ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!バイエルンに勝利!!独紙マッチレビューと採点!《ドイツの反応》



ビルト



みなさん、ぜひとも順位表を見てください!首位に立っているのはバイエルンではありません。
それも14か月ぶりに!


entry_img_1344.jpg


昨シーズンの優勝チームはドルトムントに0:1で敗れた。そしてそれによって順位を2位に下げた。新たに首位に立ったのは昇格チームのライプツィヒだ。

スポンサーリンク






オバメヤンがバイエルンを危機に突き落とす!



バイエルンはここ6試合中2試合でしか勝利していない。82360人の観客を前にドルトムントでも勝ち点を獲得することができなかった。


バイエルン監督アンチェロッティは負傷したヴィダル・ロッベン、マルティネス、コマン抜きで試合に臨んだ。



それに対してトーマス・トゥヘルにはとあるアイデアで試合に臨む。バルトラ、ソクラティス、ギンターの3バックだ。シュルレとゲッツェは攻撃的中盤で隣同士でプレーし、その前にラモスとオバメヤンの2トップだ。

トゥヘルはスカイに対して、試合前に“非常に勇気がいるだろうね。バイエルンは3人のセントラルミッドフィルダーで試合に臨んでくる。我々は攻撃的に守ることで対処できるだろう。少なくともそうすることが我々の計画だ。”と語っている。



しかしどうしてトゥヘルはハンブルク戦で5:2で勝利した戦術をやめたのだろうか?



トゥヘルは勇敢に:“我々はドルトムントだし、ホームでプレーする。そして勝ちたい。フォーメーションからもそれが見られなければならない。我々は多くの攻撃的選手を擁しており、彼らが決定的な場面で違いを出せる事に期待している。”と語った。

そして彼らはそれを成し遂げた。開始11分に元バイエルンのゲッツェが元ドルトムントをまた抜きし、オバメヤンはそのパスに飛びこんでゴールを決めたのだ!1:0



このドルトムントのストライカーの今シーズン12ゴール目となった。そしてゴールへの喜びを彼なりの方法で表現した。3回の腕立て伏せだ。過去にはゴールをバットマンの衣装で祝っている。


201611200551423d6.jpg


その後はバイエルンが強くなった。バルトラがレヴァンドフスキーのカウンターを止めたが、この戦術的なファールで2枚目のイエローカードをもらわなかった事はドルトムントにとっては幸運だった。審判のトビアス・シュティーラーはカードを出さなかったが、本来であれば、イエロー2枚で退場となるべきだった。

それ以外はシュティーラーにとってはそれほど難しくはならなかった。最近ではリベリーがドルトムントに対して何度も目立つファールを繰り返していたが、ファンのブーイングや相手のファールにもかかわらず、この日の彼は落ち着いていた。


前半での成績は、バイエルンのポゼッションが59%、そしてシュートも11本だったが、まったく危険性がなかった。BVBのゴールキーパー、ビュルキが真面目に試されることがなかった。



スカイ解説者のローター・マテウスは休憩中に、“バイエルンには最後のガッツ、自身、やる気が欠けている。だから彼らが負けているのは相応しい。もしかしたら80パーセントでも勝てると思っているんじゃないか?”と語っている。



後半に入ってからはオバメヤンが46分と49分のチャンスを2度も外している。それに対してリベリーがミュラーのクロスを踵でゴールしたが、それはオフサイドだった。


しかしバイエルンが徐々にゴールに近づく。アロンゾが23メートルの距離から放ったボールはビュルキを超えてバーをかすった。今シーズン10度目となるゴールバー直撃だ。いずれにせよこのデータではバイエルンが首位に立っている。


71分にはオバメヤンが試合を決めるゴールを外している。アロンゾのパスミスがこのガボン人の足元に渡ったのだ。彼は一人でノイアーの前に走っていった。しかし代表キーパーは落ち着いておりボールをコーナーへと弾いたのだ。



【採点ビルト】

ビュルキ 2
ソクラティス 1
シュメルツァー 3
ピスチェク 3
バルトラ 3
ギンター 3
ヴァイグル 3
ゲッツェ 2
シュルレ 3
ラモス 3
オバメヤン 2
ドゥルム 3


