ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムントの補強は?放出は?「これがドルトムントの冬の計画だ!」ドイツ紙《ドイツの反応》



【BVB】



これがドルトムントの冬の計画だ!


これでタイトル争いは終わった・・


entry_img_1405.jpg


非常にがっかりさせられたアウグスブルク戦(1:1)の後でドルトムントに冷めた空気が漂った。トーマス・トゥヘル監督は、この試合は前半戦を象徴するものだったとみているようだ。


スポンサーリンク



トゥヘル:“このアウグスブルク戦は我々のブンデスリーガ前半戦のようだね。良いものもあったし、良い時間帯もあった。必要な闘志も見せたし、ブンデスリーガで継続して成功するために必要な構造やエネルギーも見られた。”


いずれにせよ:“でも残念なことに、いつも何かが欠けていると思わせる時間帯があった。例えば技術的にだらしなかったり、また、時には寝ぼけているのではないかと思う時もあった。そして時には戦術的なことだ。それらの事が前半戦を通して見られることになった。”



では?BVBはこれからどうなるのだろうか?冬に行われなければならないことは?



▶多くの新加入の選手達が、彼らがなぜドルトムントにやってきたのかそろそろ見せなければならない。


マルク・バルトラは彼のポテンシャルを示したが、マッツ・フンメルスを補う事は出来ていない。バルトラはミスが多すぎる。継続的に結果を出さなければならない。


トゥヘルはアウグスブルク戦でのこのスペイン人選手について:“マルクが3日おきにプレーし、責任を担う事に慣れていないことを認めなければならない。”


さらにローデとシュルレもまだ彼ら本来の力を発揮していない。何よりサイドのシュルレは、本来であればもっとできると思われていた。


このワールドカップ優勝者の成績:公式戦13試合でたった2ゴール。(リーガ0得点)



▶ゴールキーパーの問題:ビュルキは早くても2月からしかプレーできない。それまでロマン・ヴァイデンフェラーが代わりを務めなければならない。

いずれにせよ:ヴァイデンフェラーはアウグスブルク戦で7度目となる先発を果たしたが、相手に先制されるのも7度目となった。それでもボルシアがキーパーのポジションで何かをすることはないだろう。




▶補強と放出はあるだろうか?今のところ計画されてはいない。トゥヘルはこれ以上の新加入の可能性は否定している。“それはないだろうね。”

唯一の例外:アドリアン・ラモスに対して中国から巨額のオファーがあれば、ドルトムントは放出を考えるかもしれない。そうなるとすでにブンデスリーガを知っている代わりが必要だ。だからドルトムントはラモスを留めておくだろう。




トゥヘルは、準備トレーニングではこれまでの選手と一緒に働くつもりだ。1月の5日から13日まではマルベラで合宿が行われる。


彼は、これまでがっかりさせるパフォーマンスをしてきた選手達から最高のものを引き出すつもりのようだ。彼らとともにまた攻撃できるように。




トゥヘル:“我々はまだミスをなくすことに成功していない。もちろんそれに取り組む手を緩めるつもりはないよ。1月3日からまたそれに必要な確信と楽観視でもって取り組んでいきたい。”


しかしそれにはオバメヤンが欠けることになる。この点取り屋はガボン代表でアフリカカップを戦う。



もしガボンが決勝まで残るとオバメヤンはブンデスリーガの試合を逃すことになる。それにはライプツィヒとの試合も含まれている。2月8日のポカールヘルタ戦には間に合うという希望が残されている。







以上です。

まあ今のことろメンバーはいますから、やはり放出も補強もなさそうですね。守備の補強が気になるところですが、ベンダーも復帰しましたし、夏にトプラクを獲得する予定だとしたらここでは獲得しないという事でしょう。

トレーニングで誰かが怪我しない限りはこのメンバーで継続でしょうか。


しかし“これがドルトムントの冬の計画だ!”と勢いの良い見出しを立てておきながら、補強、放出なし、と言うところはビルトらしいですね。思わず期待しましたよ。

[ 2016/12/22 06:25 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(18)
新年早々合宿ですか・・香川もゆっくり静養して治療に専念、って感じにはなれなさそうで心配ですが、チームとしてはきっちり練習して後半戦は固い守備陣になっていて欲しいですね。
[ 2016/12/22 07:44 ] [ 編集 ]
管理人さんの言う通りですね。
タイトルで引きつけておいて、読んでみたら無し?とか、ちょっと笑ってしまいました。( ̄▽ ̄;)
[ 2016/12/22 07:54 ] [ 編集 ]
今季は耐えるシーズンですかね。
CL圏内で終えるために、何とかチームを機能させてもらいたいです。

現在のドルトムントには、違いを作れる選手が怪我がちなロイスとゲレイロ、そしてデンベレしかいません。
デンベレは圧倒的な才能の持ち主ですが、若い彼にあまりにも依存しすぎている事が、チームの機能を低下させる要因になっているようにも感じます。

後半戦はスムーズにボールがピッチを回る光景を見たいです。
[ 2016/12/22 08:09 ] [ 編集 ]
補強うんぬんの前にトゥヘルが壊してしまったチームに組織を構築することがまず必要ではないでしょうか?
それでないと数試合上手くいってもまたすぐ対策されての繰り返しになってしまいます
最早チームがバラバラで後ろから組み立てができず運よくドリブルで運んで例え前にボールがいっても連動性の見られない単調な攻撃ばかり
この間の試合では縦パスは引っ掛かるしドリブルでのロストが多過ぎるしでため息ばかりでした
基本的に前半戦は前後分断の個人頼みの中堅のサッカーのまま怪我人も減らずに終わってしまいました
内容からすれば順位通りだと思います

