ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル「自分も批判に含んだつもりだった!」チーム批判を説明!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



自分も含んだつもりだった


トゥヘル、怒りの会見について語る!


entry_img_1370.jpg
引用元:Bild


ドルトムントのチームはトーマス・トゥヘルのきつい批判にどのように反応したのだろうか?“素晴らしかったよ”トーマス・トゥヘルはこの言葉から土曜日のグラートバッハ戦の記者会見を始めた。

スポンサーリンク



彼のチームは彼によると、“素晴らしくトレーニングした”ようである。そしてそれが“すばらしい競争に成長した”ようである。彼はさらにグラートバッハ戦で、“トレーニングでの成果がフィールド上でも出せる”ことを願っている。


トゥヘル:“それが批判のおかげなのかどうかを証明することはできないけどね。”


トゥヘルにとってはグラートバッハは現在の状況にも関わらずトップチームだ。グラートバッハはブンデスリーガ13試合を終えて、13ポイント、そして13位となっている。降格圏まではあと1ポイントと迫っている。


トゥヘル:“我々はグラートバッハというとても難しい対戦相手を迎える。彼らを相手にゴールを得るのは非常に難しいよ。スペースは少ないし。そしてミスをすることは許されないね。ダフード、シュティンドゥル、ラファエルという切り替えのものすごく速い選手がいるからね。”



彼の怒りの発言に対する批判に関しては、まったく予想していなかったようだ。


トゥヘル:“ファンやメディアの反響に驚いたよ。僕が‘我々’と言えば、当然そこには自分も含まれているんだ。だから自分の発言がそんなに悪いとは見ていなかったんだ。もちろん僕もその事についてよく考えたよ。一番良いのは一晩寝てからチームと話をすることだね。周りがどう反応しようが、それは重要ではないよ。”



さらにトゥヘルは、彼のチームがシーズン3分の1を終えて7位と、ヨーロッパリーグ圏内にも入っていないことに関しては以下のように説明した。



▶多くの負傷者:“我々が信じてやろうとした一歩一歩が、痛みを含む一滴によって混ぜられてしまった。”(注:コップの水に痛みのエキスが一滴混ざった、といった感じの例え。)


▶継続できないパフォーマンス:“レアル戦のような絶頂を見せたかと思えば、インゴルシュタットでの3失点だ。バイエルンを倒したかと思えば、フランクフルト戦のような結果だ。”




さらにトゥヘルは新加入デンベレ―の成長を絶賛している。“彼はすでに重要な役を果たしているね。もしかしたらそれはあまり良いことかもしれない。本来だったらロイス達の影にかくれて成長していくのが良いだろうね。でも現実はそうじゃない。彼がここまでやるとは、期待することはできなかったよ。非常にオープンで生意気なキャラだ。”

20161203053122de4.jpg



トゥヘルは首位ライプツィヒとの9ポイント差をつけられている状況で、以下の事を期待している。“情熱と勇気をもって新たなシリーズをスタートさせることだ。”






以上です。

まあ確かにトゥヘルはチームを批判するときに“我々は”と言っていましたから、まあそこには自分も含まれていると言われれば、まあ、そうかもしれませんが、そう理解した人が誰もいなかったというのが実際のところですね。でも結構面白い人かもと思いました…。

