ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「トゥヘルの危険なプレー!」ドイツでさらに広がる批判!《ドイツの反応》

対フランクフルト戦から2日経過しましたが、トゥヘルを批判するような記事が続々とでてきましたので紹介します。


スポーツ1


トーマス・トゥヘルの危険なプレー!


entry_img_1362.jpg



ドルトムント監督、トーマス・トゥヘルは公に彼のチームを批判した。そこには自己批判が欠けている。ドルトムントのボスからは彼を支える動きは見られない。

スポンサーリンク



BVB監督のトーマス・トゥヘルはアイントラハト・フランクフルトに1:2で敗れたのち、チームを公に批判している。“技術、戦術、メンタル、献身性、すべてだ。唯一欠けていたのは我々のパフォーマンスだ。”と彼は試合後に怒っている。

トゥヘルは彼の試合後の発言以外にも、ドルトムントにおいて危険なプレー(お遊び、ゲーム、駆け引き)をしている。

スポーツ1は、なぜトゥヘルのこうした態度が支えを失う可能性があるかその理由を上げる。



1.チームを挑発

トゥヘルは、すでにフランクフルト戦以前からチームの態度がなっていなかったと批判した。“チャンピオンズリーグから今日まで、最初から最後の1分まで、今日ポイントを獲得するに値しないパフォーマンスだった。” これは前代未聞だ。

トゥヘルはさらに続ける:トゥヘルは今日の結果が番狂わせだったとは思っていないようだ。“今シーズンの我々は常に上り下りの繰り返しだ。これにはまったく満足していない。”

監督ならば知らなければならないだろう。これほど若く新しいチームに、すぐに高いレベルで継続的なパフォーマンスを見せる事を要求することはできないという事を。

トゥヘルの人心掌握術を見る限り、彼はすぐにチームを失ってしまう可能性がある。彼が公に選手を批判したのは初めてではない。




2.自己批判に欠ける

非常に目立つのは、トゥヘルはつねにミスを人のせいにする点だ。レヴァークーゼン戦で敗れた後では、対戦相手がギャング並みに乱暴だったと発言し議論を巻き起こしている。

さらにポカール決勝でバイエルンに敗れた際にも、公に当時のキャプテンのフンメルスを批判している。彼が移籍したためだ。

フランクフルトではチーム全員のせいとされた。後半開始15秒で相手に点数を入れられた時点で、トゥヘルはまだ控室への通路にいたようだ。

“みんなが控室から出ていく様子を見た限り、これで失点しなかったら不思議だと思ったよ。”とトゥヘルは荒々しく発言している。



しかしトゥヘルは、自分に聞かなければならないだろう。どうしてハーフタイム中に選手の無気力さを克服できなかったのかと。

トゥヘルによると試合前からそのような態度だったらしいが、だったらどうして彼はトレーニングでそれに対処しないのだろうか?



3.過剰なローテーション

さらに戦術面や今シーズンの、スタメンにおけるトゥヘルの決断に関しては、頭を振らざるを得ない。この元マインツ監督のローテーションは度が過ぎている。フランクフルトではチャンピオンズリーグで力強さを見せたプリシチとデンベレーをベンチにしている。

さらに同じ水曜日に良いパフォーマンスを見せたヌリ・シャヒンと香川真司は、ベンチ入りすらしなかった。

ユリアン・ヴァイグルは一人で6番でプレーしたが、いっぱいいっぱいで、彼を支える人を投入する代わりに、同じ役割をローデがこなさなければならなかった。そして同様に洪水の中に立たされることとなった。なぜトゥヘルが純粋なセンター・フォワードであるラモスを何度もサイドで起用するのかは謎のままである。

結局BVB監督は、お手本であるグアルディオラのように対戦相手に応じて戦術を決めているようだが、このような過度な戦術の変更によって選手は混乱している。




4.クラブ幹部は疑問視しながら控えめな態度をつらぬく

トゥヘルはフランクフルト戦の自分の批判の後で、批判を受ける羽目となった。いずれにせよ会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケとSDのミヒャエル・ツォルクはなにも発言していない。擁護するのでもなければ非難するのでもない。