トゥヘルが部分的にではなく攻守において機能する戦術を考えチームに浸透させられれば上位は狙えるかもしれないので頑張って欲しいです
一番正念場なのはトゥヘルなのですから
怪我人が多いのはトゥヘルのやっているサッカー、マネージメントの部分が大きいと感じているのでそこの部分もお願いしたいです
正直若手が好きにやっているサッカーはお腹一杯です
[ 2016/12/22 08:29 ] [ 編集 ]
トゥヘルのインタビュー読んでると、こうなった原因分かっちゃいないんじゃないの?と言いたくなったw
まーいずれにせよ、あまり期待はしてないからこれ以上はツッ込まないけどねw

とはいえ、補強はしないとな。キーパー、ハーフがいないんだから。キーパーはバイデンフェラーが1月にケガでもしたら、その時点でドルの今シーズンは終わり。ハーフは、ローデが盲腸の影響が抜けてないようだし、カストロも足がおかしいまま。現状はベンダー帰ってきたけどまだ90分はシンドイみたいだしセンターバックも手薄だからそっちとの兼ね合いもある。

ハーフで一人いいプレーヤーいるけどね。
鹿島の永木。
インターセプトがかなり上手い。現にマドリーのプレーヤーたちは1対1避けてたしな。同じサイドにいたクリスティアーノなんか永木の足がおかしくなってイキイキしたくらい。ボール取るのが上手いからすぐ使えると思う。
ドイツではTVの中継なかったそうだけど情報が伝わってるといいね。
[ 2016/12/22 08:40 ] [ 編集 ]
シュールレ…
やっぱミキは凄かった
[ 2016/12/22 09:17 ] [ 編集 ]
前監督の時と比べたら情熱は確かに下がったとおもう。前監督のチームが青春スポ根魂なら現監督のチームが冷徹サッカーマシーン。もちろん、プレイヤー同士の距離感は変わってないとおもうけど監督とプレイヤーの距離感が変わったのかな?
[ 2016/12/22 10:08 ] [ 編集 ]
WB前結局6位フィニッシュでしたね
怪我に泣かされたって感じかな
メリノはようやく先発出場機会を得ましたが、これだけ怪我人がいてもベンチにも入れないパク(ひょっとして怪我なんですか?)本人はどう思っているんでしょうか?
1位バイエルンと2位ライプチヒに今から追いつくのは厳しいかも知れませんがその後は混戦状態なので責めてCL出場権は獲得して欲しいな
[ 2016/12/22 10:31 ] [ 編集 ]
「ドイツ代表の新星ユリアン・ブラントを獲得か!?」って数日前の記事は何だったのか、ビルト ?!
[ 2016/12/22 10:37 ] [ 編集 ]
ドレスデンの選手が銃撃されたニュース見ました。ドレスデンという名前を見た瞬間、ここのブログが頭に浮かびました。
言われなくても気をつけていらっしゃるとは思いますが、管理人さんも気をつけて下さいませ。
[ 2016/12/22 10:44 ] [ 編集 ]
前線に関してはトゥヘルのやりたいことに対して人材はいるんでしょうね。あとは怪我人が戻ってくるだけ。
そこから結果がついてくるかは又別問題なんでしょうが。
守備に関しても人を入れて補強するというより組織を再構成するんでしょうね。
これ以上を求めればコスパが悪くなるし、結局補強なしがクラブ的には妥当な選択かな。
クリスマス明け以降、バイエルンの対抗がドルなのかRBなのか微妙ですね。
[ 2016/12/22 12:53 ] [ 編集 ]
怪我人が多すぎるのは戦術に問題があるのか
フィジカルコーチや医療スタッフ・体制に問題があるのか
香川の足首についても、日本代表で帰国中に診断が確定した
らしいことにちょっと驚いてしまいました
[ 2016/12/22 14:52 ] [ 編集 ]
14:52さん
骨挫傷の件は
レギア戦後にMRIで分ったことだって香川本人が言ってましたが違いますか?
[ 2016/12/22 18:31 ] [ 編集 ]
ギュンドアンが欲しい。
[ 2016/12/22 18:49 ] [ 編集 ]
ほんと、ギュンドアン&ムヒタリアン(&フンメルス)のおかげでどれだけ周りの選手たちが恩恵を受けていたかが分かるね。
オバメヤン、ロイス、ヴァイグル、デンベレ、ゲレイロ。
やっぱり核になる選手にはメガクラブからしっかりオファーが来てるなあ。
[ 2016/12/23 01:27 ] [ 編集 ]
ガナがもう取っちゃったけどbvbはムスタフィを取るべきだったな
[ 2016/12/23 01:37 ] [ 編集 ]
12/22 18:31さんへ
確か日本代表に招集された時に、日本代表のメディカル・スタッフに
骨座礁の疑いがあると指摘されたと思います
[ 2016/12/23 04:18 ] [ 編集 ]
去った3選手がいないのは確かに痛手ではありますが、昨シーズンは選手みんながお互いを補完し合ったプレーできていたのが一番大きかった気がします。
例えばギュンとか後半途中からずっと怪我でいませんでしたが、カストロがちゃんと穴を埋めていましたから。
そしてクロップのラストシーズンは、その3選手もいてのあの低迷でしたから、戦術や選手のコンディションや怪我が一番の問題で改善すべきことだと思います。
[ 2016/12/23 11:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。