ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBトゥヘルと幹部が会談し、前半戦を分析!前半戦の不調は、新加入の多さや戦術の変更が原因!《ドイツの反応》




ビルト



ドルトムントでボスたちが会談!!


ドルトムント、危機的な状態のままクリスマス休暇へ!

entry_img_1409.jpg
引用元:Bild


昇格チームであるライプツィヒに9ポイント差。これが意味することは、16試合を終えて6位という事だ。それどころか、BVBのファンの中には、バイエルンの次のポジションが長期的にライプツィヒに奪われてしまうのではないかと心配する人も出てきた。そしてドルトムントのボスたちもこのテーマについて話し合った・・・。


スポンサーリンク





ヴァツケ、ツォルク、トゥヘルによる会議!



BVBはライプツィヒ・アタックに関してこのように計画している!


ビルトの情報によると:ドルトムントの3人は水曜日に何時間も話し合った。その日のテーマ:半年間の分析だ。そしてその結果:チャンピオンズリーガでは素晴らしく勝ったが、リーガでは平均的だった。



総合評価:3

BVBのマネージャー、ミヒャエル・ツォルク:“チャンピオンズリーグではレアルと同組という難しい組でありながら一位通過でアピールした。それどころか得点21と記録も打ち立てた。しかしリーガでは4から5ポイント足りなかったと認めなければいけないと思う。でもこれでパニックを起こす必要はないね。”



つまり:後半戦では缶飲料帝国に対して攻撃を仕掛ける!



▶BVBのボスたちはリーガ不調の原因として8人の新加入と6人が出て行ったことを挙げた。さらに継続性のなさと頻繁な戦術の変更もあがっている。


ヴァツケ:“我々のチームは、まずちゃんとした連携を見つけなければならない。以前もタイトル獲得ができるようなチームになるまで時間がかかっている。”


ツォルクも同様の意見だ。:“我々はどこを取り組まなければならないか知っている。後半戦はこの点差は埋められると思うよ。”




▶冬の移籍はない様だ。しかしビルトの情報によるとすでに一つの移籍は決定している。レヴァークーゼンのエマー・トプラクが1200万ユーロでやって来る。


ドルトムントが後半戦の攻撃を計画している!トーマス・トゥヘルは家族とともに昨日インド洋での休暇に向かって、それに必要な力を蓄える事だろう!







以上です。

会談の内容まではさすがにわからないでしょうが、その後ツォルクとヴァツケのコメントはとったようですね。こういう粘りはビルトならではでしょうか。

戦術が頻繁に変更されることが原因に挙げられたようですが、興味深いですね。本当かどうかは分かりませんが、もう少し安定するまでは、あまり頻繁に戦術を変えないで行こうという方針にでもなったのでしょうか?

これがどういう影響を与えるかちょっと興味深いです。

さてトゥヘルはドイツを離れて休暇ですか。最後の一文ですが日本だったら皮肉に受け止められる可能性もありますので、一言言及しますが、ドイツでは休暇は絶対に必要なものと認識されています。調子悪いのに休んでる場合か?という発想ではなく、しっかり休んで力を蓄えろ!と言う感じですね。


【おまけ今日のドイツ】

20161224061929a27.jpg

ドレスデンのクリスマスマーケットも明日で終了です。
[ 2016/12/24 06:15 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(8)
インド洋ってモルディブですかね、羨ましい!
以前ドイツ人の友人がドイツ人は旅するために働いているようなもんだと言ってましたよ
さて本題の不調の原因ですが
新加入が多かったことに加え似たような攻撃の選手をかき集めたってのもあるかな
対戦相手により戦術を変更するっていうのはトゥヘルがBVBの監督に就任する前から言われていたことだし
それを引き出しがあるとポジティブに捉えている人もいましたけど
第一の不調の原因はやはり怪我人の多さで管理人さんも指摘してましたが怪我明けですぐに試合に出してまたすぐ怪我ってのもありましたしそこを何とかできなかったのかなとも
野戦病院の中から少しでも怪我の状態がマシな選手をピッチに送りだす、こんな状態では勝てるものも勝てませんよね
ライバルがバイエルンでなくすでにライプチヒになってるようで悲しい・・
[ 2016/12/24 07:18 ] [ 編集 ]
中心となる選手を見つけてスタメンを組みたいのに怪我人が多くてそれもできず、トゥヘルも試行錯誤するが上手く行かない、結果連携を深めることもできないという悪循環の前半戦だったなあ。
ウィンターブレイク中になんとか解決策を見つけてほしいです。
[ 2016/12/24 07:55 ] [ 編集 ]
えーと、ビルト記事にする程の内容か?
開幕以降、ここでもズーッと言われている事ですね。新加入選手の多さと定まらない戦術と主力の移籍・・フムフム。

まだまだ有りますね〜異常な怪我人過多のマネージメント能力の欠除と定まらないポジション、チーム一丸と言いながら偏ったベンチ入りと先発。
でも私が一番の原因と考えるのは、開幕以来クラブ首脳が醸し出す、主力抜けと新人が多いから優勝は無理、ソコソコの成績でも仕方ない・時間がかかる・今シーズンは無理でしょ的な雰囲気とトゥヘル擁護ですね。

ブンデスは、そんな考えで勝ち抜ける程甘いリーガーですかね〜。
選手のモチベーションに与える影響は大だと思います・・来シーズンの為に、怪我や痛みに対して無理はしませんよね。

鹿島対マドリーじゃあないけど、一度緩んだモノは中々引き締まらない。
順位的にはCL圏内付近にいるのだから、ソコソコの成績ですし、CLでの賞金も確実に稼いでいる現状では、首脳陣としては内心満足しているんじゃあないのかな?スタジアムは相変わらず満員御礼だしね。
[ 2016/12/24 10:39 ] [ 編集 ]
後半戦修正できたら凄いけどな。
夏に取ってきたローデが微妙だったのが痛い。
今の状態だとヴァイグル潰されると機能しなくなるし、彼が怪我したら終わり。
攻撃の枚数は十分足りてるんだから守備をもっと充実させるべきだったわ。
[ 2016/12/24 12:47 ] [ 編集 ]
まあトゥヘルは反省していないでしょうな
悪いのは選手たちですからねぇ
[ 2016/12/24 14:19 ] [ 編集 ]
そう言えば、トゥヘルの契約延長の話は止まったままなのかな
ってことは、この話し合いは、首をかけた話し合いだったのか
で、トゥヘルが折れたと?
まあ一瞬だけでトゥヘルは変わらない気がするけど・・・
[ 2016/12/24 17:14 ] [ 編集 ]
普通プロなら、開幕前や補強時に計算出来て当たり前なのに、これで結構な金貰って飯食ってるのが笑える。マンUも似たような現象。金が集まり過ぎるとしがらみも増えて判断も窮屈になるもんかね。
[ 2016/12/24 17:45 ] [ 編集 ]
ドイツでは休暇は絶対に必要なものと認識されています

↑これ根付いてるの凄く羨ましい
[ 2016/12/24 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。