ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 バイエルン対ドルトムント 香川高評価!も交代後に逆転負け ドルトムント全選手採点と寸評まとめ①


先ほど試合が終わりましたが、ドルトムントファンにとっては非常に残念な結果になりました。管理人は香川選手の復帰が決まったその日にブンデスリーガを放送しているスカイTVに加入しましたが、勝利を見れる日が早く来て欲しいです。

しかし前半は素晴らしい試合でしたね。後半のフンメルスの負傷交代が悔やまれます。

まあ管理人の感想はさておき、いくつかのメディアが早速寸評を挙げていましたので、紹介したいと思います。




201411020724243f3.jpg

今回はドイツ独特の表現をそのまま文中で使ってみました。

ツヴァイカンプフ:二人の選手の競り合い。一対一とも訳せるが、ゴール前でキーパーと一対一となる状況とは異なり、相手選手とのボールの取り合い、または競り合いの場合にツヴァイカンプフという言葉を使う。

ドッペルパス:2人の選手がワンタッチでパスを交換すること。


【西ドイツアルゲマイネ新聞】


ヴァイデンフェラー 1.5

試合の最初から試されることとなった。ロッベンの鋭いシュートを確実に止め(6.、23.)、完全にフリーとなっていたミュラー(38.)とレヴァンドフスキー(51.)に対しても力強い守りを見せた。彼が放ったボールがミキタリアンの頭部に当った場面ではアリアンツ・アレーナ中の笑いをとった(17.)。その15分後には先制点の起点となるボールをオバメヤンに送った。その場面においては誰も笑うものはいなかった。失点に対してはまったく責任がない。ichliebefussball.net


ピスチェック 3

彼の同郷のレヴァンドフスキーがしばしば左でプレーしたことで彼にとっては簡単ではなかった。レヴァンドフスキーとベルナートを相手にするのはとても高いレベルが要求される。そういうわけで彼は、多くのツヴァイカンプフに勝利したにも関わらず彼のサイドのスペースをいつも消すことはできなかった。ichliebefussball.net


ソクラティス 3.5

前半の最後のほうで、彼のポジション取りが悪かったことからロッベンの走る先にパスが通ってしまった事でクロップに大目玉を食らうことになった。その前にも、センターラインからのロングボールが来た時にミュラーを裏に走らせてしまった。しかしミュラーは惜しくもそのボールを外した(13.)。度々不安定な守備を見せたが、危険なボールを何度もクリアした。空中戦においてはほとんど無敵。ichliebefussball.net


フンメルス 2

ロッベンがスペースに開脚飛びをした場面(40.)における彼の守備はあまりよくなかったが、彼はなんとか守ろうと頑張った・・・ほぼ無駄に終わったわけだが。それ以外はとても確実なディフェンス、そして良いパスで試合の組み立てに参加し、ツヴァイカンププフも非常に強かった。しかし:全てをクリアすることは出来なかった。ichliebefussball.net


ドゥルム 4.5

もし対戦相手の名前がロッベンであるなら、90分間がとても不快なもになることは保証されている。そしてこの若い左サイトバックの選手はこれを経験することとなった。一度ならず何度かこのオランダ人に抜かれることになり、最終デイフェンスラインでの不安要素となった。ichliebefussball.net


ベンダー 2.5

彼はツヴァイカンプフにおいて、走りにおいて、そしてジャンプにおいても迷惑をかけることがなかった。ロッベンのシュートをコーナーキックにクリアし、それ以外にも多くの攻撃に参加した。いずれにせよ前へのパスの幾つかはパスミス。ichliebefussball.net


ケール 4

中盤の安定化マシンとしての役割を果たす努力をした。しかしバイエルンが素早いテンポで攻撃をした時は中盤と最終ラインの間を引き裂かれてしまった。ー1:1の場面においてバイエルンが中央を攻めた時(73.)そうである。半分のツヴァイカンプフに勝利し、ゲッツェをほぼ試合から閉めだした。ichliebefussball.net


ミキタリアン 3.5

守備的な左のミッドフィルダーとしてケールとベンダーの列でプレーした。ディフェンスにおいてはロッベンを相手にいくらか難しい場面もあったが、何度かボールに対して素晴らしいアクションを起こした。彼の素早さを活かし何度か危険な攻撃を仕掛けた。20メーターの距離からボールを撃ち損ない(9.)オバメヤンに素晴らしいパスを出す場面もあった(30)。しかしそれ以外はそれほど多くの見どころはなかった。ichliebefussball.net


