が出てましたし、今日の試合に出したのは良かったです。ドルトムントでのあり方を見つけて欲しいです。
ところで......ポカール普通に観たいです(放映がありません).....。
[ 2014/10/29 07:53 ] [ 編集 ]
お疲れさまでした。
クロップへの批判、出始めましたね。
インモービレは、一緒にプレーすることを求められているとわかれば、成長しますよ。
ザンクトパウリ、何はともあれ、香川の活躍が見られて一息。バイエルン戦に向けてこの勝ちイメージを大事にガンバッて欲しいっすね。
[ 2014/10/29 07:59 ] [ 編集 ]
いつも丁寧なお仕事ありがとうございます。初めてコメントします。
香川のマンユナイテッド時代からの全試合観たりしていますが、正直カーンのインモービレに対しての考えには同感と言えます。勿論インモービレの事は好きだし活躍して欲しいですが、フラットな見方からして。自分的に考えたドルトムントにおいての1番インモービレを上手く表現する言葉は「1点決めて、1.8点分のチームのチャンスを潰す」でしょうか。チャンスを潰すというのは決定的シュートを外すという意味ではありません。素早いショートカウンターなどからインモービレに良い形でパスが渡ります、そこから「ある程度」質の良いパスが出せればほぼゴールに繋がる場面、本当にインモービレそれが出来ない。。周りが見えず強引にシュートに行くタイプではないのは良いのだけど、とにかく「ある程度の」質のラストパス、イマジネーションが足りない感じ。そんな形からスーパーゴール決めちゃうの?って無の状態からゴール決めちゃうなら良いのだけど、カーンの言う通り主にペナルティエリア内で決めなきゃいけないチャンスを決めてる、という印象。ただ先に言った通り個人的には好きな選手で憎めないし、チームメイト愛もある感じ、まだ時間も足りないしこれからフィットしていってほしい。
[ 2014/10/29 08:16 ] [ 編集 ]
No title
まあレバンドフスキと比べるのは酷だよね
今や世界一を争うクラブのレギュラーなわけだけど
ドルトムントでまだバリオスがいた頃途中出場でほぼ点決めてた変なやつだから・・・・
[ 2014/10/29 09:54 ] [ 編集 ]
他の方がコメントされているように
彼にレバンドフスキを重ねるのは
さすがに無理があるとは思います、
ただもう少し冷静さが欲しいですね
パスをするべきところとシュートを
するべきところの判断があまり
良くないように思えます

ところで今シーズンはボルシアMGの
躍進が目立っていますね
自分はロイスやマリンがいたということ
やネッツァーがいたということくらい
しか知らないのですが先日のバイエルン
戦を見てとても素晴らしいチームだと
思いました。特にボランチの2人は
本当にすごい。やはりドイツでもこの
チームの躍進は大きく報道されている
のでしょうか?もし時間があれば
少しだけでも取り上げていただけたら
嬉しいです
[ 2014/10/29 11:44 ] [ 編集 ]
マテウスさんは昔からはっきり言っちゃう人だからね。バイエルンともケンカする位だから
[ 2014/10/29 12:44 ] [ 編集 ]
No title
クロップの言うとおり、今の状況でプレイヤーを批判するのは非常に簡単です。

インモービレはトリノからドルトムントに来てまだ10月です。違うリーグ、別のチームメート、違うチームのテンポ、違う守備。そんな状況にいる選手を批判するのはさらに簡単です。

レヴァンドフスキと同じプレースタイルで同じだけ得点できる選手が取れれば良いでしょうが、実際できるわけがなく、ドルトムントはそういう選手補強をするクラブでもない。
札束の山の高さで勝負してもCL優勝候補のようなクラブに負けることは明らかで、そうではなく分析をつくし手に入った選手をいかにチームに組み込むかがこのクラブの生命線なわけです。
カーンの主張はビッグクラブに対して常識的な発言ですが、ドルトムントには当てはまりません。
クロップとブバチがレヴァンドフスキありきのプレーを組み立てたように、手に入りうるベストプレイヤーであったインモービレの長所を活かしたチームを作るのが彼らのやり方です。

レヴァンドフスキに出来たことが新しいFWに出来るかで見たら「当然」か「失望」しかありません。
インモービレはカウンターで活きる選手で、縦に速いプレーで活きる選手です。その意味でBVBの基本条件には沿っています。得点パターンはレヴァンドフスキより豊富で得点できるエリアも彼よりも広い。時間はかかるでしょうが、そういった選手の良いところを活かすチームを作り上げられるかがこのクラブの醍醐味だと思います。
[ 2014/10/29 14:00 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
現状クロップや選手がメディアに批判されるのは仕方ないことなんでしょうが、クロップが選手を、フロントがクロップを守ってくれたら、なんかもうそれでいいなって思います。
そして、ドルはそういうチームです。
ドルトムントが大好きだから、シーズン終わってどんな結果になろうと、ずっとドルを応援していこうって思います。
[ 2014/10/29 15:02 ] [ 編集 ]
No title
結局、レバンドフスキタイプの選手はいるが、レベルとしてはインモービレに劣る選手しかいなかったんでしょうね。
トータルでインモービレと同等なら、チームに合う選手を獲得していたでしょうね。

どちらにしても今いる選手を活用するしかないですよね。カーンもそこまで否定しているのではなく、冷静に分析しているだけですね。
[ 2014/10/29 16:07 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
この記事、昔ベッケンバウアーがレバのことを批判していたことを思い出させてくれました。バリオスが怪我で長期離脱していた2011-12シーズン当初、香川やドルが成績不振なのは、レバがバリオスの代役が出来ないからだとかなんとか。

私もクロップと同じ思いです。
[ 2014/10/29 17:09 ] [ 編集 ]
No title
レヴァントフスキもいきなり今のスタイルになったわけじゃないのにな。バリオスの次の2番手として成長する時間的余裕が与えられていたのが大きい。最初年は、途中出場トップ下って形多かったし。
成長と適応のための時間がないのがつらいわ。インモービレ自身にとってもチームにとっても。
[ 2014/10/30 04:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。