ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル監督!ケルンのファールの多さに怒り!ドイツ紙《ドイツの反応》




エクスプレス】ケルン地元紙



BVB監督トゥヘル、ケルンのギャング風プレーに怒り!


entry_img_1386.jpg
引用元:エクスプレス


ケルン:ペーター・シュテーガーはドルトムントの試合前に泥臭い試合になる事を宣言していた。しかしトゥヘルにはケルンのギャング風プレーが気に入らないようだ。


スポンサーリンク


“みんな僕の意見は知っているだろうと思う。僕にとっては20回のファールが限度だ。FCケルンは非常に荒々しいプレーをした。僕らのチームもファールが18回と、非常に多いものだったが、FCは26回だ!我々はいくらかそれに対応しなければならず、交代が怪我人によるものだったことでも見て取れると思う。”トゥヘルは彼のチームの弱々しいパフォーマンスの原因としてこのような理由を挙げた。



シュテーガー:我々は順調にこなした。



このドルトムント監督の批判は正当なものだろうか?それともただの嘆きだろうか?ペーター・シュテーガーの意見は異なっているようだ。“試合の状況を考えれば見えてくると言わなければならないね。ポゼッションはドルトムントが75%で、我々は25%だ。それでも我々は相手より8回多くファールしただけだよ。だから順当だと言えると思う。”


マルコ・へーガーのソクラティスに対するファールだけは悪く見えた。それ以外はドルトムントの選手の方が戦術的なファールをとらなければいけないようだった。特に審判は、ユリアン・ヴァイグルに対しては何度も片目を瞑っていたようだった。それに加えてウスマン・デンベレーもイエロー二枚で退場になっても良かっただろう。




シュマトケ:このような議論はくだらない。



とシュマトケは見ているようだ。“例えばドミニク・ハインツはファールしなくてもデンベレ―に対して良く対処していたよ。ファールが18回と26回という状況でこのような議論をするのは間違っていると思うね。”


だからトゥヘルは他の原因を探さなければならない。“我々はまだ成長過程だし、時間が必要だ。多くの選手はまだイングリッシュウィークを体験していないし、ケルン戦のエモーションについてもわかっていない。それにこのように統率をとれたチームに先制されるとますます難しくなってしまう。だから1:1でホームに変えれることはOKだよ。”






以上です。


このトゥヘルの発言がまたしても大きな話題になった感じはしませんが、ケルンの地元紙にとっては、気に入らなかったようで、ここぞとばかりに取り上げられてしまったといった感じがしますね。

まあ両チームともファールが多かったという事ですから、あまり議論をしてもしょうがないような気がしますが、交代が負傷によるものだったのはドルトムントにとっては残念でしたね。



【おまけ今日のドイツ】



2016121206293955b.jpg


肉の串焼き
クリスマスマーケットで食べた夕飯。
[ 2016/12/12 06:25 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(22)
ファールは20回が限度って誰が決めたんだw

ケルンの監督が言ってるように、ボール持ったらガシガシこられんのは当たり前でしょがw

大迫なんか10回くらいガシガシやってたなw

プレーヤー同士カバーリング効かない距離に守らせてっから簡単にファールもらうんだよ。

カバーリングが効かない距離ってのは、ワンタッチ、ツータッチでパスが捌けない距離でもある。だからボールもらった奴は、慌ててボール出そうとするからヘンな体勢になりやすい。そこに突っかかられたらカンタンにファールまがいのプレーで体勢崩されてごまかされる。

ファールされんのが嫌ならポゼッションやめたらいいと思うけどな。つか、やめなきゃ勝てないよ。ユリアン狙われてファールスレスレのプレーされたらナニも出来なくなんだからさ。

ペップだかバルサだかのマネばかりしてるからこうなるんだよ。
ペップのチームもバルサも、意図的にファールさせることはあっても、されることなんかほとんどないぞ。
[ 2016/12/12 07:38 ] [ 編集 ]
18対26はたしかにどうでもいい…
どっちにしろ言っても得しないのに苦しいですね

