ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

オバメヤン、ロイス復帰でゲルト・ミュラーの記録更新も可能か!ロイスはリハで4キロ増加!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



オバ、このようにしてゲルト・ミュラーの記録をやぶれる!



entry_img_1383.jpg
引用元:BILD

これまでゲルト・ミュラーが1971/72シーズンに記録した40ゴールは破られていない。しかしオバメヤンはゲルト・ミュラーにとって常に危険な存在となっている。


スポンサーリンク




彼が今のペースである、試合ごとに1.15ゴールというペースを保てば、シーズン終了時には39ゴールという事になる。それどころかもっと得点をする可能性すらある。なぜなら彼の親友マルコ・ロイスが彼にアシストすることができるからだ。




このようにして、彼は爆撃機の記録を破ることができるだろう。



トーマス・トゥヘル監督:“オバとマルコが一緒にプレーする。彼らが親友と共にプレーしたほうが良いのは明らかだね。”

恥骨の炎症など、6か月の負傷期間を経てロイスは4試合でプレーしている。すでに229分プレーしているが、すでに9ゴールに絡んでいるのだ。オバはロイスのアシストから3本ゴールを決めている。




トゥヘル監督はロイスの素早いカムバックについて:“これは本当に驚くべきことだね。ユーロを逃した後で彼と話をしたときは少し心配したんだ。怪我が重いことが明らかになったからね。”


ロイスはリハビリで筋肉を4キロ増やした。それによって今までよりも頑丈で、さらに勢いがあるように見える。彼は“100%違ったように感じている”。それはフィールド上だけではないようだ。


トゥヘルはロイスを本当のリーダーだと感じているようだ。“彼が備えているパーソナリティー、と彼がフィールド上や控室でみせるオーラは非常に大きなものだね。移籍の影響もあるが、彼の吸引力は今は物凄く大きなものだ。”









以上です。

ロイスの好調は本当に大きいですね。リハビリで筋肉を4キロ増やしたというのは中々興味深いです。これで負傷しない体になってくれると良いですが、ロイスの場合は削られることも多いので、それはある意味運でしょうか・・。削られないことを祈ります。

オバメヤンの記録更新ですが、今のペースでも1点足りませんか・・。ゲルト・ミュラーの記録は中々遠いですね。最近は相手チームの守りも硬いですし、この記録は大変ですが、30ゴールは行ってほしいですね。

さて今日はケルン戦です。昨日フランクフルトとホッフェンハイムが引き分けましたので、ここで抜かして順位を4位に上げたい所です。

[ 2016/12/10 20:25 ] オバメヤン | TB(-) | CM(11)
ロイス復帰とデンベレの成長でこれから順位を上げそうですね。香川ゲレイロも復帰したら攻撃力は更に高まりそう。

守備力は期待出来ない。ビュルきもいないし4バックでギンターやバルトラが入った時は2失点ぐらいする覚悟。
[ 2016/12/10 21:56 ] [ 編集 ]
どの選手にも言える事ですが、怪我なくキャリアを過ごして沢山の魅力的なプレーを見せて欲しいものです。
寒くなって来ましたが管理人様も風邪など引かぬようご自愛下さい。
そしていつも沢山の情報や翻訳、本当にありがとうございます。
[ 2016/12/10 22:36 ] [ 編集 ]
上の方が仰るように、守備をもうちょっとしっかりして欲しいですね。バルトラは少し対応が軽い気がします…。
[ 2016/12/10 23:22 ] [ 編集 ]
バルトラは最近のマスチェラーノからレギュラー奪えない理由が守備で露わになってますね
ただ時より出すパスは美しい
[ 2016/12/11 01:55 ] [ 編集 ]
ロイスを活かす選手が何人かいるというよりロイスだから誰でもロイスを活かせるんだよね

他選手が劣っているという訳ではなくロイスが真に素晴らしいということ
仮に多少ランク落ちる選手でもロイスならどうにかしてくれる感もある
今日だって引き分けにしてくれたし
あえて言うならゲレイロが一番相性いいとは思う

それにしてもデンベレ以外のチャンスメイクがない試合だった
早くゲレイロに帰ってきて欲しいところ
カストロoutゲレイロinなら現状のフォメでもさらに攻撃が活性化するのではないだろうか
[ 2016/12/11 02:24 ] [ 編集 ]
>あえて言うならゲレイロが一番相性いいとは思う

ゲレイロはロイスとやってないよ
それにカストロと同じで縦に自分で持ち込むタイプ
カストロはトップ下でロイスとも相性いいけど、ゲレイロはもっとサイドハーフっぽい
相性いいのは香川、カストロ、デンベレ、ゲッツェ

[ 2016/12/11 13:23 ] [ 編集 ]
13:23さん
言葉足らずでしたね失礼しました・・・
ゲレイロの能力があれば合うかなと思った次第です
もちろんまだ見ぬこのふたりの連携を見てみたいというのもありますが・・・
[ 2016/12/11 19:56 ] [ 編集 ]
ゲレイロの復帰を望みます。
とりあえずボールを運べない選手は、あのポジションはキツイですよ。
[ 2016/12/12 13:33 ] [ 編集 ]
今はゲレイロが出ていた頃みたいにヴァイグルが潰される前の4141でそこそこ自由が与えられた戦術じゃないし、相手のプレスが段違いにきついよ
レバークーゼン戦でプレスがきつくてゲレイロもボールを運べてなかったし
シャルケ戦は終盤のシャルケが疲れた頃に左SBで入ってパスラックよりは良かったけど、何度かボールを刈られて左サイドでカウンターを食らってた
シュールレが入ってゲッツェがサポートにきて良くなった感じ
後半はゲッツェも左IHでチャンスメイクは良かったしね
[ 2016/12/12 18:40 ] [ 編集 ]
レバークーゼン戦のゲレイロは初のSBでのスタメンでしたね。
失点してから再び中央に戻したけど、チーム自体の試合の入りがあまりにも悪すぎました。
連勝街道を突っ走り、レアルマドリー戦後という事もあり、トゥヘルもチームも相手をナメすぎてましたね…
8番が適正の選手がカストロのみというのはカストロもしんどいので、やはりゲレイロを中央で使って欲しいです。
今はシュメルツァーの調子も悪いのでSBでも使いたいですけどね…
ゲレイロは推進力があり、スペース使いが巧みなのと、周りを生かせる能力がズバ抜けて高いので、ドルトムントでは司令塔役が一番だと思います。
特にロイスとの相乗効果はかなり楽しみですね。
[ 2016/12/13 15:51 ] [ 編集 ]
今の戦術の8番なら香川、ゲッツェ、カストロが適正だよ。
後ろでヴァイグルのサポートして黒子にならなきゃなんないからね。
ゲレイロの推進力を今の戦術で出すならサイドでしょ。
レバークーゼン戦とスポルティング戦でサイドバック兼ウィングバック兼インサイドハーフにしても
前にがんがん行かせてたからトゥヘルもそのつもりだろうね。
ゲレイロは研究されてて潰されてたけど慣れるまでトゥヘルはこのポジで使うと思うね。
[ 2016/12/15 10:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。