ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 香川 ポカール キッカーが高評価! + ドルトムント選手採点第2弾


先ほどキッカーを買って参りました。本日発売のキッカーの日本人の採点のまとめです。前回の地元紙のまとめはこちらをご覧ください。なお毎回扱っているビルトですが、昨日、今日の新聞ともにポカールの採点は新聞には掲載されていませんでした。




image-769766-galleryV9-hxoj.jpg

【キッカー・ポカール採点】

香川 ドルトムント : 2

長谷部 フランクフルト : 4.5

田坂 ボーフム : 4

山田 カールスルーエ : 4

細貝 ヘルタ : 3.5

原口 ヘルタ : 5

酒井 ハノーファー : 5

清武 ハノーファー : 5




ドルトムント選手の採点

ランゲラック 2.5
ソクラティス 2
ズボティッチ 3
フンメルス 2.5
ドゥルム 2.5
ミキタリアン 3
ケール 3
グロースクロイツ 3
香川 2
ロイス 2.5
インモビレ 2

ペール(審判) 3
試合の採点 3.5 :試合での魅力はほぼBVB側からのみ、見ることが出来た。それも前半だけだった。試合の緊張感は早い段階で失われた。

スポンサーリンク



写真で振り返る今週の報道まとめ

20141030190433077.jpg

月曜日発売のキッカー表紙。ドルトムントの敗戦が大きく取り上げられる。香川選手とロイスはチームの象徴として?写真がとりあげられています。

201410301904305be.jpg

やはり大きく取り上げられたのはドルトムントの危機。クロップの怒った顔のアップ。タイトルにあるのは、肉体と魂

20141030192501666.jpg

こちらは昨日発売の専門誌スポーツビルトの表紙。話題はロイスの移籍に関するもの。タイトルは「ロイスをめぐる悪事」(訳注:Krimiと言うのは推理小説や犯罪、犯罪映画を指す言葉。)

20141030190415b48.jpg

同じくスポーツビルトの特集記事。マルコ・ロイスのバイエルン移籍を特集した記事です。現在のバイエルンの選手とマルコ・ロイスを数字で比較しています。時間があれば訳して紹介したいと思います。

20141030190414f25.jpg

同じくスポーツビルトでもドルトムントの敗戦の様子が大きく取り上げられました。こちらはフリーキックを入れられてしまったヴァイデンフェラーです。記事のタイトルは「ボスが降格圏の脱出を呼びかける」となっています。

20141030190412a20.jpg

先ほど買ってきたばかりの今日発売のキッカーです。焦点はすでに次のバイエルン対ドルトムント戦に。レヴァンドフスキー特集で、彼一人でラモス、インモビーレ、オバメヤン3人分と同等だとした記事を載せております。

20141030192503824.jpg

今日発売のビルトの表紙。サッカーは全然関係ありません。モデルのスキャンダルが一面です。日本ではサッカー2大紙として取り上げられることの多いビルトですが、新聞の性格をお伝えできればと思い紹介しました。




以上になります。今回はポカールと言うこともあり、今まで採点まとめと比べて少ないものになりましたが、ご理解いただければと思います。長い目で見るとキッカーの採点は、管理人個人的には一番しっくりします。(今回の試合に関しては残念ながら試合を見ることが出来ませんでしたので、判断できません。)

それから次回のポカールで管理人の住んでいるドレスデンとドルトムントが対戦することになりました!!これはドルトムントの試合を見に行くチャンスですね。仕事がなければぜひ見に行きたいですが、ちょっと怖いのでどうしようか迷っています。前回のドレスデン対ドルトムントの試合ではドレスデンのファンが暴れて、ドレスデンはペナルティーをくらいました。

