ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ロイス3アシストの活躍で観客を魅了!ドルトムントはグラートバッハに快勝!試合レビューと採点《ドイツの反応》




ビルト



ドルトムント=グラートバッハ 4:1



ロイス魔法を見せる。オバはドッペルパック




entry_img_1372.jpg
引用元:BILD



怒りの記者会見の後で、勢いのあるスタートだ。

トーマス・トゥヘルは先週、フランクフルトに1:2で敗れた際にチームを激しく批判していた。


スポンサーリンク





その結果:グラートバッハに対して4:1で勝利!何よりも5月以来リーガでスタメンとなったマルコ・ロイスのおかげで!さらに彼は自身初となる1試合3アシストを決めている!




グラートバッハは開始6分にラファエルのゴールで先制したが、ドルトムントはすぐに同点に追いついた。

▶7分:デンベレーからロイスが直接オバメヤンへパス。このガボン人は14メートルの距離から同点ゴールを決める。先制されてからわずか60秒だ。

▶15分:バルトラからピスチェクへ。そしてピスチェクがゴール右にヘディングゴールを決めて2:1と逆転に成功。




その後はあまり何も起きなかった。ドルトムントが6分以内に試合を決定するまで。




▶64分:ロイスからデンベレ―に。グラートバッハは彼を止めることができない。シュートを放って3:1

▶69分:ロイスは素晴らしいヒールキックでオバメヤンをアシスト。オバメヤンは冷静に決めて4:1



ロイスがアシストのハットトリックだ。そしてオバメヤンは昨シーズン同様13試合を終えた時点で15ゴールを記録している。



面白いエピソード:ハーフタイム中に控室への通路でトゥヘルが第4審判を目にすると、“そういえばまだ今日は互いにあっていませんでしたね。これは良い兆しでしょ?”




怒りの記者会見からBVB監督はふたたびリラックスしているようだ。



ビルト採点


ヴァイデンフェラー 3
ピスチェク 2
ギンター 3
ソクラティス 2
バルトラ 3
シュメルツァー 3
シャヒン 3
デンベレ― 1
カストロ 2
ロイス 1
オバメヤン 1




【ルーア・ナッハリヒテン】

ヴァイデンフェラー  3
ピスチェク 2.5
ギンター 2
ソクラティス 2
バルトラ 3.5
シュメルツァー 3
シャヒン 2.5
デンベレ― 1.5
カストロ 2.5
ロイス 1.5
オバメヤン 2
ヴァイグル 3





【西ドイツアルゲマイネ】

ヴァイデンフェラー 3.5
ギンター 2
ソクラティス 2
バルトラ 3
シャヒン 3
カストロ 3
ピスチェク 2.5
デンベレ― 2
ロイス 1.5
シュメルツァー 3
オバメヤン 2
ヴァイグル 3








以上になります。


今日は最初の失点を見たと時に、またか・・・と思いましたが、すぐに逆転に成功してくれてよかったです。終わってみれば4:1と快勝でしたね。しかしロイスが3アシストとさっそく活躍してくれたのでうれしいですね。やはりセンス抜群です。ぜひとももう一度ワールドクラスのプレーを頻繁に見せてほしいですね。

シャヒンがリーガ初先発も嬉しく思いましたが、怪我で途中交代してしまったのは残念です。まだ詳しい情報は出ていないようですが、あまりひどい怪我ではないことを願っています。

さて、次はレアル戦でしょうか?クリスマスまで大事な試合が続きますからしっかり勝ってほしいですね。
やっぱ太ったままのゲッツェ使ってたのが悪かったんじゃないかと
[ 2016/12/04 06:54 ] [ 編集 ]
このブログでわざわざベンチなどからめなくても普通にロイスは素晴らしいでよいのではって思いますけどねぇ。居場所うんぬんは監督が決めて後は選手の対応力ではないでしょうか。ま、人それぞれの感じ方があるんだなと言い聞かせます。
[ 2016/12/04 07:29 ] [ 編集 ]
デンベレのパスにロイスは合わせることができる!
[ 2016/12/04 07:34 ] [ 編集 ]
加入して半年も経たない事も主軸不在の中に放り込まれてた事も加味されず散々叩かれてたデンベレ
他の選手と違い怪我してもクオリティが落ちず誰とでも合わせれる非凡なロイス
水を得た魚のようなオーバメヤン
シャヒンの負傷交代の経過が気になりますね
[ 2016/12/04 07:44 ] [ 編集 ]
香川も怪我さえ戻れば居場所はあると思いますよ。ロイスとも相性良いしデンベレとも合ってきたし。まずトップコンディションを取り戻す事ですね。シャヒンはこれからという時に怪我が多くて残念。能力的にはヴァイグルとも違った持ち味があるし必要なんだけどなあ。
[ 2016/12/04 08:05 ] [ 編集 ]
良かったですね〜ロイスは怪我での離脱長かったのでこれからが楽しみですね
オバメもやっと元気が出てきたかな?
それにしてもシャヒン怪我での交代は残念です。軽症だといいですが、
それと上の方、ベンチやベンチ外、の選手とは大違いって
怪我で出れない選手を貶めるような言い方は卑しいですよ。
[ 2016/12/04 08:36 ] [ 編集 ]
ロイスの復帰とともにドルトムントも復活となることを期待しています。
間違いなくワールドクラスですがガラスのエースなので大事に起用してドルトムントのレジェンドになってほしい。

