ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

内田復帰でドイツ紙「日本のベッカム!内田!!シャルケでフィーバー!」特集!《ドイツの反応》



【ゴール】12月8日

日本のデイヴィット・ベッカム、シャルケでフィーバー



entry_img_1381.jpg
引用元:ゴール

このシャルケの選手は日本ではティーン・エイジャーの熱狂の的となっており、非常に人気がある。ようやく彼の状態はフィットとなり、彼の20か月にわたる苦難の時期も終わろうとしている。

スポンサーリンク


ここ数週間にわたって、シャルケトレーニング場では、多くの喜びの声が聞かれ、多くの写真が撮られる事となった。FCシャルケの日本のファンだ。ファンの多くは女性できわめて若く、彼らは数千キロの長旅を経てやって来ている。彼らのアイドルを一目見るために。内田篤人だ。


今から数年前は、多くのシャルケファンたちは、この多くの日本人を初めて目にしたとき、“この人たちは道にでも迷ったんだろうか?”と目を疑ったものだった。しかし内田が鹿島アントラーズから移籍してから6年経ち、遠い東からのファンたちは、カリー・ヴルスト(ソーセージにカレーソースをかけたもの)と同じぐらい日常的なものとなった。


しかしこの右サイドバックはどうしてこんなに人気があるのだろうか?“彼は日本で最も有名なサッカー選手です。”とゴール日本のリョー・ヒラマツは語る。“特に若い女性たちは彼を愛していますね。彼は見た目も良いですし、クールですから。彼らのファンの一部はサッカーにはまったく興味がなく、内田が観れれば良いんです。彼が一種のポップスターであると表現することは決して誇張ではありませんよ。彼は良く日本のベッカムと言われているんです。”


20か月出場時間なし


すでにキャリアを終えたイングランドのスーパースターと似ているが、ここ数か月、人々は内田の事をフィールド内外で頻繁に目にするようになった。この理由を知るためにはインターネットをチェックすればすぐにわかる。グーグルで内田篤人と検索してみれば、すぐにキーワードとして“負傷”と“カムバック”という言葉が提示される。

この28歳は20か月にわたって一度もシャルケで公式戦に出場していない。その理由は非常にやっかいな膝の負傷だ。世界中でうけた様々な治療にも関わらず、彼は長い間この負傷を克服することができないいた。これまでにシャルケは何度もこの右サイドバックを計画に加えることができる、という希望を抱いてきたが、チームトレーニングに復帰する直前に、怪我がぶり返すという事を何度も繰り返していたのだ。それによって最近では引退もささやかれていた。

しかし現在では引退とはずいぶん遠ざかっている。ここ数週間彼はフルでチームトレーニングに参加している。“実際に素晴らしい展望だね。今のような状態になったことは負傷してから一度もなかったからね。”とSDのアレックス・シュースターは11月頭に熱狂的に語っていた。



“国中が彼の復帰を待ちわびている”



内田が回復に向けて大きな一歩を見せてから1か月が経過し、これでようやく彼の苦難の時期が終わる時が近づいてきた。ヨーロッパリーググループ戦の最終戦である、ザルツブルク戦ではこの右サイドバックはベンチメンバーに復帰し、出場する可能性はかなり高いとみられている。“彼をメンバーとして登録したのにはちゃんと理由があるんだ。”とシュースターは喜ぶ。彼にとっては内田が再びプレーするのは当然の事なのである。“彼に欠けているのは実戦経験だね。”

ゲルゼンキルヒェンからのニュースは日本を含めて多くのファンとメディアを喜ばせている、“シャルケはここ日本ではトップクラブですし、日本中が彼のカムバックを待ちわびています。”とヒラマツもそれを認める。

後半戦では、この背番号22番は再び監督ヴァインツィールの真の選択肢となるとされている。シュトラーレマン(笑顔の男:カイサラ)の成長はうまくいっておらず、内田の展望はポジティブだ。彼を検索した時のキーワードである“負傷”や“カムバック”が“ゴール”や“アシスト”になる事は近いかもしれない。







以上です。

内田選手復帰しましたね!おめでとうございます!

この記事は復帰直前に出された特集記事ですが、現時点では最も長いものだったので先にしょうかいしました。いくつかのメディアでも復帰について取り上げていましたので、機会があれば紹介したいと思います。

一時はキッカーなどが引退報道をしたりと、ドイツでも不安をあおるような報道がありましたが、良い方向に進んでくれて本当に良かったですね。少しずつプレー時間を伸ばして後半戦では、また素晴らしいサイドバックとして活躍する姿を見せてほしいです。







