ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント会長、批判されるトゥヘルを擁護!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



ヴァツケ、BVB監督のトゥヘルを擁護!


今ようやくBVBボスからの後方支援が!!



entry_img_1367.jpg
引用元:Bild

BVB監督のトーマス・トゥヘルはフランクフルトに1:2で敗れた後で、彼のチームをぐちゃぐちゃに握りつぶした。試合後の記者会見で感情的に怒りをぶちまけたのだ。


スポンサーリンク




▶ポイントを獲得するに値しなかったパフォーマンス。


▶僕らが控室から出ていく様子をみた限り、失点しなかったら不思議に思っただろうね。


▶このように多くの欠点をかかえたままではリーガのアウェーではポイントを獲得できないだろう。




そして今BVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケが監督について口を開く。“チームのパフォーマンスを批判する事についてだけれど、トーマス・トゥヘルがやらなければ誰がやるんだい?トーマスは試合後、本当にがっかりしていたんだ。そしてその落胆が、彼が我々と同様にどれだけこの仕事に熱心で、勝利を欲していたかを示しているね。”




これまでにもマネージャーのツォルクと会長ヴァツケのどちらかが、このような状況になるとすぐに監督を擁護していた。しかし今回のリーガ3敗目となるフランクフルト戦の後では、口を閉ざしていたのだ。




しかし今になってヴァツケが擁護することになった。BVBの会長は続ける。“監督の批判に対して公の場で発言することは我々の仕事ではない。トーマスは自分なりのやり方でやるべきだね。”



いずれにせよ怒りの発言でこれは成功した・・・。







以上です。


昨日以降も批判記事は続々でていて、“11フロイント”というスポーツ雑誌では、“トゥヘル対それ以外の全世界”というタイトルで記事まで書いていましたので、さすがに会長が口を開かざるを得なくなったという感じではないかと思います。

トランスファーマルクトにはトーマス・トゥヘルスレッドというのがあるのですが、とにかく一つ一つのコメントが長すぎて、いまだに紹介できていません。

印象的だったコメントには、あまり怒りをぶちまけると、トゥヘルが“こっけいなキャラ”として定着してしまうと心配しているコメントでしょうか。ドイツ語ではWitzfigur(冗談キャラ)と言うのですが、まあ何を言っても真面目に相手にされなくなってしまう、というキャラクターの事ですね。

そのようになった監督として有名なのが、元バイエルンのファン・ハール、それからバイヤーのシュミットなどがいますね。


ドイツでは声を荒げる事がすごく嫌われています。これをやって上手く行くことはほとんどありません。仮に顧客として文句を言う時も、怒ったら負けです。怒ってしまうと、相手が本気で相手してくれなくなるからです。もちろん例外はあるでしょうけどね。クレームを入れるときは感情を排除し、事実を淡々と述べる手紙が一番効果あります。






[ 2016/12/01 18:55 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(33)
※チームのパフォーマンスを批判する事について
トーマス・トゥヘルがやらなければ誰がやる?
トーマスは試合後、本当にがっかりしていた

チームを鼓舞するのはいいけど
批判はロッカールームでやるべきことでは
ないんですかね?

それに選手を批判しても
自己反省がないというのも
以前からずっと変わっていないし
[ 2016/12/01 19:09 ] [ 編集 ]
※滑稽なキャラ

日本だとネタキャラ
とでもいうのでしょうか?

