ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBプリシチ!今度はアーセナルも獲得に乗り出す!ドイツ紙《ドイツの反応》





ビルト


プリシチをめぐるポーカー!


アーセナルもドルトムントの至宝獲得へ!



entry_img_1419.jpg
引用元:Bild

クリスティアン・プリシチは17歳でBVBで一部リーガデビューを果たした。そしてその一年後、ヨーロッパの半分が彼の獲得に乗り出している。これまでもリヴァプールやパリ・サンジェルマンの名が挙がっていたが、ビック・クラブがまた一つ名乗りを上げた。

スポンサーリンク



プリシチ・ポーカー!今度はアーセナルも獲得に動き出す!



イングランドのメディア、“ザ・サン”が伝えたところによると 、アーセナルはの監督ヴェンゲルがこのアメリカ人を夏にロンドンに誘おうとしているようだ。多くの巨額のオファーが来るとみられているアレクシス・サンチェスの後釜として!



プリシチの移籍は、エジルが在籍するこのクラブにとってはいささか難しいものになるだろう・・・。



なぜならリヴァプールの監督、ユルゲン・クロップも彼を欲しがっているからだ。この元bvb監督はプリシチを2015年にドルトムントへと連れてきたのだ。彼は当時このアメリカ代表選手を見て感動したのだ。当時彼はまだu17でプレーしており、クロッポの元では一度もプレーしていない。しかしそれももうすぐ変わるかもしれない。


リヴァプールはすでに冬にプリシチの獲得を望んでおり、3000万ユーロの移籍金を払う用意があった。しかしBVBはこれを断っており、プリシチとの契約延長を望んでいる。


このUSボーイは2019年まで契約を残しているが、それでもドルトムントは早めに長期の契約延長をしたいと思っている。

プリシチのサイドは年が明けてからどうなるか考えるつもりのようだ。



彼は昨日ホームページ上でイングランドからの興味についてこのように語っている。“サッカーでは何が起きるかわからない。でも僕は今のところBVBで幸せだ。”



プリシチが忠誠を誓ったわけではない・・・・・





以上です。

クロップにしてみれば、まだU23あたりでプレーしていて欲しかったかもしれませんね。そして誰も気が付かないうちにさらりとリヴァプールに連れてきてしまう。ドルトムントから主力を引き抜いた事にもならなかったでしょうし・・。

やはりユース出身という事でドルトムントには彼を引きとどめてほしいですが、どうなるかわかりませんね。

契約はあると言っても本人が移籍を希望すれば、ドルトムントはおそらく認めるのではないかという気がしています。

ちなみにドイツでは、より大きなところから契約オファーが来た時に、契約を解除して上にステップアップさせてくれるところが良い会社(またはクラブ、などなど)とされています。まあ働く側からしてみればある意味当然ですよね。逆に契約で縛って放してくれないところは危険な就職先という事になります。

まあドルトムントは十分に大きなクラブですので、リヴァプールやアーセナルが明らかなステップアップに当たるかどうかは別ですが、やはりレアルやバルサからオファーが来た選手を引きとどめることはさすがにしなだろうと思います。選手の夢にある程度理解を示してあげるのも大事ですよね。(レヴァンドフスキーのバイエルン移籍は直接のライバルだったのでまた別な話ですね。)



【おまけ今日のドイツ】

201612310623319f5.jpg
正月料理の仕込み

皆さん今年も当ブログをご覧頂き有難うございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を。

[ 2016/12/31 06:15 ] ドルトムント 15 | TB(-) | CM(8)
若く活躍してるとはいえ、デンベレが1500万あたりだったかと記憶してるので3000万ユーロというのは流石プレミアだと感じました

ステップアップや労働者に対する考え方は文化の違いですね
日本から見ると見習うべき箇所かと思いますが海外から見ると日本の良いところは何処だろうというのは、なかなか思いつかないものです

ここ2.3年でドルを応援し始めたのですが、3年前にピッチに立っていた選手がどれだけ残っているのかと思うとサッカーは人材が流動的ですね

今年1年、楽しくブログを見させていただきました
来年も良い年であることを祈っております
[ 2016/12/31 08:33 ] [ 編集 ]
プリシッチはポジション、年齢、クロップとの縁、そしてアメリカ代表とリバプールにはドンピシャですしクロップが望めばオーナーは喜んで大金出すと思います。
まぁ、クロップなのでそんなことするとは思いませんが。
ただ今冬で断られても今後の市場でも狙うのではないかと。
[ 2016/12/31 12:14 ] [ 編集 ]
アーセナルは、サンチェス&エジルを引き止められなかった場合、ロイス&プリシッチ獲得に動くと記事が出てました。
サンチェスはペップが引き抜きしそうだし、本人も出て行きたそうな感がありますよね。
この2大エースがいなくなったらアーセナルじゃなくなってしまうし、ベンゲルが来季どうなるかも含めていろいろ興味津々です。

クロップもプリシッチにメロメロみたいですね。
でもプリシッチは巨大なアメリカの期待を背負っているから、この宝物のような選手には今後もっとヤバイくらい価値が跳ね上がるだろうから、絶対に今は出しちゃ駄目ですよ。
[ 2016/12/31 16:58 ] [ 編集 ]
デンベレが驚異的にすばらしくてプリシッチの存在感が薄くなって
しまった。アメリカへの進出を考えれば手ばなせないというレベル
になってしまった。個人的には今のドルトムントが必要としている
のは強固な守備力のあるCBとゲームメイクのできるMFだと思って
いる。こういう選手を獲得するためにプリシッチをプレミアに高額
で売却するのも一手だと思う。
[ 2016/12/31 17:53 ] [ 編集 ]
アメリカ代表ってのは大きそう。
手放すには早過ぎるよ。
[ 2016/12/31 17:57 ] [ 編集 ]
負債スポンサーがまとめて返したので、今はブンデスのクラブでも金持ちの方なのに
トップ選手の年俸はあまり変わってないから、草刈場になってるのか
それとも若手を育てて売るのが商売になっちゃってるのか
[ 2016/12/31 23:50 ] [ 編集 ]
全国高校サッカーを見るのが正月の楽しみの一つ。最近は良い選手はクラブチームに行ってしまうので、レベル低下も心配されていたけど、部活レベルでも皆凄くテクニックに優れて戦術も素晴らしい。特にゾーンディフェンスに関しては、Jリーグの下位クラブよりしっかりしている。

でも、日本では高校生以上になると試合に出れる機会が激減するという。Jリーグでは30歳以上がいつまでもスタメンに出続けているので若い子達が出れない。確かに、集客力有る経験者は外しにくいだろうけれど、世界は20前後でビッククラブのスタメンになっているのに…チャンスすらないのは問題だ。

プリシッチも試合に出続けて、どんどん成長してきた。デンベレやパスラックだってそうだ。ドルトムント程のビッククラブでさえそうなのだから、Jリーグのチームはもっともっと若手を積極的に使ってあげて欲しい。
[ 2017/01/03 22:36 ] [ 編集 ]
いや、高校サッカーは完全に縦ポンサッカーで見るも無惨ですよ…
ユースの大会を見てください。
戦術も技術も洗練度が違いますから。
監督の差でしょうね…
[ 2017/01/04 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。