[ 2016/12/09 21:33 ] 内田 シャルケ | TB(-) | CM(17)
ク、クロスだけはプチベッカムだが・・・
体をしっかり張るという意味ではそのとおりかもな。
ベッカムもクロスばっかりに注目されるけどしっかり走るからな
[ 2016/12/09 21:49 ] [ 編集 ]
ウッチーはほんとに愛されてるね。
何と言ってもチャンピオンズリーグベスト4という、日本人で一番最高峰の舞台に出てる選手だからね。
怪我が無ければ今頃はビッグクラブにいたと思う。
[ 2016/12/09 22:03 ] [ 編集 ]
顔はイケメン、しぐさは少女、心は男気の塊で、プレーはタフで頭脳的。男も女も惚れない理由がありません。
オーバメヤンも人間的に素敵だけど、やっぱり日本人には義理人情でしょ。
[ 2016/12/09 22:23 ] [ 編集 ]
復帰は本当にうれしいですね!
コンディデョンをどれくらいでどこまで持ってこれるか分かりませんが
シャルケの不動の右SBの立ち位置を何とか取り戻してほしいです。

あと、日本の協会はシャルケで落ち着くまでは
代表へは呼ばずにいてほしいです。
また怪我したり移動で調子落しては内田もシャルケも不幸過ぎるので…

でも右SBは守備も攻撃も微妙にダメな酒井と、ヤラカシ癖の酒井しかいないので
試合勘取り戻させるとか、コンディション見たいとか理由付けて呼ばれそう(;^ω^)
[ 2016/12/09 22:29 ] [ 編集 ]
2016/12/09 21:49

いやいや、記事を読む限りじゃプレーじゃなくてポップスターって部分でベッカムってことでしょ
こんな勘違いする人もいるんだな・・・日本のベッカムなんて思ってる日本人はあんまりいないし仕方ないか
[ 2016/12/09 22:37 ] [ 編集 ]
内田がピッチに立ったのは奇跡に近い
どんなに苦労しただろう
残りのサッカー人生が幸多きものでありますように
[ 2016/12/09 23:28 ] [ 編集 ]
あのレアル戦であの惜しいゴールが決まっていたらって未だに思ってしまう。決勝行けたんだよなー
[ 2016/12/10 01:21 ] [ 編集 ]
日本では熱狂の的になってるかは疑問だが、結婚しても人気あるんだな
[ 2016/12/10 01:30 ] [ 編集 ]
おかえり内田。早く代表での内田をみたい。
[ 2016/12/10 02:16 ] [ 編集 ]
代表にとってもSBは層が薄いので喜ばしい限りですね
でも完全復調するまでは代表に呼んで欲しくないというジレンマが・・・
[ 2016/12/10 03:58 ] [ 編集 ]
>彼は日本で最も有名なサッカー選手です。”とゴール日本のリョー・ヒラマツは語る。“特に若い女性たちは彼を愛していますね。彼は見た目も良いですし、クールですから。彼らのファンの一部はサッカーにはまったく興味がなく、内田が観れれば良いんです。彼が一種のポップスターであると表現することは決して誇張ではありませんよ。彼は良く日本のベッカムと言われているんです。”

20か月出場時間なし

先日テレビで「結婚したいスポーツ選手を街若い女性にで訊きました。」というランキングで確か6位かな?にランクインしてました。1位は大谷、後は内村、錦織や羽生が上位入り。

内田はこれだけブランクがあっても人気があるなあ…って驚きました。



[ 2016/12/10 08:17 ] [ 編集 ]
そもそもサッカー選手が結婚することにより人気が変動するっておかしな話だけどな。

まぁ、それは置いといて、内田は怪我明けだから特別気を付けてほしい。この前のヌリみたいにやっと復帰したかと思ってまた負傷するのは選手本人もそうだろうが見ている観客も心が痛む。
[ 2016/12/10 09:10 ] [ 編集 ]
正直言ってそれまで長期の負傷離脱がそこそこあって代表との両立が厳しいと判断して一度代表引退宣言(個人的な推測ですが…)→協会や周囲に説得されて代表復帰→無理して怪我してやっと復帰。だからもうクラブに専念してほしいかな、今度やったらそのまま現役引退しそうで恐いわ。
[ 2016/12/10 13:06 ] [ 編集 ]
果たして絶好調のシェプフからスタメンを奪えるのか?またコケが復帰したら状況も変わる。内田の今後は 見ものだね。ただカイサラ、リーターよりは上。
[ 2016/12/10 14:05 ] [ 編集 ]
 
なんていうか日本人がやはり顔や外見しか見てないんだな。と残念な気持ちになった
[ 2016/12/10 19:52 ] [ 編集 ]
内田選手は、顔だけじゃないすよ。
プレーも悪賢く、本人も悪そうなイメージを出しつつ、ひねくれたユーモアもあり、そういう強みも弱みも自分で自分を生かして来てるプロ根性がカッコイイですからね。

例え活躍できなかったとしても、生き様に学ぶ点が多いから、皆んなが、みていたいのだと思いますよ。

日本の選手は、そういう内面に尊敬できるものがあるから大好きで、サッカーの負の部分であるチーム選手間やサポの憎しみあいなんてのもありながら、そこに見せる男気や態度は立派です。
[ 2016/12/11 03:11 ] [ 編集 ]
顔が男前だから感違いする人はいるけど、あらゆる層からプレーの質を高く評価されているし、尊敬を受け続けている選手。
怪我をするまでの実績は日本ナンバーワンだと思っています。
[ 2016/12/12 13:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。