すでに別な面でも、トゥヘルとの見解が違う面が明らかになっている。トゥヘルとスカウト部長のミスリンタートの関係は非常にまずいものだ。トゥヘルはこの力を証明してきた専門家に対して、憎悪の念から、話をしなくなってある程度時間が経っている。

ミスリンタートは多くのブンデスリーガのクラブから望まれている。ヴァツケとツォルクは彼を絶対に放したくはない。トゥヘルに有利になるような人事とは違ったようだ。





以上です。

トゥヘルに対する具体的な批判と、分析をする記事が出てきましたので、紹介します。読者の中には、トゥヘルの批判記事を取り上げる事が気に入らない人もいるようですが、別に意図的に批判記事ばかりを取り上げているわけではありません。

今から10時間以内にアップされた記事だけでも、ざっと調べた限りこれだけあります。(メディア名とタイトル)

雑誌フォーカス:もしトゥヘルがこのまま続ければBVBは問題を抱えることになるだろう。
シュテルン:彼の怒りの背後にあるものは?
サッカーニュース:トゥヘルはまだBVBに対してやる気はあるのだろうか?
高級紙ヴェルト:トゥヘルさん、それはちょっと奇妙だ!
NTV:トゥヘル、チームを墓場に葬る
キッカー:トゥヘル、騒動を巻き起こす。

フォーカスの記事などは読む前から批判記事であることが分かりますね。トゥヘルに対してこれまで批判をしていたのはキッカーぐらいで、それ以外はそれほど突っ込んだ記事を書いていませんでした。成績を考えれば、それも納得と言ったところかもしれませんが、そのメディアの姿勢が今回のトゥヘルの発言で一気に変わったと感じています。

とういわけで、今後もこの件に関しては進展があれば取り上げたいと思います。上に挙げた記事のタイトルを見ただけでも、結構興味深いものがいくつかありますね。




【おまけ今日のドイツ】

20161129053419183.jpg

ドレスデンのホテルにあるクリスマスツリー
[ 2016/11/29 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(50)
勝っている時、かつ過密日程な中で、なぜか調子に乗ってシステムをイジくり、選手の頭と身体をヘロヘロに疲弊させたうえに、負ける。。

こういうのを見る度に、溜め息が出ますね。
現代のサッカー選手は大変だなあと。
[ 2016/11/29 06:28 ] [ 編集 ]
>読者の中には、トゥヘルの批判記事を取り上げる事が気に入らない人もいるようですが
これには驚きですね!
選手の少しネガティブな記事はOKなのに監督のネガティブな記事は気に入らないんでしょうか?
イギリスのあるクラブの監督はドルトムントより現在順位が上なのにサポからもメディアからも批判続出じゃないですか
そのクラブも大量補強してましたけどね
前回の試合も負けてますしフランクフルト戦は名匠コバチの前に屈しただけの話
まぁ一気に怒りの3枚変えとかはないわ
[ 2016/11/29 06:39 ] [ 編集 ]
管理人さんお疲れ様ですありがとうございます。
勝てなくなるとこうなるという典型的なパターンですね。
まぁまた去年のように勝てばいいのでしょうがどうなるのでしょうね
[ 2016/11/29 06:44 ] [ 編集 ]
7位ですもんね、批判されても仕方ない、
高校の監督みたいな人らしいので、
人心掌握が欠けてるのかも、
とりあえず、これ以上負けないで、
バイグルがダメな時の代替案をなんとかして欲しい。

一般家庭では、どれ位の大きさのを買うんですか、ツリーの木?
[ 2016/11/29 07:16 ] [ 編集 ]
>読者の中には、トゥヘルの批判記事を取り上げる事が気に入らない人もいるようですが

香川選手に批判的な記事には同調して更に妄想で好き勝手な事を言う人がいるのに
トゥヘル監督に対する批判記事は取り上げるなと?そんな人が居るんですか...不思議ですね。

