ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB対バイエルン!ロイスが再び負傷し欠場!ローデ、ゲレイロも微妙に!ドイツ紙《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ



ドルトムント:ドルトムントは土曜日にバイエルンと対戦する。マルコ・ロイスは欠場することになっている。さらにラファエル・ゲレイロの出場も微妙だ。さらにゼバスティアン・ローデの出場も危ぶまれている。



20161119051451e7e.png
引用元:西ドイツアルゲマイネ新聞


これまではボルシア・ドルトムント対バイエルン・ミュンヘンの対決を前にして、トーマス・トゥヘルはメンバーの選考に悩みを抱えることになるかとみられていた。ほぼ全員の選手が再び集結し、さらにマルコ・ロイスが再びプレー可能な状態となった。しかしこれも金曜の午後までだった。
スポンサーリンク




BVBはマルコ・ロイスが、踵に問題を抱えているために欠場するだろうという事を公式に発表している。マルコ・ロイスは、恥骨の炎症により5月以来一度もプレーしていない。


“今回の負傷は、これまでのものとは全く関係ない。”とトゥヘルは語った。“彼は踵に問題を抱えている。おそらく新しい靴のせいだろう。それ以外には原因はないだろうね。”まったく予想もしていないところから新たな問題が沸き起こったが、少なくとも、“痛みはあるけれど、特にどこかが壊れてしまったというわけではない。”というのは良いニュースだ。



しかし、ロイスのように長期的に負傷している選手にとっては注意しなければならない。“彼がこの痛みを抱えてプレーする事で、かばってしまい恥骨に何らかの影響を及ぼすことを恐れている。”とトゥヘルは語っている。


そしてロイスだけが欠場する有名人ではない。ゼバスティアン・ローデは、盲腸の傷跡がトレーニング後に再び痛み出したようだ。ゲレイロは筋肉の問題を訴えている。トゥヘルは、この二人の出場は非常に微妙だとみているようだ。その結果:土曜日もまだ100%ではない選手たちがプレーすることになるだろう。


その中には、これまで数週間離脱していたシュメルツァーとシュルレが含まれる。トゥヘルは質問に対して“彼らはプレーしなければならない”と答えている。“我々には他に選択肢はない。”





以上です。

ロイスは本当に残念ですね。早くプレーする姿が見たいです・・・。しかしシュルレとシュメルツァーがはりきってプレーしてまた負傷しないかも心配になります。

いずれにせよ、明日の試合楽しみです。とにかくポイントを落とさないことが大事ですね。なんとか上位にくらいついていてほしいところです。

怪我人はバイエルンにも多くいるようなので・・・。



【おまけ今日のドイツ】

2016111905200764d.jpg

来週末からドレスデンではクリスマスマーケットが始まります。
待ち切れません。
[ 2016/11/19 06:00 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(17)
ロイスの復帰が楽しみだったのに出られないの残念過ぎる・・・
やっぱりトレーニングがおかしいんじゃないの?なんで練習してるだけでこんなに怪我人ばかり出ちゃうの
[ 2016/11/19 06:30 ] [ 編集 ]
本当にロイスかわいそう、
やはり、勝ち点1狙いかなぁ、守備的に行くのかなぁ、
クロップの時みたいに、堂々と立ち向かっていって欲しいけど、、、
[ 2016/11/19 06:51 ] [ 編集 ]
バイエルンはビダルとハビマルでしたっけ?
ドルトムントはとにかく失点を減らさないことだと思います、現時点でバイエルンの倍くらい失点してますからね
ロイスは軽症のようですが・・
先ほどレバークーゼンとライプチヒの試合が終わってライプチヒ勝って暫定首位ですね

[ 2016/11/19 06:55 ] [ 編集 ]
踵は筋肉系ではないですし、今期稼働のないロイスは疲労蓄積もないでしょうから、トレーニング負荷が直接の原因である可能性は低いでしょうね。

