ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

2ゴール1アシストの香川!独紙各紙で高評価!各紙寸評と採点まとめ②《ドイツの反応》




ドルトムント対ワルシャワ戦、香川選手の寸評を中心にまとめました。



entry_img_1351.jpg
引用元:BVB公式ツイッター

【ルーア・ナッハリヒテン】

ヴァイデンフェラー 3.5

ローデ 4

ギンター 4.5

バルトラ 5

パスラク 3.5

シャヒン 2.5

カストロ 3

プリシチ 3

香川 1.5

デンベレー 1.5

ロイス 1

ドゥルム 3


スポンサーリンク




香川寸評

追放の身分から新聞の一面へ!しかもそのすごい事と言ったら!最初はわずかにうなずき(注:ヘディングゴールの事)、その次は相手をトリックプレーでかわし、わずか2分間で2ゴールだ(17.18.)。彼のベストポジションである10番の位置で昔のように渦を巻いた。いずれにせよ今回の相手は、ただ立っているだけの無抵抗であったが。





【RAN】


ヴァイデンフェラー 4

パスラク 4

バルトラ 4

ギンター 4

ローデ 3

カストロ 2

シャヒン 2

香川 1

プリシチ 3

デンベレ― 1

ロイス 1

ドゥルム 4

オバメヤン 3

シュルレ 3



香川寸評

この日本人による78秒間のショー!彼は17分と18分の間にドッペルパックを決め試合をひっくり返した。それに加えて5:2では見ごたえのあるアシスト。3スコアポイントを記録した選手は、十分力を発揮した。以上。



20161123171120a89.jpg




【フスバル・トランスファー】


ヴァイデンフェラー 3.5

ローデ 2.5

ギンター 4.5

バルトラ 5

パスラク 4

シャヒン 2

カストロ 3

香川 1.5

デンベレ― 1

ロイス 1

プリシチ 2.5

ドゥルム 3.5

オバメヤン 2.5

シュルレ 2.5

香川寸評


この日本人は1分間で試合を追う展開からリードする展開へとひっくり返した。序盤はストライカーとして中央でシュートにおける冷静さを示した。その後はより後方でプレーし、対戦相手を走らせるために安定したボール捌きに精を出している。今夜の守備については、他の選手同様耳をふさいで目をつぶりたい所だ。





【Sportal】


ヴァイデンフェラー 4

ローデ 3.5

ギンター 4.5

バルトラ 4.5

パスラク 3

プリシチ 2.5

香川 1.5

シャヒン 1.5

カストロ 3

デンベレ― 1

ロイス 1

ドゥルム 3

オバメヤン 2.5




【ビルト】


ヴァイデンフェラー 4

ローデ 3

ギンター 4

バルトラ 4

パスラク 3

シャヒン 2

プリシチ 3

カストロ 2

香川 1

デンベレー 1

ロイス 1

ドゥルム 3

オバメヤン 3





20161123171122324.jpg





以上です。

採点と寸評を香川選手を中心にまとめました。

香川選手に関しては、ゴールを喜ばなかった姿が結構ファンの間で話題になっていましたね。その辺の反応や、一夜明けて新たに出た記事などからもう少し紹介したいと思います。大きくニュースになったのはやはりロイスのカムバックとゴール数の記録を塗り替えた事のようです。


寸評採点まとめその①はこちらです。




ドルもレギアも守備してなかったw
アリバイ守備はいくらでもあったけどw
まともに行ったタックルは一本もなかったんじゃないか?とにかく球際のらしいプレーがほとんどなかった。

香川は前スレでも書いたけど、怪我が治りつつあるんだろうね。90分やったし、そこそこ細かい動きもできてた。あとは厳しい相手に囲まれたときにどこまでやれるか?だな。怪我した足で効果的なプレーが出始めたらよくなったとみていいと思います。
何れにしても、チームはまだまだ後ろの守備固めなきゃいけない段階なんで、今は適当にチンタラやっててもらっていいですけどねw