[ 2016/11/29 07:17 ] [ 編集 ]
トゥヘルがドルトムントの監督に決まった時にマインツ時代のトゥヘルを分析するコメントが出てましたが
そこから変わってませんね
対戦相手に寄ってメンバーを変え、試合中でもフォメ変更
試合直前に今までやったこともないことをやれとか
引き出しがあるといえば聞こえがいいですが選手は混乱したらしい
そこで激怒されてもねぇ
[ 2016/11/29 07:32 ] [ 編集 ]
トゥヘルが自己分析が下手なのは明らかでこれからも似たような発言を繰り返していくと思います。これはもう性格なので仕方ない部分もあるがカウンセラーにかかってでも変えていかないと監督として大成するのは難しいと感じますね。
[ 2016/11/29 07:36 ] [ 編集 ]
マスコミでプレーヤー批判するとか、日頃プレーヤーたちとコミュニケーション取れてないんだろ。文句があれば直接言えばいいんだからさ。少なくとも文句言っても言われてもOKな関係じゃないな。

たしか香川が去年の文句いったはずだよ。その後ちょろっと時間置いて使われなくなったけどな。

こーゆーのはちょっとマズイよね。サッカーはピッチの内外でコミュニケーション密にしてないと連携取れない競技なんだからさ。ゲーム中の指示の伝達とかおかしくなってギャプが出来て、そこ突かれて、ハイ終わりwなんてよくある話。
[ 2016/11/29 07:44 ] [ 編集 ]
何度も書きますが、こういう人だと割り切って受け入れるか、拒否するかだ。フロントはわかった上で受け入れている。
クロップも、比べてはいけないと言ってた。

結果が出なければ、叩かれるし出れば絶賛。勝負だしね。ただ、クロップの様などんな時でも味方になってくれる人が大勢いる訳では無い。

トゥヘルはやはり調べるとかなり優秀で評価が高かった。(ランゲラックも一緒に仕事をしようと誘っていたし)
昨年も、メンバーはほとんど同じで一昨年とは雲泥の差だった。
他の監督が来ても、今の状況が必ず良くなる保証はない。今はベストを探って実験を繰り返している状況。たぶん、昨シーズン終盤の形、オバ、ロイス、香川、ミキ、ギュン、フンメルスの4231が理想形だったが移籍と怪我でオバ以外の全てを失っている。
もう少し我慢して応援したい。
[ 2016/11/29 07:55 ] [ 編集 ]
管理人さまありがとうございます。結構この記事で言いたいこと言ってくれた!やはりドイツでもラモスのサイドないでしょ?だったんですね。トゥヘルと同世代ですが思った事すぐ口に出したり、上に立つ人間がこれじゃダメってのはそろそろわかりそうなもんやろと思いますが、キッカケあっても分からん人はずーっとわかんないままかな。会見で喋った事はミーティングで言うべきでしょ。監督が全面選手のせいにしてさらに負け方が良くないから叩きやすいですよね。ペップの真似っこを自分のものにしてタイトルという結果を出して初めて後継者と呼ばれるべきと思います。まぁ練習が良ければ使ってくれるところは公平なんかな(^^;
[ 2016/11/29 08:09 ] [ 編集 ]
心掌握術・・まぁトゥヘルに欠けてるのはそこが一番かな
モチベーターとしての前監督を見てるだけに
前監督は今のクラブでもサポを煽り煽られ凄いらしいですねw
前監督時代の最後に一度最下位まで落ちましたが後半盛り返したのもそれがあるからでしょう
反対にトゥヘルの場合これ以上落ちたらプライドが高そうにみえるので即辞めてしまいそう
[ 2016/11/29 08:09 ] [ 編集 ]
>香川選手に批判的な記事には同調して更に妄想で好き勝手な事を言う人がいるのに

