ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川とゲレイロ!チームトレーニングに復帰!!試合出場は経過次第!《ドイツの反応》




Westline.de



entry_img_1390.jpg
引用元:Westline


長い負傷の期間を経て、香川真司とラファエル・ゲレイロは火曜日にチームトレーニングに復帰した。一方で多くの選手の姿がみられなかった・・。



香川真司とラファエル・ゲレイロは、火曜日に初めて負傷後チームトレーニングに合流した。香川はここ数週間足首を負傷しており、ゲレイロは筋肉に問題を抱えていた。彼らがホッフェンハイム戦で選択肢となるかは、今週のトレーニングでの経過次第となる。

スポンサーリンク



一方でトレーニングに参加しなかったのが、ソクラティスとカストロで、引き続き休むことになった。さらにピスチェクは体調を崩しており、トレーニングに参加できなかった。さらにヌリ・シャヒン、ローデも同様だ。またオバメヤンとエムレ・モアは軽いジョギングをこなしている。


ケルンで引き分けた後、BVBは一週間トレーニングに専念することができる。マドリッド戦の後、トゥヘルはケルン戦までほとんどトレーニングすることができなかった。監督はこれまでに何度も発言しているが、若い選手ばかりを起用しなければならない事には批判的なようだ。基本的には次のステップに進むうえでは、規則的なトレーニングが重要だと語っている。


ホッフェンハイム戦でドルトムントは、チャンピオンズリーグ出場をめぐって直接対決で相手を抜かすチャンスがある。ホッフェンハイムは14試合を終えて26ポイントを獲得しており、BVBは1ポイント少ない。ドルトムントにしてみればできれば冬休みに入る前に3位に着けたい所だが、現時点ではヘルタが3位に着けている。金曜日のホッフェンハイム戦の後は、火曜日にホームでアウグスブルクと対戦する。






以上です。

あと2試合で冬休みですね。今シーズンは前半戦最後となるブレーメン戦は冬休み後に行われるようになっていますね。なんだか変ですね。ユーロの影響でしょうか・・。16試合やって冬休み、そして休み明けに18試合だったとおもいます。

それはさておき、香川選手、トレーニングに復帰できて良かったですね。できれば途中出場でも良いので冬休み前にプレーする姿を見せてほしいですね。



2016121400360918b.jpg

Wend und Kühnの天使の置物
[ 2016/12/14 06:00 ] 香川BVB 15 | TB(-) | CM(16)
ズボティッチが戻ってきてやっと普通に・と思ったら、あっちゅう間に野戦病院化。どいうこと?
[ 2016/12/14 07:13 ] [ 編集 ]
香川もゲレーロも使わんでもらいたい。
今使われたらまたまた異常なポジションチェンジばかりやらされて、せっかく良くなりつつあるのをぶり返されちゃかなわない。復帰は合宿明けでいい。痛みが取れてんなら、練習場じゃなく温泉場行かせろw

前にも書いたけど、今のドルは、ポジションチェンジをやらせ過ぎ。ひどい時には、1人のプレーヤーが1ゲームで4つも5つもポジョンを変わる。香川は、確かポカールだったかでこれやったな。

ポジションチェンジなんてのは、要するに、目眩まし。マッチアップする相手が変われば対処の仕方が変わるからカンタンににギャップができるだろうというな。でも、ヤリ過ぎは逆効果。相手の目も慣れてくるし、やる方だって、ポジション変わるごとに、ボールの受け方、止め方、蹴り方変えなきゃなんないからミスしやすくなる。それに無駄走りも多くなる。無駄に走ってればそらケガもするさ。それにあんだけタイトな日程の中でやるんだからケガする確率は通常より何倍も大きくなる。

というわけで、香川選手はさっさと実家に帰って、温泉にでもつかって正月休みしなさい!ついでに、けが人仲間でも誘えば、みんな合宿ガンガンやれるようになって、後半戦のチームは見違えたようになるだろw
[ 2016/12/14 07:37 ] [ 編集 ]
香川もきっと完治ということではないだろうが、あと2試合しっかりアピールできれば後半戦大事な試合で使われる機会も増えるはず。
ぜひ頑張ってほしい。
[ 2016/12/14 07:55 ] [ 編集 ]
また怪我人増えてきましたね…
[ 2016/12/14 08:12 ] [ 編集 ]
ゲレイロも香川も無理はして欲しくないですね
怪我→出場→また怪我ってパターンを何度となく見てきましたので
次はリーグで唯一無敗のホッフェンハイムなので厳しい戦いにはなると思いますが
昨シーズンは怪我人が少ないのは徹底した食事療法とかって話でしたが、今期はなぜこんなに多いのでしょう?
[ 2016/12/14 08:34 ] [ 編集 ]
今シーズンは本当に怪我が多いですね
ロイスは戻ってきましたが、なかなかメンバーが揃わないので昨シーズンよりメンバーが増えている実感がないですよね
カストロ、ソクラテス、ローデなども何度も怪我を繰り返しているみたいで、しっかり治さないうちに出ているイメージです
ベンダーはそろそろ出られるのでしょうか?そんな中オバメヤンは本当に怪我が少なくて頼もしいですね。
他のチームも同じ状態なんでしょうか?