香川に関しては怪我で当分は(WB明けまで?)欠場だと思うから今いろいろ考えてもあまり意味がないんじゃないかと思います。
[ 2016/12/04 09:27 ] [ 編集 ]
デンベレがすさまじかった。一人でチャンスメイクしてたよ全得点に絡む3起点1G
[ 2016/12/04 09:57 ] [ 編集 ]
ロイスはうまいし華があってみてて楽しい。デンベレもロイス戻ってきてからチームプレーするようになって、かえって個が生きている。ロイスさまさま。
[ 2016/12/04 10:20 ] [ 編集 ]
MGの位置が辛いです。
[ 2016/12/04 10:22 ] [ 編集 ]
メングラが今シーズン低迷しているのがよくわかる試合でした。
走らない、プレスしない、特に後半の守備のザルっぷりには驚きました。あれじゃあゾマーは可哀想です。
ロイスがトップフォームに戻ってきたのは嬉しいですが、正直この緩い内容で判断することはできませんね。
フランクフルト戦とはシステムが違うのもありますが、ああいう秩序を保ち、よく守るチームにどれだけのプレーが出来るのか、勝ちに導けるのか、そこが大事だと思います。実際フランクには負けてしまいました。

リーガはこれからホッフェンとケルンと当たりますので、必ず勝ってほしいですね。トゥヘル監督の采配も含めて、そこでの内容に注目しています。
[ 2016/12/04 10:36 ] [ 編集 ]
取りこぼさなくてホッとしています。
BMGはリーグ7戦勝ち無しで得点も2得点と絶不調のチームでしたからね。
ここで負けていたら悲惨な状況になっていたでしょう。
次からアウェーでケルン戦ホッフェンハイム戦と難しい相手が待っていますが
ロイスの調子が非常に良いので期待できそうですね。
[ 2016/12/04 10:48 ] [ 編集 ]
BMGはどうしちゃったんでしょうか
攻撃力がなくて守備はユルユルと統制が全然とれてなくてびっくりしました
今季は大混乱と聞いてましたがこれほどとは思いませんでした
シャヒンは公開練習時に怪我をして足をおさえていたので心配してました
現地記者のツイによると膝の問題で交代だそうです
怪我に次ぐ怪我で残念です

ロイスはすこぶる絶好調オバメとデンベレも好調でよかったです
バイグルとカストロは調子を落としてそうです
守備はこのBMGに脆さがありましたのでケルン戦とホッフェン戦が不安です

香川は歩行時に痛みと現地記者のツイでみました
でもおとといバングラーさんとランニングしてたようです
アジアカップの骨折の時にバングラーさんと一緒にトレーニングしてたのを思い出しました
信頼できるチームと個人のトレーナーさんがついてるので慎重に怪我を治して復帰を目指して欲しいです
[ 2016/12/04 11:25 ] [ 編集 ]
シャヒンはやはり負傷でしたか?足を引きずっていました。もっとプレーをみたかったけど早めに交替してよかったです。

対戦相手が違うとはいえ、フランクフルト戦と比べ、スピード、柔らかいボールタッチ、流れるようなドルトムントの攻撃に魅了されました。デンベレはオバやロイスの動きが予測できるようになったんでしょうね。パス等の正確さも増して、その成長には目を見張るものがあります。

フランクフルト戦にでていたゲッツェ、シュールレはどうするんでしょう?
[ 2016/12/04 12:13 ] [ 編集 ]
一番びっくりしたのはフランクフルト戦の負け試合後にクラブの約束事を破って夜にクラブで遊んでた制裁を食らうかも知れないと思ってたオーバメヤンが普通に先発してたことですかねw
ロイスは怪我さえなければ最高の選手、デンベレもいい方向で覚醒してくれたしこれから期待持てますね
同じドリブラーでもモル君の出番がかなり少なくなりました
ゲッツェとシュールレが出番がなかったのはレアル戦への温存なんでしょうか?
ボルシアMGは今期どうしたんでしょうか、ジャカがアーセナルへ移籍して相当答えているみたいですね
[ 2016/12/04 13:13 ] [ 編集 ]
ドルトムントは今期このレベルには普通に勝てるんですよね
ケルンは最近負傷者も出て混乱状態なんで次も十分勝てると思います
問題はその次のホッフェンハイムかな
ここで勝つかどうかでドルトムントの今後がわかるような予想できるような気がします
後はロイスが怪我をしないことを祈るばかり
[ 2016/12/04 13:30 ] [ 編集 ]
シャヒンなんで変えるのって思ってたけど怪我だったんですね。
[ 2016/12/04 13:49 ] [ 編集 ]
ロイスはもちろんデンベレもボール持った時が面白くなってきた。ロイスシュールレの離脱は痛かったけど、怪我の功名とも言うべきかデンベレが試合こなしてくうちにどんどんいい選手になってるね。チームとしても素晴らしい攻撃だった。
[ 2016/12/04 13:53 ] [ 編集 ]
トゥヘルの試合後の喜びようを見ると相当プレッシャーがあったんだなと思った。すぐさまヴァイグル、アンカーを取り止めてダブルボランチにしたのは良かったかな。まあロイスはやっぱりワールドクラスですよ。この選手が居るといないで全く変わる。デンベレもまだ荒いですが1点目の起点も作り、点も取りましたし良かったですね! 冬にダフードとって343のダブルボランチでヴァイグル、ダフードコンビが見たいです!
[ 2016/12/04 13:53 ] [ 編集 ]
やっぱあの独特のタッチと体の強さは唯一無二だなあ
すごいわ
[ 2016/12/04 15:09 ] [ 編集 ]
シャヒンは元々怪我が多い選手ですし、ようやくチャンスが貰え出したのに残念でした・・
[ 2016/12/04 18:17 ] [ 編集 ]
シャヒンがプレッシャーに対応できないって、シャヒンは怪我ですしBMG戦はプレッシャーが強くなかったですよ。戦術と選手が違いますが、RB、フランクフルトなど強いプレッシャーをかけられるチームにドルの選手達は対応できませんでしたし。最近怪我の選手を貶めるコメントが多いですね。