これ同意。批判するのは当然どうでもいいけど妄想長文にはずっと引いてました。以上。
[ 2016/11/29 08:14 ] [ 編集 ]
トゥヘルを監督に検討してた新興のレッドブルが首位
トゥヘルを据え、クロップ色を消し、大型補強をしたトゥヘル2年目のBVBが7位とか
[ 2016/11/29 08:17 ] [ 編集 ]
香川は文句なんて言っていませんよ。
最近、事実でないことをあたかも本当のことのように書かれることが多々あり、ポジティブ&ネガティブどちらの内容にしてもよろしくないですね。
彼はユナイテッドの時でさえ、自己批判はしても監督に批判的なことは言いません。
使われなくなったのは別の問題です。
[ 2016/11/29 08:31 ] [ 編集 ]
トゥヘルに関しては選手起用に関しても疑問が多い
質問されても適当な答えや嘘としか思えないことを言うだけだし
どんなにひどい負け方をしても自分が悪いとは認めない
クロップとは正反対に見える、就任時からずっと嫌いですわ
人としても監督としても
[ 2016/11/29 08:51 ] [ 編集 ]
マインツ時代に、対戦相手を分析して最高のメンバーが決まったとコーチに見せたら、前回の快勝したメンバーから8人変わってて驚かれたことがあるという記事を読んだことがあります。しかもトゥヘル本人は気付いていなかったとか。
戦術ありき過ぎて、モチベーター面など、クロップには遠く及ばないですね。
[ 2016/11/29 09:26 ] [ 編集 ]
可笑しいですね。

ようやくドイツのマスコミが、このブログの読者に追い付いてきたんですね。

今更感が強いのですが、神経質で好き嫌いが激しそうなので、トゥヘルについてネガティヴな記事を載せると、それによる報復(出禁や無視)を恐れていたんでしょうかね。

選手や審判の評価点は出ますが、監督に対しては点は出ないのでしょうか?

レジェンドフンメルスやムヒやギュンが移籍した一番の責任は、トゥヘルだと私は思っています。

怪我人の異常な多さも、彼の(トレーニング含めた)マネージメント能力の低さだと思います。

結構な時間を残して、一点差でいっきに三枚替え・・怪我人が出たらどうするんですかね〜?
痛くても、違和感を感じても選手は無理しなきゃあいけなくなる。
ケガが再発する筈だわな。

あの交代は緻密さのカケラも無い、感情的な交代だと思いました。
限界を見た様な気がしたな〜。
[ 2016/11/29 09:29 ] [ 編集 ]
今季は飽きてしまう試合が多く最近シッカリとは見てないんですが、そういえば選手のお尻を蹴るアクションは今でも続いてるんですかね?
[ 2016/11/29 09:30 ] [ 編集 ]
マインツもトゥヘル時代はELで二回予選敗退だったけどトゥヘルが退団した途端EL本選出場。
[ 2016/11/29 09:45 ] [ 編集 ]
>みんなが控室から出ていく様子を見た限り、これで失点しなかったら不思議だと思ったよ。

他人事だなあ。。トゥへル選手の経験があるのにコロコロ戦術や配置を変えたらやりずらいってわからないのかな。
[ 2016/11/29 10:40 ] [ 編集 ]
前から何度も言ってるけど、トゥヘルは過大評価されすぎだ。バイエルンの様な相手だと超守備的布陣にして、まったく攻撃できずに負ける。ローデとヴァイグルのコンビは機能しないのに使う。負けは監督の責任なのに他責にする。ビッグクラブを指揮する監督では無いな。
[ 2016/11/29 10:54 ] [ 編集 ]
まあ、こういうのは初めてではないし....本当に「選手が言われた通りやらないからいけないんだ」と思っているのでしょうね。
[ 2016/11/29 11:05 ] [ 編集 ]
なぜトゥヘルがミキを重用していたかがよくわかる。
怪我もしないし、トゥヘルがこんがらがったチーム編成をして、チームがぐだぐだにしても、最後にゴリゴリでなんとかして、帳尻をあわせてくれていたから。彼は、トゥヘルの言ったとおりに動いていたというより、重用をかさにかなり勝手にやっていた。実は、勝手にやっている選手が活躍しているのが、トゥヘルのチーム。

香川もかなり貢献していた。前半はかなり自分のいいように、後半の春以降は、しばりがあるなかでよくがんばっていた。前半の貯金がトゥヘルを成績の面で助けたので、去年はこういった批判があまり出てこなかったのだろう。今でてきた批判のようなことは、頻繁に去年もあったけど。

あと、怪我の多さは、競争を煽り立て、練習の負荷が大きすぎるのでは。マンUではシーズンに入るとほとんどコンディション調整に終始するらしいし、清武も今のチームで同じようなことを言っていたから。CLでも、リーグでも上を狙わなくてはいけないチームは、負荷が多いから練習は軽めらしい。