もっとも、次は長谷部だから近くにいたら絶対なんかやってくるとは思いますがw
[ 2016/11/23 19:11 ] [ 編集 ]
あの表情は一点取ったくらいじゃ立場が好転しない程に追い詰められてたってことなんじゃないかな?
これで好転するといいんだけど
[ 2016/11/23 19:47 ] [ 編集 ]
気持ちはわかる気がする
思うところがあるんだろうな
同じ日本人だし、応援し続けるぜ
[ 2016/11/23 20:18 ] [ 編集 ]
ロイスと社品と絡んだ香川のアシスト格好良かった
それにしても気になるのは得点しても喜ばない香川の表情…
これ、香川がドルでやる最後のCLって暗示に感じました
[ 2016/11/23 21:18 ] [ 編集 ]
監督の評価
監督の評価はないのですか。トフェルはドイツでは評価が高いのでしょうね。課題もけっこうあるのに。マスコミはタブーなのかな。
[ 2016/11/23 21:46 ] [ 編集 ]
日本では 、ドルでも代表でも、香川真司の居場所がないかのような、そんあ報道がされたりしました。
代表は10番 の意地も責任もあると思いますが、怪我だから仕方がない部分もあったのに、
それは度外視され、ドルの戦術 によることなども触れることなく、結果だけで
香川真司は それだけ注目されるスター選手 なんだと思います。
世代交代は、どのスポーツでもありますし、代表戦も次の世代を育てる必要はあるし、
香川の代わりに なる選手も必要でしょう。
でも、本人はドルでも代表でも、スタメンで結果を出したいはず。
そんな必死さとか、危機感とかは、少なからずあったと思います。
でも、笑わない香川真司、すごく良かったと思います。
[ 2016/11/23 21:59 ] [ 編集 ]
香川、ロイス、シャヒンと待望の選手が活躍してくれて目頭が熱くなりました。(笑)でも香川選手が2点目もそこまで嬉しそうでなかったのが気がかりです。移籍フラグでなければいいのですが。勿論どこのチームへ行っても応援しますけど。
[ 2016/11/23 22:04 ] [ 編集 ]
香川の表情が暗めだったのは、集中の証。本当に集中している時はいつも笑顔が無い。今日はここに欠ける思いが強かったのだと思うよ。でも、シャヒンのゴール時はこぼれる笑顔。嬉しかったんだろうね。
後、失点が多すぎたから、そういう意味でも味方を鼓舞しているのだろう。
[ 2016/11/23 22:25 ] [ 編集 ]
「いずれにせよ今回の相手は、ただ立っているだけの無抵抗であったが。」
 こんなこと言ってるからサッカーを知らないとか俺に思われるんだよ

「デンベレ1」
 確かにデンベレのアシストはいいものが何本もあったけど、相手にきれいなパスするのも何本もあったんだよね。お前はレフリーではないぞ。公平な立場に立つんじゃない。と何度も思った。

 香川の76秒間で2ゴールは史上最速記録だったらしい。本当に記録尽くめだったんだな。今後こうした速い得点とかあると、確実に香川の名前が出るな。

 香川に笑顔がなかったのは、デンベレの受け売りかな?冗談はさておき、まだあの2得点では2-1。先制点入れられて、ひっくり返しただけだったから、香川的にはまだ安心できないと思ったんじゃないかな。消化試合ではなく勝つ気満々。レアルも3-3で引き分けてるから、今後何があるかわからないと言う気持ちもあったと思う。そもそも大幅に主力を入れ替えた大雑把なスタメンだったからね。怪我明けとか、干されてた選手とかのごった煮みたいなチーム。でもそれを大差で勝ちに導いたのは、やはり香川がチーム全体をこれまでトータルで考えて来て、キャプテンマークをつけた怪我明けのロイスのサポートをしながらチームを引っ張っていくぞって言う気持ちがあったんじゃないかな。そうしたいろんな意味でのドラマがてんこ盛りだったんだよね。それが香川とシャヒンとロイスのパス回しとゴールにも現れてるから、余計すばらしいんだよね。

-45-
[ 2016/11/23 23:55 ] [ 編集 ]
やったー!
ロイスもシャヒンも活躍してうれしいね
みんな調子ええのが一番ですわ
[ 2016/11/23 23:58 ] [ 編集 ]
香川選手自身が
公式でブログに書いています。
自分の点よりも、アシストが嬉しかった、って。
マルコ、ヌリの活躍がうれしかった、と。
やさしいシンジ。
[ 2016/11/24 02:43 ] [ 編集 ]
ロイスの表情見てると選手やファンに愛されるんだなって思う
あの表情見てるとアシストしたことが喜びに思えるよね
[ 2016/11/24 05:14 ] [ 編集 ]
今回の試合でいくらハットをしたとしても
怪我明けロイスの試運転を除いて
所詮消化試合での2軍的扱いは否めないし
今の立場、状況で笑ない香川選手の気持ちが
とても良くわかりました。

