ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

宇佐美2戦連続出場!独紙「宇佐美、この小さなチャンスを掴まなければならない!!」《ドイツの反応》



【ラッテンクロイツ】12月5日


entry_img_1377.jpg
引用元:ラッテンクロイツ


アウグスブルクの責任者たちはこの夏、遠い東から一人の選手を獲得した。彼は決してブンデスリーガで無名だったわけではない。宇佐美貴史の移籍金は150万ユーロだった。この24歳はブンデスリーガ3シーズン目にして大ブレイクを待っているところだ。


スポンサーリンク



この日本時間は2011年にバイエルンにローン移籍し、そこで公式戦5試合に出場したが、大半はアマチュアでの出場となった。バイエルンで1シーズンを終えた後で、このサイドアタッカーはホッフェンハイムに移籍し、21試合に出場して4得点に絡んでいる。しかし彼は本当の意味で力を発揮することができず、結果としてドイツでの2年を経て再び故郷へと移籍した。


そしてこの夏、この24歳は再びブンデスリーガでの成長を決意してアウグスブルクに移籍し、2020年までの契約にサインした。しかしこの攻撃の選手は、まだ本当の意味ではこの街に到着してはいない。ブンデスリーガ13試合を終えて、この日本人のプレー時間は37分にとどまっている。しかしここ最近の宇佐美の状況は、少しばかり上り坂となっている。彼は、ここ2試合で試合終盤に途中交代で出場しているのだ。この元ホッフェンハイムの選手が試合に出れているのは、もちろん他の選手の負傷も関係している。


この24歳にとって大事なのは、冬休みに入るまでの数週間でのチャンスを、しっかりつかむことだろう。少しでも多くの試合でプレーするように。後半戦が始まると負傷者の大部分が戻って来る。そうなるとブレイクするチャンスをもらうのが、比較的に難しくなってしまう事が予想される。







以上です。

ここ2試合試合に連続で出れていることはポジティブなことですね。ぜひともチャンスをものにしてほしいところです。


それにしても日本のメディアの宇佐美選手に対する批判は本当にひどいですね。昨日もツイッターでつぶやきましたが、「採点なし」だった宇佐美選手を「独紙が酷評した」と報じておりました。アウグスブルク地元紙の寸評では、「左サイドで出場し、公式戦での出場時間を伸ばした。特筆すべき攻撃はなかった。」となっていますが、これを「攻撃的なアクションが全くなかった」と訳して報道していました。

以前も心配の種というところを「トラブルメーカー」と訳してドイツ紙が酷評したという報道をしていますし、本当にこういうのはやめてほしいですね。まるでドイツ移籍で失敗するのを喜んでいるかのように思えます。



最近、日本流行語大賞とかいうニュースをドイツでも見ましたが、こういうのは本当に信じられませんね。このような報道をするメディアや、変な流行語を選ぶようなメディアには流されてはいけませんね。



[ 2016/12/07 06:00 ] 宇佐美 | TB(-) | CM(17)
管理人氏のおかげで実のところを知る事ができます。
ありがとうございます。
[ 2016/12/07 07:19 ] [ 編集 ]
はぁ...
本当にマスコミって嫌いだ
平気で人の気持ちを踏みにじったりそれを正当化するために頭おかしいこというし
[ 2016/12/07 07:42 ] [ 編集 ]
公平に言えば両チームがもう引き分けにして早く帰ろうって空気の中で決定的なアクションを1人で作るのは難しい
日本人が書いたこういう記事ならライターが単に無能なだけで意図的に批判したくて誇張したり意味を擦り替えてるものではないと思います
宇佐美に関して言えばまずフロントと監督が一致せず獲ったので不憫かな
[ 2016/12/07 07:56 ] [ 編集 ]
なんと。ひどいなメディアは。
[ 2016/12/07 08:02 ] [ 編集 ]
管自分達の様に理人さんの記事を読んでるタイプのサッカーファンは大丈夫なんですけどね…大衆は一般メディアで情報を得ている訳で、売れ行きだけための情報は本当に辞めてほしいですね。最近の本田、香川叩きも凄かった…
[ 2016/12/07 08:14 ] [ 編集 ]
あんがと!
すっげー貴重な、すっげー貴重な情報です。ありがとうございます!
[ 2016/12/07 08:37 ] [ 編集 ]
日本のメディアはタイトルを選ぶにしても読者が食いついてくることを目標としてタイトルを付けてくるから(笑)
ネガティブな内容ならその記事に対してのコメントが酷いことになる
選手も大変ですわ・・
[ 2016/12/07 10:42 ] [ 編集 ]
ココ以外のサイトを見ても宇佐美はどのドイツ誌に叩かれているが
宇佐美叩きの記事ばかり取り上げられているからなのか?
それとも本当に宇佐美叩きの記事しか無いのか?
[ 2016/12/07 11:01 ] [ 編集 ]
こういうこと言うとまた逃げだとか言い出す人が涌くんだろうけど、やっぱり日本人選手はとにかく自分に合った戦術を使うチームに行くべき
そして色んなプレーを安定して出来るようになるのではなく1つの武器を特化させる事だけを考えるべきだよ
香川だってFW登録してた頃の得点力が評価されてたのに、代表やマンユでMFに下がって他タスクまでこなそうとしたからこうなったわけだしね
[ 2016/12/07 11:03 ] [ 編集 ]
サッカーに限らず、日本のスポーツ記事は未だに記者や世間の感情や主観や推測を入れ込んだ文章が並んでいる状態です。本当に酷い。