でも練習でアピールさせて、序列を変えるチャンスをみなに与えるということもあるので、悩ましいというのもある。負荷をこのようにかけてそのリスクを背負わせているなら、きちんと色眼鏡なしに、選手にチャンスを与えてほしい。
[ 2016/11/29 11:23 ] [ 編集 ]
>読者の中には、トゥヘルの批判記事を取り上げる事が気に入らない人もいるようですが
へぇ~、そんな過激な人もいるんですね!
トゥヘル監督に対して散々言われていたことが羅列してありますねぇ~
去年からずっと言われ続けており、時折キッカーなどが批判していたかと記憶しております!
選手も過剰な要求と戦術変更にヘトヘトだと思いますね!
[ 2016/11/29 12:04 ] [ 編集 ]
1.チームを挑発
本当に素直に今思っている事を言ってしまう。
>ギュドアンを下げたのは私も指示どうり動かなかったからだ。
>デンベレはチームプレーを学ばねばならない。
>カストロは今調子を下げている。etc…
良かった時も素直に褒める。正直だから、今思っている事がわかりやすくて私的には感謝。

2.自己批判に欠ける
全く同意。弁解の余地無し。

3.過剰なローテーション
これは同情します。今年はユーロが有って招集が遅れた事に加えて、ミキ、ギュン、フンメルスの移籍とロイスの長期離脱、香川の度重なる怪我によるコンデション不足。
開幕やプレシーズンを見ると、香川をトップ下の4231を目指していた事は確かですが、ボランチの頼りなさにずっと悩まされてきていて、4141で解決して上昇傾向になるも、頼っていたゲレイロの怪我、カストロの調子も下降、ヴァイグルも対策されてそれに対して解決策を探る実験が続いている。
また、怪我人続出もそれに拍車をかけている。
[ 2016/11/29 12:30 ] [ 編集 ]
ドイツ人は謝らない、と聞いた事があるけどね。

やっぱり選手からは嫌われているのかな。
[ 2016/11/29 13:07 ] [ 編集 ]
いつの間にか「振り向けばシャルケ(開幕5連敗以降は無敗で現在8位)」状態だからね
批判されてもおかしくない

そういえばスカウト担当のくだりで思い出したけど契約1年残してマインツ監督を辞任したのは
補強をめぐってハイデルGM(現シャルケ)と揉めたからという噂は本当だろうか
[ 2016/11/29 13:52 ] [ 編集 ]
日本のサッカーファンの間では1年程前からさんざん指摘されてることなので今更感がありますが、ドイツメディアの中での潮目が変わったという感じなんですかね? 指摘されてる内容自体に真新しさはないし…やっぱり順位なのかな?
[ 2016/11/29 14:43 ] [ 編集 ]
結果を出せていないトゥヘルが批判されるのは仕方がない。
昨シーズンも今シーズンも積み上げているものを自分で壊すようなきらいがあるが、頭のなかで最終型がないか、あってもトレンドの追求に走ってしまうタイプなのかもな。
ここまで観る限り、彼には常勝チームの維持は難しいから、中位のチームの指揮が適性だと思う。
[ 2016/11/29 16:49 ] [ 編集 ]
前監督が世界最高の情熱を持ったモチベーター
対してトゥヘルは自己批判を欠いた過剰な戦術家

結果出なけりゃ批判されて然るべき
[ 2016/11/29 17:08 ] [ 編集 ]
「クロップの遺産」という言葉に反発する人もいるようですが、昨季のトゥヘルの功績には間違いなくその恩恵が含まれていますよね。
特に大幅な選手の入れ替えもなくそのままチームを引き継げたことは、ビッグクラブを初めて率いる新監督にとって、あらゆる面でプラスに働いていたと思います。
むろんトゥヘルの指導で好転した部分もあるでしょうし、すべてをクロップの残したもののおかげだと言う気はありません。
ただ、選手同士が互いの動きを理解し、独自の判断で細かな修正をしていたことは、息の合った連係や試合中のやりとりの多さからも分かりました。
前半戦の433も、もともとトゥヘルは4231(トップ下香川、ギュンドガン、ヴァイグルのWボランチ)のフォメでやっているつもりだったらしいですからね。
昨季途中から戦術をあれこれ変えてもそこそこ上手く行っていたのは、トゥヘル自身の手腕というより、そういう部分がけっこう大きかったんじゃないかと思います。
[ 2016/11/29 18:05 ] [ 編集 ]
トゥヘルが監督のままなら
有能な選手だけじゃなくて
有能なスタッフまで去っていくよ?
[ 2016/11/29 18:08 ] [ 編集 ]
一方名将ユルゲン・クロップは選手のミスを責めるサポーターに応援をしろと激怒する。
選手は気力を取り戻し試合に勝利。
[ 2016/11/29 18:17 ] [ 編集 ]
>>最近、事実でないことをあたかも本当のことのように書かれることが多々あり、ポジティブ&ネガティブどちらの内容にしてもよろしくないですね 2016/11/29 08:31