343・3241は守備が弱いチームには良いですが、ブンデスで規律だった守備が90分できるチームには難しいと思います。守備はHSV、BMGと攻撃力があまりないチームにも相変わらずで、カウンターに強く決定力のあるチームにはやはり厳しいと感じました。トゥヘルは昨季から守備の規律を徹底させるのに手こずってる印象がありますね。
[ 2016/12/04 20:49 ] [ 編集 ]
先週のフランクフルト戦で、アシストしたシーンのデンベレを都並さんがサッカー番組で詳しく説明していましたが、サッカー経験者でないと判らない凄いテクニックとフィジカルを兼ね備えた選手だと絶賛でした。

移籍してここまでの数か月でみるみる成長していますね。我慢して使い続けた結果でしょうし、伸びる素質を見抜いていたのでしょう。
[ 2016/12/04 23:00 ] [ 編集 ]
チーム自体も快調でしたが、やっぱりロイスは別格ですね。スピード、テクニックがあるのは勿論、判断も的確で素早く攻撃を停滞させることがありません。
デンベレも周囲との連携が出来てきたのか球離れが良くなり、途中交代のプリシッチも短い時間ながらいくつか見事な突破を見せてくれました。
相手によってはこの3人を二列目に並べてみても面白そうですね。
[ 2016/12/05 02:37 ] [ 編集 ]
デンベレは何試合か干されて、ドリブル控えてパスするようになった
たぶん、そういう問題だと思うよ?つかトゥヘルは使い続けてたけど
ファンがデンベレ評価しなくなって干された、なんかトゥヘルってそんな感じ
基本がポピュリストな気がする
[ 2016/12/05 03:52 ] [ 編集 ]
ドルはマークが雑でプレスが温くてスペースある相手だと大量得点なんだよな
ダルム、狼、ベルリン、ハンブルガー、レギア、メーヘンと
メーヘンはディフェンスがお粗末なのに引き分け狙いに行って前がかりになったのが間違い
狼を思い出したわ
ドルの前三枚特にデンベレのマーク外してフリーにしたらああなるよ
デンベレはパスを覚えて良くなったわ
ロイスがいるとなんだか畏まってるw
キャプテンはシュメよりロイスのがいいよ
ドルはドルでディフェンスは付け焼刃でもう失点はご愛嬌でw
ケルンは怪我人続出でこの前の試合酷かったから何とかなる
その後のホッフェンがなあ
昨季のナーゲルスマンはたまに策士策に溺れてで失敗してたんだよな
今季はトゥヘルがそうなりそう
[ 2016/12/05 10:08 ] [ 編集 ]
いや~楽しいサッカーでした
シャヒンが心配ですね
香川も無事、早く復帰する姿が楽しみです
[ 2016/12/06 13:25 ] [ 編集 ]
今後はこの343がベースになるのは間違いないですね。
シュメルツァーとピシュチェクのさじ加減で523になるので、相手のレベルによって守備的にも攻撃的にも柔軟に変化する事ができます。
おそらくここにゲレイロが復帰したら完成なのだろうと思えた試合でした。

とにかく前の3人の破壊力が凄まじい。
個での突破力と、コンビネーションでの崩し、どちらも完璧。
久々にゾクゾクしました。
このトリオは強豪相手にこそ威力を発揮しますね。
2012-13シーズンで決勝まで行ったシーズンの再現を願います。

2ボランチはヴァイグル&カストロなのか、それともゲレイロを置くのか、トゥヘルはどうしますかね。
スペース使いが巧みなゲレイロは、ロイスと最高の連携を見せると思います。
縦にスピーディーなカウンターのクロップサッカーと、ポゼッションで多彩な変化を見せるトゥヘルサッカー。
両方が融合した、柔軟で変幻自在なサッカーが見れそうですね。
[ 2016/12/06 19:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。