ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ゲッツェ、膝に問題を抱えているためレアル戦は欠場へ!香川のトレーニング復帰は未定!ドイツ紙《ドイツの反応》


ビルト



膝に問題

ドルトムント、ゲッツェなしでマドリッドへ



entry_img_1376.jpg
引用元:BILD



ワールドカップ優勝者なしでマドリッドへ



ボルシア・ドルトムントは水曜日のレアル・マドリッド戦でマリオ・ゲッツェをあきらめなければならない。

スポンサーリンク




このドイツ代表選手は膝に問題を抱えているため、火曜日の午前中にスペインの首都に向かう事はない。



土曜日のグラートバッハ戦(4:1)でゲッツェは90分ベンチに座っていた。しかしメディカルチームは次の土曜日のケルン戦での出場の可能性を否定してはいない。



マドリッド戦はグループ首位をきめる試合となる。ドルトムントは現時点で2ポイント差をつけているため引き分けでも首位で通過することになる。



スポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルク:(首位になれば)チャンピオンズリーグの素晴らしいグループリーグが完全なものになるね。




【ルーアナッハリヒテン】



負傷者リスト (負傷箇所/トレーニング復帰時期)


ビュルキ(手の骨折/未定)

ゲレイロ(筋肉に問題/未定)

香川(足の問題/未定)

ズボティチ(膝の問題/未定)

シャヒン(膝の問題/未定)









以上です。

いよいよレアル戦ですね。ゲッツェや香川選手の怪我が心配ですが、しっかり治してもらいたいですね。ロイスが復帰したことによって、この間の試合のように343のようなフォーメーションで試合に臨むのでしょうか?いずれにせよロイスが戻って来て良かったです。

シャヒンと並んでズボティチもひざを怪我したようですね。復帰戦でゴールを挙げたばかりだったので本当に残念ですが、早い回復を祈りましょう。





[ 2016/12/06 18:55 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(23)
これからは343がメインだろうね。
5バックにもなれるし、攻守に一番安定する。
前3人(オバメヤン、ロイス、デンベレ)に、2ボランチで。

つくづくこの時期にロイスが復帰してくれて良かったよ。
個でもパスワークでも、チームを何倍もレベルアップしてくれる。
固い相手や強豪相手には、やっぱり個で相手を剥がせられる選手たちが必須。
[ 2016/12/06 19:11 ] [ 編集 ]
ゲッツエはいつ怪我したんでしょうか?
ケルン戦には間に合いそうと出ていたので大事を取ったのでしょうか?

全員復帰時期は未定なんですね(*_*;
年内は難しいという事なのでしょうか?
ドイツはかなり寒いようですね。勝手なイメージですが寒いと回復も時間がかかるのではないかと
思ってしまいます
これ以上怪我人が増えないことを祈ります
[ 2016/12/06 19:21 ] [ 編集 ]
またケガ人かい。
これじゃ野戦病院通り越して呪いの館じゃないか。監督の名前からしてそれっぽいしw

まーそれは置いといて、ベルナベウではバイエルンにやったようにやるしかないな。マドリーのカウンターは世界一だから、カウンターの守備に問題抱えてる今のドルじゃ後ろに重心置いてガッツリ守り切るしかないだろ?メングラ戦のようにウイングバックをフロントラインにおいたりしたらナニされるかわからん。

この前のヴェストファーレーンでやったマドリー戦も参考にはならない。あの日のマドリーは完璧に猫かぶってたからな。サイドの守りは全く放棄してゴール前固めてただけだったし、攻撃の時は、いつもはプレーヤーの個性に応じた多彩な攻めにカウンター織り交ぜてやってくるのにクリスティアーノに放り込んでただけだった。

それに、モチベーションも上がってるだろ。ホームだし、グループリーグ1位通過かかってるし、おまけにこのゲームの後、日本にやってきてクラブの世界一決める戦いに臨む。

というわけで、次のドル戦は、ほぼ本気モードで来ると思う。

それに、メングラ戦のようなノリでサッカーやったら確実に負けるとも思う。今シーズンは、ゆるーい相手に大勝ちしたあと調子に乗って痛い目にあってるってのがある。

とはいえ、ドルに勝ち目がないわけでもない。CLの決勝でアトレチコがやったように10人が自陣に引いてガチで守ればなんとかなるかもな。ほぼ0-10でやると。これで60分過ぎまで同点でいければ、セルヒオ・ラモスが我慢できなくなって上がって来るからその裏突けば、ビッグチャンスになるかもな?