自分もただのゴシップ的な記事に皆乗っかり過ぎてるなあと思います(この記事以外をふくめてね)
本当に言いたいこと思っていることなんて普通に話していても誤解が生じることがあるのに間に何人も挟まっているインタビューはなおさら注意が必要ですね まー余り気にしすぎても、なんもわかんねーよってなるんであくまで「可能性がある」ってスタンスで解釈するのが大事かなと
自分はトゥヘルは発言に難はありますが(ドルトムントでの)監督としての手腕に答えを出すのはまだ早いと思います 
[ 2016/11/29 18:20 ] [ 編集 ]
去年と違った難しさがあるけど今季は成績が悪いんだから内容がたとえよかったとしても批判は仕方ないですね。嬉しそうに香川を絡めて叩く人はちょっと論外ですが。
[ 2016/11/29 18:30 ] [ 編集 ]
マインツの監督を突然辞めたのは、ドルトムントの監督への打診が有ったからでしょう。このときマンUがクロップを大金で引き抜こうとしに来てクロップはドルトムントに辞意を伝えたとヴァツケが言っている。で、マンUはモイーズになる。
が、フロントの必死の慰留を受け入れマンUを辞退して、結局トゥヘルは行き場所を失った。

今回も、シュツっトガルトの監督にほぼ決定も、ドルトムントの監督打診であっさりあっちを断った。
[ 2016/11/29 18:54 ] [ 編集 ]
このコメントの方々は極端な意見が多いですね。
トゥヘルの人格まで否定するのは行き過ぎだと思います。トゥヘルの何を知っているんでしょうか。。
ドルトの内部の状況も推測ばかり、チームが上手くいってないときは悪い話が出るのはよくあること、
あまり過敏に捉えて騒ぐとチームを更に悪くさせる原因にもなるので、ファンなら落ち着くまで様子をみるべきでは
選手もプロなんだし監督もプロだということは忘れないことです。
[ 2016/11/29 22:01 ] [ 編集 ]
まあまだかなり団子状態で、1試合で順位もガラッと変わるので、様子見でしょう。
次のホーム・ボルシアMG戦と、その次の5位ケルン戦→6位ホッフェンハイム戦はかなりの重要な試合になる。
[ 2016/11/29 22:28 ] [ 編集 ]
トゥヘルがドル監督就任前に打診されたのはHSVの監督じゃなかったっけ?
[ 2016/11/29 22:36 ] [ 編集 ]
結局、この監督は自己保身のことしか頭にないんだよね。
選手は駒だと思ってるし、俺のいうことを聞かないなら容赦無く干す。上手くいってる戦術をあえて弄る。手柄は自分、
悪ければ選手のせいでチーム批判。
お得意の戦術、確固たるスタメンに、各選手のマッチングもいまだ迷走。
こんな監督についていきたいと選手が思うかね。選手のモチベーションだだ下がりなんだと思う。
[ 2016/11/30 00:52 ] [ 編集 ]
バイエルンの監督の獲得リスト上位にも載ってたらしいね。確かペップの次だったかな。
[ 2016/11/30 00:54 ] [ 編集 ]
11/29 18:30さんみたいな人を含めてトゥヘルを擁護している人たちは落ち着いて自分の言動を省みた方が良いですよ
この記事のコメントを見る限り「結果を出した選手を外した上に負けて成績を落としているサポーター」はいても「香川が外されたからトゥヘルを叩いているファン」と見受けられる人はいません
しかし「香川が外されたからトゥヘルを叩いているのはファン」だと勘違いして目くじら立てている人たちはいるみたいですからね
[ 2016/11/30 10:16 ] [ 編集 ]
>>マインツの監督を突然辞めたのは、ドルトムントの監督への打診が有ったからでしょう。このときマンUがクロップを大金で引き抜こうとしに来てクロップはドルトムントに辞意を伝えたとヴァツケが言っている。で、マンUはモイーズになる。