香川 2.5

前半ではアロンゾをほぼ完璧に試合から閉めだしていた。なぜなら彼がパスコースを消していたからだ。攻撃においては素早いひらめき:踵でのロイスへのパス(9.)やオバメヤンとのドッペルパスから先制点をお膳立てした(31.)。彼がボアテンを相手に決めたターンは力強く、ペナルティーラインから打ったシュートはわずかにそれてしまった(59.)。71分には疲れて交代ichliebefussball.net


ロイス 3

背の高いボアテンやベナティアに対して彼は本当にヘディングシュートを決めた(31.)。これと同様に重要だったのは彼の後ろへの動きである(ディフェンス)。彼は何度もボールを奪い、前半におけるバイエルンの攻撃の組み立てをとても難しい物にした。他のBVBの攻撃の選手と同じように後半は目に見えてへばっていおり、成功した場面はとても少なかった。ichliebefussball.net


オバメヤン 2.5

得点のリストにはロイスの名前が刻まれる事になったが、先制点のほとんどはこのガボン人のストライカーの物である。彼はヴァイデンフェラーからのボールを芸術的に香川に渡し、さらに香川からのパスに走りこみ精度の高いクロスをロイスに送った(31.)。ディフェンスにおいてもよく走り、彼の素早さは相手を落ち着かせないものだった。ー彼が大きなチャンスを外したとしても(30)。ichliebefussball.net


ズボティッチ 5.5

フンメルスに代わってやって来たが、最終ラインで2番めの不安定要素となった。ベナティアのクロスからレヴァンドフスキーをフリーにしシュートを打たせ(51)、その少し後ではミュラーへのロングボール対して、悪い位置取り(54.)。リベリーからロッベンへのパスは、開脚跳びでうまくクリアしたが、そのボールがちょうどレヴァンドフスキーの前に落ちたのは不運だった(71)。しかし1:2の場面においては大失敗をしてしまった。まずはリベリーに対してボールを失い、その後、彼に対して“まあ、与えることもできる”というカテゴリーに属するPKを与えてしまった。彼が黄色を見るだけですんだ事はむしろ幸運だった。ichliebefussball.net

グロースクロイツ 採点・寸評なし

ラモス 採点・寸評なし

採点 セバスティアン・ヴェッスリング
スポンサーリンク




寸評はありませんが参考までに。

【ビルト】

ドルトムント

ヴァイデンフェラー 1
ピスチェク 3
ソクラティス 3
フンメルス 3
ドゥルム 4
ミキタリアン 2
ケール 4
ベンダー 2
ロイス 3
香川 2
オバメヤン 2

バイエルン

ノイアー 2
ベナティア 3
ボアテン 2
アラバ 3
ラーム 4
アロンゾ 5
ベルナート 3
ロッベン 1
ミュラー 2
ゲッツェ 3
レヴァンドフスキー 2




現在ドイツは夜ですが、現時点では以上になります。明日からキッカーが発売される月曜日にかけて、採点がアップされ次第訳してお届けしたいと思います。

それにしても、香川選手を初め前半のドルトムントの動きは素晴らしかったですね。香川選手がブンデスリーガでのボールコンタクトの新記録を更新した、パスマシーンシャビ・アロンゾをあそこまで試合から消したことで、ローター・マテウスらスカイ解説者も高く評価していました。試合に敗れて少々無気力でしたが、少し時間が経った今では面白い試合だったという感想が強いです。

特にフンメルスの交代が惜しまれますが、後半に入って少しフォーメーションを変えてしまったクロップの意図が気になります。それに対するコメント等がないか探して見たいと思います。

ちなみに今回取り上げた西ドイツアルゲマイネ新聞は前回のポカールで1ゴール1アシストした香川選手に4.5の評価をしています。同じ人が採点しているかどうか今度からは記者の名前もチェックしておこうと思います。