201611200551423e7.jpg


【西ドイツアルゲマイネ 採点】

ビュルキ 2.5
ギンター 2.5
ソクラティス 2.5
バルトラ 3
ヴァイグル 3.5
ピスチェク 3.5
ゲッツェ 2.5
シュルレ 3
シュメルツァー 2
ラモス 3.5
オバメヤン 3







以上です。


いやあ久しぶりに勝ちましたね。ここ2シーズンはまったく勝てていなかったので、この勝利はとにかくうれしいです!!

前半は特に良かったですね。ゲッツェの動きもアシストも良かったです。

これでバイエルンと3ポイント差になり、順位も3位に浮上しました。首位はライプツィヒですが、今シーズンは優勝争いが面白くなりそうですね。

ドルトムントにもぜひとも優勝争いに加わっていてほしいです。



【おまけ今日のドイツ】

20161120055144bf7.jpg


バナナのケース
前から欲しかったのをやっと買えました。
管理人様お疲れ様です
やっぱりちゃんとメンバー選べば
面白いサッカーしますよねドルは
デンベレとモルはまだ早いかなー?
って思います
(ゴリドリし過ぎ)
いつもはその中にも香川が居るのに‥
うーん
怪我が完調じゃないと思うけど
このままではまだまだなので頑張って欲しいです

[ 2016/11/20 06:23 ] [ 編集 ]
トゥヘルはやっと強えーチームに勝てたなw

まーそれは置いといて、今日は誰が良かったわけでもなく悪かったわけでもなくチームで勝った。
5バックだったけど後ろ固めて90分間乱れがなかったのが勝因。HSV戦より良くなった。終始、間を保ってプレーできてたし、レバとミュラーを分断するように守っていたのもグッド。

今後もとりあえずマドリー戦くらいまでは、つかケガ人戻ってくるまではこれでいってもらいたいですね。これちゃんと継続出来んなら、ベルナベウでジャイキリ出来るかも?だし、少なくともまた高い位置でゲーゲンやれるでしょ。

そうなると、リーガは混戦になってきてるから5月には棚ボタが期待できるかもね。ヴァッケは嫌がるかもしれないけどさw
[ 2016/11/20 06:38 ] [ 編集 ]
トゥヘルがロイス以外はドルトムントのベストメンバーで挑んでくれた
やっぱりシステムより選手が重要でしたね
前半はドルトムントらしさが出てて面白かった
今期のバイヤンは調子悪いけど難しい相手には変わりない
ベンチで見てた利己的な若手や戦うプレーを避ける選手には
足りないものを感じて欲しいですね

これでトゥヘルはバイヤン相手に90分で1勝2分1敗
初戦こそ大敗したもののまぁよくやってますよ
[ 2016/11/20 06:54 ] [ 編集 ]
勝ちましたね~!ザル守備なんて言っててごめんなさい。これからですね。
シュールレおかえりなさい。待っていました。

香川もベンチ外からベンチへ。つまり怪我さえ良くなれば、またスタメンに戻るチャンスは有るはず。代表に呼ばれて悪くして帰って来るどころか、治療が進んだ様子は良かった。本人も精神的に凄く力を貰ったってコメントしてたし、メディアに叩かれた事はスルーして、しばらくドルトムントを楽しめる。
[ 2016/11/20 07:44 ] [ 編集 ]
逆にペップバイヤンはなんであんなに強かったんだろ...
[ 2016/11/20 09:20 ] [ 編集 ]
両サイドのロストマシーンを試合から追い出したら少なくとも眠くならないまともな試合が出来ましたね
期待していてもまだブンデスリーグ先発レベルじゃない若手を無理矢理出し続けるのは本当に勘弁して欲しい
[ 2016/11/20 10:09 ] [ 編集 ]
ちぐはぐなバイエルンがボール持つ時間が長いから試合としては面白くなかったな
勝てたのはよかったけど
[ 2016/11/20 12:13 ] [ 編集 ]
前半序盤のゲッツェが良かったですし、その時間帯は全体的な連携も『昨季のドルトムント』程度にはなっていたように思います。球離れの悪い選手がいないだけでここまで違うのかと、ちょっと驚きました(笑。