勝ちに対する執念見せてもらえるといいですね。トゥヘルさんには、名前の通り、地獄のフットボール見せてもらいたいですねw



[ 2016/12/06 20:56 ] [ 編集 ]
ロイスの恥骨炎は、疲労が蓄積されると再発するそうです。

ウィンターブレイクが近くて良かった。
現状だとロイス頼りになりがちですからね。

いまいちドルトムントが不安定なのは、日替わり怪我人と日替わり戦術の為だと思います。
ブレイク開けは、メンバーがキッチリ揃い、トゥヘルもジタバタせずに腹を据えて挑んでもらいたいですね。
[ 2016/12/06 22:47 ] [ 編集 ]
今度はMFに怪我人が増えてきましたね。。
怪我をした選手達は悔しいでしょうけど、しっかり治して戻ってきてほしい。
監督のことですから、今後も戦術やメンバーを入れ替えて戦っていくでしょうから全員にチャンスあるはずです。
みんなに頑張ってほしいですね。
ベンダーもそろそろ復帰できますかね、楽しみです。
[ 2016/12/06 22:54 ] [ 編集 ]
穿った見方かもしれないが、本当に出れないぐらいの怪我なのだろうか。
ゲッツは、今までしばしばこういったベンチからはずれるのが一回限りのけががあった。

悪いイメージがつかないようにか、必ず「怪我」と大々的に発表し、ベンチから外れている。

香川はどうして今まで「怪我」という理由をプレカンでも語られずベンチから外れていたのだろう(最近の2試合のことではない)

酒井がドルトムントとの試合のハーフタイムの際にカストロに香川が出ていない理由を聞いたら、シンジは怪我をしていると言ったとインタビューで言っていた。ということは、チームはそういう認識だったということ。でも「怪我」が理由で試合に出れないというメディア向けの説明は、レギア戦後までなかった。

やっぱり凄く不可解。

[ 2016/12/06 23:19 ] [ 編集 ]
絶不調のメーヘン相手に威力を発揮した?343がメインになる予想ですか…
それにしても5バックでも守備が安定しないのはどうにかなりませんかね。
首位のライプツィヒと9ポイント差になり、もう負けられないので、まずは守備を堅くして失点しないようにしてもらいたいです。
[ 2016/12/07 01:00 ] [ 編集 ]
23;19さん
トゥヘルは代表から戻って来た試合でも香川は足に怪我を抱えて戻ってきたとちゃんと説明してましたよ
忘れました?
[ 2016/12/07 01:16 ] [ 編集 ]
レアルの負傷者はベイル・クロース・モラタですかね
この間のレアル戦ではトゥヘルが名前を上げて警戒していたカゼミロが既に戻って来てますからどうなるでしょう
[ 2016/12/07 01:37 ] [ 編集 ]
ワールドカップ優勝者なし?
シュールレがいるじゃん
[ 2016/12/07 03:09 ] [ 編集 ]
シュルレは大変ですね、左はサポのお気に入りのロイス、右はトウヘルのお気に入りのデンベレがいるとスタメンは難しくなりますね、本人はどう思ってるのでしょうね
[ 2016/12/07 04:06 ] [ 編集 ]
今のドルの元になっている戦術はプレシーズンからさほど変わっていない。schwatzgelbの分析で選手のローテも他のブンデスチームと同じ程度。ただ不適正ポジションで選手を使ったり、ローテで連携が合わなかったり、ボランチとCBの選手の質が下がった影響はある。ラモスのWG、ローデのIHと2ボラ、バルトラとギンターのCBなど。ローデとバルトラはプレシーズンから弱点が露呈している。加えて今季は主力SBのシュメルとピシュの調子が昨季ほど良くない。デンベレとプリシッチは頑張っているがミスも多い。

プレシーズンのビルバオ戦でドルがプレスに弱いと露呈してから今の状況は予想された。昨季もドルはプレスに弱かったが、昨季前半は中盤の組み立てに3人かけて対応し、対策された後は中盤と最終列に枚数を増やし複数戦術を使った。今季プレシーズンで使った戦術は4141、4231、 3241で、IHは前に上げて攻撃の枚数を増やし、組み立ての枚数を減らして1ボラ+2CBか2ボラ+2CBにした。ギュンとマッツが抜けて代わりの選手の能力が低いにも関わらず、組み立ての枚数を減らして質が下がりプレスに益々弱くなった。

開幕のマインツ戦はマインツが組織だったプレスをかけてきて苦戦したが、後半に戦術を変えヴァイグルを入れ辛勝した。しかしライプツィヒ戦で負けてプレスに弱いのが益々露呈した。その後4141でレギアに大勝しリーグ戦で連勝したが、単に相手がざる守備でプレスが緩いチームだった。薬屋戦でヴァイグルが完全に対策され、ゲレイロも利き足の左足を抑えれば対策できるのが露呈した(一方で多少対策されたとはいえ、デンベレは両足を等しく使え味方も敵も予測できないドリブルと技術を持っている)。薬屋戦後はIHを下げて組み立ての枚数を増やしたり、昨季後半の様に戦術を変えたりしたが、リーグ戦はプレスがある程度徹底できるチームに苦戦した。中盤の組み立てに頼らない343(又はWBを上げて3241)を入れて何とか今はもたせている。どの戦術でもざる守備でプレスが緩いチーム(HSV、レギア、BMG)には大勝だが、堅守で組織的プレスをかけられるチーム(フランクフルト)に無力化されるのは変わっていない。バイヤンに勝ったとはいえあの試合のバイヤンはプレスが甘く決定力がなかった。バイヤンの様に主力選手全員の個の力がワールドクラスでも、監督が変わり一部不調の選手を使い続け戦術が徹底されないと勝てないという良い例。