また、ドレスデンはネオナチも多くいるので、同じ黄色と黒のユニフォームとはいえ、日本人が実際に足を運ぶのはちょっと怖いです。


※ 読者の皆様へ

前回の採点まとめで、地元の2大新聞の香川選手への低評価だったことから、管理人が意図的に情報操作をしているのではないかとのご指摘がありました。当ブログはメディアの反応をそのまま伝えることを目的としておりますので、そのような事がないように注意しておりますし、扱う媒体も高級紙から地元紙、タブロイド紙まで幅広く取り上げる工夫をしております。紙媒体からブログで取り上げる記事を選び、そこからさらに翻訳しておりますので、アップした頃には最新情報ではなくなっている事もありますが、できるだけ現地の報道のされ方をそのままお伝えできるように努力しておりますので、ご理解よろしくお願い致します。今後も当ブログをよろしくお願い致します。


【おまけ 今日のドイツ】

IMG_0088.jpg

IMG_0148.jpg

南ドイツにあるウルムという街、ドナウ川が流れている。上はドイツで最も背が高い大聖堂で世界遺産のケルン大聖堂よりも2メートルだけ高いです。上まで登って降りてきたら膝がガクガクになりました。また、登られる方はぜひ指輪などを外されることをおすすめします。狭い螺旋階段の壁を手で支えながら登るので、傷だらけになってしまいます。

下は傾いた家。ドイツの木組みの家は上の階の方が床面積がわずかに広いです。ドイツ人の話によると、値段が一階部分の面積で決まっていたため、一階部分をできるだけ狭くしたとか。他にもいくつか理由があるかもしれませんが、なるほどと思いました。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
No title
いつもドイツから生の情報を掲載してくださって日本にいる身としては非常にありがたいです。
一つ気になったのがドイツは審判にも採点がつくんですね。日本はまだまだ審判の質やサポのルールの知識不足も大いにあるので見習っていきたいですね。
週末はバイエルン戦!厳しい状態は変わってないと思いますが、ここで勝てれば一気に向上するきっかけにもなると思うので頑張ってほしいですね。
[ 2014/10/30 20:21 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます!
[ 2014/10/30 20:39 ] [ 編集 ]
No title
ドイツと日本じゃサッカーの歴史が違いすぎますからね。香川に関しては、渾身をこめた全身全霊の戦いではなかったと思います。ある程度連携の練習でも有ったんだと思います。
[ 2014/10/30 20:46 ] [ 編集 ]
No title
ご苦労様です。
ネオナチ・・・怖いですね。
小学生の頃、マスターキートンというマンガでドイツの事が描かれていて怖い所だと感じたのを思い出しました。まだいるんですね。
>>意図的・情報操作
そんなこと一方的に思ってるおかしな人なんて本当に一握りなんですけどね。
そういう方は、コメントしてくるので気になりますよね。困ったものです。
[ 2014/10/30 20:54 ] [ 編集 ]
No title
いつもお疲れ様です。
サッカー関係のブログに粘着する変な人種がいるのでお気になさらず。
[ 2014/10/30 21:15 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます(・∀・)
[ 2014/10/30 21:18 ] [ 編集 ]
いつも楽しみにしてます
ありがとうございます
[ 2014/10/30 21:36 ] [ 編集 ]
No title
複数媒体からの視点や翻訳の文体、また管理人さんのコメント等こちらのサイトはとても公平だとわたくしは思いますし、一日一回以上現地の生の声を届けてくださる素敵なサイト。コメント欄の皆様も含めてこちらのサイトが大好きです。

2Fが大きいドイツの建物を見て調べたのを思い出しました。イタリアのアルベロベッロは屋根、日本は間口だったなど課税を比べても面白いですね。そういえば、フランスではパン焼き釜税なんてのも世界史で習ったような。それにしても管理人様の撮影技術なのか、はたまた素のドイツが美しいだけなのか。両方なのでしょうが、ドイツへの旅情をそそられます。

