ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント‼誤審でロイス退場に!10人でホッフェンハイムと引き分ける!マッチレビュー+選手採点!《ドイツの反応》




ビルト



ヴァーグナーのインチキゴールがドルトムントを怒らせる。


entry_img_1396.jpg
引用元:Bild

いったいなんと集中した激しい試合だろうか!!ホッフェンハイムはドルトムントと2:2で引き分け、ブンデスリーガ15試合を終えていまだに無敗だ。いずれにせよドルトムントのみんなはサンドロ・ヴァーグナーのいんちきゴールに腹を立てている。


早い時間帯でのウート(3)とゲッツェ(11)のゴールの後で、ブラント審判のチームは2つの大きなミスを犯した。

スポンサーリンク





▶20分:サンドロ・ヴァーグナーがベンダーを押し、ヘディングで2:1としたのだ。




BVBヴァツケ:“本当に前半の信じられない誤審に腹を立てている。彼が押しているのは誰の目にも明らかだね。クレイジーだよ。信じられない。彼はこういうプレーをすることは、みんな知っているというのにね。”


シュメルツァー:“サンドロはクレバーだね。でも彼は正にズヴェンが飛び上がろうとしたその瞬間に押している。それで彼がボールに届かないようにね。ほんのちょっぴり押すだけで十分なんだ。”



▶41分:アミリがロイスを掴む。その後ロイスも相手を引っ張ったがこれで2枚目のイエローをもらって退場となった。


20161217074410ea9.jpg


ビルト審判のキンヘーファー:“審判は最初の(アミリ)ファールをみなければならなかった。本来だったらドルトムントのフリーキックだったね。”




ロイスも同じ意見のようで、そのフラストレーションを控室へのトンネルでぶちまけている。



ヴァツケ:“この退場は本当に信じられない。相手がロイスを1分間にもわたって引っ張り続けているじゃないか。このような審判のパフォーマンスは信じられないね。ほんとうにひどい誤審だよ。”


20161217074412287.jpg



後半に入っても試合は非常に緊迫したものだった。ヴァーグナーがポスト直撃のシュートを放った18秒後にドルトムントが同点に追いついたのだ。


▶48分:オバメヤンがキーパーをかわしてループシュートを決めた。10人で2:2に追いついたのだ。そしてこれはこのガボン人の、公式戦165試合目にして100ゴール目となった。



二つの不利な判定にも関わらず、ドルトムントは強い意志を見せた。


BVBにとって良かったことは:2アシストのデンベレーが負傷交代したが、大けがではなかったことだ。



そして:ユリアン・ヴァイグルが2021年まで契約を延長したことだ!!





【採点】


ヴァイデンフェラー 4

ギンター 3

ベンダー 4

バルトラ 5

シュメルツァー 3

ヴァイグル 3

プリシチ 4

ゲッツェ 2

デンベレー 1

ロイス 4

オバメヤン 2







以上です。

今日ほど勝ってほしいと思った試合は今シーズンありませんでしたが、一歩及びませんでした。ドルトムントもファールが多かったですが、ホッフェンハイムの体のぶつけ方は結構激しかったですね。デンベレーがただの打ち身だけで済んで良かったです。

それにしても二つの誤審には本当に腹が立ちますね。今はビデオ判定が話題になっているようですが、ドイツでもその議論に拍車をかけることになりそうです。

ロイスが退場して本当にどうなるかと思いましたが、チームのやる気は感じられました。デンベレーが最後までプレーできていれば逆転も期待できましたが、本当につぶされてましたね。

まあ3位のホッフェンハイムとのポイント差が広がらなかったので良しとしましょう。


それからヴァイグルの契約延長ですが、まだサインはしていないようですが、まあ決まりな感じですね。これは嬉しいニュースです。



【おまけ今日のドイツ】

2016121707441481e.jpg


クリスマスマーケットにあった巨大ピラミット
本当に誤審ならロイス自身が多少抗議するんじゃないですかね…潔く去ったあたり本人もやっちゃった感じはあったんじゃないでしょうか。
[ 2016/12/17 08:03 ] [ 編集 ]
10人になってかえって動きが良くなった。
後ろが7人でコンパクトに守れて、ゴール前では常に数的有利の状態で守れた。ベンダーが生き返った。
前のスピードスター2人も動ける範囲が広なったおかげで裏取りやすくなった。オーバは競り合いのとこよく決めた。