【おまけ 今日のドイツ】
20141102071609c02.jpg

20141102071607f21.jpg

20141102071620013.jpg

今日は素晴らしく天気が良かったので、バイエルン戦の前にヴァッカーバルト城まで散歩に行きました。ほとんどのぶどうは収穫が済んでいますが、ここではマイナス10度以下で収穫されるアイスヴァインも作られています。とても甘くて美味しいらしいのですが、マイナス10度の中を手作業で収穫しなければならず、そのため値段も高いのでまだ飲んだ事がありません。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/11/02 07:35 ] 香川 | TB(-) | CM(36)
No title
記者の採点なんて
いい加減なもんですよねw
個人の好みで採点してるとしか
思えませんw
[ 2014/11/02 07:53 ] [ 編集 ]
No title
今日の試合は最高でした。負けたけとね。良いしてたし、勝てる可能性もあった。香川に関しては、少ないチャンスをものにして欲しかったね。香川への期待は高いよ!!
それとドイツの計算された形式美感は日本と通ずるものがあって好きですね。この城も凄くいい。
ドッペルはダブル、ツヴァイは2ですかね。勉強になります。
[ 2014/11/02 08:10 ] [ 編集 ]
管理人様。
先ほど目が覚め、速攻でこちらを拝見させていただきました。
本当に残念です。ここでバイエルンを叩いてこれまでの不調を一気に挽回するチャンスでもあっただけに…
ドルトムントが負けると一週間がちょっと憂鬱になります。
頑張れクロップ!頑張れ香川!頑張れドルトムント!
[ 2014/11/02 08:19 ] [ 編集 ]
No title
”ムヒタリアン”表記より
マシじゃないの?
[ 2014/11/02 08:36 ] [ 編集 ]
この試合程ゲッツェが居てくれたらと思うものも無いんじゃなかったでしょうか。。2列目のコンビネーションが活かしきれていない気がします。香川とミキは合わないのかな? というか最近のミキタリアンを見てると焦りを感じるんですよね。元々視野の狭い選手ではなかったように思うので何とか顔をあげて打てるシーンなのか冷静に判断してほしいです。どちらかが中央に入ると大抵片方が試合から消えるのでもどかしい気持ちになります。ユナイテッド時代のマタ、ルーニーとの関係のようにゲッツェ在籍時はお互いに活きてて、見ていて楽しいサッカーを体現してくれていたんですが。。もちろん今のBVBも楽しいですよ? ただ何か違うんですよね。CFのラモスもビッグマッチでガチガチに固まってましたし、試合を楽しめるインモービレだったら違ったんじゃないかとか、クロップの采配にも疑問が残る試合でした。。
[ 2014/11/02 08:46 ] [ 編集 ]
今日も負けたけどおまけにいつも癒される…
[ 2014/11/02 08:51 ] [ 編集 ]
前半はとても面白い試合だった
後半は一方的で残念
勝つべきチームが勝ったというところかな

トップはインモービレの方がボールが落ち着くし、オーバメヤンもスプリントできていいと思う
[ 2014/11/02 08:54 ] [ 編集 ]
No title
見方が後ろから後頭部にボールぶつけちゃダメよ><
[ 2014/11/02 09:06 ] [ 編集 ]
No title
いいなあ洋館
[ 2014/11/02 09:21 ] [ 編集 ]
No title
香川のターンは芸術的だ
[ 2014/11/02 09:28 ] [ 編集 ]
No title
今日のドイツのコーナーがなにげに楽しみです
[ 2014/11/02 09:30 ] [ 編集 ]
No title
フンメルスは膝を蹴られてたから、怪我で交代したのかな。

4位まで勝ち点差が10であることを考えると、まだチャンスはある。4位以内は死守できるように頑張ってもらいたいね。
[ 2014/11/02 10:11 ] [ 編集 ]
No title
ドイツ語の放送見るとあきらかに実況は
「みきたりあん」て発音してる 少なくとも日本人にはそう聞こえる

しかしバイエルンの攻撃陣はすげえな
ロッベン、うちに切れ込んでシュート、ワンパターンなのにとまらん こっちの心臓が止まりそうになる
レヴェ、なんだかんだ言ってすげえPA内で触るとこまでいけちゃうついには決める
リベリー、出てきてからはドル明らかに終わってた
コイツが持ったらみんなでカバーに行くしかない
守備陣形は当たり前のように崩壊した

ゲッツェはドル攻撃陣がプレス元気な間は有効な攻撃をさせてをさせてもらえず消えてたね
[ 2014/11/02 10:20 ] [ 編集 ]
No title
あのチャンスで決めていれば、勝っていたかもしれないね。

