ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CL】香川2ゴール1アシストの大活躍でBVBは歴史的勝利!地元紙高評価!選手採点と寸評!①《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ

個人評

3ゴール!BVBスターのロイスが夢のカムバックをレギーア戦で果たす!



entry_img_1350.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ新聞



ドルトムント:マルコ・ロイスはチャンピオンズリーグ史上最もゴールが多かった試合において3ゴールと説得力のあるプレーを見せた。他の選手は彼と比べるといくらが輝きに失せた。




以下採点

ヴァイデンフェラー 4
31分にはこの大黒柱にたいして拍手が沸き起こった。しかしそれには少しばかり皮肉も混じっている。なぜならその前ヴァイデンフェラーはバーに弾かれたボールをキャッチする代わりに、芸術的に打ち出そうとしたからだ。試合の流れは彼にとっては苦しもを伴うものとなった。しかし最初の3失点を彼が防ぐことはできなかっただろう。

スポンサーリンク





ローデ 4
右サイドバックで出場し、攻撃には良く参加していた。しかしそこでは新鮮なアイデアが見られることがなかった。ポーランドの3点目は彼にも責任がある。彼が対戦相手を走らせてしまったからだ。約1時間後にサイドからセンターバックに移った。そこでニコリッチにまた抜きされ4点目が入った。



ギンター 4.5
バルトラの失態からオディデャが中央にパスを出した時、彼は対戦相手から離れすぎていた。そのため最初の失点の責任は彼にある。それはプリヨヴィッチの2点目も同様だ。全体的には彼の同僚のバルトラよりも良かった。終了間際にはイエローももらった。



バルトラ 5
オディデャとの一対一での大きなミスがプリヨヴィッチの先制点につながった。さらに2失点目もベレチンスキーに対して対処が甘かった。35分にはラドヴィッチに抜かれてしまい、それに対してはBVBファンからもブーイングが見られた。



パスラク 3
チャンピオンズリーグ初ゴールを決めた。しかしこの左サイドバックは序盤何度かミスをしている。3失点目の場面ではゴールを決めたクチャルシクを見失ってしまった。バルトラの交代で右サイドに移動。そこでよりゴールに近づくプレーを見せた。71分には相手キーパーに防がれる場面も。




シャヒン 2
南ブロック前でゴールを決め、大勢に名前を叫ばれるのは、なんという気分だろうか!ここ最近まったく試合に出してもらえなかった選手の良いパフォーマンス。何よりもロイスにアシストをした香川に対するパス。交代時にはスタンディングオベーション。

20161123070024351.jpg



プリシチ 3.5
このアメリカ人はあまり目立っていなかった。もしかしたらチームメートが見せた魔法に魅了されたからかもしれない。しかし試合終了10分前にはパスラクのシュートをアシストした。90分に放ったシュートは相手キーパーに防がれている。



香川 1.5
彼の2ゴール(17.18.)で試合をひっくり返し、32分にはカムバックを果たしたロイスのゴールをアシストした。この日本人は常に相手を不穏に陥れた。後半も引き続き良く走っていろいろな所に顔を出していたが、それほど相手にとって脅威とはならなかった。


20161123070023305.jpg


カストロ 3.5
彼のパスミスがワルシャワの3点目につながった。しかし組み立てで問題を抱えていたのは彼だけではない。中盤でボールを勝ち取り、少し良くない点もあったが、全体的には手堅い出来。



デンベレ― 1.5
17分に香川を見つけ、素晴らしいパスでアシストをすることで彼のサッカーにおける才能の片鱗を見せた。さらに広い視野で日本人の2点目をもアシストしている。4:2となるゴールは自ら決め、5:2をアシストしている。70分にシュルレと交代。



ロイス 1
彼の32分のゴールが試合を決定づけたわけではないが、スタジアムの歓声はまるで試合終盤にこのキャプテンが逆転ゴールを決めたかのようだった。このようにしてBVBファンは彼のカムバックを祝ったのだ。185日ぶりのカムバックは今夜最も美しいストーリーだった。それに加えてあと2ゴールを追加!



201611230700216e4.jpg






以上です。

今日はBVBファンとしては非常に熱いものがこみ上げてくる試合でした。

まずは香川選手の同点ゴールと逆転ゴール!そしてシャヒンのゴールと素晴らしいパス。さらにカムバックを果たしたロイスがハットトリック!そして8:4とチャンピオンズリーグ史上最多ゴール。

試合を観れて良かったです。香川選手のゴールも2か月ぶりですね。久しぶりで本当に嬉しいです!とにかく多くのドラマがある試合でしたね。

今日はもうそろそろ寝ますが(もうすぐ12時)、明日になれば他にも記事が出ると思いますので、いろいろ紹介したいと思います!