ホッフェンハイムは、ファールに頼りすぎた。レガースの上からだったらスパイクの裏見せてたし、転んだ相手には手を踏んづけてもいた。いらんことに気を取られすぎて肝心なとこでやり損なっていた。

おかげでドルは大助かりだったよ。今日は負けたらほぼ上位フニッシュを諦めなきゃいけなかったんだからな。やられまくっていたデンベレには可哀想だったけど、もっとファールしろと思って見ていたよw

今日のドローは勝ちに等しい。これで上位でフィニッシュ出来る目処が立ったからな。

あとは、香川がケガ人連れて温泉行ってくれれば、休み明けからは暴走出来るだろw
[ 2016/12/17 08:39 ] [ 編集 ]
相手は上位出し負けなかっただけいいんでしょう。
でも個人的にはホッフェンに引き分けというだけで今何か気が抜ける。
逆に言えばあれだけ去年順位固定を言われてた割に、今年はいろんなチームが調子がよく
他のチームにしてみれば面白いシーズンでしょうね。
そんな中しっかり上位キープのバイエルン、ELすら大丈夫か?なドルトムント。
うーん。
[ 2016/12/17 09:32 ] [ 編集 ]
相変わらずゲッツェの評価が高いけど
そんなによかったですかね?
ゴールもデンベレの素晴らしいプレーのお陰だし

それにしてもホッフェンの荒さと今回の審判は酷かったです。
マルコの不当退場がなければ
交代選手も戦術も変わっていたでしょうが
できればゲッツェとプリシッチを替えてほしかったです。

まだ若いから仕方ないのかもしれませんが
プリシッチの無駄なドリブル突破は相変わらずな感じがします。
モルよりもトゥヘルのお気に入りなのかスタメンが多いけど
周りの選手を上手く使い始めるようになり
アシストを量産し始めたデンベレの急な成長が素晴らしいので
どうしても比べてしまいますが
アメリカでも若手の大スター選手扱いの記事を見るにつけ
いつまでも自分のプレーを客観視できないと
周囲におだてられ有頂天になった結果
今やプレミアで名前さえ見なくなったヤヌザイと
同じようにならなければいいですが。
[ 2016/12/17 11:04 ] [ 編集 ]
4:30の試合目覚ましかけても起きれない…
[ 2016/12/17 12:47 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイムはフィジカルは強かったけど思ったほど堅守じゃなかったわ
しかしあの選手層であれだけできるのはナーゲルスマンの手腕だな
ドルは怪我人がいるといっても選手層は上なのに守備で中盤は簡単に打たせるわ後ろは裏を取られるわで酷かった
10月以降ボランチ、アンカー、SB、CB、GK すべてのポジションで物足りないどころじゃないね
攻撃はデンベレ様様でこれでは先が思いやられる
[ 2016/12/17 13:29 ] [ 編集 ]
ビデオ判定なんかを取り入れたら、更に審判への価値や権威、そして審判のレベルも低くくなると思う。審判を守ることにもならないと思う。
[ 2016/12/17 13:56 ] [ 編集 ]
ロイスの2枚目イエローはリプレイ見ると相手がずっとロイスを掴んで勝手にバランス崩しただけですが
ロイスもすぐに手を引っ込めたとはいえ一瞬相手を両腕で抱え込みそうな体勢になったので
後ろにいた審判にはそこしか見えなかったんでしょうかねぇ
[ 2016/12/17 14:29 ] [ 編集 ]
ドルトムントは全面的にビデオ判定を推奨しろ。マリーシアもサッカーの一部的な古い秩序をなんとかしてくれ。
[ 2016/12/17 15:06 ] [ 編集 ]
前節もフランクフルトvsホッフェンハイムでチャンドラーが謎退場したし(勝敗にはほぼ影響なかったけれど

マインツvsメンヒェングラートバッハのゴール取り消し
ハンブルガーvsアウグスブルクの大荒れ試合と
ここのところブンデスで審判にスポットが当たる試合が多いのが残念です

VARはいい感じに問題点が出てきてるので議論のし甲斐があるでしょうか
[ 2016/12/17 15:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。