今後もこのような扱いが続き
格上相手に対するトゥヘル戦術に必要ないのなら
移籍してほしいです。
もう二度とモイーズ、ハンファールの轍を踏んでほしくない
[ 2016/11/24 07:28 ] [ 編集 ]
ロイスに香川はマッチする。
香川にボールがわたりそうーと思ったら、すぐ走り出すロイス。
イメージが共有できているのは、お互いのために いいことだと思います。
[ 2016/11/24 07:58 ] [ 編集 ]
一番はロイスが戻ってきてくれてた事、彼のプレイが見られた事が嬉しかったです。
やっぱりキャプテンが似合います

怪我明けの香川選手やなかなか調子が戻らないシャヒンを使ってくれたトゥヘルに感謝です
そして、この3人の連携でのゴールも感動しました
 
色々な意味のある試合だったと思います。
ようやく、今後のドルトムントの試合が楽しみになってきました。

[ 2016/11/24 09:44 ] [ 編集 ]
消化試合じゃないですよ。この結果如何でグループリーグの1位と2位に関わるから重要です。ターンオーバーはしてるけど、本当はソクラティスも出すはずだったしデンベレも出している。ポカール始まれば更に過密日程になるのでいずれにしろ出た試合で活躍すれば自然とスタメンの座を掴むでしょう。役者が揃った時の香川はチームの中でも強い事はよく分かりました。
[ 2016/11/24 10:32 ] [ 編集 ]
香川シャヒンロイスのゴール後の表情が切なくなりました
この試合がいいキッカケになればいいなと思います
それにしても今後のトゥヘルの采配がとても楽しみになりました
メンバーが揃ってきて本来やりたいことができるようになるんじゃないでしょうか
香川ロイスコンビをこれからも見たいので、香川には頑張ってもらわなきゃ困ります
とにかく攻撃陣はとても魅力的です
[ 2016/11/24 16:07 ] [ 編集 ]
久しぶりに香川のゴールへの意欲が見れて良かったです!
相手がどこのチームであろうと、やれば出来るんだからこれを継続してほしい。
ロイスとの相性はバッチリだし、ゲッツェ、シュールレとはまだ数試合しか一緒にやってないけど
彼らとの相性もいいからリーグ戦でもまだまだ出番はあると思う。
これからも期待してます。
デンベレは視野が広くなって球離れも良くなって見違えるようでしたね。
[ 2016/11/24 16:46 ] [ 編集 ]
ロイスが帰ってきたことで、今後は誰がロイスと相性が良いのか、トゥヘルは見極めるはず。
ロイスは実績から、まず外されない。
ロイスにアシストしたことで、香川の立場は少しだけ好転した。
つーか以前からロイス香川は相性抜群。あとはトゥヘルの見立て次第だ。
[ 2016/11/24 17:00 ] [ 編集 ]
下田アナ「香川真司はまだ生きています!」

素晴らしい結果と内容を残した。
特に2点目のゴール、あれこそが香川真司。
美しさに凄みが加わったあのゴールこそが香川真司。
そして、しなやかで気品を感じるボールコントロール。
これを、ずっとずっと待っていた。

ロイスの復帰により、また熾烈なスタメン争いが始まるのだろうか。
復帰戦で軽々とハットトリックを決めるなんて物凄い役者だ。
サイドの選手も、中央も、恐ろしいほどの争いが待っている。
この隙にクロップは、心揺れるプリシッチにちょっかいを掛けてくるだろうかw
これだけの戦力、調子が悪ければ外されるのは当然だろう。

バイエルンが公式戦2敗と、ここにきてドルトムントとの状況が対照的になってきたのが面白い。
もちろん強敵だが、これから後半戦に向けて勢いや駒の豊富さ、伸び代があるのはドルトムントのように思う。
今後アンチェロッティがチームを建て直し、強烈なバイエルンを復活させるのか?
それともドルトムントが勝ち点を逆転する日が来るのかどうか、楽しみで仕方ない。
[ 2016/11/24 18:52 ] [ 編集 ]
21:59さんに同じような思いです。香川は怪我でコンディション落としていたのは事実ですから。その事実はスルーされ
てましたから、コンディションさえ戻れば大丈夫だと思っていたのでここから本人もまたがんばりますとコメントしていますしね。
やれば出来るんだからとかって怪我しているのだからやりたくても出来なかったんだと思います。
怪我が治ってまたここからです。代表で無理にフルで使われなくて本当に良かった。
[ 2016/11/24 19:21 ] [ 編集 ]
今の香川を見て思ったこと。
やっぱりクロップ指揮下での彼が見たい。
[ 2016/11/24 22:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。