ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントではトゥヘルを批判しないほうが良い?トゥヘルを批判したドイツ人が殴られる!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ


二人のBVBファンがトゥヘル監督をめぐって争い!最後には暴行沙汰に!


entry_img_1392.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ新聞



ドルトムント

できればトーマス・トゥヘルについて悪いことを言うのはやめておいたほうが良いだろう・・・・。


スポンサーリンク




土曜の夜、ドルトムント駅で始まったBVB監督をめぐる議論は、顔面に一発という結果に終わることとなった。




2たりの酔っぱらったBVBのファン(22、44)はアウェーでの試合から帰ってきたところだった。警察の話によると、26歳のファンは何度もトーマス・トゥヘルに対して批判的な意見を述べていたようである。


そして、それを聞いていた46歳のファンはついに限界に達したようだ。彼はドルトムント監督とドルトムントとの結婚を守らなければならない義務があると感じていたようで、この26歳に向かっていき、直接顔面を殴ったとのことである。



この攻撃をしたファンは、最終的にはこの行いが悪いものであると気が付き、謝罪をしたようであるが、26歳はそれにもかからわず傷害罪で訴えるつもりのようである。



ドイツ警察は、検察側に引き続き捜査を引き継いだようだ。








以上です。

トゥヘルを批判しないほうが良い・・というのはこの記事の一番最初の言葉ですが、まあ殴られたら確かに困りますからね。まあ酔っぱらったサッカーファンがいたら近寄らないのが一番です。

それにしてもまあ監督を批判されて、自分まで批判されたと感じてしまったのでしょうが、これと似たような例としては、勝ったチームのファンがやたらと負けたチームのファンに絡んでくることがありますね。別に自分が勝ったわけではないのに偉くなったように錯覚してしまうファンというのも少なからずいるので、スタジアムに行くときは気を付けなければなりません。

管理人の地元ドレスデンでは今シーズンから2部に昇格し、まだ一部との入れ替え戦が可能な位置おり、一度見てみたい気もするのですが、実際にスタジアム観戦するには腰が引けます・・・



【おまけ今日のドイツ】

201612150356412b6.jpg


クリスマスマーケット
小さな町にもクリスマスマーケットが、開かれ近所の人を楽しませてくれます。
[ 2016/12/15 06:00 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(9)
うーん凄まじい入れ込み具合
サッカーを強くするのは国の文化もかなり関係してるように思う。
[ 2016/12/15 07:39 ] [ 編集 ]
殴った方も殴られた方も酔っ払いならトゥヘル関係ないんじゃないかな 笑
[ 2016/12/15 07:51 ] [ 編集 ]
ここにも以前トゥヘルに対する批判的な記事を載せるなと言う人がいましたし
まぁ成績悪けりゃトゥヘルだけじゃなくどこの監督も批判されてますからね
ペップもレスターに負けた後は他サポからだけじゃなくマンチェスター・シティ・サポからも叩かれてましたから
酔っ払いは無視でいいでしょ
[ 2016/12/15 07:56 ] [ 編集 ]
類友ですかね^^;
[ 2016/12/15 11:38 ] [ 編集 ]
殴っちゃ駄目ですけど気持ちが少しわかります。なんとなくこういう記事はビルトって思ってましたけど、
西ドイツアルゲマイネも書くんですね。そっちのほうにびっくりしちゃいました。
[ 2016/12/15 13:22 ] [ 編集 ]
チームだけでなく、特定の選手のファンにもそれを感じることが多々。
ヤバイ時には負けを喜ぶファンまで…

ヒステリックにならないよう気をつけたいですね。
[ 2016/12/15 13:43 ] [ 編集 ]
46歳のファンは頭髪に関しても批判され、同族意識で激高した可能性もありますね。
[ 2016/12/15 16:47 ] [ 編集 ]
12/15 13:43さんと似た感じになりますが、

特定の選手のファンだけでなく、特定の選手のアンチに対しても感じます。
その選手に対してもネガティブなことがあると嬉しそうですから。
両方の反応に辟易することが多々。
反面教師にして、気をつけようといつも思います。
[ 2016/12/15 18:06 ] [ 編集 ]
18:06さんに同意です。ファンがチームの負けを願うコメントはこちらで見たことがなかったのでちょっと驚きです(管理人さんが選別してくださってるのかもしれませんが)。チームが勝たないとタイトルが獲れないし好きな選手のプレーを見る機会が減りますよね。選手と周辺に願望を押し付けるようなコメントは行き過ぎと思ったことがあります。アンチのコメントはどの選手・監督に対してでも基本スルーですけど、この頃は怪我や人格に及んだり他の選手・監督の記事に絡めたりと辟易してました。特定の選手・監督のファンの擁護が過剰と言われますけど、アンチの比較対象選手・監督の擁護も過剰だと思いますのでどっちもどっちですね。
今期は試合を見ていたと思えないようなコメントが目につく気がします。戦術やシステムなどに興味や理解がないのは別として、明らかにポジションが違う選手を比べたり怪我で早々に交代した選手を批判したり。試合の実況や解説者のコメント(日本は実況がかなりいい加減なことを言ってます)、マスコミの記事や採点などの影響がありそうです。特にネットサッカー雑誌は元々選手・監督の発言を歪曲したり戦術や試合の解説がいい加減で、選手・監督・チームを貶めるだけの煽り記事が多いですね。ブンデスの記事の引用元はここで読めるので助かってます。やはり自分の目で試合を見て選手・監督の元の発言を読んで判断するのが大切ですね。
[ 2016/12/17 19:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。