いずれにせよ、もう過ぎ去ったことですし、明日の試合で成果を見せてもらいたいですね。上位は割とポイントの奪い合いになっていますから、順位は激しく動くと思います。


【おまけ今日のドイツ】

20161203055001622.jpg

クリスマスマーケット
仕事帰りに立ち寄ってホットワインを飲みました。
[ 2016/12/03 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(26)
何時も選手批判と相手批判しかしてないから、今回だけ自分も含めるとか言われても信用が無いんだろうさ
[ 2016/12/03 06:44 ] [ 編集 ]
トゥヘルは言葉で伝えるのがあんまり上手くないのかな
勝っていけば批判も減るだろうから頑張ってもらいたい
[ 2016/12/03 07:04 ] [ 編集 ]
トゥヘルにも問題はありますけど、正直外野が騒ぎすぎなだけだと思いますね。
[ 2016/12/03 07:13 ] [ 編集 ]
トゥヘルはメディアに揚げ足とられてもいつも余裕を持って返してますね
これがドイツの国民性なのかな
12月中は離されず怪我人が戻ってからの後半巻き返したいですね
[ 2016/12/03 07:13 ] [ 編集 ]
毎試合毎試合メンバー変わるから継続して結果出せない。怪我人は除いた中でのベストメンバーを基本固定して、調子のいい1.2人を変えながらやるくらいでいいのに。1試合の結果でコロコロ変え過ぎだよ。
[ 2016/12/03 07:44 ] [ 編集 ]
管理人さまの仰る通り誰も自分を含めてるようには解釈する人がいなかったって事なんでしょうね。一言、全責任は自分にあるって付け加えてればねぇ。ネタキャラ化するのかみたいな事をかいてる方もいらっしゃいましたが、今日のお題を見て思わず笑っちゃいました。香川もですがトゥヘルもメディア対策勉強すればいいのに(^^;
[ 2016/12/03 08:18 ] [ 編集 ]
メディア対応が下手なんでしょう
昨シーズンベルリン戦で香川が招集外になったときもメディアの反応に驚いていましたが、トゥヘルが意図することと世間の伝わり方にギャップがあることが多いんでしょうね
トレーニングの雰囲気は良さそうですし、今日の試合でいい結果を期待したいです
[ 2016/12/03 08:27 ] [ 編集 ]
重要なのは選手たちがどう感じているかですが、
もう割り切ってるんじゃないですかね
「トゥヘルはそういう人」だと。
キレる、練習内容が凝ってて良い、戦術的要求が高い
ひとつをもってしてそのひとのすべてを表すわけじゃないですから、現場の選手たちはうまくやっていて欲しいものです
我々チームのファンとしても
ひとつを切り取って全体を批判したり、逆に絶賛したりはすべきではないですね
感情ではなく知性で物事を冷静に分析したいものです
[ 2016/12/03 08:30 ] [ 編集 ]
いつも興味深く翻訳記事拝見させて頂いてます。
ドルトムントファンですが、トゥヘルの采配やピッチ内外での振る舞いがとても不快で契約延長は望んでいません。
彼は自分も批判に含まれると主張したそうですが、自分のフランクフルト戦の采配の何が自己批判に相当するものだったのか説明してほしいです。
[ 2016/12/03 08:43 ] [ 編集 ]
デンベレを褒めるのはいいけどデンベレのスピードを活かした突破以外死んでる状態何とかしてくれ…
[ 2016/12/03 08:44 ] [ 編集 ]
ただの言い訳w
[ 2016/12/03 09:01 ] [ 編集 ]
個人的にはトゥヘルが含まれてようと、いまいとどっちでも悪印象変わらないです。
チームへの叱咤はカメラの無い席でいくらでもできるわけで
表向きは鼓舞するとかポジティブな発言できないんでしょうか…

この言葉選択の悪癖より先に、チームにロクに浸透させられていない奇策戦術を実戦で試すのやめてほしいです。
その戦術がどれほど有効でも選手がパニック起こすんじゃ何の意味もないのに(;^ω^)
[ 2016/12/03 10:29 ] [ 編集 ]
もはやギャグの人(笑)
だ〜か〜ら〜、また言い訳しないで、次から批判を控えればいーの!って叱ってあげたい。
ウザいですが、一周回って少し可愛くなってきました。
[ 2016/12/03 11:07 ] [ 編集 ]
これもいつもの言い訳ですね。
部下を守ることをしない上司の器というものはやはり知れてます。
こんな人間に付いていこうとは思わないはずですよ。
ポジティブに捉えている方もいますが、句点や読点がないので、すぐにあちらの方だと察しましたよ。
[ 2016/12/03 11:29 ] [ 編集 ]
トゥヘルのこの言い訳にはちょっと笑っちゃいました。詭弁ですね。今まではメディアからはあまりたたかれませんでしたが、こんなにトゥヘル批判がでたということは、良くも悪くももう彼のキャラのイメージがかなり浸透していたという事ですね!
[ 2016/12/03 11:29 ] [ 編集 ]
こんな言葉を真に受ける人は甘いね。いかにも取ってつけた言葉。トゥヘルの自己批判の無さ、は今に始まったことでは無い。去年からずっと、私もここのコメ欄でも指摘してきたことだ。
ずっと続けて来たことを今更、こんな陳腐な自己弁護を垂れている時点で反省なしとして、私なら呆れますがw