まぁ、あそこで決められるなら、本当のワールドクラスになれると思う。
昨シーズンから、どうも決めきれてないけど、あのシュートはかなり良かった、香川が本来の輝きを取り戻す日も近いような気がする。
[ 2014/11/02 10:25 ] [ 編集 ]
No title
香川4年前にドルに来たときよりシュート下手になってるな。
それ以外の事は全て上達してる訳だから、しばらくシュート練習以外の事はやらなくてもいいんじゃない。
[ 2014/11/02 10:38 ] [ 編集 ]
No title
ミキタリアンもムヒタリアンも気に入らないってんなら
ムキタリアンにすればいい
[ 2014/11/02 10:43 ] [ 編集 ]
No title
今日のドイツのコーナーいいですね
もっとドイツの町並みの写真が見たいです
[ 2014/11/02 10:54 ] [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です
負けたのは本当に残念ですが香川は
成長したなと。バイエルン相手にここまで
ボール持てる選手はそういないでしょう
守備も前半はあのアロンソをほぼ完璧に
消していましたからね
シュートだけは劣化してしまいましたから
そこの感覚さえ取り戻せば…
次節もボルシアMGと厳しい相手が
続きますね。そろそろ勝たないと
笑えない状況になってますから
次こそは勝利が欲しいですね!
[ 2014/11/02 11:50 ] [ 編集 ]
No title
有り難うございます!
香川はかなりキレていたと思いますが、やはりあのターンからのシュートを決めてこそ、でしょうか。
ロイスとのコンビも熟成が進んでいるように思います。ドルトムントはCL圏は確保して欲しいです。
今日のドイツのコーナーも毎回楽しみにしています。以前スイスにいたことがありますが、ヨーロッパならではの綺麗さですね。
[ 2014/11/02 12:22 ] [ 編集 ]
香川の守備ダメって言う人がよくいるから、ちゃんと見てくれって思ってた。
今日はそんなないかもしれないが人に奪い行く時や取りどころには行くし、あとスライディングもするよにうになった気がしますがどうでしょうか。それはマンU時代の名残り?
まあ何しろパスコースを消してる。ちゃんと考えてるんだよ、と。

チームは少しずつよくなってると思うのでもうちょっと結果が出るように頑張って欲しいところですね..
香川効いてたからあと5分10分でも使いたいと思いましたが、交代は仕方なかったのかな。ベンダーもけっこうよかったですね。
ビルトのミキの2はちょっと..
[ 2014/11/02 12:36 ] [ 編集 ]
No title
いつも楽しみにしています。
へー、マテウスが前半の香川を褒めてたんですか。
こういうの全く伝わってこないから貴重です。
[ 2014/11/02 12:47 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様です。前半のドルトムントは、まさに「こんなサッカーこそドルトムントに求めてるんだ!」って言えるサッカーでしたね。
指摘されているように前半の香川がシャビ・アロンソを消したのがキーだったと思いますし、後半にロイスをトップに置いた形に変えたのは理由が知りたいですね。
グアルディオラの試合後会見でも「後半5分以降はいつもの自分たちのプレーが出来た」と語っていたみたいですから、この変更が失敗だったのは間違いないみたいですし。

香川の守備については今日の試合では、オーバメヤンのプレスと見比べるとよくわかるんですけど、香川のプレスに対しては相手DFは窮屈にプレーしてたけど、オーバメヤンのプレスに対しては楽に交わしてたんですよね。
大体にしてクロップが香川に対して最も評価しているのがネガティブトランジションでの切り替えの早さですしね。
ただ、マテウスからも評価されてるとか、すごい次元の話だけど。

採点については、例え主観だらけだろうと記名している採点は良いと思います。日本の記事の大きな問題点の一つは記者名や採点者名を載せないところだと思うので。
[ 2014/11/02 12:59 ] [ 編集 ]
No title
やっとコンディションが上がってきて昨日再び世界最高クラスのプレーを見せてくれたフンメルスがもしここで離脱になったら本当に痛い。
ゲッツェがこの試合で唯一なしとげた仕事はフンメルスの膝からひざ下にかけてスパイクを入れたこと。彼を下げさせられて前に運べなくなり、そして替わったズボティッチから(大きな過失ではないが)2失点……。
深刻な負傷でないことを祈ります。