ただその後は徐々にバイエルンの圧力が強まり、押し込まれている状態が続くようになって攻撃の型になることもほぼなくなってしまいましたね。それでも、どこか緩く、ゴール前での創造性に欠けるバイエルンに対してドルトムントは素早いプレスを掛けて、相手に単調な攻撃をさせていたように思います。

ちなみにアロンソ?のミスからオバメがノイアーとの1対1に持ち込み、ノイアーに防がれたシーンは残念に思いつつも、ちょっとシビレました。ノイアー巧すぎでしょう! ハンブルク戦のシステムから変更してきたのはそれほど不思議ではないです。ドルトムントが良くて大勝した試合というよりは、ハンブルクが悪すぎて大敗した試合でしたから。
[ 2016/11/20 13:04 ] [ 編集 ]
とりあえずは勝てたみたいで何より

しかし若手はゆっくり育てて今回の選手に加えてロイスゲレイロが入ることを考えてもTOが若手というのは厳しい所
奮起しなければならないはずの香川シャヒン辺りが計算できないのならばこの辺りを切って計算できる戦力を入れる必要があるのではないでしょうか
特にこの2人がどうにか出来るビジョンが浮かびません
そろそろ決断が必要でしょう
ロイスも可哀想ですが治る見込みがないのなら・・・
[ 2016/11/20 14:39 ] [ 編集 ]
確かに不細工な勝利だったかもしれない。後半は終始バイエルンのペースで攻め込まれ続けた。戦術も守備的で面白味もない。前方にロングボールでオバ頼み……。それでも試合中の選手の気迫、試合後の選手の笑顔、ガッツポーズ、あれ見たら全部許せるでしょ!!w 重要なのは勝ち点3を取ったこと。無失点で抑えたこと。バイエルンに勝ったということ。 ゲッツェがフンメルスに勝ちアシストしたという事実です。個人的に今季はDFBポカール、マイスター・シャーレのどちらかを本気で狙いに行ってほしいです。
[ 2016/11/20 14:53 ] [ 編集 ]
たしかにバイエルンには怖さがなかったですね
ミュラーとかお前いたのかよ・・・っていうくらい。まあそれでいきなり点取るのが彼ですが

今日のドルトムントは堅実ないいチームだったと思います。
今までは若手試すためにナメプしてたでしょっていうのがしっくり来ますね
デンベレとモルの練習に付き合ってた感じ。

結局成果が出ないのでバイエルンでは使ってもらえませんでしたね。バイエルンのカウンターの始点にしかならないし
[ 2016/11/20 16:13 ] [ 編集 ]
香川の居場所がなくなりそうですね。今のまま、移籍しても使ってもらえそうな感じもしないし、Jリーグが一番、無難な感じがしそうです。
[ 2016/11/20 18:36 ] [ 編集 ]
このメンツなら香川も前にパス出して自分もゴール前に飛び込める。
バックパスや横パスしかしないとか批判してる人は香川の特性を理解してなさ過ぎ。

視野が広いからこそ通らないパスは出さないし出すときは凄いのをズバっと通す。そこで空いたスペースに自分も飛び込むのが香川のスタイル。

横がデンベレモルじゃ力半減だけどロイスシュールレなら昨季みたいにいける。1ゴール決めれば調子戻すさ。移籍だのJリーグだの言ってる人は我慢することを知ったほうがいい。
[ 2016/11/20 19:02 ] [ 編集 ]
若手ドリブラーは怪我人が戻ってくるまでの繋ぎとしては頑張ってくれましたね
なんだかんだロイスが不透明なのでシュールレ次第では悪夢再びですが
勝ち進むには若手の飛躍かミキの復帰が望まれますね
今後を考えると若手には良い期間だったんじゃないでしょうか
[ 2016/11/20 19:24 ] [ 編集 ]
香川はコンディションが上がればもっと出来るのは明らか。トゥヘルも去年から香川を見てるんだから分からないはずないよね。
[ 2016/11/20 19:30 ] [ 編集 ]
香川はまだjリーグに戻るようなレベルの選手ではありません。
今いるのが下位クラブならまだしも、煽りなのかもしれませんが、選手を馬鹿にするのはやめてください。

