ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ドイツ代表の新星ユリアン・ブラントを獲得か!?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



2000万ユーロ



ドルトムントは我々のオリンピックのスターを獲得するつもりだ!




entry_img_1402.jpg
引用元:Bild

移籍市場が熱くなってきている!!ビルトがつかんだ情報によると、ボルシア・ドルトムントがレヴァークーゼンのユリアン・ブラントの獲得に熱くなっているようである。


スポンサーリンク



この左サイドの選手はレヴァークーゼンでの契約を2019年までとしているが、どうやら契約解除条項があるらしいのだ。



▶それによると、彼は2018年に2000万ユーロでチームを去ることができるようである。



さらにバイエルンもこの若い代表選手(市場価値:1600万ユーロ)の獲得を希望している。レヴァークーゼンで当時スポーツ・マネージャーをしていたミハエル・レシュケは最近ではバイエルンで“テクニック・ディレクター”を務めている。この彼が、2014年にブラントをヴォルフスブルクのU19から35万ユーロというバーゲン価格でレヴァークーゼンに連れて来ていたのだ。



レヴァークーゼンのルーディ・フェラーはこの若きスターの残留のために戦っている。“我々が彼を放出する予定はないよ。それにまだ彼の契約は有効だからね。”


その通りだ。現時点では・・・・。



ブラントはブンデスリーガで最も才能豊かな若手とされている。この矢のように素早い左サイドはブンデスリーガ15試合に出場し2ゴール6アシストを記録している。



ドルトムント!バイヤーのスター、ブラントを獲得するつもりだ!

20161220193802e68.jpg


ブラントは今年の夏、オリンピックにドイツ代表として出場し銀メダルを獲得している。ドイツ代表監督レーヴの元では4試合に出場している。ユーロフランス大会では彼はまだ選考外だった・・・。






以上です。


この記事を読んでも、ドルトムントが欲しがっているという情報の根拠がまったく見当たりませんでしたが、2018年に2000万で獲得できるという情報は割と真実味がありますね。2018年に2000万ユーロだったら獲得するべきだと思いますから、今から説得に動くべきでしょう。

しかし今の段階でそのポジションを補強する必要性は全くありませんね。この見出しを見た瞬間“また2列目?”と思いましたが、まあ今すぐではないようなので安心しました。

さて今日でブンデスリーガもしばらく休みですが、この記事のように移籍記事が熱くなってきますね。ブンデスリーガが始まるまでは、移籍記事を多く取り上げることになると思います。





[ 2016/12/20 19:40 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(8)
流石にまたサイドの選手を取るとは思いたくない・・・CBをなんとかして・・・・
結局トプラクはどーなんですかね
[ 2016/12/20 20:28 ] [ 編集 ]
同感、守備の補強を。
[ 2016/12/20 21:31 ] [ 編集 ]
ブラントはリバプールも狙っているようですね。
人気銘柄だし、ドルトムントに来るぐらいならレバークーゼンを選ぶと思います。
そういえばマインツのマリもクロップが狙ってるみたいですね。
[ 2016/12/20 22:05 ] [ 編集 ]
ますますドイツ代表クラブになるのかな。トプラクは来夏で決まりと聞いた覚えが。守備の選手のクゥオリティが低いだけで実はどのポジも人数だけは足りてますからねえ。今みたいに野戦病院化すると困りますけど補強するなら放出しないと人数だけ増えるような、、、

[ 2016/12/20 23:29 ] [ 編集 ]
前線はオバ、ロイス、デンベレで固まった感じがあるけれど問題はギュンドアンの後釜とCBでしょうね。
現状カストロとバルトラが本調子とは程遠いのでディフェンスラインから前線にボールが届かず停滞している印象です。
冬には即戦力のCBがせめて一人ほしいですね。
[ 2016/12/21 01:33 ] [ 編集 ]
頼むからCBとGKにお金を使ってくれ、、、目立つポジションだから気になるのは分かるけど2列目は多過ぎるくらいだよ、、、
[ 2016/12/21 02:28 ] [ 編集 ]
ブラント選手は良い選手ですが、デンベレ選手の補強が当たったことなどを考慮すれば急務ではないでしょうね。
個人的にはオーバメヤン選手の代わりになるFW(放出の噂&ラモス選手では不足)が第一だと思います。
いずれにせよ、人員整理はあるはずですが。
[ 2016/12/21 16:19 ] [ 編集 ]
補強は必要ないでしょう。1億ユーロも使って人があぶれているのに、上手く使いこなせず、ベテランを軽く扱い団結力が徐々に失われているのに。
新人入れてもますます悪くなる一方ですよ。今の状況を改善できるんですかねぇ、段々インテルに似てきてますね。
シュールレをもっと大事に扱うべきですね。彼も代表なのに出場機会がなくこのままだと代表呼ばれなくなっちゃいますよ。
ギンターもオリンピックで活躍したのに、監督が守備の構築が下手なので下手くそのレッテル張られて気の毒です。バルトラもそう、このままでは各国代表レベルの選手は来なくなりますね、悉く悪評されて代表の地位が危うくなってしまうんですからね。香川もそう。
獲るなら即戦力でしょう。ドローが多い試合が続いて修正できないと次は負けますね。今まで色んなクラブ見てきましたが、ドルトムント危ういと思います。
[ 2016/12/21 20:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。