ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘルがゲッツェを叱責!「まるでCユース(アマチュア)のようだ!」ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



ここはまるでCユース(アマチュア)みたいだ!

トゥヘル、ゲッツェを叱責!



entry_img_1391.jpg
引用元:BILD


気温7度、小雨。このドルトムントのひどい天気はBVB監督の機嫌にぴったりだ。


昨日の午前11時、トレーニング場において:トーマス・トゥヘルはチームが来るよりも早くトレーニング場に姿を現し、くい打ちをしていた。

スポンサーリンク



選手たちはフィールドに姿を現すと、それぞれランニングを始めた。その後彼らはストレッチをしなければならない。マリオ・ゲッツェとマルコ・ロイスの二人の友達は、楽しくおしゃべりをし、楽しそうだった。しかしそれもトゥヘルの言葉が発せられるまでだった。。何よりもゲッツェにとって。



彼は怒鳴ったわけではなかったが、切れのある鋭い声でゲッツェに対してはっきりと言い放ったのだ。“マリオ、それは君にもあてはまるよ。君がここにいるのは初めてではないじゃないか。でもまるでcユース(アマチュアの中でも若いチーム)のようだね。”


20161214185017c9d.jpg


そこでトゥヘルは突然激怒して、“今ここで中断しよう。向こうの端まで行って練習するんだ。戻ってきたら、態度が良くなっていることを期待しているよ。”


金曜日に行われるホッフェンハイムでの試合を前にトゥヘルは厳しくしているようだ。さらにバルトラ、デンベレ―、ゲレイロもトゥヘルの叱責を受ける事となった。


すでに3週間前のフランクフルトでの敗戦の前に監督はこうした状況を見ていた。“チャンピオンズリーグの後のトレーニングから今日にいたるまでのパフォーマンスは1ポイントにも値しないものだった。”



トゥヘルのこうした行動は、いずれにせよ効果があったようだ。笑顔が消えたのはロイスやゲッツェだけではない。





以上です。

トレーニング中の発言ですが、練習を公開していたのでしょうか、多くのメディアでこの話題が取り上げられていました。

まあ実際に見ていないので何とも言えませんが、監督の機嫌が悪かったのか、それとも態度が悪かったのでしょうか・・・。

まあこれで勝ってくれれば良いですが、雰囲気はあまり良さそうではありませんね。


まあマインツでもトレーニング中に大声で怒鳴っていることは良くありましたし、まあそういう事はBVBでも割と頻繁にあるかもしれませんね。



【おまけ今日のドイツ】

201612141850199e3.jpg

ドレスデンのクリスマスマーケット
会場を見渡せる橋になっています。

[ 2016/12/14 18:47 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(29)
さてこの叱責が吉とでるか凶と出るか・・

今に始まったことじゃないかもしれないけどね
[ 2016/12/14 18:55 ] [ 編集 ]
彼女とのベッドインをSNSにアップするような選手だし、きっと同じようなこと何回も言われてそう。
[ 2016/12/14 19:02 ] [ 編集 ]
なんだかわりと優しい怒り方だと思ったのですが、錯覚でしょうかw
[ 2016/12/14 19:48 ] [ 編集 ]
トレーニング中にヘラヘラするな!的な?
[ 2016/12/14 19:53 ] [ 編集 ]
まあ、リーグ戦のあの厳しい状況を考えるとそうなるよね。
ゲッツェも自分は安泰とでも勘違いしてるのか、自分の不甲斐なさを置いといて緊張感なさすぎるわ。
ドイツ代表の肩書きがあるから優遇されてるようなものなのに。
ロイスと相性のいい香川もこの状況をみて虎視眈々とスタメンを奪ってほしい。
[ 2016/12/14 21:30 ] [ 編集 ]
リーグではフラストレーションが溜まる試合続いてますからね
似たような時期にクロップも胸ぐら掴んだりしてましたし監督は選手の態度が気になるんでしょうね
[ 2016/12/14 21:37 ] [ 編集 ]
やっぱりトゥヘルはゲッツェを望んではいなかったんだな
厳しいバイエルンの環境から自分に優しいドルトムントへ逃げ帰ってきた様に映っているんだろうか
[ 2016/12/14 21:46 ] [ 編集 ]
2014-15シーズンのクロップも怒鳴ってばかりだったと香川が言っていました。
[ 2016/12/14 22:12 ] [ 編集 ]
ワールドカップ優勝者のゲッツェは、マスコミが持ち上げて、クラブが持ち上げて、天狗になっても仕方ない。

どうなんでしょうね?中堅クラブならば上のクラブにレベルアップしたいから、叱責されても耐えるとは思いますが、監督より世界を経験し、国を背負う選手が揃う上位クラブでの公の叱責は・・。

プレミアで首位を走るチェルシー、10番のアザールは昨年モウが監督の時は、ヤル気も見えず使い物にならなかった。
モウリーニョが退団し監督が交代した途端に、別人かよ!と思うくらいのヤル気と活躍・・動きが違いすぎる。個人的にはモウリーニョの為には働く気が無かったと確信しています。