もし観戦に行かれる際は大勢集うような場所にいってからユニフォームを着用してどうぞ安全に楽しんできてくださいませ。折角近くまできているのですから見たいですよね!よい時間が過ごせますように。
[ 2014/10/30 21:43 ] [ 編集 ]
No title
いつも見てます。
ヴェストファーレンシュタディオンに行くのが夢です。
[ 2014/10/30 21:45 ] [ 編集 ]
No title
「2」はなくとも【西ドイツ アルゲマイネ新聞】の「4.5」は負け試合でもないのに絶対無いと思っておりましたw
インモービレも報われたね!
前回のドレスデン対ドルトムントの試合でドレスデンのファンが暴れて、ドレスデンがペナルティーをくらったことはしっかり覚えてますよ!組み合わせが決まった時ドキッとしました。今回は平穏でありますように!
管理人さんもお気をつけて!
[ 2014/10/30 22:03 ] [ 編集 ]
No title
いつもありがとうございます。毎日楽しみに拝見させていただいてます。

管理人さんのハードワークが逆に心配になります(笑)

ちなみに、サッカー記事はもちろん楽しいのですが、最近は『今日のドイツ』もマイブームです。

従兄弟の子供がドイツ人と結婚しデュッセルドルフに住んでいるので、管理人さんのドイツの写真をみながら、ドイツの季節を感じています。

個人的には画像をもっとアップしてほしいな、なんて思っております。そちらは相当寒くなっているようなので体調にご留意ください。
[ 2014/10/30 22:36 ] [ 編集 ]
こんばんわ!
いつも楽しみにブログ拝見してます。
日本人選手の現地での評価が色んな媒体からわかるので面白いです!
これからもよろしくおねがいします!
早く香川選手爆発して欲しいですね。。。
[ 2014/10/30 22:42 ] [ 編集 ]
No title
もし試合を観に行かれるなら、お気をつけて!
[ 2014/10/30 22:48 ] [ 編集 ]
管理人へ
いつもありがとうございます。
変な指摘(情報操作...)は無視していいですよ。
皆さん分かってますから。
日本人ならね。
[ 2014/10/30 23:35 ] [ 編集 ]
No title
管理人様いつもありがとうございます。

スポーツは、選手や国と自己同一化がおきやすいですから、ネットでは中立な意見が少数派になったりして驚くこともあります。
自己同一化は暴走しなければ健全な人間の有りようでもあるのでしょうが(誰でも多かれ少なかれ何かと自己同一化はしていますし)。

自分はドイツ語専攻だったことや(情けないことに大部分忘れてしまいましたが..)、黒パンなどの食文化がかなり好きなこと、
スポーツにおけるドイツ的な方法(サポーター文化、シャルケがスタジアムへの入口を炭鉱風にしたり、畜産や森の文化など古い文化を現在も活かしているところ、自我の強さを良しとするところ、ハードワークなところなど)に興味があり、こちらを見させていただいておりますが、日本に置き換えてみれば当たり前ですが、何もかもドイツだから素晴らしいはずもありませんし、クロップ監督が大好きですが瑕疵のない聖人とは思っていません。
香川選手がいくら並外れて魅力的と言っても、絶対批判されるべきでは無いとも思いません。あたりまえですが。

管理人さんの中立さは今日び新鮮で、ブログが読めますことをありがたく感じています。
とはいえ完璧な人間の書いたブログなんて読んだことありませんし、管理人さんをへんに神聖視もいたしませんのでご安心下さい(しかしそれらいずれにも尊敬心は持っておりますが)。
時々?と思うこともあったりしますが、淡々としているけどエモーションに働きかけてくる文体が好きです。

自分の好きなスポーツブログは、完成度が高いため、コメントはかえってついていないものが多いです。こちらがいずれそうなることもあるかもなあと思ったりもします。
[ 2014/10/30 23:40 ] [ 編集 ]
No title
情報を手に入れるのも、翻訳するのも、編集するのも大変な労力がかかっていると思います。いつもありがとうございます。