管理人さんはファン・ハール、シュミットを
あげられていますが
日本ではモイーズも相当なネタキャラになってますw
[ 2016/12/01 19:13 ] [ 編集 ]
次の試合、勝てば一気にトーンダウンするでしょう。
メディアなんてそんなもの。
おそらくロイス、シュールレ、ゲッツェがスタメンで揃えば、サッカーの質が変わりますよ。
ゲレイロも加わってくるかな。
一人の選手の加入でガラッと変わるものだと思います。
ロイスはシュールレが大好きですよね。
レギアワルシャワ戦も前半はあまりやる気なさそうでしたが、後半途中からシュールレが入ってきたら、いきなりトップスピードで何度も走り出しましたからね。
シュールレを意識していて信頼しているし、ああいう縦の迫力あるスピード感ある攻撃がやりたくて仕方ないんでしょう。
さすがに二人が前線に猛スピードで駆け抜ける姿は迫力があり、分厚い攻撃が期待できると感じました。
ロイスはかなり「やる気のある無し」が分かりやすいですね。
[ 2016/12/01 19:40 ] [ 編集 ]
ロッカーから出るときに~のトゥヘルのコメントは本当に腹が立つ。士気を上げさせるのも監督の仕事でしょうに。モチベーターとしての才能はゼロだと思う。逆にあれだけの選手がいるんだから、細かな戦術云々よりそっちの方が大事なんじゃない?
[ 2016/12/01 19:50 ] [ 編集 ]
こりゃぁ挽回するのは難しそうですね。なまじ上位クラブの監督が各々特徴があって評価されてるので余計に目立っちゃいますね。
残念ですが私はすでにトゥヘルの試合は興味ないどころか、10代のドリブラーがひたすらドリブル&ロストする試合にウンザリしてるんで、スタメンで出る時はもう見なくなってます。香川が出るときは見ようと思ってますが。反対に調子を落としてるバイエルンとフランクフルトを応援しちゃってますよ。それ以上にプレミアに傾倒し始めてます。今このリーグは大変革の最中にあって、イタリアやスペインの監督をいれて戦略的な試合をしはじめているのですごく面白くなってます。ブンデスは未熟な10代の若手選手が多くなってきて見るのが段々厳しくなってる。一体ブンデスはどこを目指してるんだろうと。もっと成熟した選手が活躍する試合がみたいです。代表もうーん、イタリアやイングランドが躍動して面白く思ってますが、強すぎ?が弊害なのか静かというか地味というか、試合に勝ちますけど元気ないように見えますね。
[ 2016/12/01 20:08 ] [ 編集 ]
管理人さん、いつもありがとうございます。

つらい出来事なので気が進まないかもしれませんが、もし、宜しければ先日の飛行機事故のドイツの反応を教えて頂けませんか?
[ 2016/12/01 20:22 ] [ 編集 ]
ドイツの怒ることに対する文化、興味深いですw
[ 2016/12/01 20:27 ] [ 編集 ]
トゥヘルも選手にメディアで怒りをぶつけるのではなく、選手に事実を淡々と述べる手紙を書けばよかったのに(笑)
>“11フロイント”というスポーツ雑誌では、“トゥヘル対それ以外の全世界”
かなり過激だったんでしょうCEOも大変ですね
[ 2016/12/01 21:18 ] [ 編集 ]
トゥヘルは容姿もヒョロッとしてガリガリだし怒鳴ってると病的なヒステリーに見えてしまうんですよね。損してると思いますよ。笑えば良い顔してるのに、選手も馴れてきて怒鳴られてもシラケた顔して相手にしなくなりそうですよね。リバプール戦の後のフンメルスの顔を思い出します。
[ 2016/12/01 22:00 ] [ 編集 ]
そういえばムヒタリアンがまたマンチェスターユナイテッドでマンオブザマッチを獲得したみたいですね。
ブンデスの選手っていくら大活躍しても所詮はブンデスという感じで世界では知名度が低いというか、下に見られてる感じなので、プレミアで活躍してくれるのは嬉しいです。
やっぱり本場で活躍するためには対人の強さは必須ですね。
実力的にはワールドクラスの選手だけど、名実ともに評価を得て、デブライネに続く選手になってもらいたいです。
[ 2016/12/01 22:04 ] [ 編集 ]
フロントがリーグ優勝を目標にしなかったことが現状を表していると思う。
監督もチーム作りという名目である程度の順位でも許されると思い慢心する。
選手はタイトルを手にしたいと試合に臨むから監督との意識の差に嫌気がさしてパフォーマンスが落ちる。オバの規律違反なんか上司が部下になめられてる証拠。選手はこの監督を早い段階で見限っているんじゃない?辞めさせたいと感じている選手も少なからずいそうだしね。
戦術の軸もないよね。必要以上に競争を煽って瞬間の出来で起用をするから無くて当然なんだけどね。選手へのリスペクトにも欠けていて調子悪くても実績のある選手を中心に置いてある程度使い続けないとチームの形、攻撃の形なんて形成出来ないでしょ。
[ 2016/12/01 22:27 ] [ 編集 ]
日本人はトゥヘルのような怒り方をする指導者にはけっこう慣れていると思いますが、ドイツ人にとっては受け入れ難いことなんですね。
だとしたら、香川は意外と平気で、他のドイツ人選手の方が不満を募らせているのかもしれません。