こんなことヴァツケ言ってたっけ?素朴な疑問。
[ 2016/11/30 12:19 ] [ 編集 ]
まあ矢面にたつのも監督の仕事ですわな
戦術だけ練ってればいいわけではなく、最後は責任を取らされるし、評価もされる
どんな監督も叩かれてますし、すぐに解任という人はどこにでもいます
それが回ってきたってことです
ここで対応を失敗すると小物だとみなされ、メディアの格好のエサになりますから、結果で見返ししてほしいです 
良い監督はそういうもんです
[ 2016/11/30 13:26 ] [ 編集 ]
 スター選手が顔を並べるビッククラブで同じ発言をするととんでもない事になります。BVBでよかったですね。
[ 2016/11/30 15:46 ] [ 編集 ]
先シーズンの後半戦からずーっと指摘されてきたけど、内容悪いのにたまたま勝ててたから擁護派が偉そうに反論してたな。
トゥヘルって自分の戦術に酔ってる感じで、選手の良さを活かすの下手だよな。
[ 2016/11/30 17:51 ] [ 編集 ]
フロントはトゥヘルを批判しづらいだろうな
今季無駄に人取りすぎだし
何がしたかったんだろう
[ 2016/11/30 19:07 ] [ 編集 ]
12:19さん、ヴァツケ言ってましたよ。クロップが辞めたいと申し出たのは二回目だと。一度目はファーガソンがマンUを辞める時期です。
[ 2016/11/30 19:28 ] [ 編集 ]
こういうタイプの監督は勝ってる時はいいんですけどね
負けだすと求心力が一気に低下して崩壊していく危険性がある
[ 2016/12/01 11:30 ] [ 編集 ]
キッカーより
■ヴァツケCEO、トゥヘル監督の発言を支持

>週末に行われたフランクフルト戦敗戦後、トーマス・トゥヘル監督は選手達に対して「技術面でも戦術面でも精神面でも不足していた」と厳しい苦言を呈していたのだが、このことについてヴァツケCEOは「仮に選手のパフォーマンスへの批判をトーマス・トゥヘルが口にしてはいけないのならば、いったい誰が口にしていいというのかね?」と、あらためて支持を表明。

さらに「トーマスは試合後に非常に大きな失望を感じていた。そしてその大きさは、いかにドルトムントでの仕事に彼が全力を尽くしているのかの表れでもある。」との考えも示した。

今夏にはフメルス、ミキタリアン、ギュンドアンの主力3選手を失っただけでなく、ロイスを長期離脱で欠く苦しいシーズンとなっており、「今回のようにあれだけの主力選手をうしなってしまうことになれば、新規獲得選手なども含めて、チームの再構築は難しいものだよ」と同氏。

それでも「徐々に負傷者たちも戻ってきているし、高いクオリティが発揮される期待感はある。」と言葉を続け、「チャンピオンズリーグ出場権内までの差は勝ち点差3だ。選手達にはクリスマスまでのグラードバッハ戦、レアル戦、ホッフェンハイム戦、ケルン戦、そしてアウグスブルク戦でも集中して全力で臨んでほしい。そうすることで、できるだけ多くの勝ち点を得ることができるだろう」と語り、「今冬のキャンプを一緒に取り組むことで、さらに安定感と強さが増し、存在感をみせ成功を得ていけるようになると確信しているよ。」とこれからの奮起に期待を寄せている。





まあまだ団子状態。
選手の入れ替わりや監督交代の時期には不安定になるもの。
さすがにクロップ時代の2014-15シーズンみたいな事はないだろうから見守りましょう。
[ 2016/12/01 16:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。