ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ヴァイグルと2021年まで契約延長!代理人が認める!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



中盤の至宝!残留!

ヴァイグル、ドルトムントと契約延長!


entry_img_1399.jpg
引用元:Bild


これはBVBにとっては早めのクリスマスプレゼントだ!

トーマス・トゥヘル監督はこれからも中盤の至宝、ユリアン・ヴァイグルを計画に加えることができる。このパスマシーンは2019年までとなっている契約を2年間延長した。

スポンサーリンク




ヴァイグルが2021年まで延長!



彼の代理人であるミヒャエル・デッカーがビルトに対してそれを認めた!“我々はサイン目前です。今年中に決まる可能性はかなり高いですね。”



つまり:詳細に至るまで話し合いはすんでいるようで、残るはサインのみとなる。しかしそれも来週実現するようだ。



これはボルシアにとっては重要なサインとなる。これによってドルトムントはヨーロッパのトップクラブを恐れる必要が無くなった。レアル・マドリッドも彼に興味を持っていたのだ。そして何よりもマンチェスター・シティの監督であるペップ・グアルディオラが彼の大ファンとして知られている。そこのSDベギリスタインが先週ケルン戦を観戦していたのは偶然ではない。



ものすごく金持ちなイングランドだったらヴァイグルはドルトムントよりも稼ぐことができただろう。しかしこの代表選手はこれまでにも、“BVBはすごく居心地が良いです。”と強調していた。



ヴァイグルにとって良いことは:これまで150万ユーロとされていた年俸が、すぐに彼のパフォーマンスに見合ったものになる事だ。ヴァイグルは約400万ユーロを稼ぐとみられている。







以上です。

昨日も触れましたが詳細な記事はまだ紹介していませんでしたので、取り上げました。

これは良いニュースですね。代理人の話もありますし、ヴァツケも昨日の試合後のインタビューで特に否定はしていませんでしたから、ほぼ決まりとみて良いと思います。

今年の結果次第でメンバーが変る可能性がありますが、できる事なら、これ以上の流出は避けたい所です。今もまだ良いメンバーが沢山いますから、このメンバーでとにかく安定したチームを作って欲しいですね。守備はなんとかしなければなりませんが・・。


【おまけ今日のドイツ】

20161218065935fce.jpg

ドレスデンの聖母教会

[ 2016/12/18 07:00 ] ヴァイグル | TB(-) | CM(4)
ヴァイグルの残留は大きいけど
最近対戦相手からヴァイグルのところを潰せばってのが明らかですよね
ヴァイグルを休ませるためにもヴァイグルに変わる補強なり誰かをヴァイグルの位置にってのも考えないと
好調だったヘルタ・ケルンが失速してきました
昨日はフランクフルトまで負けました
ここからの逆襲を期待してます
[ 2016/12/18 07:46 ] [ 編集 ]
12/18 07:46さん
たしかに、ヴァイグルの代わりが居ればありがたいですね
しかしそれよりも優先されるべきはギュンドアンの穴埋めだったり
ムヒフンのことろはなんとか誤魔化せてますが、ギュンホールはエグい状態ですわね
まー、なんにしてもヴァイグル延長はめでたい!
[ 2016/12/18 14:23 ] [ 編集 ]
まだ二十歳そこそこだからな
ここから数年は出られるかわからないメガクラブ行くよりかはドルで実戦経験積むほうがええやろなぁ
ドイツ代表選出にも有利だろうし
[ 2016/12/18 16:37 ] [ 編集 ]
将来はバルセロナだろうなあ。
しかしこれだけ酷使されて、中盤で彼への依存度が物凄い中、まだ怪我をしていないのは奇跡ですね(^_^;)
[ 2016/12/20 01:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。