ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントのキーパー、ビュルキ!手を骨折し最低8週間の離脱!!ドイツ紙《ドイツの反応》



キッカー



ドルトムントの選手、要手術!ヴァイデンフェラーが戻って来る!


BVBキーパーのビュルキ、手を骨折


entry_img_1347.jpg
引用元:キッカー


土曜日の夜に行われた対バイエルン戦での勝利は甘いものであったが、ロマン・ビュルキの負傷は苦いものとなった。このキーパーは手を骨折し、手術しなければならなくなった。これによって再び大黒柱のロマン・ヴァイデンフェラーの出番となった。
スポンサーリンク



元フライブルクのキーパーは、BVB2シーズン目で成長を見せ得ていたが、離脱することなった。復帰のめどはまだ立っていない。BVBは最低でも8週間は離脱するとみている。


このスイス代表のゴールキーパーはこれまで、BVBでリーガ43試合に出場していた。その前はフライブルクで34試合に出場している。これによってヴァイデンフェラーが再びゴールに戻るが、彼はBVB16シーズン目を迎えており、341試合に出場している。


冬休みになるまでには、グラートバッハ、アウグスブルク、フランクフルト、ケルン、ホッフェンハイムと対戦する。それに加えて火曜日のCLワルシャワ戦とベルナベウでのレアル・マドリッド戦が待っている。


最近では、この夏までとなっているヴァイデンフェラーの契約を、さらに1年間延長するかが噂となっていた。





以上です。

また負傷者ですか・・。ビュルキも今シーズンは見違えるようなプレーをしていただけに残念ですね。しかしヴァイデンフェラーがいてよかったです。

それにしてもリーガあと5試合の対戦相手がグラートバッハ、アウグスブルク、ケルン、ホッフェンハイム、フランクフルトというのは中々厳しいですね。

特に最後の3チームとは勝ち点が一緒なので、勝たなければなりませんね。面白くなってきました。


【おまけ今日のドイツ】

20161121185047985.jpg

今週木曜日から始まるドレスデンのクリスマスマーケット。
待ち通しいです。
[ 2016/11/21 21:19 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(10)
控えがバイデン兄貴でほんとよかったと思うわ。でて行かないでほんとありがとうやな
[ 2016/11/21 21:39 ] [ 編集 ]
もはや神主呼んでお祓いが必要なレベルw
[ 2016/11/21 23:59 ] [ 編集 ]
GKまで怪我するとはドルは呪われてるんじゃないだろうか・・・
バイエルンが減速気味で混戦模様なので選手さえ揃えば十分優勝も狙えるのにと思ってしまいますね
[ 2016/11/22 00:38 ] [ 編集 ]
骨折するようなシーンあったやろか
今シーズンのビュルキは本当に良かっただけに厳しいな
[ 2016/11/22 01:44 ] [ 編集 ]
あと一ヶ月早かったら、負傷者イレブンが完璧に組めてたなw
何人か復帰した後だったのは不幸中の幸いか……
[ 2016/11/22 03:12 ] [ 編集 ]
トゥヘルの食事制限がおかしいんじゃないのかと邪推したくなる
そう言えばフィジカルコーチは監督と一緒に変わったのかな?
[ 2016/11/22 03:16 ] [ 編集 ]
ボンマンはいつになったら試合出れるんや
[ 2016/11/22 04:33 ] [ 編集 ]
是非、怪我しないで、年末まで頑張って欲しいものです。
第三キーパーが出てきたらすごい不安なので。

ドレスデンで、天使、見たいなぁ、、、
[ 2016/11/22 04:55 ] [ 編集 ]
いやーーー(T_T)
でも兄貴いて良かった
[ 2016/11/22 09:17 ] [ 編集 ]
GK補強しようぜと強く思ってたのはこういうのが怖いから
ヴァイデンフェラー、男になれ
[ 2016/11/22 14:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。