現地取材でしっかりとした裏付けを押さえた上で記事を書くライターは、ほんの一部のフリーランスでしかありません。悲しくなりますね。
[ 2016/12/07 11:25 ] [ 編集 ]
>まるでドイツ移籍で失敗するのを喜んでいるかのように思えます。

管理人さんと同意! 本当に日本の一部マスコミ(結構多いかも)のステマ報道の多さには以前から腹が立ってます。
スポーツもどうせドイツ語なんて誰も分からないんだから、「盛っとけ」ってマスコミ内で会話してるのが目に浮かびますよね。怒

政治関連も酷いですよ。ステマで世論誘導するのが主流なってきました。やっと最近今の与党がしっかりしてきたので、少しの改善を期待してますが、まだまだおかしい。特に政治マスコミは中国と韓国が絡むと途端に論調がおかしくなりますね。
[ 2016/12/07 12:23 ] [ 編集 ]
日本のメディアは残念ながら反日思想を持つ人たちにかなりコントロールされているのでああ言った流行語を選出したり、すごい違和感を覚えてしまいます。最近だとお隣の大統領のことや飛鳥のシャブを延々報道してます。本当にどうでもいいのに。テレビ離れが進むだけです。
宇佐美選手のネガティブな記事を見ましたが絶対に誇張しまくってるんだろうなーと思っていました。特に致命的なことしたわけでもないですし。訂正ありがとうございます。コアなブンデスファンはこちらを貴重な情報源にしていると思います。
[ 2016/12/07 13:22 ] [ 編集 ]
管理人様ありがとうございます。そしてごめんなさい。

宇佐美の試合ほぼフルで見ましたが、決して褒められる内容では有りませんでした。やはり判断が遅いし、自分をアッピールできたか、怪我人戻って来てもスタメン取れるか…まだまだ懐疑的でしたよ。

でも、しっかりと頑張って成長していっている過程だという事はわかりましたから、これからに期待ですね。

日本のメディアについては皆様の意見に全く同感です。
[ 2016/12/07 16:50 ] [ 編集 ]
宇佐美選手が少しずつですが前進していることは嬉しいですね。是非、先発でなくてもいいので長い時間見たいです。今は我慢のときですが、彼のセンスに疑いの余地はないので、監督や周りとの理解を深めていけば活躍は間違いないはずです。

報道についてですが、どこまでいってもその場にいない消費者は情報弱者なんですよね。もちろん、自分も流されてしまうことがあるので複眼で物を見れるように気を付けたいです。管理人様のこういったお話には感謝しております。
[ 2016/12/07 18:27 ] [ 編集 ]
試合見てたけどあの状況じゃメッシでも難しいでしょ 本当にマスコミは・・・
チームは中盤飛ばしたフィジカル重視な戦術、終盤同点で両チーム引いた状態
あと試合終了の笛なってないのに両監督が勝手に記念撮影始めててワラタw

せめてスタメン欲しいけど、いずれにせよあのチームで宇佐美が活きるのは相当大変だわ
チーム残るなら気張ってくれ!
[ 2016/12/07 20:13 ] [ 編集 ]
マスコミも酷いですが、
宇佐美選手がまるで無能であるかのように誹謗中傷するコメントを書く人もネットに多いです。
本当にサッカーファンかと疑わしいですが、そういう人に限ってマスコミをよく批判したりします。
どちらも同じレベルなのに、当人は全く気付いていないのが滑稽ですけどね。
[ 2016/12/09 07:42 ] [ 編集 ]
自分が失敗した時には報道しないで、他人が失敗した時は鬼のように追撃する。最悪です。
[ 2016/12/13 13:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。