おやすみなさい いい夢を
[ 2016/11/23 07:45 ] [ 編集 ]
寝落ちしてたあああああああああああああああああああ、涙
[ 2016/11/23 07:57 ] [ 編集 ]
サンキュー香川
フォーエバー香川
[ 2016/11/23 08:02 ] [ 編集 ]
泣けた
最近クラブでも日本代表でも香川選手の活躍が見られるどころか出番すら無いに等しく、そういう状況だったので、サッカー関連の話題から遠ざかってました。

泣けた!とにかく泣けたよ管理人さん!
ドル!香川選手!よかった!本当によかった!

勿論これからが大事なんだけどw
[ 2016/11/23 08:10 ] [ 編集 ]
なんか泣けてきた。
香川もそうですが、ロイスとシャヒンの復活。
あっまた泣けてきたw
[ 2016/11/23 08:32 ] [ 編集 ]
デンベレの高評価が納得いかない
まあ数字残したから仕方ないのかもだけど、シュールレに替わってからの方が明らかに良いんだよなあ
[ 2016/11/23 08:46 ] [ 編集 ]
攻撃の爆発力スゲー
[ 2016/11/23 08:49 ] [ 編集 ]
ユルかったなw
グループリーグの結果がほぼ出ちゃってるので、ガチなとこなかったけど、これはこれでしょーがないちゃしょーがない。

ドルで良かったとこは、お休み組が90分やれて、とりあえず結果出したことですね。香川の2点目は特に良かったんじゃないか?つか、痛めた足はそこそこ良くなりつつあるんじゃないかな?リターンもらってトラップミス?だったけど、その後、落ち着いて細かなステップ踏んでゴール決めた。体ひねってもOKなとこまでは来てんのかな?

ただし、油断は出来ません。ロイスは、それほど走らなくてもいいポジョンでやってただけだし、香川が点に絡んだとこは、痛めたとことは逆の足。シャヒンは、センターバックとまだ合ってない。今後ここのとこなんとかする必要があんじゃないか?

後半戦、この3人がトップコンディションでフル稼働できんなら優勝もアリでしょうから慎重にリカバリーさせてもらいたいです。
[ 2016/11/23 08:52 ] [ 編集 ]
やっぱりマルコがチームを一変させる。
今日のデンベレ、やればできるじゃんというチームプレーヤーに。

こうなると香川は自動的に活躍できる。リーグでもこういうサッカーができるか、楽しみ。

こうしてみると代表戦で怪我を悪化させなくてよかった。一喜一憂せず応援するのみ。

[ 2016/11/23 09:03 ] [ 編集 ]
ん〜〜不覚にも少し泣けたよ。

香川・ロイス・シャヒンの読めない動きと出しどころと絡み・・クロップ時代が蘇った。

新戦力で上位に留まり、多数の怪我人を抱えながらやり繰りし、バイエルンにも土を付けたトゥヘルは多分優秀なんだろう。

若い選手がイケイケサッカーも、それはそれで魅力的なんでしょう。
規律正しい、縛りのある戦術も然り。

しかし、私はバイタルでのシーンを何度もスローでリピートしたくなる、閃きと本能で動く、熱いサッカーが堪らなく好きだ。

ゲッツェが居たら、もっと魔術が見えた事だろう。

香川よかったね。
[ 2016/11/23 09:10 ] [ 編集 ]
日本は今日は休日ですが、朝から本当に晴れやかな気分です。
シャヒンの嬉しくて泣きそうなゴール!ロイス長い休日からのハットトリック!香川の公式MOM!3人とも悔しい気持ちを抱えながら必死に努力をし続けたご褒美ゴールでしょうか。

香川はコンデションさえ上がれば問題なく活躍するはず。その期待を裏切らなかった。
ロイス、シャヒン、香川は見える景色が同じなんだろうね、サッカーIQが高い。こういうのは努力で身に付く物では無いと思います。香川は僕は天才では無い、とブログで告白していて、人一倍の努力の人では有りますが、やはり天からの才能を持って産まれた人だと思いますよ。シャヒンもロイスもね。シャヒンも怪我前は天才だったし今もIQは有るだろうけど、なんか体がついていき損ねている、ゴールシーンも昔ならもっと美しく決められただろうに…でも泥臭くても今日は嬉しかった。
[ 2016/11/23 09:17 ] [ 編集 ]
>ドルトムント:マルコ・ロイスはチャンピオンズリーグ史上最もゴールが多かった試合において3ゴールと説得力のあるプレーを見せた。他の選手は彼と比べるといくらが輝きに失せた。

