ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

清武ブンデス移籍?本人はヘルタ移籍に前向きだが、移籍金がネックに?!ドイツ紙《ドイツの反応》




フスバル・トランスファー



清武をめぐるポーカー:ヘルタにとっての良いニュースと悪いニュース


entry_img_1426.jpg
引用元:フスバルトランスファー


ベルリンではすでに数週間、清武弘嗣をめぐってポーカーが繰り広げられている。しかし彼の獲得は簡単に行くというシナリオからはかけ離れている。ヘルタにとっては良いニュースと悪いニュースがやってきた。

スポンサーリンク



ヘルタは清武弘嗣を獲得するという幸運を探している。FCセヴィリアで運がないこの日本人はパル・ダルダイの希望の選手だ。そしてこのヘルタ監督の思いがこのプレーメーカーにも届いたようである。キッカーが伝えたところによると、清武はベルリンに移籍したいというシグナルを送ったようである。これは現時点で驚くべきことに3位に位置するヘルタにとっては良いニュースだ。清武をめぐってはシャルケ、ヴォルフスブルク、ケルンも争っている。



しかし問題はセヴィリアが要求している移籍金だ。このアンダルシアのクラブは半年前に650万ユーロでこの右利きを獲得した。しかしスペイン1部では4試合にしか出場しておらず、すでに別れが濃厚だ。そしてセヴィリアは損をこうむるようなビジネスはしたくない。しかし500万ユーロとみられる移籍金もヘルタにとっては高額だ。


キッカーによると、仮にヘルタが清武の獲得できなかった場合は後半戦は補強なしで臨むことになるようである。



当紙の見解:ダルダイは清武を獲得するつもりでいる。このプレーメーカーは今のベルリンにはないクオリティーをもたらしてくれるだろう。しかしこのポーカーは一月終わりまで長引くだろう。







以上です。

最近の移籍金の高騰に慣れてきてしまっているせいか、500万ユーロが出せないヘルタが新鮮に感じますね。しかしブンデスリーガのクラブにはこのぐらいの経済レベルのクラブはおおくありますし、確か清武選手がハノーファーに移籍した時も400万ユーロぐらいで、クラブ史上最高額の移籍金だったと思います。

その中でうまくやりくりして、今のチームを作ったヘルタは非常に好感が持てますね。

清武選手どうなるでしょうか‥。個人的にはシャルケだったら面白いですね。でもヴォルフスブルクあたりに落ち着きそうな気もします。


2017010705541417c.jpg
数日で結構雪が積もりました。
[ 2017/01/07 05:59 ] 清武弘嗣 | TB(-) | CM(15)
名無しらさな
ヴォルスブルグは、マインツからマリを獲得したみたいだから、ないんじゃないかなと思う。監督の要求と日本代表で組む原口との連携を考えたら、ヘルタが1番濃厚な気がする。
[ 2017/01/07 06:49 ] [ 編集 ]
ヴォルフスはもうなしでしょうね。シャルケもキッカーには困っていませんし優先順位はFWでしょう。セビージャ側としてもEU外枠をあけなければ1月にFWを補強できないでしょうから折れてくれるような気もしますが、ヘルタが駄目な場合、果たして現実的なオファーが他にあるのか不安ですね。
[ 2017/01/07 06:56 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルクはユヌス・マリ(マインツ)の完全移籍を発表したので無いと思いますよ。
今冬からで、10番を継承するとの事です。
ちょっとビックリですね…
清武はブンデスだったらどのクラブも欲しがるでしょうが、やはり金銭面がかなりネックになりそうです。
置かれている状況的にはもうセビージャから移籍せざるを得ないと思いますが、日本で一番スペインで活躍しそうな選手だっただけに残念ですね。
セビージャが予想以上に強かったのは計算外だったと思います…見てても唸るくらい皆上手いですし。
やはり日本の選手はブンデスでたくさん活躍しているし、代表の事も考えるならブンデスがいいと思いますよ。
というか、こうなると、また同じチームで日本人選手が被りそうですね。
[ 2017/01/07 07:10 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルクはマリを獲得したからどうなんでしょう?
反対に清武がマリの穴埋めにケルンに移籍って方が現実的ではないかな
まぁ有力候補のヘルタにせよ移籍金がネックなんですね
[ 2017/01/07 07:21 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルクはオランダ代表20歳のMFリシュドリー・ハズールとマインツのトルコ代表24歳のMFマリを獲得と発表しているので、もう清武は有りませんね。