選手にダメ出しするのはむろん監督の仕事ですが、外に向けてそれをすると、どうしても自己弁護に見えてしまいます。敗戦後は特に。
性格まで変えるのは無理でも、会見はもう少し慎重に言葉を選んで、こういうチームに不利な批判や噂が出ないようにして欲しいですね。
[ 2016/12/01 22:51 ] [ 編集 ]
なんか益々嫌いになってしまいますね。

最近は、怪我人の話や相手がラフだから負けたと拗ねたり、負けた選手に癇癪を出し批判し、逆に批判受けると親方が庇ったり、何か情け無い話題ばかりですね。
もっとテクニカルな話を監督ならば、して貰いたいですね。

たかだか二年目、オマケにクロップ時代の面子と戦術をいじり倒して、絶賛トゥヘル色に染めている真っ最中。

ファギーやベンゲルとは違うんですよ(ベンゲルなんか批判されっぱなし)。

あの監督が指導しているのに勝てないのは選手が悪いなんて、誰も思わない。
クラブと切り離して評価されるほど、まだ何も成し遂げていない。
一緒に罵声を浴びて、一緒に批判を受けるべき・・一心同体であるべき。

選手に対しては、ロッカールームで怒鳴れば良い。

親方に尋ねたいですね、選手を擁護するのは誰デスカー?とね。

リヴァプール対ドルトムントの時、スタジアムの外ではクロップチャントを両クラブサポが一緒に歌っていた。
クラブや選手を愛する監督は、短期間でもリスペクトされる。
[ 2016/12/01 23:21 ] [ 編集 ]
本文最後の部分を読んでドイツに住みたくなった…
[ 2016/12/01 23:25 ] [ 編集 ]
”トゥヘル対それ以外の全世界” タイトルがスゴイですね。怒りをぶちまけてしまったトゥヘルは熱心さの裏返し?と会長さんは強調したかったのでしょうが、選手批判はだめですよね。
[ 2016/12/02 00:10 ] [ 編集 ]
確かにファンハールとトゥヘルはどことなく似ている
そしてトゥヘルのほうが気が弱い
[ 2016/12/02 00:14 ] [ 編集 ]
あんまりうがった見方をいちファンがしても仕方のないことであるけど。
ここでコメントを出して来たのはそうせざるを得ないからですね。このままではもともとこのような使い捨てに近い状況を念頭に置いて実力不足がわかっていながらトゥヘルを監督にすえて、適当なところで切り捨てたというような趣旨の批判が上にも及ぶ?というようなシナリオが考えられないわけでもないですから。
しぶしぶもごもごとでもなんか言わないわけにはいかなかったんでしょう。元がどこのご意向でそもそもこうなってんのかはわかりかねますが、先日のレギーア戦のインパクトは意外と遠くまで確かに響いていたようにも見えますね。
[ 2016/12/02 01:52 ] [ 編集 ]
トゥヘルの後任はフィオレンティーナのP・ソウザがいいんじゃない?
[ 2016/12/02 04:44 ] [ 編集 ]
メディアがうるさいから仕方なくコメントした感じもしますね。長引くと余計にチームには良くないですからね。ただクラブ内では色々な意見が渦巻いてそうですね。
[ 2016/12/02 08:18 ] [ 編集 ]
批判はあるかもしれませんが、ヴァツケは、今回とても賢い対応をしたと思います。
表向きには、こういう発信を渋々?し、でも中では、しっかりお説教する。
彼らの中で何の話し合いもなかったわけがない。あの嫌味を聞かせた発言がお得意の彼が、一言もトゥヘルにないとは思えない。

論理的でない感情にまかせた選手への発言は外向けには抑え、ドレッシングルームでしっかりお仕置きする。それがあるべき姿と、ヴァツケはトゥヘルに体現してみせたのではないだろうか。

