ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ラモスの代わりにタトゥー・フォワード・スモロフを新たに獲得か?ドイツ紙《ドイツの反応》


ビルト】1月6日




新たなタトゥー・フォワード?


ドルトムント、“太もものブランコ”獲得へ!



entry_img_1427.jpg
引用元:Bild


ビルトの情報によると:BVBはロシア人のロケット。フョードル・スモロフを熱望している。このクラスノダールのフォワードの移籍金は1000万ユーロとみられており、移籍を希望しているアドリアン・ラモスの後継者となるようだ。

スポンサーリンク


BVBはすでにラモスの後継者を探している。そしてこの“太ももブランコ”が来るとされている。



スモロフは左太ももに非常に稀なタトゥーを入れている。ブランコに座ってサッカーについて考えているタトゥーだ。


スモロフは18試合で15ゴールをあげるという素晴らしい得点率を記録している。そして彼はまもなくBVBでプレーするだろうか?



このドルトムントからの興味の背景:ラモスには中国(移籍2月24日まで)からの巨額のオファーが来ている。このコロンビア人は冬の移籍を熱望しており、ベイジン・グォアンやションピン・リファンがその候補とされている。彼にとっては最後の契約となり、明らかに多くの年俸が期待できる。



ラモスが去ってスモロフが来る?しかしそんなにすぐにこの交渉は始まらないだろう。ドルトムントはオバメヤンがアフリカカップから帰って来るまでは待つつもりだ。ガボンで開催されるアフリカカップは1月14日に開催されるが、最悪の場合オバメヤンは3試合に欠場することになる。


BVB会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはビルトに対して:“彼を100%補う事は出来ない。でも彼の代わりをこなせる選手は十分にいるよ。”


そしてそれはラモスにも当てはまる。スモロフ(移籍2月24日まで)はもう少し待たなければならない。








以上です。中国とロシアの移籍締め切りが2月24日までというのは、ラモス、ドルトムント双方にとっては好条件ですね。とりあえず、オバメヤンが帰ってくるまではしっかりプレーしてもらいたいというところでしょうか。

このスモロフという選手は知りませんでしたが、18試合で15得点というのはかなりの数字ですね。26歳という年齢がこれまでの補強を考えると少し微妙な所ですが、あくまでラモスの代わりという位置づけでしか考えていない、というところでしょうかね。



[ 2017/01/08 18:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(3)
まあ加入は1月いっぱいが期限ですけどね。
あとスモロフはインモービレみたいなタイプの選手なのでないでしょう

トゥヘルが必要としてるのは足元が上手なハイタワーのポストプレーヤーです

トッテナム対チェルシーでのポチェッティーノの戦術をトゥヘルは理想としてます

ケインのようなプレーヤーを欲してるのは間違いないです

ドルトムントが獲得出来そうで一番近いプレーヤーがアヤックスのドルベリでしょう
[ 2017/01/08 18:33 ] [ 編集 ]
オバメヤン、ラモスと、来季はCFが二人もいなくなるのはちょっと怖いですね。
オバメヤンの後釜には、かなりの大金で有名選手を獲得すると思いますが…
今は移行期の最中で大変ですけど、選手の入れ替わりが落ちついたら、チーム作りをしっかり成熟させていきたいですね。

ちなみに今年のアフリカネイションズカップはガボンが開催国のようです。
グループリーグ敗退ならブレーメン戦のみの不出場となりますが、オバメヤンも気合いが入ってるでしょうね。
[ 2017/01/08 21:16 ] [ 編集 ]
オバメヤンの代わりにラモスが入ると毎回攻撃のパターンは増えてる気がする
[ 2017/01/10 13:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。