ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙、フランクフルト長谷部を前半戦の影のヒーローに選出!!《ドイツの反応》





ユーロ・スポーツ



戦術チェック!前半戦の影のヒーロー


ヨナス・ヘクトーア、ミッチェル・ヴァイザ―、長谷部誠!

entry_img_1418.jpg
引用元:Eurosport



ピエール・エメリック・オバメヤン、アントニー・モデスト、そしてロベルト・レヴァンドフスキーはマシンのように得点を重ね、ティアゴは芸術的な魔法を見せた。しかしこれらの前半戦トップスターの他に、スター選手の影に隠れてはいてもチームにとって非常に重要な選手が何人かいた。ユーロスポーツドイツ版が戦術チェックで前半戦の影のヒーローを紹介する。

スポンサーリンク




ヨナス・ヘクトーア ケルン
寸評略

ミッチェル・ヴァイザ― ヘルタ
寸評略



長谷部誠:コヴァチのリベロ

3バックが再び流行ってきている。シャルケ、グラートバッハ、ケルン、ドルトムント、ヴォルフスブルク、ホッフェンハイム、そしてフランクフルトが今シーズン3バックのシステムを採用している。アイントラハト・フランクフルトにおいての3バックは非常に伝統的な方法が採用された。本来は6番や8番のポジションをこなす長谷部であるが、3バックでは中央でプレーし、リベロのようなプレーを見せた。彼の両隣の選手が対戦相手をマークし、ラインから離れた時、彼はその穴を埋める働きをしたのだ。

この日本代表のキャプテンは組み立てにおいては、正確なパスでリズムを確立した。彼は基本的には根気強くボールを幅広くさばいていた。そして相手選手が前に出てくると、長谷部はロングボールを相手ディフェンダーの後ろへと送った。それらのボールが常に仲間に届いたわけではなかったが、別にそうならなければならないわけでもない。フランクフルトはセカンドボールの奪取に関しては他のどのチームよりも輝いており、さらに定期的にゴール前で怖さを見せている。






以上です。

こうした影のヒーロー特集というのも面白いですね。そしてブンデスリーガでもベテランになった長谷部選手がこうして注目されたのは嬉しく思います。

フランクフルトも今のところ4位と好調ですし、できれば長谷部選手には後半戦もこの活躍を続けてほしいですね。

しかしヘルタ、フランクフルト、ケルンと、日本人選手の活躍を応援していますが、ドルトムントと順位を直接争うクラブとなってしまっている所が複雑な所ですね・・・。どうしてこうなった・・ドルトムント・・・・・・・・・。







[ 2016/12/30 06:15 ] 未分類 | TB(-) | CM(12)
長谷部、大迫、原口は本当に素晴らしい活躍をしてますね。
原口は公式の左SHベストイレブン候補にも選ばれてましたよ。
この3人は、ほんと「戦っている」と思います。
活躍するのも当然です。

最近つくづく思うのは、小手先の技術だけじゃ駄目だなと。
技術だけじゃ、激しい試合や重要な試合では使い物にならない。
「戦う」という事がいかに大事かを思い知らされました。
攻撃においても守備においても、1対1の強さがなければ話にならないですね。

この3人は、本当に体を張って勝負をしていると思います。
強いです。頼もしいです。
[ 2016/12/30 07:22 ] [ 編集 ]
ベテランの不調
中心戦力の離脱
TOが出来ない主力サブの力量差
完治しないまま出さなければならない状況・・・
後半戦はどうにか頑張って欲しいですね
[ 2016/12/30 08:24 ] [ 編集 ]
影の…?
メチャクチャ目立ってただろうが
[ 2016/12/30 13:24 ] [ 編集 ]
自分は今季からフランクフルト見始めたけどいいサッカーしてますね
長谷部も安定感あっていいし、個人的にはマイアーさんが好きw
逆にドルトムントは苦しんでますね やっぱ故障者が色んな意味で響いてるんじゃないかなあ
年明けて巻き返せるかトゥヘルにとっても正念場ですね
[ 2016/12/30 16:05 ] [ 編集 ]
こういう評価はなんかうれしいですね。
長谷部はブンデス長いですが、シャーレを掲げたこともあれば戦力外のような扱いを受けたこともありますし、ニュルンベルクでは降格も経験した。
今、すごく充実していると話してました。
順風満帆な選手なんていませんから、苦しんでる選手たちもがんばって欲しいなあとつくづく思います。
[ 2016/12/30 18:12 ] [ 編集 ]
フランクフルトがブンデスでは一番怪我人による出場出来ない時間数が長いクラブであるとグラフがありました。確かに長期の怪我人が多数いて厳しい状況の中、今いる戦力で出来る新たなニココバチ監督による新戦術を素早く理解しプレー出来る長谷部の柔軟な適応力と頭の良さを感じます。今は攻撃的な選手じゃないので目立つことは少ないですがクラブでも代表でも長谷部は居なくなった時にどれだけチームにとって重要な働きをしていたのかという存在感を増す選手だと思っています。
[ 2016/12/30 21:50 ] [ 編集 ]
めちゃくちゃ目立ってますよね、長谷部。
この前ふと見たらSBで出てたけど、キレッキレで2人くらいドリブルでかわしてクロス上げてました。
その辺の攻撃の選手より上手いし、翻弄してましたよ。

私的に、守備よりも攻撃の素晴らしさが目につきました。
視野が広いし、頭が良いし、敵のどこに穴があるかを分かってるポジショニングをしているし、大黒柱に見えました。
代表ではボランチで欠かせないけど、リベロやSBだけでなく、おそらくトップ下もいけると思います。
守備も強いトップ下になるので、強豪相手には最強だと思うんですけどね。
[ 2016/12/31 02:30 ] [ 編集 ]
ドルトムントはほら、2連覇したときも前半戦こんな感じだったし…
[ 2017/01/02 14:34 ] [ 編集 ]
14:34さん、私も書こうと思ってました
昨シーズンができすぎ感ありました
ケガ人が戻れば後半持ち直しそうな気がしますね
[ 2017/01/03 20:45 ] [ 編集 ]
>代表ではボランチで欠かせないけど、リベロやSBだけでなく、おそらくトップ下もいけると思います。
守備も強いトップ下になるので、強豪相手には最強だと思うんですけどね。


代表で長谷部がトップ下になったらボランチの代わりを務められる選手がいないので
守備が崩壊するのは明らかです
[ 2017/01/05 19:43 ] [ 編集 ]
01/05 19:43さん

ですから「代表ではボランチで欠かせないけど」と書いてありますよ。
よく読んでもらいたいです。
そして長谷部が替えの利かない選手なのは、今さら言わずとも誰の目にも明らかです。
[ 2017/01/05 22:00 ] [ 編集 ]
キッカーの前半戦ランキング7位おめでとう。
ヴァイグルより上だったね。
原口と大迫が何位に入るかも楽しみ。
[ 2017/01/06 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。