香川はまず怪我を完治させること。
[ 2016/11/20 20:11 ] [ 編集 ]
せっかくドルトムントが勝ったのだから、ドルファンのブログでそんなわざわざ香川選手はJリーグが一番無難といったこと言わずに喜びましょうよ(笑)
そもそも香川選手は遠い日本から戻ってきて間もないですし、それでも今回ベンチ入りしていたわけですから調子も上げてきている証拠ですよ!
トゥヘルは色々選手を変えていくから今後に期待しましょう(^^)
いや~それにしても勝てたことが良かったですね。
安定した選手達が元々いるんですから、信じて使っていってほしいですね。
[ 2016/11/20 20:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェが厚遇によって復活しつつあるように香川もずっと今のままであるわけがないので、個人の感じだけで「Jリーグが」とか言わないほうが無難な感じ。
[ 2016/11/20 22:09 ] [ 編集 ]
香川はまだ怪我の最中ですからね。代表で治療はしてもらえて良かったですが、痛みのある中サウジ戦に出てしまったのでどうなんでしょう?そんなんでベンチになってましたけど、早速居場所が無くなりそう?計算出来ない!などと言われちゃってますね。
移籍も何もまだシーズン終ってないし、どちらにしても、第三者の素人さんに心配されなくても本人が決める事
大きなお世話です!
しっかり怪我を治してそれからですね。バイエルンも監督が変わると変わるんですね。ドルが変わったように
[ 2016/11/20 22:10 ] [ 編集 ]
ロイスはほんとなぜあんなに怪我ばっかしてるんだろう・・・
[ 2016/11/21 00:11 ] [ 編集 ]
香川は冬にも移籍した方がいい、流石にもう使われないと思う。
トゥヘルは見切りをつけるの早いから。。。シャヒン化していくのが目に見えてる。どんどん錆びついてきてるからまずいよこのままじゃ。
[ 2016/11/21 04:25 ] [ 編集 ]
ごめん関係ないけど
なんでJリーグと言ったら馬鹿にしてるってなるんだろう。
その人なりの考えがあると思うんだ。
Jリーグ好きな人も沢山いるはずなんだけど。
[ 2016/11/21 05:13 ] [ 編集 ]
さすがに堅実な選手起用でしたね
選手の士気も上がるんじゃないでしょうか
香川については悪くない状況だと思います
怪我明け代表帰りでのベンチ入りはトゥヘルの信頼があるからだろうし、連係できる選手達の復帰もよりやりやすくなる
この試合見てもメンバーがそろってくればトゥヘルは固定しないでいろいろやるんじゃないですかね
香川次第、とにかくコンディションを整えることそれだけです


[ 2016/11/21 08:26 ] [ 編集 ]
Jリーグと欧州リーグとのレベルの差は明らかだし香川の市場価値や年俸もJリーグの選手の数倍ですからね。Jリーグを好きとか嫌いとかは関係ないですよ。
[ 2016/11/21 09:39 ] [ 編集 ]
事実今季の様子じゃ主力が離脱した際にボロボロになる可能性は大きいわけで
若手ならまだしもベテランが調子上がらないなら早速対策を考える必要があるというだけで
勿論香川シャヒンロイスがどうにかなるなら歓迎ですがプレーをみてもどうも巻き返せるようには思えないですね・・・
馬鹿にしているわけでも煽りたいわけでもなくドルのことを思えばこそです
実績じゃなく現在でどれだけ貢献できるかが重要なのではないでしょうか
ダフードトプラクを入れた方がまだ貢献できるように思えます
[ 2016/11/21 10:33 ] [ 編集 ]
Jリーグをバカにするわけではないけどブンデスとはレベルが違いすぎると思います。実際に川崎はコンディションのまだ上がってないはずのBVBに1点も取れずに大敗しました。一部上位同士でもそこにかなり開きを感じました。もちろん親善だからお互い本気ではなかっただろうし、川崎もケガのリスクを避けなければいけない試合でしたが。まだ香川選手は調子を上げていけばトップリーグでやっていけると思ってます。Jに復帰してくれたら嬉しいですが、まだ時期尚早だと思います。
[ 2016/11/21 12:03 ] [ 編集 ]
私もJリーグ好きだよ
でもまだJリーグ復帰は早いかなーと思う
セレッソが昇格してそこそこの順位になって来季ACL出場するってなったタイミングでもし香川が帰ってきたら…なんて妄想してます
そしたら長居に通い詰めるのに(笑)
[ 2016/11/21 12:31 ] [ 編集 ]
ビュルキが今年いっぱいダメらしい、骨折とか…ショックです。