ロイス、オーバーメヤンが広がりながら上がり、香川に必要なコンマ数秒の時間を与える。CLでも使えそうなパターンです。しかしドゥルムピシュチェクの上がりとあわせいかに彼へのクロップと選手からの信頼が厚いかが見て取れます。確かにコンマ数秒のスペースさえもらえれば必ず局面を一気に変えてしまう。クロップの彼への評価も納得しました。
そしてあのシュートもひさしぶりにゴール前の彼にゾクッとしました。何も考えず、迷いなく出来たように見えました。そろそろゴール前での香川も戻ってくるのを予感しました。
[ 2014/11/02 13:32 ] [ 編集 ]
管理人さんの今日のドイツを見ていると、優雅な生活をしていらっしゃるようで羨ましい限りです。
[ 2014/11/02 14:31 ] [ 編集 ]
No title
そりゃ他のブンデスのチームは引きこもるわな
やりあって勝てる二チームじゃないわ。
ローマがあの結果だし
[ 2014/11/02 14:54 ] [ 編集 ]
No title
この結果は実力通りでしょう。むしろ健闘したと思います。
フンメルスは怪我が一番痛い。彼のビルドアップがドルトムントがドルトムントらしい攻撃をする為に不可欠ですからね。

ドイツのお城いっすね。まんまグリム童話の世界です。
ドイツワイン私も好きなのですが、お奨めでもあれば何かの機会に紹介してくださいまし。
[ 2014/11/02 15:32 ] [ 編集 ]
翻訳ありがとうございます。
子供のころ、最初に好きになったサッカー選手が当時西ドイツ代表だったマテウスなので、そのマテウスに今一番好きなサッカー選手の香川を評価して貰えて嬉しくなりました。
ありがとうございます。

敗戦は残念だし、フンメルスが6週間離脱も本当に残念ですが、クロップとドルを応援する気持ちが、この敗戦で更に高まりました。
[ 2014/11/02 15:47 ] [ 編集 ]
No title
英語の実況でもミキタリアンですね。
[ 2014/11/02 15:51 ] [ 編集 ]
負けてしまいましたが、よく健闘したと思います。香川選手も。
試合の結果は結果、明日もしかしたらフライブルクが勝って、ドルは自動降格圏の17位になるかもしれませんが、次の試合のことだけを考えればいい。
フンメルスの怪我は心配です。終了間際にジャンプした際に足首を捻ったとか。前回と同じ右足首ではなく、左足首だそうですが。
[ 2014/11/02 17:00 ] [ 編集 ]
No title
スカパーで選手名がムヒタリアンになってるのはどうして??
ムヒタリアンって呼ぶのはいけないの?
[ 2014/11/02 17:54 ] [ 編集 ]
No title
本来の発音は知らないけど、ドイツ語でも英語でもミキタリアンっぽい感じだね
ムヒタリアンなのは日本しかしらない
[ 2014/11/02 19:17 ] [ 編集 ]
No title
バイエルンは確かに強い!でも選手がなんだか楽しそうじゃないんですよね。なぜだろう?

ドルトムントはまだまだ粗いのかもしれないけれど、プレーにひたむきさと、もっとおもしろいサッカーができる!可能性を感じ、見ていてワクワクします。

今季は目標どおりにいかないかもしれないけれど、焦らずじっくり進化型ドルトムントを作って行って欲しいです。夜明けは近い!きっと凄いチームになるって信じてます!
[ 2014/11/02 19:20 ] [ 編集 ]
No title
ちなみに彼の母国語であるアルメニア語では、ムヒタハンって言っているように聞こえるから、ムヒタリアンが全面的におかしいって訳でも無いからな

カタカナ表記なんてどうしても揺らぎが出るんだから、誰のことを言っているか通じればそれでいいよ
[ 2014/11/02 19:24 ] [ 編集 ]
No title
アロンゾ封じられるだけの力があることがわかったことだけが収穫
とはいえ勝ち点なしは無意味なんだよ…
[ 2014/11/02 19:52 ] [ 編集 ]
う"ち"だ
か、
う"し"だ
の違いみたいなものだろう。
[ 2014/11/02 23:41 ] [ 編集 ]
アイスヴァインは一度だけ飲んだことがあるけど、すごい甘さなのに美味しかった記憶
管理人さんも是非一度ご賞味下さい
[ 2014/11/03 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。