ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ヴァイデンフェラー、スピード違反で法廷へ!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ズィーゲナー新聞】

BVBのキーパー、オービスにつかまる


entry_img_1378.jpg
写真引用元:BILD



BVBのキーパーは12月15日にズィーゲンの地方裁判所に出向かなければならなくなった。


彼は芝生の上では、素早い反応を見せるが、どうやら公道においてスピード違反で問題を抱えるようになったようだ。このゴール・キーパーはスピードを出し過ぎたようである。それによって12月15日の11時40分にズィーゲンの地方裁判所に出向くことになったようだ。


スポンサーリンク



彼は“制限速度を大幅に上回った”と裁判所の裁判官であり広報担当のディルク・キーニッツが当新聞の質問に対して答えている。キーニッツによると最大で3か月の免停となる可能性があるようである。すでにこのボルシアの選手が法廷に出向く手はずは整っているようである。



このBVBのキーパーはヴェスターヴァルトへ行く途中にスピードの出し過ぎでオービスにつかまったようである。実際の場所は高速道路の立体交差のあたりであるとみられている。






以上です。

法廷に呼ばれるとなると、かなりの速度超過という事になりそうですね。これはいけませんね。

ドイツの道路は日本と比べると非常に細かく速度が決められています。一般道でも街を抜けると70キロ、そして何もなくなると100キロ、再び街に入ると50キロ、さらに市の中心部や細い道などは30キロ、としょっちゅう制限速度が変ります。

高速道路も同様でトンネルの前では100キロ、そしてトンネル内で80キロ、トンネルを抜けると130キロ、そして無制限、カーブでは再び100キロとこれまた頻繁に制限速度が変りますね。

しっかりと速度表示を見ていないとすぐにスピード違反になってしまいます。


それから少し話は変わりますが、日本では横断歩道で車が全然止まってくれませんね。ドイツでは歩行者が自分の権利を主張して横断歩道に突っ込んできますから、運転者が注意しないとうっかり殺人、もしくは傷害事件になってしまいます・・・。



【おまけ今日のドイツ】

20161207185033083.jpg

エルツ山脈地方の民芸品

クリスマスマーケットで見つけました。
[ 2016/12/07 18:53 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(10)
権利を主張して死んだら元も子もない気が・・・
[ 2016/12/07 19:19 ] [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です
ぇぇ・・・何やってんだw

日本の横断歩道での車の振る舞いはどっかのまとめブログでも話題になってましたね
減速してもゆっくり動いてジリジリ距離を詰めてくる車とかもいるのでタチが悪い
警察も変なネズミ捕りより歩行者軽視のドライバーをもっと取り締まってほしいものです
[ 2016/12/07 20:20 ] [ 編集 ]
法定速度が細かく変わるのはとてもいいですね
無制限があるのも車がすきな人にとっては息抜きが出来てとてもいいと思います
危険だといって日本ではありえない話だとは思いますけど

横断歩道で車が止まってくれないとのことですが地域によるのではないでしょうか
東京では大体止まってくれますよ
一応ドライバーと目を合わせてから渡るようにはしてますけど
[ 2016/12/07 20:35 ] [ 編集 ]
>それから少し話は変わりますが、日本では横断歩道で車が全然止まってくれませんね。

これはよく聞きますが、同じ日本の中でも都会と田舎では更に差が大きそうですね。
車が無いと生活できない田舎に住んでいますが、信号の無い横断歩道にて私の後ろに後続車が沢山いて歩行者が待っているので私が止まっても、
「えっいいの?渡っていいの?」という反応をされることがしょっちゅうです。
正直キョドってないで早く渡ってくれーと軽くイライラするときもあるぐらいです。
それぐらい私の住む田舎では歩行者優先車が守られていなくて、車が途絶えてから渡る人が多いということですね。
[ 2016/12/07 21:31 ] [ 編集 ]
横断歩道で止まるのって逆に危険ですよ。歩行者にとって(日本人にとって?)
止まった車は止めてあげました。どうぞ渡ってください。
そうすると歩行者は止まってくれた早く渡らなきゃとなり、止まった後ろの車の動きをよく見ず渡ろうとする。
その時、止まった車の後ろの車は、あれ?止まってる車があるな、追い越そうと思い追い越した所に歩行者が現れる。となる事故が多いです。子供は走って渡ろうとするからなお危険。
だから止まる車も後ろをよく確認しながら止まってあげないと事故を誘発する行為となるので、状況判断が必要ですね
[ 2016/12/07 22:06 ] [ 編集 ]
田舎は止まってくれないんだと初めて知りました。日本の事をドイツ在住の方に教えて頂くとは・・
勿論私も当然のごとく突っ込みますし、私も横断歩道は徐行の上当然止まりますよ。日本とくくらないで欲しいです。
(神奈川県在住)
[ 2016/12/07 22:37 ] [ 編集 ]
おお、エルツ山脈地方の民芸品とやらが可愛い!
ありったけ並べて楽しみたい・・・で、1体の値段お幾らぐらいでしょう?
[ 2016/12/07 22:52 ] [ 編集 ]
ビュルキ選手が負傷なこともあるので心配なのですが、試合への出場には問題無いのでしょうか?
日本では制限速度をあまり細かく気にしている人はいないと思います。これはだいたいの場所で制限速度が同じだからかと。
管理人様のお話のように制限速度が変われば、注意せざるを得ないですが。
横断歩道については歩行者が隙を伺ってですかね。笑
私はかなり田舎の方に住んでいるのですが、最近家の近くの小さな交差点に感知式の信号が出来ました。通勤時間以外はかなり空いた道なのですが、通学路でもあるので安全に配慮したようです。
[ 2016/12/08 03:22 ] [ 編集 ]
試合出場に問題がないのか気になる...

[ 2016/12/08 15:38 ] [ 編集 ]
>日本では制限速度をあまり細かく気にしている人はいないと思います。これはだいたいの場所で制限速度が同じだからかと。
管理人様のお話のように制限速度が変われば、注意せざるを得ないですが。

日本では無い、日本の田舎ではだと思います。
私の家の前は30キロ、50メートル先を曲がると40キロ、その先を50メートル左折すれば60キロ、右折すれば50キロ。
凄く細かく制限速度は変わりますよ。
神奈川県在住。

[ 2016/12/11 13:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。