せっかくファインプレーだったのに、いつ骨折したか試合見ていたのに判らなかった。まあ、兄貴に任せよう!
[ 2016/11/21 13:00 ] [ 編集 ]
現実的なレベルの差を考えたら、四大リーグの上位チームの所属選手に対してサッカー後進国のリーグに移籍するのがいいと言うのは失礼だと思います。
個人の考えを差し引いてもです。
Jリーグが好き嫌いの話ではないです。
私だってJリーグは好きだし、応援しています。
[ 2016/11/21 13:01 ] [ 編集 ]
ゲッツェ良かった!調子上がってきてますね
[ 2016/11/21 15:45 ] [ 編集 ]
移籍するならJリーグが無難発言、、、この発言、ちょっとJリーグにも香川選手にも両方に対してレスペクトがないように思われます。

ドルトムント、このまま混戦のリーガで優勝争いに留まってほしいです。
[ 2016/11/21 18:02 ] [ 編集 ]
皆ドルトムントじゃなくて香川が好きなだけじゃん
[ 2016/11/22 07:30 ] [ 編集 ]
今のままじゃあ移籍しても使ってもらえない?とか…Jが無難とか?きっとこれでも抑えてる発言なんでしょうが、香川を舐め過ぎだわ!怪我してコンディション落としてたとはいえ、今必死に頑張ってる選手に対してみじんの敬意もなく、よりによってJリーグが無難って…今ドルトムントに在籍している選手ですよ!他に誰がこのチームに在籍出来る事か…そんな簡単に発言して欲しくありません。少し熱くなりました。
[ 2016/11/22 13:05 ] [ 編集 ]
シャヒンもゲームで使ってもらえずにいますよね?それなのにプレーを見ても巻き返せるように思えないって
どこでプレーを見てるのでしょう?練習でも毎日見に行かれてるんでしょうか?
香川にしても、移籍しても使ってもらえないって何でわかるのかな?どこぞの監督さんですか?現に怪我が完治してなくても、
代表では怪我していたのに使ってもらえてますけどね。憶測や妄想は勝手ですが、それをあたかも真実のように言われてもね。
どこぞのマスメディアと変わらないですよね。二人とも2連覇のメンバーです。そして今現在ドルトムントに在籍している選手です。事実とは違う決めつけたもののいい方はしてほしくありませんね。
[ 2016/11/22 21:13 ] [ 編集 ]
シャヒンは2部相手に特に良さは見られなかったのでヴァイグルを弄る理由になるパフォーマンスを見せていない
レフティーのプレースキッカーという他の選手にはない武器を持っているけど中盤過多の現状巻き返しはより難しい
香川は本人が望むステップアップになるようなドルトムント以上への移籍は今現実的とは思えない
本人は代表への思いが強いようですがプレーする度にファンに怪我怪我言われてばかりで
そこまで酷いなら日本で治し落ち着いてロシアへ臨む方が本人のサッカー人生の為にもなるのでは

こう好意的に解釈すればわからなくもないけど
2人共老け込むには早いから若々しいパフォーマンスで見返して欲しいですね
[ 2016/11/23 04:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。