ポゼッションが武器なら、いっぱいファールされてボールがいっぱい自分から回せるのは
メリットでもあるはずですが…
ケルン戦でもらった多くのセットプレーも入る気がしませんでしたね
[ 2016/12/12 09:07 ] [ 編集 ]
選手が壊れるからファールが減るようにリーグは努力しないと
勝ちを諦めたチームが相手を削りだすような文化?もなくなって欲しい
[ 2016/12/12 10:20 ] [ 編集 ]
またファウルに文句ですか。怪我人が多いので文句を言いたい気持ちはわかりますがこれだけ時間が経っても選手に守備や戦術を根付かせることができないのはトゥヘルの責任でしょう。文句を言う前にそちらをどうにかして欲しいですね。
ケルン戦は後半にケルンがやりやすいフォメに変えたのが失敗でした。フォメを変えないで我慢してケルンに隙ができてから攻撃的にしていたら追いついてからもう1点取れていたと思います。昨シーズンの後半戦はそうしていましたが最近はフォメを変えるのが早いです。それから前で相手を引き寄せて釣ってくれる選手が必要です。ケルン戦ではロイスしかそういう気が利く選手がいませんでした。香川やゲッツェがいないのは本当に痛いと思います。
[ 2016/12/12 10:46 ] [ 編集 ]
まぁお互い様のように見えましたね。ドルトムントだって20回近くファウルをおかして危険なプレーで何枚もイエローを与えられてましたし。
[ 2016/12/12 11:40 ] [ 編集 ]
試合見てたけどファール数はともかく荒いプレーはドルトの方がずっと多かったよ。トゥヘルって都合の悪いことは隠して自己保身するタイプだね
[ 2016/12/12 12:51 ] [ 編集 ]
確かに荒かったですね。
もっと怪我人が出てもおかしくなかったですよ。
[ 2016/12/12 13:24 ] [ 編集 ]
この試合に限ってはケルンはラッキーだったかもしれませんね。
大迫もカードもらっても仕方ないようなファールもありました。
[ 2016/12/12 13:25 ] [ 編集 ]
みっともない、ただただみっともない
攻撃の起点になっていた大迫へのファールの多さからしてドルの方が戦術的ファールが多い印象がある中でファールされたからなんて言うべきじゃない
ずっと誰々頼みで打開して来ただけで戦術的に詰まった所からの選手交代や戦術変更で打開するって試合が殆ど無い事は反省しないのだろうか。。?
[ 2016/12/12 15:58 ] [ 編集 ]
キャラクター的な事も有ってか、トゥヘルが言うと言い訳みたいに聞こえてしまうが…私は基本賛成している。

昨夜内田の復帰を祝して、サッカー番組で内田特集をやっていて、膝を怪我した瞬間のプレーをビデオでやっていたけど、一昨日のケルン戦を思い出してしまった。
また、今年5月のリーグ最終戦、対ケルンでは香川がハインツに削られて負傷交代。次のバイエルンとのカップ戦決勝のスタメン落ちの原因になった。

サッカーはそういうあたりの強さ、激しさが必要だし、狡賢いファールも否定はしないけど、怪我をさせるようなプレーはもっと厳しくカードを出しても良いんじゃないかなあ。

後、前にトゥヘルが批判した対レバークーゼン戦、ファールで笛が鳴りすぎで試合が止まりまくって面白くなかった。勝つためには何でもアリ、と言うのはわかるけど、エンターテインメントとしてはかなり疑問だよ。だから、私はファール過多は反対だ。