CL公式のMOMは香川なんですけどねえ。
でもロイス(そしてシャヒン)の復活は嬉しいですね。
やはり香川との相性は抜群です。
[ 2016/11/23 09:24 ] [ 編集 ]
 管理人さんお疲れ~。
 ドラマチックな試合だったね。
 しかもいつものごとく左サイドを狙われて簡単に1点取られて、大丈夫かよと思った。レギアはレアルに3-3と引き分けて調子を上げてきてた。しかしあっさり同点に追いつき、あっさり逆転しまう。しかもそれが香川だったと言うね。しっかりドルトに流れを引き寄せた。特に1点目はゾクッとするようなヘディングシュートだった。あの流れとあの落ち着き。ポカールのトリアー戦の様な流れを予感できるもの。そしてドルトは大量得点を期待できるような流れ。
 そして干されてたシャヒンのゴール。
 さらに香川(バックパス)→シャヒン(裏を取る浮き球)→香川(クロス)→ロイス(シュート)という流れるようなドルトムントらしいパス回しでのゴール。この昔からいる選手同士の息のあった阿吽の呼吸のような待ち望んでいたパス回しからのゴール。これぞドルトムントだというね。ボール投げて犬に追わせるようなつまらないサッカーとの違いをいかんなく発揮。そしてめまぐるしく変わる試合内容で8-4の勝利。

 俺もロイスはハットトリックだと思っていたが、ドルトムントの日本語の公式は2ゴールで1点はオウンゴール扱いみたいだね。ま、でもCLで怪我明け今期初出場で2ゴールだからすばらしい活躍だよ。怪我明けとは思えないくらいだった。

 後香川は後半それほど脅威にならなかったと書かれてるけど、トリアー戦でも2ゴール決めたら他の選手に任せてるから、いつものこと、ドイツのマスコミにはそこを理解してほしいものだ。自分だけが活躍するのを香川はよくないと考えているし、自分だけが活躍するとまたマークが厳しくなるからね。

-44-
[ 2016/11/23 09:33 ] [ 編集 ]
普通の試合なら4点取れば勝てるのに4点で大敗とかどうなってんのw
[ 2016/11/23 10:31 ] [ 編集 ]
やはりロイスはポストプレーも上手いし万能感ある良い選手ですね。
個人的にはFWロイスで固定してオバメでサイドをえぐる形が最強と思います。(オバメはポスト出来ないし)

      ロイス
ゲッツェ  香川  オーバメ(カストロ)
  シュールレ バルトラ

この布陣で一度見てみたい、恐らくこれが今現在で最強です。※個人的な意見です

さて試合に関しては香川良かったですね本当に。特に2点目は良いシュートでした。
DFをかわし、GKの逆を突き、威力もそこそこある文句なしのシュート。

しかし2点を取った後、香川がロイスに何やら話しかけていたので「次はお前の番だ」とでも言ったんでしょうね。
実際に香川は下がり目になってロイスへアシスト!
良い関係だな~と思いましたが本音は「ハット狙えよ香川~」と思ってました(結局この後も上がる動きが少なくなった)

エゴを出さずチームのためにプレーする、確かに大事だけど…2点で満足するなよ!もっとガツガツ行け!と言いたい。
解説の福田正博さんも「うーん、チームのためにバランスを取って上がらなくなっちゃうんですよね~香川選手」と。
たまに最終ラインのCBの位置まで下がってたし…長所は守備力じゃないだろ!これは香川の悪いところですね。
守備はみんな頑張れ、点は俺が取ってやるって考えの香川が見てみたい。ファンもそれを望んでると思う。