香川選手もようやく練習に復帰できて良かったです。最終戦にベンチ入りできればとは思いますが、、
WBでしっかり治していただいて後半戦に期待してます。
天使の置物可愛いですね。管理人さんのドイツのクリスマスの写真も楽しみです。
[ 2016/12/14 08:57 ] [ 編集 ]
練習復帰はうれしいですね
部分合流ということなので2人とも週末は厳しいでしょうか
ゲレイロはどこで起用するんでしょう
能力の高い選手だと思いますが、できればポジションは固定してあげた方がいいように思います
彼に限らずですが、本職以外での起用が多すぎで力が発揮しきれず選手が混乱してるようにも見えます
[ 2016/12/14 14:49 ] [ 編集 ]
>監督はこれまでに何度も発言しているが、若い選手ばかりを起用しなければならない事には批判的なようだ。
若い選手をわんさか取ってきて、更には前半それらの選手を積極的に起用
そして守備のバックアップを獲得しなかった自分のせいなのに批判的とか言われてもなあw
自業自得すぎてなんというか素直にこの監督が大嫌いになりました。
[ 2016/12/14 17:39 ] [ 編集 ]
天使の置物、笑ってしまった
日本人のイメージする天使を飛び超えて、笑いの取れる天使になってる…

新しい怪我人が増えてきたからリハビリ中の怪我人を急がせてる感じですかね
こんなに選手たくさんいてどうすんだ?と思っていたけど、結構なんだかんだ回転してる


[ 2016/12/14 18:43 ] [ 編集 ]
負傷者が多すぎて復帰時期を早めたとかは避けて欲しいですよね
まさかだとは思いますが
[ 2016/12/14 19:51 ] [ 編集 ]
完治はしてないようなので
無理には使ってほしくないですが
完治したら真司、マルコ、ゲレイロの連携を
是非見てみたい。
ゲレイロをどこで使うのかわかりませんが。
[ 2016/12/14 20:17 ] [ 編集 ]
香川のことですが、、
他選手と比べて圧倒的に情報が少ないなんてことありませんよ。
ゲレイロだって、筋肉の問題とだけで全治何ヶ月とか一切出てませんよ。
マニだって、なかなか原因もわからなくてだいぶ時間たってからですよ、判明してのは。
復帰の見込みもアナウンスされてないですし。
怪我で起用していたのも、状態が良くなったり悪くなったりを繰り返していたからで、状態が良くなったときに起用していただけだと思いますね。
二列目はこれ以上いらないですし、なぜ香川が放出なのかわからないですね。
個人の希望をクラブの意向としたいだけのような話ですね。
[ 2016/12/14 22:38 ] [ 編集 ]
野戦だから復帰を急がせているとか想像もしたくないですけど…騙し騙しやって離脱組がまた離脱のループに見えてきます。香川ゲレイロも全部練習参加したようでもないですし、香川自身もブログで年内はやれることを少しずつやるとかいていたので本当にちゃんと治してほしいです。アピールより完治。ロイスもまたケガしないか心配になってきます。何とか持ちこたえてほしいところ。
[ 2016/12/14 23:38 ] [ 編集 ]
また1チーム作れそうな程の怪我人が…
[ 2016/12/15 08:45 ] [ 編集 ]
とりあえず、チームにとってゲレイロの復帰は必須だと思います。
トゥヘルもゲレイロは(ロイスとともに)替えがきかない選手だと言っていましたが、カストロやゲッツェもゲレイロがいると、かなりやり易そうなんですよね。
そして日本人としては、香川に頑張ってもらいたいところです。
[ 2016/12/15 14:43 ] [ 編集 ]
343ならゲレイロはどうみてもサイドバック兼ウイングバックでしょ。
ダイアモンドならトップ下に香川かプレスが良くなったらゲッツェ。
[ 2016/12/15 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。