内田特集の補足:内田は怪我で心が折れそうだった時に一番の心の拠り所となって支えてくれたのは、ハリルホジッチの言葉だったそうだ。「ずっと見ているからゆっくり治そう」って。
そして怪我の中、招集してくれて、一緒にトレーニングをしてくれた。(2人並んでマシン漕いでいたりets …映像有り)
それが、内田が諦めないでトレーニングを続けられた力になったと、インタビューで答えていて、「だから監督には恩返しをしたい。」と語っていたよ。
私たちが思っている事とは全然違ったんだなあ~と嬉しく思いました。
[ 2016/12/12 17:43 ] [ 編集 ]
五十歩百歩ですかね…。
[ 2016/12/12 18:05 ] [ 編集 ]
大迫と審判のラブゲームにはうんざりでした
カードが一枚も出ないのは理解に苦しみますね
トゥヘルが嘆くのも無理ないです
[ 2016/12/12 18:12 ] [ 編集 ]
ここ最近マシになってきた気はするけど、ブンデスは基本荒いしな。特にドル相手だと潰してかないと厳しいし、個で劣るケルンにとってはやむなしだろ。
[ 2016/12/12 19:47 ] [ 編集 ]
余りにも目に余るファールが多いと冷めてしまい試合を楽しめなくなります。
強豪相手に勝たなくては成らないとなるとそうなってしまうんでしょうかね?
選手生命を脅かす怪我になってしまうようでは困りますよね
勝つ為にはなんでもあり?そのようなファール過多は自分も嫌ですね
せめて審判にはラブゲームは止めてもらいたいです。何の為の審判なのか?
[ 2016/12/12 20:45 ] [ 編集 ]
どっちもどっちでしょ
[ 2016/12/13 01:03 ] [ 編集 ]
ドルトムントが70%もボールを保持してることを考えればたった8個のファウルの差しかないわけですし、ドルトムントの方が荒いと言ってもいいくらいですよ
[ 2016/12/13 01:18 ] [ 編集 ]
相手のチャンスをいちいち荒いファールで止めようとしてたのはドルトムントでした
それは相手の監督のいうとおり

ドルトムントの攻撃は普通に跳ね返されただけで
ファールによって多くのいい位置からのFKをもらえたというべきでしょう
それが全然生かせなかっただけです

戦い方はよかった、でも相手や選手が悪いとか
そんな言い分は勝ってるあいだにしかチヤホヤされません
モウリーニョも敗将になりかけてて正念場ですが
トゥヘルはさらにきつい立場に立たされていると思います
CLでレスターに勝利、リーガで来年のCL権ゲットできるかどうかが契約延長を左右しそうです
[ 2016/12/13 02:25 ] [ 編集 ]
翻訳おつかれさまです

まー言っても欧州のジャッジは大分マシだと思うけどね
ACLとか見てると泣きたくなるもんw
ケガに繋がるようなプレーはもっと厳しくはやるべきよね 負傷はとにかく悲しいから

この前のフランクフルトとホッフェンの試合とかジャッジがカード出さないせいで荒れに荒れてたし
審判にはうまく試合をコントロールするのを重視して欲しいわ 見てる分には楽しかったがw
[ 2016/12/13 03:28 ] [ 編集 ]
さきの投稿間違えました
ドルトムントのCL次戦はポルトガルのチームですね
[ 2016/12/13 03:52 ] [ 編集 ]
FKで、点取れるようにならんと減らないぞこれ。そんな気がしてるこの頃。
[ 2016/12/13 07:58 ] [ 編集 ]
20回のファールまではオッケーなんて、18回のファールした自分のチームを正当化しているだけで、どっちもどっちで、トゥヘルの発言にはまた笑ってしまった。子供の喧嘩の言い訳みたい。怪我人が出たから言わざるを得なかったんだろうけど。それにしても大迫選手強かったですね。ヴァイグルもカストロもローデも何にもできなかった。こういう試合展開だとオバメはいてもいなくても同じ様に思えました。
[ 2016/12/13 13:19 ] [ 編集 ]
怪我人が出てますから牽制する意味でもあるんでしょうけど、ファールの多さは攻守ともに問題がある証拠でもあると思うのですが
ファールを受けることの多い前目の選手ではなく中盤以下に怪我人が続出し、失点が多いのも関係があると思います
ロイスが復帰したと思ったら、相性のいい香川ゲッツェが離脱
なかなかやりくりが難しいですね
[ 2016/12/13 16:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。