ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBヴァイデンフェラー、時速70キロオーバーで3か月の免停に!!!ドイツ紙《ドイツの反応》



【ビルト】


ドルトムントのゴール・キーパー、罰を受け入れる


ヴァイデンフェラー、免停に!

entry_img_1398.jpg
引用元:Bild


免許が取り消しに!

ドルトムントのロマン・ヴァイデンフェラーは、3か月間運転免許を預けなければならなくなった。このキーパーはズィーゲンの法廷で行われた聞き取りで、今年の8月に、ブルバッハ付近の国道で時速170キロで走っているところをオービスに撮られた。最初、ヴァイデンフェラーは罰金に異を唱えていた。本来であれば木曜日にそのための聞き取りがズィーゲンで行われるはずであった。

スポンサーリンク



ヴァイデンフェラーの弁護士:“弁護人との話し合いの末、意を唱えない決断をした。ヴァイデンフェラーさんは罰金と免停を受け入れました。”



そしてそれは裁判所の広報担当も認めている。“異議は取り下げられました。なのでこの予定はキャンセルとなりました。”



彼は制限速度100キロの道を171キロで走っているところを撮られていた。ヴァイデンフェラーは免許を預けなければならないだけでなく、600ユーロの罰金を払わなければならない。



しかし裁判所の広報担当は、彼が走っていた道路は比較的大きくしっかりとした道であったことを強調している。


ヴァイデンフェラーはものすごい速度超過を犯したが、他者に対して危険な運転をしたことには当てはまらないようだ。



ヴァイデンフェラーは現在レギュラーであるロマン・ビュルキの負傷のためゴールを守っており、これまでチャンピオンズリーグ2試合と、リーガ3試合に出場している。







以上です。

以前に取り上げた記事の続編がでていましたので紹介しました。罰を受け入れて免停となったようですね。ドイツでは一般道でも100キロまでは出せる区間もけっこう多いのですが、さすがに70キロはオーバーしすぎですね。たしかに区間によってはアウトバーンと変わらないぐらい整備されている所もあります。

初めは罰金に意を唱えていたようですが、それを取り下げたようです。その背景に前回の記事の影響があったのかが気になるところですね・・。

一番の事故の原因はスピードの出しすぎと車間の詰めすぎのようですから、気を付けたいものです。

[ 2016/12/18 17:58 ] ヴァイデンフェラー | TB(-) | CM(3)
高速ならまあ自己責任でとしか・・・下道でやってたらフォローできませんけどね
私も高速ではふわわキロはよく出てますし・・・バイクの性能が良すぎて
[ 2016/12/18 18:27 ] [ 編集 ]
速度制限無しの道もあるんだっけ?気のせい?
[ 2016/12/19 01:52 ] [ 編集 ]
日本なら一発免停だね
まぁ事故んなくてなにより
[ 2016/12/19 06:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。