あ、でも7点目の香川→プリに繋がった攻撃はクロップドルを思い出すこれぞドルトムントってカウンターでしたね。

ロイスが怪我しなければ少しづつ守備安定させていき、リーグもCLも優勝いけるんじゃないかって気はします。
たぶん、というか間違いなくまた怪我するでしょうけど。
[ 2016/11/23 11:28 ] [ 編集 ]
香川2Gからのシャヒン。そしてシャヒン→香川→ロイスは痺れました。
[ 2016/11/23 13:39 ] [ 編集 ]
ロイス、香川、シャヒンは万全なら天才級の閃きと崩しでチームに貢献してくれるんだけど悲しいかな……全員怪我が多いし1年間フルで戦える選手じゃないんだよな…。 管理人さんの言う通りシャヒン→香川→ロイスの崩しはドルファンなら感動するよね。 色々と話題性(ロイスカムバック、CL記録、カガワシャヒンの活躍、パスラック初ゴール、四失点)のある純粋なエンターテイメントだったw
[ 2016/11/23 16:10 ] [ 編集 ]
シャヒン-香川-ロイス
サッカーというスポーツが
カンタンに見える!
[ 2016/11/23 16:46 ] [ 編集 ]
シャヒンーーゴール〜決めてすごく嬉しそうでした。こっちまでウルウルしてきました。華麗なパス回しが見れて、みていて久々に楽しかったです。ロイス、香川、シャヒンそしと、デンベレも良かった。
[ 2016/11/23 17:08 ] [ 編集 ]
久々にあの頃の面影が見えた香川とシャヒン
2人共動きが良くゴールまで決めたしこれをきっかけにレギュラーへ巻き返せるといいですね
今はあの頃とは性格もスタイルも違いチームのバランスを考えそれも求められる選手なので後半あれはあれで良いかなと思います
ロイス相変わらずのクオリティだったしチームの守備以外はおめでたい話題しかなかった
[ 2016/11/23 17:48 ] [ 編集 ]
良かった。
タッチ集を見た印象。
(1)髭生やした?
(2)最終ラインでボール触ってるんだけど、、、トゥヘルに殺されないのか?
(3)香川へのパスが激増してるんだけど、戦術変更が原因?
(4)後半、ボール受けて探している場面が多い。パス出す所がないのは連携が悪いから?
[ 2016/11/23 18:20 ] [ 編集 ]
シャヒンに復活して欲しいとここでも何度か書いたことがあるので、本当に感無量です
思いのこもったゴールパフォーマンスにも心を打たれました
怪我がちではありますが、今のドルトムントでは貴重な中盤から創造的なパスを出せるDMFなので、本人が移籍希望でないなら放出しないで欲しいです

ロイスと香川はコンディションさえ戻ればこれくらいやれるだろう、という圧巻のプレーでした
デンベレもまだまだロストは多いですが、徐々に連携出来るようになっているので今後が楽しみです
4失点はダメですが、それもあってCL最多得点試合になったので、今回はまあ良しとしましょうw
[ 2016/11/23 19:12 ] [ 編集 ]
個人的脳内妄想

トゥヘル(グループ順位ほぼ決まりだし、試合出れてないヤツのガス抜きとロイスのリハビリするか~)

トゥヘル「スタメンのみんな。細かいこと考えずに好きにやっていいぞ。俺に力を示して見せろ!」

シャヒン「!」香川「!!」ロイス「!!!」

(試合後)


トゥヘル「!!!!!!!!?」
[ 2016/11/23 19:22 ] [ 編集 ]
よかった。2011年にタイムスリップしたみたいでした。しかもUCL公式MOM。
香川がゴール後喜ばなかったのは、これぐらい普通にできるから舐めるんじゃねーよってとこかなあ。ギュンの代わりはサヒンができるから香川を前で使ってほしい。。
[ 2016/11/23 19:26 ] [ 編集 ]
11:28様 別に2点取ったからエゴうんぬんで下がったわけでは有りませんが…70分まではきちんと前でプレーしてましたよ。

70分にシャヒン→オーバメアン、でフォーメーションが変更したので香川が下がってシャヒンの代わりの様な仕事になっただけです。トゥヘルの指示でしょう。

にしても、トップ下いた時も、ボランチに下がった時もほとんどのプレーが香川を起点に始まっている。私のスコアブック見ると、開幕のマインツ戦で「ほぼすべての攻撃が香川を通して始まっている、でも連帯はまだこれから、もっと良くなりそう。」と書いてあるけど、この後直ぐに、UAE戦で怪我して戻ってきてスタメン外れて…またスタメン復帰も、シャルケ戦で再び怪我してベンチ外・・・苦難の日々だったね。
苦難もきっと肥やしにして、再び高く飛んでくれると信じてます。
[ 2016/11/23 22:48 ] [ 編集 ]
19:26 です。失礼しました、公式MOMはロイスでしたね。
[ 2016/11/23 23:19 ] [ 編集 ]
>やはりロイスはポストプレーも上手いし万能感ある良い選手ですね。

そうなんですけど、問題は怪我しやすいことですね。
それがなければ絶対1トップか、香川との2トップ。
この二人の相性はハンパない。
[ 2016/11/24 01:40 ] [ 編集 ]
香川は、先発しなかった先日の代表戦から、ヒゲはありました。
でも、ドルのCLのヒゲは雰囲気が違っていたね。かめセンニンみたいだから、
アゴだけの方がカッコイイイメージですね。
パスのマジックみたいな、パスパスパス、はやいパス回しはすごいです。
感覚で、みんな、やっているんでしょうね。
[ 2016/11/24 15:18 ] [ 編集 ]
11/24 01:40
アトレティコのグリーズマンガメイロ(トーレス)みたいな2トップになりそうだよね
もともと香川が活躍した前ドル期もFW登録だった時期もあるし、もっとアタッカー感だしても良いと思う
その為にもロイスは怪我しないでくれ!
[ 2016/11/28 05:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。