ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBズボティッチ!酒井のハンブルクに移籍の可能性!!《ドイツの反応》




RPオンライン



ハンブルガーSV、バートシュトゥーバーとズボティッチの獲得を狙う!



2016122417364616c.jpg


ハンブルガーSVは冬に補強をするつもりだ。この北ドイツのチームは何よりも守備を強化しなければならない。今のところハンブルガーはホルガー・バートシュトゥーバーとネヴェン・ズボティッチの獲得について考えているようだ。


スポンサーリンク



すでにケルンのメルギム・マヴライの移籍が目前とされているが、それはただの始まりに過ぎない。ハンブルクは壊滅的な前半戦の後で守備を強化しなければならない。マヴライの他にさらに二人のセンターバック、そして一人のボランチが来なければならない。そしてハンブルクはビックネームの獲得を考えている。


ビルトやスポーツビルトの情報によると、ネヴェン・ズボティチとホルガ―・バートシュトゥーバーの名前が挙がっている。ズボティッチは金銭的に危険を犯さなくてすむようにボルシア・ドルトムントからのローン移籍が有力であるとみられている。なぜならズボティッチは何度も負傷を繰り返しており、肋骨摘出手術の後で11月に下部で復帰したばかりだからだ。


さらにバートシュトゥーバーの獲得もそれと似たような状況にある。度重なる負傷に苦しむ彼はバイエルンのアンチェロッティ監督の元ほとんど出番がない。この27歳の契約はこの夏で終わってしまい、さらにホッフェンハイムのズィーレがバイエルンに移籍するという噂からも、この可能性はありそうだ。いずれにせよハンブルクはこの冬2000万ユーロの補強を計画しており、移籍金がネックになる事はなさそうである。


マヴライに関してはすぐにでも進むとみられている。このアラビア人は金曜日にもメディカルチェックを受けるとみられている。いずれにせよケルンのボス、シュマトケの話によると“書類でのオファー”は届いていないとのことだ。話し合いでは180万ユーロの移籍金と、一部残留したらそれに上乗せされるとされている。






以上です。

ドルトムントからは移籍させないとのことですが、これは実現しますかね。ドルトムントは守備が怪我がちですし、ズボティチの調子次第では後半戦の戦力として考えている可能性もありそうに思います。彼の調子が戻ればソクラティスとズボティチのセンターバックは計算できそうですよね。

ただ今後も出番がないのであれば、個人的にはブンデスリーガ内の移籍は歓迎したいです。ただハンブルクは降格する可能性もありますし、決断の難しいところですね。


まあ監督がかわり酒井選手がキャプテンになってからは少し持ち直してきましたので、結局残留しそうな気がします。そして来シーズンまた出だしで失敗して監督交代とか・・・・


【おまけ今日のドイツ】

20161224173954334.jpg

クリスマスマーケット内にあったメリゴーランド
[ 2016/12/24 18:00 ] ズボティッチ | TB(-) | CM(5)
移籍が決定的なマヴライは堅守ケルンのベストディフェンダーで、それに加えてスポティッチとなると後半戦のHSVには期待出来そう
守備が酷すぎるだけで攻撃面は悪くないし
[ 2016/12/24 18:39 ] [ 編集 ]
トゥヘル体制になってから、スポは良い事が無いからね。何事にも相性はあります。
運の悪さと身体の調子含めてね。
新天地で心機一転も良いと思います。
好きな選手だけにね。
[ 2016/12/24 19:55 ] [ 編集 ]
スボとパパのコンビはけっこう良かった記憶がある
[ 2016/12/24 23:16 ] [ 編集 ]
スポ…大好きでした。
ドルトムントの象徴のような選手がまた…病気は治ったのでしょうか…
どこへ行っても応援しています。
[ 2016/12/25 01:09 ] [ 編集 ]
ジュルーとスパヒッチとかいう名前だけで見ると凄そうなコンビが今期ではまるで役に立たない障害物とかしてる誤算
ホルバディとスボティッチが同じ道を辿る事が無いように期待
[ 2016/12/27 16:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。