ヘルタは清武をあくまで期限付きレンタルでの補強候補にしているようで、資金を回収したいセビージャとの交渉はぎりぎりまで続きそうです。
ヘルタは、ビルト情報ではスウェーデンのMF23歳のサマン・ゴトスを200~300万ユーロで交渉中という事ですし、こちらが決まればヘルタも無くなりそうで怖いですね。

やはり27歳でほとんど実績がない選手(個人タイトルやクラブのタイトル)は、ヨーロッパの4大リーグでは厳しいですよ。
[ 2017/01/07 08:00 ] [ 編集 ]
狼はマリ獲得したし清武獲得はないのでは?
[ 2017/01/07 09:44 ] [ 編集 ]
勝手な希望としてはマルセイユがいいですわ
清武ならゴ.ミスやゴリを使いきれるだろうし
崩壊しかけをレンタルでまとめているようなクラブだけど、今はわりと好調だし
監督もルディ・ガルシアだし
[ 2017/01/07 11:17 ] [ 編集 ]
ヴォルフスはユヌスマリを獲得したので無いと思う
[ 2017/01/07 11:30 ] [ 編集 ]
移籍金を払えるクラブはシャルケかヴォルフスブルクですね。
シャルケはレンタルで獲ったベンタレブの調子が上がってないので清武にチャンスがありそうです。
ヴォルフスブルクは主力選手の流出でポジションが空いてますね。
[ 2017/01/07 11:45 ] [ 編集 ]
ヘルタは止めた方がいいんじゃないかな。
マスコミは楽観視してるけど、ここも結構競争激しいから必ずスタメンかはわからない。
本人は競争歓迎かもしれないけど。
それに最悪、原口と競争となってどちらか出れなくなるかもしれないし。
ヴォルフスブルクは、マリ獲得したからなさそう。
[ 2017/01/07 13:00 ] [ 編集 ]
マインツのマリがヴォルフスブルクに移籍が決まった記事を見たんですけど、ドラクスラーの移籍金を考えると清武も十分獲得できそうですよね
[ 2017/01/07 13:01 ] [ 編集 ]
狼はマリ獲得したのでないかと。
[ 2017/01/07 17:49 ] [ 編集 ]
調べたら、ヘルタは夏に補強した選手が怪我で長期離脱した穴を埋めたくて清武に期限付きレンタルをオッファーしたらしい。つまり買い取る気はないとのこと。怪我人戻ったら余剰人員になるしね。
逆にセビージャでは清武は監督の構想外になっていて、他のEU外の選手にオッファーしているので、どうしても清武を売りたいらしい。資金回収で新しい選手を買うため。

どうなるかねえ…厳しそう
[ 2017/01/07 18:18 ] [ 編集 ]
清武は人気だけど、ドイツのクラブは資金力がないため、移籍金を払えないのがキツイですね。
ヴォルフスブルクのような金持ちクラブなら余裕はありますが。
(逆に武藤にとっては、早速2トップで練習試合で使われてチャンスになりましたね;)
すでにブンデスでは実力は証明済みで、かなり評価の高い選手なので、移籍金があと1億くらい下がれば…と思います。
[ 2017/01/07 19:18 ] [ 編集 ]
ブンデスのどのクラブも欲しがってたら夏にもっとオファーが来てるでしょ
バイエルン、ドルトムント、レバークーゼン、ボルフスブルクなどには出せる額ですよ
噂はヘルタ以外飛ばしで金額の駆け引きをしてると思います
ケルンはクレメンス復帰でお金がないしCBの補強が急務でボルフスブルクはマリとハズールを獲得済みです
シャルケはトップ下でマイヤー、ベンタレブ、ゴレツカとプレースキッカーでガイスがいます
清武はヘルタに行けてもそう甘くないと思います
フィジカルが強くて守備でハードワークしないと駄目です
ドゥダは離脱してますがトップ下でシュトッカー、ダリダとカルー、サイドはヴァイザー、カルー、原口とエスヴァインと競争です
原口ですらカルーに左サイドで序列を抜かれて今サイドで3番手です
ヴァイザーが怪我をしてたおかげで試合に出れてただけですよ
原口は得点力を上げないと後半戦は厳しいですよ
スペばかりなのでチャンスはあると思いますが下手したらプレースキッカーの交代要員です
[ 2017/01/08 07:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。