この段になって、トゥヘル擁護をかるーくしてみせたということは、やっぱり中では選手と監督はもめてるのかも。とにかくすっきりした楽しいプレーが見たい。
[ 2016/12/02 10:02 ] [ 編集 ]
オバメヤンの試合当日の夜遊びも、この憂さを晴らしたかったんでしょうなぁ。 
[ 2016/12/02 10:45 ] [ 編集 ]
香川はファギーで耐性がありますからトゥヘルの怒鳴りぐらいはなんとも思ってないでしょう
[ 2016/12/02 10:49 ] [ 編集 ]
怒る監督と選手のせいにする監督とは違うと思う。
ペップみたいにアメとムチの使い方を上手くやるべき
[ 2016/12/02 10:53 ] [ 編集 ]
性格に難があるのは就任前から噂されていたことなので、個人的にはそういうひとだよね!って感じで、ずっと前に折り合いをつけているんですが
現地ではどうなんですかね
改善が必要なのは明らかですし、それは求められますね。ただ、さすがにクロップと比べるのは酷。
戦術においては、なんだかんだもっと実験はやってほしいです
ラモスの使い方なんかは面白いと思ってるくらいなんで
ロイシュレに加えてゲレイロ復帰したなら過激なのは減っちゃうんですかねやっぱ
[ 2016/12/02 12:04 ] [ 編集 ]
思ったことを直ぐ言ってしまう子供みたいですね。でも一生懸命やっているからならではと言う擁護は納得します。

トゥヘルのコメントはずっと追っていますが、一度も香川について悪く言った事は有りません。まあ、調子を落としているとか痛みが有るとかは現状そのままですし情報として嬉しい。

でも香川の出ていた試合で香川含めた全員を非難したことは無いし、逆に出ていた試合で評価が低かった時も褒めてくれている。出ていた試合でチーム全員に対して絶賛した試合も多い。そういう意味でも、私はトゥヘルを嫌いになりきれないよ。
[ 2016/12/02 12:21 ] [ 編集 ]
>フロントがリーグ優勝を目標にしなかったことが現状を表していると思う。

前にもここに書いた事ですが、クロップの自伝読めばわかるけど、これはドルトムントの様式美。
優勝を口にしたら懲戒の対象になるんじゃないかってくらい、優勝が99・9%確実になるまでフロント、監督、選手は優勝を口にはしない。

どんな時でも「優勝を目指す」と軽く約束することは絶対にしない。約束は必ず守れる事のみ。
こういうのはカッコいい!!
[ 2016/12/02 12:32 ] [ 編集 ]
昨シーズン2位でブンデス最優秀監督賞に選ばれ、新加入選手たちにもトゥヘルだったから来たと言わしめ、バイエルンやレアルマドリードからも監督候補と呼ばれるような人なので、今後の手腕に期待します。
バイエルン戦のようなゲッツェとシュールレのIHに、ラモスとオバメの2トップ、3バックという、完璧に狙い通りに嵌めた戦術眼の高さを見せているのでね。
ヒステリックすぎる批判はまだいらないかな。
[ 2016/12/02 14:39 ] [ 編集 ]
ドルトムントファンよ
毎試合、選手が悪いと言い続け…
戦術も戦い方も何も残さず追い出された
オランダのデブール監督よりはマシだよ
by inter
[ 2016/12/02 15:35 ] [ 編集 ]
ヴァツケの対応は適切だったと思う
練習はいい雰囲気のようですし、怪我人も戻ってきているので週末のボルシアダービーでモヤモヤを払拭して欲しいですね
香川は治療に専念し冬キャンプに万全の状態になればいいような気がします
[ 2016/12/02 16:05 ] [ 編集 ]
どうしようもない監督は世界中にいるから、ドルトムントは全然恵まれているわ。
トゥヘル頑張れ!
応援してるわ。
[ 2016/12/02 17:00 ] [ 編集 ]
トゥヘルはそういう性格だから仕方ないような気もしてきた。モイーズの事も今となっては懐かしささえ感じますからね。
[ 2016/12/02 19:08 ] [ 編集 ]
怒るときは淡々と!喜ぶときはクマみたいなんだよなー
[ 2016/12/02 19:12 ] [ 編集 ]
ヴァツケも、『しぶしぶ援護した』感があるコメントですね。
シーズン終了でEL外なら解任かな。
[ 2016/12/03 04:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。