しかし、彼の怪我グセはちょっとひどいですね。これでは才能はあってもどこも彼を欲しがらなくなってしまうのではないでしょうか。
[ 2016/11/19 07:49 ] [ 編集 ]
靴の影響かとありますが、バイエルン戦出場のために急に強度を上げすぎたのかな
チーム状況があまりよくないなか復帰戦として申し分ないですからね
万全じゃない選手の起用もあるとのことですが、ケガ人がでないことを祈りたいです
[ 2016/11/19 08:16 ] [ 編集 ]
ロイスはともかくとして、数日前は準備万端とか煽ってたけど急に100%の状態じゃない選手がいるとかいいだして、負けても言い訳できるようにしてるみたいで見苦しい。ここで負けるともっと順位落としますしね。
ヴァツケの発言もそうですが少しは選手や相手クラブをリスペクトしたらどうですか?まぁ日本は遂にバイエルン戦でも生放送じゃなくなりました。
香川をベンチ外とかにしてれば当然ですね。
[ 2016/11/19 08:30 ] [ 編集 ]
選手層が厚いわけでもないから〇〇が復帰したニュース見る度、本当はまだ完治してないんじゃないかって疑ってしまう。CL圏内に入るのが目標だから目の前の試合に勝たないといけないし、主力選手を無理させてるイメージがドルトムントにはある
[ 2016/11/19 08:53 ] [ 編集 ]
新しい靴のせいってちょっと笑っちゃうけど大事なことよな。
自分も酷い靴ズレにあって一週間動けなくなったからなあ、それがスポーツ選手なら猶更よ。
[ 2016/11/19 10:25 ] [ 編集 ]
再発じゃなくて良かった。
また長期離脱かと思ったよ。
[ 2016/11/19 10:33 ] [ 編集 ]
もはやバイヤンのライバルはBVBじゃない、ライプツィヒだ
親会社もフロントも監督も優秀だから数年は優勝争いしそう
過剰なリスペクトして萎縮してる間に追い抜かれてしまったな
[ 2016/11/19 10:42 ] [ 編集 ]
ミキ、ギュン、フンが去ってオバメとロイスしかいないのにロイスが怪我でいないのは本当にキツイ
ゲッツェもまだまだ上がってこないし香川は絶不調。若手のデンベレとプリシッチ、モルはまだまだ不安だし、好調のゲレイロは怪我か
勝てる気しねぇよ・・・
[ 2016/11/19 11:52 ] [ 編集 ]
ロイス可哀想。BMG時代からこうだったのかな?ちょっと免許事件の因果だとか思ってしまうんですが(苦笑)
[ 2016/11/19 12:37 ] [ 編集 ]
ロイスくさらずに頑張れ
[ 2016/11/19 14:50 ] [ 編集 ]
ガラスの天才 ウィルシャー
ガラスのエース スタリッジ
ガラスのロイス ロイス
[ 2016/11/19 15:35 ] [ 編集 ]
新しいシューズの為?ま、まさか靴擦れじゃあないでしょうね〜(笑)。

ロイスは上手いし、お洒落でかっこいいし、過去の仲間と上手くやっているインスタを見ても、性格も良さげ・・・天は二物を与えずじゃあないのかよ!と常々思っていましたが、ガラスの下半身を与えたんですね。

歳を取るにつれ、治りも遅く怪我も増てきますよね。ロイス辛いな~。
[ 2016/11/19 17:13 ] [ 編集 ]
個人的体験だけど、踵を地面につくとビリビリして歩くのに苦労してたことがある
整形外科行って踵周辺のレントゲン撮影したけど何もない、温存療法(様子見)とか言われた
2ヶ月くらい整形に通って、柔道の整体に行ったら、背骨の一部が飛び出てると言われ
その場で周囲の筋肉をほぐしながら、その骨の左右をゆっくり押した
かかとの痛みはその場でほぼ無くなった、2回通って完治した
ドイツには脱臼をゲーム中に直すくらいの医者がいるんだから、同じ症状ではないと思いますが・・・
[ 2016/11/19 17:35 ] [ 編集 ]
ロイスの怪我は残念だけれど、対バイエルン戦の大一番でいきなりの起用とか正直、意味不明だったので出場できないことを不満や残念に思うことはないかな。

それから今のドルトムントはトレーニングなのか食事制限なのかどこかしらに無理が出ている感じはあるかな。香川にしても昨季終盤から怪我の繰り返し(足首だったり腰?背中?の肉離れだったり)だし、トレーニング等が瞬間的なパフォーマンスを優先しすぎて、ある程度の期間での平均的なパフォーマンスの形成ができていない気がする。

ライプツィヒは選手が良く動き、1タッチ2タッチでポンポンとパスが繋がり、縦にも速く、時には個人技もあるので、まるで黄金期のドルトムントのサッカーを観ているようで楽しい。このままの調子で行けるのであれば、ライプツィヒが優勝しても不思議じゃない感じ。
[ 2016/11/19 18:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。