ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

中国人、オバメヤンに1億5000万ユーロのオファー!?ドルトムントは否定!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】1月4日


中国人はBVBのスターを獲得したいようだ。


1億5000万ユーロ!オバメヤンにクレイジーなオファー?



entry_img_1425.jpg
引用元:Bild


中国からのクレイジーなミリオン・オファーがブンデスリーガにも届いた。それともこれは、たんなる北京ダックだろうか?(ダック=ドイツ語ではエンテ:エンテ(アヒル)は信じるに値しないニュースという意味で使われる。)


スポンサーリンク


イタリアのジャーナリスト、タンクレディ・パルメリはツイッターで上海SIPGがオバメヤンに対して移籍金1億5000万ユーロ、そして年俸4100万ユーロのオファーをしたと主張している!!もしこの金額が本当ならばこの金額はサッカー界にとって記録となる。


実際の所:ガゼッタ・デロ・スポルトでも働いているパルメリがこの情報の唯一のソースとなっている。たとえオバメヤンがワールドクラスのストライカーだとしても、この数字は非常に非現実的だ。ドルトムントはオファーがある事を否定している。


しかしこれも事実だ:中国人たちはここ数週間でスター達に巨額のオファーをしている。それらも初めは単なるうわさのようだったが、現時点では中国移籍ではすべてが可能だ!



▶ブラジル人のオスカルは7000万ユーロでチェルシーから上海IPGに移籍した。


▶アルゼンチンのストライカー、カルロス・テヴェスもボカ・ジュニアスからシャンハイ・シェンフアに移籍し、現在年俸4000万ユーロと世界最高の年俸を受け取っているとされている。









以上です。

確かにオスカルの件を考えると、何がおこるかわかりませんね。でも中国移籍は30になってからでも遅くないでしょう。やはり中国移籍はキャリアの終わり、という見方が強いですね。それに給料未払の危険性もありますから、まだまだ分からない部分が多いですね。ただ中国でのサッカー人気は相当なものなようで、今週号のスポーツビルトでもそのことが特集されていました。

話は変わりますが、シャンハイ・シェンフアというクラブは上海緑地申花足球倶楽部と書いて、日本語ではシャンハイ-りょくち-しんか-そっきゅうくらぶと呼ぶようですね。

管理人が学生の頃は中国の歴史的人物の名前は、例えば毛沢東(もうたくとう)のように日本風の読み方で教わりました。しかしその読み方だと外国では誰ともコミュニケーションが取れないという現実に直面したことがあります。“もうたくとう”と言ってもおそらく中国人にも通じませんよね。最初からマオ・ツォートンと覚えれば、一回覚えるだけですむのですが。地名はしょうがないとしても、人名ぐらいは一つに統一してほしいと思ったことがあります。


【おまけ今日のドイツ】

20170105213912c2e.jpg

昨日から雪が降り続いています。

[ 2017/01/06 06:00 ] オバメヤン | TB(-) | CM(3)
オスカルはまだ若いし、再度ヨーロッパに戻ってきてくれたらいいですよね。
オバメヤンは世界最高額ですかw
こんな脅威のスピードスターはどこでも欲しいけど、やっぱりオバメヤンはビッククラブに行って欲しいです。
[ 2017/01/06 17:18 ] [ 編集 ]
>シャンハイ・シェンフアというクラブは上海緑地申花足球倶楽部と書いて、日本語ではシャンハイ-りょくち-しんか-そっきゅうくらぶと呼ぶようですね。

日本では上海上港(しゃんはいしゃんぐぁん)と呼びます。もしくは、日本式に(しゃんはいじょうこう)です。たぶん半分以上がしゃんはいしゃんぐぁんで、通じると思いますが…
上海緑地申花足球倶楽部というのは、日本では聞いたことありませんが、オスカルの移籍したクラブなら、上海上港、オーバメアン移籍の記事もこちらで話題になっていますが、やはり上海上港です。
[ 2017/01/06 19:00 ] [ 編集 ]
オスカルは上海上港ですが デべスは申花ですね 日本でもサッカーチームなのでシエンファだと思いますよ

グループや女性ユニットなど 中国語表記では 女合唱隊みたいな感じで書いてますが
あちらの発音の名前で呼ぶのと同じ事だと思います
[ 2017/01/07 15:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。