地元で試合というのは本当に羨ましいです。しかもスタジアムの雰囲気も素晴らしそうでなお羨ましいです。
BVBは当然ですが、こないだのSt.Pauliなど2部のチームも多くはサポーターが明確に人種差別と右翼への徹底した非寛容を表明しています。ディナモドレスデンサポーターも同様のようで、近年は移民をホームゲームに招待するなど具体的な活動もしているようです。
http://www.fussball-gegen-nazis.de/beitrag/dynamo-dresden-seit-jahren-aktiv-gegen-rassismus-9763
もちろん実際にスタジアムに行くまでわかりませんし、以前に暴れたサポーターがいたとすると少し不安はあります。ただ状況は以前とはまた変わっているかもしれません。
ただおそらくアウェー席を買うのは難しいと思うので、そうするとドルトムントグッズを身につけるのはドレスコード的に不適切かもしれません。

ドレスデンのスタジアムは分かりませんが、イドゥナパークはドルトムントサポーターもスタッフもホスピタリティは高いですし、フレンドリーで暖かい場所です。試合の結果、内容にかかわらず毎回行ってよかったなあと心から思います。個人的には他のブンデスの試合でも嫌な経験をしたことはありません。
[ 2014/10/31 00:04 ] [ 編集 ]
No title
こんばんは。
いつも拝見しています。

キッカーはまとも(?)な採点をしてくれたようでホッとしました^^

ところで管理人さんがお住まいのドレスデンはネオナチが多いのですか?
ちょっと怖いですね…

ブンデスには日本人や韓国人選手が多くいますから、ドイツサッカー界ではそんなに差別はないのかな、と思っていましたが…。
[ 2014/10/31 00:39 ] [ 編集 ]
No title
>変な指摘(情報操作...)は無視していいですよ。

同意。
中立意見の異端視じゃなくて一方の極端な連中(誰かはわかるよね)が対立軸上の極端な連中を自分たちで作っている。
そしてマッチポンプで煽り合いしているのが日本語ネット上の日本人サッカー選手へのバッシング。

まじめに取り合っても消耗させられるだけ(というかそれが狙い)なので
ガン無視しとくといいです、そういうのは。

[ 2014/10/31 00:40 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
あまりお気になさらずに、管理人さんの思うがまま更新お願いします。
ドイツの風景を拝見して、毎日癒されてます。

ネオナチですか…ちょっと怖いですねw
香川にブーイングとか、あるのかな
[ 2014/10/31 01:06 ] [ 編集 ]
今日も個人的には色々ありましてが今日のドイツでほっこりして寝れそうです、管理人さんありがとう。
[ 2014/10/31 01:09 ] [ 編集 ]
管理人様
よくよく拝見させていただいております。いつもはコメントしないのですが、情報操作云々の話がこないだから尾を引いていたので初めてコメントしてみました。
管理人様はご自身はそもそも情報操作の言い掛かりをそこまで気に留めていないとは思いますが、閲覧者に配慮してのコメントの記載というふうに汲みました。ここのコメント欄を見る限り大多数の人は良識があり操作していないのは理解していることと思います。仮にネット社会ですから操作してもすぐにバレますしね。
何の実も無い駄文を失礼いたしました。
これからも閲覧という形で応援させていただきます!いつもありがとうございます、これからも楽しみにしております。
[ 2014/10/31 03:45 ] [ 編集 ]
いつも楽しく読んでいます
いつも楽しく、楽しみに読んでいます。
新鮮な情報を多角的に取り上げて、本当にネット社会のエンタテイメントに溢れていて、従来の大手マスコミの情報に頼ってきた社会と違って、
すばらしいですね。 ありがとうございます。
こうしたことが平和な国ではエンタテイメントに役立ち、紛争国や香港などのように問題を抱えた地域はいい意味でもよくない意味でも情報周知や啓蒙に使われたりするんですね。
エンタテイメントに興味を持てることを幸せに感じながら、いつも楽しみにしています。
[ 2014/10/31 05:14 ] [ 編集 ]
>地元の2大新聞の香川選手への低評価だったことから、管理人が意図的に情報操作をしているのではないかとのご指摘がありました。

こういう変な奴がどんどん増えてきてるね
韓国に対してだけやってろ
[ 2014/10/31 08:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。