まぁ選手も人間だし、ましてやプロなんてプライドや自己中は並みじゃあないからね。
[ 2016/12/14 22:13 ] [ 編集 ]
成績が悪いとそんなもんでしょう
特にゲッツェは結果が出てませんから
昨シーズン好調なドルトムントは、ランニング中にギュンドアンが香川を煽ってソクラテスのパンツずらしたりしてふざけてましたよねw
[ 2016/12/14 22:30 ] [ 編集 ]
そもそもトゥヘルはマインツ時代から基本どナリまくりやし、ドルの選手も普段から慣れてるやろ
[ 2016/12/14 22:46 ] [ 編集 ]
去年は練習中の談笑やおふざけ(いい意味での)が多く取り上げられててそれをとても楽しみにしていたけど、今年はあまりそういった光景は見なくて残念ですね。
[ 2016/12/14 23:04 ] [ 編集 ]
ゲッツェもロイスも素行がいいとは言い難い選手ですから…チームに悪影響もでるし、叱りつけるのはいい事なのでは
[ 2016/12/15 00:00 ] [ 編集 ]
岡崎もトゥヘルはよく怒鳴ってたってブンデス時代のこと語ってましたね
[ 2016/12/15 00:10 ] [ 編集 ]
クロップの胸ぐら掴んだシーンは叱責とかではないとクロップ自ら言ってましたよ。
今回の態度が~とは別の話です。
[ 2016/12/15 00:15 ] [ 編集 ]
ゲッツェはいかにも言われそうなタイプですよねw
[ 2016/12/15 00:33 ] [ 編集 ]
トゥヘルがよく怒る監督だってのはドルトムントに来る前から知られてたこと。
岡崎曰く、トゥヘルに怒られても嫌な気分にはならないみたいですし、理不尽ことで怒ることはないんじゃないですかね。
[ 2016/12/15 01:09 ] [ 編集 ]
何とも言えんなこれは
[ 2016/12/15 02:04 ] [ 編集 ]
まあ、それだけ期待を寄せているのでしょう。
次はまた無敗のホッフェンハイムだし、ゲッツェがスタメンで出るのは確実だろうから。
今の攻撃はデンベレやオバメ、ロイスの個人技頼みだから、ゲッツェや香川ももうちょい頑張ってくれと…。
[ 2016/12/15 02:33 ] [ 編集 ]
叱責は決して選手のパフォーマンスを上げる事は無い とNHKの奇跡のレッスンって番組で言ってたなあ
[ 2016/12/15 03:06 ] [ 編集 ]
やる気を起こすには明確な目標設定が必要だからね。
フロントや監督の態度も選手に影響すると思う。
[ 2016/12/15 05:28 ] [ 編集 ]
神経質そうな監督だから、基本的には練習中のおふざけはNGなんだろうけど、それでも結果が出てれば多少目をつぶってるところもあるんだろうけどね。
ただリーグ戦が厳しい中、影響力のある二人だけに緊張感をもってやってほしいというのは監督ならごく自然なことだとは思う。ゲッツェ、ロイスだけじゃなく、才能がある選手が多いだけに、上手く付き合ってモチベーションを上げさせていくのは監督も頭が痛い仕事だね。
[ 2016/12/15 07:27 ] [ 編集 ]
たしかにゲッツェは見るからに素人っぽいからな。
[ 2016/12/15 07:54 ] [ 編集 ]
まあチームにぬるい空気が漂うのは良くないね。若手に示しがつかないというのはある。
[ 2016/12/15 08:13 ] [ 編集 ]
もしも
”成績が良い時は多少のおふざけは
スルーで機嫌はいいけれど
悪い時はヒステリックに怒鳴る”
としたら監督としてどうなのかなあ?

選手にとっては又か、
でスルーなのか
それとも選手からの信頼を失うのか

世界的に指導者教育とか勉強会のようなものが
あってもいいのかも?
[ 2016/12/15 09:56 ] [ 編集 ]
岡崎はレスター移籍してラニエリの怒鳴らない指導に驚いたんだっけか
あとトゥヘルとマルティンシュミットをクレイジーと表現していたなw

>2016/12/14 22:13さん
昨季モウ監督時のアザールの態度は自身が引き金になった例の女医事件のせいでしょ
女医への自責の念とモウへの怒りと失望でああなった、と
[ 2016/12/15 12:18 ] [ 編集 ]
練習に対しての考えに乖離があるのでしょうね、トゥヘルとゲッツェには。
人格とは裏腹にトゥヘルのトレーニングは定評がありますね。岡崎曰く、頭がくたくたになるような考え抜かれた凝ったメニューらしいですし。
監督は試合には出れませんし、如何に準備できるかがほとんどすべて。
ぶよぶよの天才プレーヤーであるゲッツェとの考えの違いはそこが原因なのでしょう。
昨シーズン、フン、ギュンドアン、ミッキー、そして香川らがコンディションを飛躍的に取り戻したことは評価されてしかるべきですし、ここはチームとして継続して欲しいところ。
やっぱり、次の試合は始まっていますからね、終了の笛が鳴った瞬間から。
[ 2016/12/15 12:46 ] [ 編集 ]
ゲッツェや香川ももうちょい頑張ってくれって、香川は怪我で3週間離脱後初練習したばかりですよ。
今の攻撃人ならカストロやシュールレが頑張らないとでしょう。カストロは怪我しちゃいましたけど。
モルとプリシッチは若いしラモスは貴重な同点弾をアシストしてくれましたのであまり言いたくないで
すけど彼らも頑張らないとですよね。
いつも思うんですけどこうやって他の選手のネガティブな話題だと必ず香川を絡める人が出てきますね。
ゲッツェはこういう空気を読まないところで話題になっちゃいますけど、怪我人が多いなか頑張ってる
ほうじゃないですか。
バルトラ、デンベレ、ゲレイロが叱責をうけたのもおしゃべりについてなんですかね。デンベレはとも
かくバルトラとゲレイロってそんな感じじゃないので気になっちゃいました。
[ 2016/12/15 14:12 ] [ 編集 ]
デンベレ隠しスマホ事件では呆れ+笑いからの叱責でしたね、トゥヘルは
交代投入のときにはプリシッチと笑顔で指示出してましたし
相手の立場によってそれなりに対応を変えているのでしょう
ゲッツェはもう若くないですものね
香川はチャンスですね。アピールする隙が十分にある
[ 2016/12/15 20:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。