ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「大迫!センセーショナルな70分間!」ドルトムントを抑えた大迫を称賛!寸評まとめ《ドイツの反応》




【エクスプレス】



元ケルンの選手であった長澤和樹が笑顔で控室から出てきた。彼も親友大迫勇也の活躍を誇らしげに見ている。


この日本人(大迫)は、何度も素晴らしい縦パスをスペースに通して何度も相手の脅威となっただけでなく、ドルトムントのシューティング・スター、ユリアン・ヴァイグルをほぼ完ぺきに封じ込めた。


entry_img_1389.jpg
引用元:エクスプレス
スポンサーリンク




“大迫はセンセーショナルなサッカー選手だよ。そして彼はさらに頑丈になったね。彼は70分にわたってセンセーショナルなプレーをして見せたね。”とボスであるイェルク・シュマトケは語る。


監督のペーター・シュテーガーも“彼はほんとうに賢い選手だ。そのことが徐々に目に見えてくるようになって嬉しいね。”




【エクスプレス】 地元紙

大迫 2
力強くボールをキープし、素晴らしいアイデア、そしてものすごく熱心にプレー。素晴らしいパフォーマンス




【ケルン・シュタット・アンツァイガー】地元紙

大迫 2.5
彼は(2トップと比べて)あまり好きではないポジションでプレーしなければならなかった。珍しく毒々しいプレーをし、技術面ではいつものように力強かった。モデストに夢のようなパスを出してビッグチャンスを演出。




【90Min】オンラインサッカーサイト
大迫 2
この日本人は中央トップ下でプレーした。そこから何度も相手の脅威となり、ボールをキープして良くさばいた。守備でもハードワーク。この26歳の力強いパフォーマンス。この調子だ!





【ガイスブログ】ファンサイト

大迫 2
未だに大迫の力に疑いを持っている人がいるとしたら、もう一度この試合を観るべきだ。FCでもボールの扱いが安定している選手で、ほぼすべてのカウンターの起点となっていた。最後までスペースを消した。唯一の欠点。66分には数的有利の状態でもっと良いプレーをしなければならなかった。




【Sportal】オンライン・サッカーサイト

大迫 3.5
これまでの大迫は常に2トップの一人としてプレーしていた。今日はサイドでプレーし、そこで脅威となるプレーをすることができなかった。50分のプレーだけは例外で、モデストに通したパスはもう少しで2:0となるところだった。大迫はケルンで最も多く一対一に挑み、それが彼が今日守備に専念しなければならなかった試合を表している。








以上です。

大迫選手、各紙で高評価となりました。ガイスブログが書いている66分の場面は左サイドから上げたクロスがうまく通らなかった場面でしょうかね。あれが通っていたら本当に危なかったので、ドルトムントとしては助かりました。

最後にSportalの寸評も載せましたが、この批評家は大迫の事をずっとサイドで探していたようですね。そこに見つからないので評価が下がる、という良い例ではないでしょうか。まあ適当ですね。






[ 2016/12/13 18:59 ] 大迫 | TB(-) | CM(13)
対人にかなり強く、キープ力があり、チャンスメイクも上手い。
日本代表の大黒柱になるだろう。
岡崎と組んで、トップ下をやらせてみたい。
[ 2016/12/13 19:27 ] [ 編集 ]
sportalはわかりやすくて、試合終了後にスタッツが乗ることもあるから、一番見やすいです。

オオサコスバラシイ
ハリルが変な衝動に駆られて、ポジションをいじらなければよいのですが・・・
[ 2016/12/13 19:37 ] [ 編集 ]
最後のSportalはなんか笑える。
もはやポジションすら理解してないw
[ 2016/12/13 20:49 ] [ 編集 ]
Sportalの寸評何なんでしょう・・
まぁSportalに限らず今までポジションや役割を把握してなくていい加減なメディア採点見てきましたので何とも言えませんが
[ 2016/12/13 21:21 ] [ 編集 ]
大迫選手がドルトムントにいればいいなぁとつくづく思った試合でした。
[ 2016/12/13 21:55 ] [ 編集 ]
未来の代表候補には大迫を目指してもらいたいね
今の日本人選手に足りないものを大迫は持っている
間違いなくロシアでの中心選手
本田香川見たいに責任押し付けられて戦犯扱いはされて欲しくないけどね
[ 2016/12/13 22:23 ] [ 編集 ]
IHの時の香川をずっとTOP下の扱いにしていたり
ドイツ人やドイツメディアははポジションを分かっていない奴が多すぎる。
[ 2016/12/13 22:38 ] [ 編集 ]
長澤はドイツに行ってたの?
長澤は二部から一部にチームを上げた立役者だったのに、大怪我でシーズン序盤を棒に振り、復帰後ことごとくチャンスで得点できずにケルンを去った。
本当に残念だった。
フィジカル面で劣るかもしれないけどテクニック、センスはかなりのものだと思うので、もう一度ドイツでやって欲しいな~
日本代表でも新しく入ってきたMFには引けを取らないので、もう一度活躍して代表に入って欲しい選手だわ。
あっ、大迫も頑張ってください。
[ 2016/12/14 00:15 ] [ 編集 ]
まずは得点だな、FWでもトップ下でも得点力は絶対必要、マークされても得点できるようでないと、得点免除なら原口でもいい
とは言いながらあれだけDFに気を使っていたらシュートまで頭がまわらないよね
[ 2016/12/14 00:50 ] [ 編集 ]
大迫はずっと好調で頼もしい
レヴァクーゼンやシャルケあたりが上位復帰を狙って強奪しようとしても不思議ないですね

ただ、そんな大迫が個人レベルでめちゃめちゃ苦戦してたのがホッフェンハイムなので
現在唯一の無敗チームはやはり伊達じゃなさそうです
[ 2016/12/14 02:39 ] [ 編集 ]
トップ下で出場してたのにサイドにいなかったから評価低いのか・・・
[ 2016/12/14 18:56 ] [ 編集 ]
外人は利己的なのが多いってサッカーを見だしてから余計に実感するようになったわ。

監督やコーチ辺りの責任の重い役職に就いている人間ですら、現実的な選択をせずに自分の選り好みが絶対。
まるで夢想の中に生きているような状態だよ。

海外の批評やファンの感想なんかアテにしないようになったわ。
自分の目で試合を観て判断する。コレが一番。
[ 2016/12/14 21:01 ] [ 編集 ]
下田アナも解説者も終始、大迫の凄さに唸ってましたね。
物凄い存在感だったと思います。
[ 2016/12/15 02:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。