とりあえず今は343でドル対策する時間がない他リーグのチームやリーグのざる守備のチームには勝てる。しかしドルの343は攻撃はいいが守備は稚拙で、5バックにしたところで昨季より守備陣の個々の能力が低く、リーグの上位チームやカウンター攻撃が良いチームに昨季後半と同じ効果は望めない。ドルは選手も戦術も対策されるのが早いから、何とかやれるのはWBまでがいいところ。1ボラも2ボラも安定しないのと怪我人が増えてるのが戦術的にかなり問題。
[ 2016/12/07 06:20 ] [ 編集 ]
お互い進出決めてるのである程度時間が過ぎたら後は流すでしょうね
香川は復帰未定ですか、怪我してても代表へのフライトは欠かさないですし次の契約に響きそうですね
[ 2016/12/07 07:31 ] [ 編集 ]
ロイスは風邪引いて休むらしい。でもシュールレがいるっていうのは心強いね。レアル相手に点決めてるしいいイメージで試合に入れるんじゃないかな?
[ 2016/12/07 07:52 ] [ 編集 ]
2016/12/07 06:20 様
良く分析なさっていますね。同感です。今期は最後の決定力は逆にオバメアンの好調も有って上がっている気がしますが、そこに行くまでの組み立てに苦労していますね。そして、そこを狙われてゲーゲンプレスかけられて失点。
昔のドルトムント戦術を相手にやられている。

組み立てがうまくいっていないのは、相手の対策がドルトムントでは良くされてしまう事。(強豪だから相手がしっかり対策してくる)と、怪我人続出でフォーメーションが決まらない事、でしょう。

日本にいて知りえる怪我人以外にも、多少の怪我や痛み等コンデションに問題を抱えていて使えない選手が多いのだろうと最近思うようになりました。
感情的にイライラと不信感を持って監督フロントを批判するのは、自尊感の低い人の行動です。
[ 2016/12/07 08:10 ] [ 編集 ]
12/07 01:16さん
横から失礼
そのトゥヘルが「慢性的な」って言ってるんだから直近の代表戦より前の話でしょう
[ 2016/12/07 09:22 ] [ 編集 ]
腫れとか骨折とかなら周りからみても分りやすいけど、痛みなんて自分で監督に言わないと分らないですからね
[ 2016/12/07 10:36 ] [ 編集 ]
もう一度ロイストップ下で左シュールレもありかな
ロイスがトップ下してたドルトムントが1番好きだったのもあるけど
香川ゲッツェが後半も前半の出来と大差ないなら現実的
[ 2016/12/07 10:57 ] [ 編集 ]
ゲッツェも相変わらず怪我も多くなかなか波に乗れませんね
香川はブログで出場可能になるまで数試合かかるようなことを書いていました
年内に復帰できるかどうかでしょうか
ゲッツェ香川のような変化を加えられる選手は必要だと思うので、後半戦で彼ららしいプレーがたくさん見れるようしっかり治し奮起して欲しいです
[ 2016/12/07 13:52 ] [ 編集 ]
狭いスペースで変化を付けるべきゲッツェと香川が全く付けられてませんからね…
まぁゲッツェは何回かアシストしたり、フィニッシュには絡んではいますが、まったく物足りない。
ゲレイロが復帰したら、また序盤の頃のように推進力もアップすると思います。
短い時間だったけど、シャルケ戦で途中で出てから流れがガラッと変わってましたからね。
ロイスと近くで組めば、多彩なコンビネーションで敵を混乱させられると思います。
[ 2016/12/07 20:24 ] [ 編集 ]
2016/12/07 06:20さんの分析が的を得てますね。このような素晴らしいご意見が読めてありがたい。ありがとうございます。
ゲレイロはそもそも本職のSBではあまりプレーしていませんが、守備に関しては物足らないのは明白です。推進力が魅力なのはわかりますが、裏を取られてピンチになるシーンが多いです。シャルケ戦ではパスラックと交代したから、それは流れが変わったように見えるでしょうね。
ビルドアップもうまくないですから、やはり左SBで固定してシュメルツァーとうまくローテしてほしいです。
[ 2016/12/07 22:01 ] [ 編集 ]
推進力がなければボールすら運べませんからね…
となると、失点の可能性はさらに増えてしまいます。
ボールをキープし続けるには推進力が必要です。
だからデンベレはずっと使われているでしょ?
[ 2016/12/13 16:21 ] [ 編集 ]
個で運べる推進力
当たり負けしない強さ
これがあってこその守備やその他だと思うけどね
だからこそそれができる選手であるゲレイロには早く復帰してほしいしそういうタイプではない選手は使われなくなるし現時点で物足りない
[ 2016/12/13 19:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。