これを聞いて「そうか!!トゥヘルも知らなかったんだ!!!」なんて思っている人もいるんでしょうね^^;苦笑いです。
批判から逃げるための詭弁です詭弁。
[ 2016/12/03 12:04 ] [ 編集 ]
言うに事欠いて意味不明なこと言い始めましたね。本当に何行ってるんだろうこの人
[ 2016/12/03 12:50 ] [ 編集 ]
酒井高徳のコメント、(ドルトとやってみて)今までと違って今日はブンデスの中位チームとやってる感じでオーバメヤンの個人技にやられた、が心にのこっています。それでもまた勝ちを重ねればメディアは言う事かわるかもしれませんね。
[ 2016/12/03 14:20 ] [ 編集 ]
トゥヘル一時期レアルの監督候補にリストアップされたとか言われてたけど
今はネタにしか聞こえない。

クラブの規模が大きければ大きい程選手をまとめるのが大変なのにこれじゃ絶対内部崩壊を引き起こす。
[ 2016/12/03 15:43 ] [ 編集 ]
連敗は許されないからといって、奇策に走らないでほしい。
[ 2016/12/03 20:04 ] [ 編集 ]
相変わらずといった感じで笑わせてもらいました。
こういうのはドイツでも言い訳に聞こえるんでしょうか。
選手は慣れてそうですね。
[ 2016/12/03 20:07 ] [ 編集 ]
日本の政治を見てると確かに安易に謝ったら大金を要求されるなとw
ドイツ人もWW2の件についてはかなりうんざりしてるのでしょう
欧米人は何かあっても直ぐに謝らないですよね
因みに軽く謝っちゃう文化は日本以外にはカナダですね
カナダ人の口癖はSORRYだと良くネタにされます、靴を脱ぐのも日本と共通
まあこれはカナダと言う湿地が多い環境ゆえかもしれませんが
しかし、トゥヘルの記者会見の選手に対する暴言は上に立つ者として如何なものかと・・・
[ 2016/12/03 23:13 ] [ 編集 ]
もう終わったことですしどうでもいいですね。いつまでも感情的に批判してるとただのゴシップになりますから。ちゃんと試合を見て応援して、内容について語りたいです。昨日は久々にリーガで良い試合だったので楽しめました。マルコとデンベレ素晴らしかった。
[ 2016/12/04 11:37 ] [ 編集 ]
クリスマスマーケットでホットワイン、心身あったまりそう。
写真のアングルがファンタスティック!
[ 2016/12/04 19:38 ] [ 編集 ]
Yahooニュースでミキタリアンがトゥヘルの励ましで自分は輝くことができた…的なインタビューを見ました。

それによると、自信を無くして上手くいかなくて、皆にドルトムントに来た事が失敗だ。移籍した方が良いのではと言われて落ち込んでいた。チームの雰囲気も良くなかったが、でも、前監督は全く励ましたりはしてくれなかった。
そんな時にトゥヘルが来て、君はやればできる、素晴らしい選手になれると言ってくれてそれが立ち直るきっかけになった。と語っている。

クロップがモチベータでトゥヘルは違うって、あくまで印象ですよね。私たちは事実のごく断片しか知らないという事です。
[ 2016/12/04 23:33 ] [ 編集 ]
みんな書いてるけど、ただの言い訳。
あのインタビューの内容でトゥヘル自身が入っているなんて誰も思わないよ。また、こういった対応がトゥヘル自身の人間性をよく表している。一事が万事とまでは言わないし、今回の事だけでトゥヘルを評価しようとは思わないが、この人は自身に対する批判を避ける為なら選手を批判する事もいとわないし、表面的な言葉で他者を誤魔化す事もいとわないんだろうなと思った。ただ監督としてはまだわからん。監督としての評価はあと2~3年はわかんね。
[ 2016/12/07 12:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。