ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ロイス再び負傷!トゥヘル「同じ選手ばかり何度も・・」合宿での怪我人は7人に!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



だからトゥヘルは再びシュメルツァーをキャプテンにしたのか?



ロイス再び負傷!



entry_img_1441.jpg
引用元:Bild



もしかしたら昨日のドルトムント行の飛行機の番号(EW1909 ボルシア創立年と同じ)が、少し幸運をもたらしてくれるかもしれない・・・

スポンサーリンク




マルコ・ロイスが再び負傷したのだ。これでトレーニングで負傷して帰ることになった選手は7人になる。



“もうこれで何度テーブルの角に噛り付いたことか・・・”とトーマス・トゥヘルは怒る。“すべて順調という事は間違っているだろうね。怪我人が多すぎるし、同じ選手が何度もだ。いずれにせよこれは問題だ。”


ロイスはスペインでの最初のテストマッチでプレーしていた。しかしその後一週間すべてのチームトレーニングを欠席している。内転筋につながる筋肉に痛みが出たためだ。



トゥヘル:“彼はこれまでにないぐらい安定していた。持久力はこれまで最高だった。問題は急に出てきたんだ。こんなことが起こり得るなんて思いもしなかったよ。”


20170114231213d60.jpg


またロイス!2012年にBVBに来て以来ロイスは460日も負傷している。



トゥヘルは嘆く:“マルコは僕に心配するな、と言ったんだ。今はそれを信じるように自分に言い聞かせているよ。”


もう一つの問題はロイスの負傷の後で、すぐに解決した。トゥヘルが昨日の午前中に:“シュメルツァーがキャプテンだ。”と語ったのだ。本来トゥヘルはブレーメン戦の前まで時間をとるつもりだった。しかしこれにはロイスの負傷も関係しているのだろうか?彼は怪我がちだから、別な人にやってもらおう・・・という理由で。


201701142312145bb.jpg


どうしてこうして不要な議論を起してしまったのかという事について、トゥヘルは、“彼のカムバックの後で、彼は僕らのキャプテンではないよ、とすぐに言いたくなかったんだ・・”と語っている。


それはさておき、負傷したゲッツェ、ソクラティス、ローデ、シャヒン、ベンダー、デンベレ―、ロイスがひっそりと飛行機から降りてくる姿を見た人は分かっている。ドルトムントに問題があるという事を。








以上です。

これは大変な事になりました・・。合宿行かなかったほうがよかったのでは・・・と思ってしまいますね。カストロと香川選手にはぜひとも頑張ってほしいですね。

それにしてもロイス・・・どうしてこうなってしまったのか・・・・?誰か教えてください・・!




[ 2017/01/15 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(27)
またか
[ 2017/01/15 06:32 ] [ 編集 ]
ロイスはもうずっとこれを繰り返していくんでしょうか・・・良い選手だけに惜しい。
ここまで続くと流石にキャプテンにも任命しづらいですよね。
それにしてもこの怪我人の多さは・・・。
[ 2017/01/15 06:55 ] [ 編集 ]
同じ選手ばかりって言いたくなる気持ちは分かるけど、指揮官がそういう事を口に出すべきではないと思います・・・
細かいかもしれませんが、こういうところがトゥヘルはどうも好きになれません
[ 2017/01/15 07:57 ] [ 編集 ]
一度東洋医学のアプローチで診てもらったらいいんじゃねロイス
[ 2017/01/15 07:58 ] [ 編集 ]
ドイツより暖かい地でこれだけケガ人が出るのであれば、ドルトムントに戻ってからどうなるのでしょう…
ロイスゲッツェシャヒンベンダーあたりは起用も慎重に見えますが、何度も繰り返す。
特にベンダーパパの離脱は気になります。
一方で香川は足の状態も良さそうで体のキレもありました。
彼はスタミナもありますから、調子がよければスタメン起用で計算しやすい選手の1人だと思っています。
だからこの前の試合で長く起用されたのかなと
思いました。
コンディションをもっと上げてくれと期待されてるのかなと、贔屓目かもしれませんが。
あと1週間、少しでも状況が好転することを願っています。
[ 2017/01/15 08:12 ] [ 編集 ]
ロイスの内転筋はいつもの箇所ですね・・
他の負傷した選手はどの部分の負傷なんでしょうか、ロイス含め完治するまでどれくらいの期間かかるのでしょうか?
自分もキャプテン問題の決定にこの間のテストマッチでのロイスの怪我も何気に影響したのかなと思ってました
[ 2017/01/15 08:15 ] [ 編集 ]
最近なんで怪我人が増えてるんだろう? 何が原因かクラブの人はわかってるの? 
怪我人が復帰してきたと思ったら、またすぐ怪我するのはなぜなんだろう?
昨シーズントゥヘルが来てグルテンフリーだとか色々取り組んで選手の健康に気を使ってたのに‥。

それに加えて、いつも冬はウィルス性の胃腸炎とかにかかりますよね。
怪我人+風邪人で大変な事になりませんように!

日本ではインフルエンザが流行してきました。
満員電車は恐怖ですがマスクをしてると少し安心です。
ヨーロッパではマスクしてる人いませんけど皆マスクすると良いのにな~。
[ 2017/01/15 08:46 ] [ 編集 ]
なぜだーーー(´д`|||)
なんですぐ怪我するん…
[ 2017/01/15 09:22 ] [ 編集 ]
センスは圧倒的にオバメよりも上手いんだけどこうしてみると、まさに無事これ名馬だな。
これで丈夫だったらメッシやクリロナクラスにも並べただろうに・・・。
上手すぎるセンスに体はついてこれなかったケース。どこのジャンルでもあるあるですな。
[ 2017/01/15 09:30 ] [ 編集 ]
この圧倒的スペ体質がなければビッグクラブのスタメン張れる選手なんですけれどね
[ 2017/01/15 10:32 ] [ 編集 ]
 夏もトレーニングで負傷者を複数出してましたね。トゥヘル監督のトレーニングメニューに問題があるのでは?
[ 2017/01/15 11:17 ] [ 編集 ]
元イタリア代表のヴィエリと同じで筋肉が怪我しやすい質なのではないでしょうか?
それとプレー時の体の使い方の癖が悪い方向に働いているか。
[ 2017/01/15 11:20 ] [ 編集 ]
ロイスは才能に身体がついて行ってないんですよ。本当にもったいない。それでもドルでは居場所はあるのでずっとこのクラブにいるような気がする。
[ 2017/01/15 11:49 ] [ 編集 ]
おいwwww
ロイス、スペ体質すぎるだろ・・・悲しい
[ 2017/01/15 11:51 ] [ 編集 ]
まじかー・・・
[ 2017/01/15 13:11 ] [ 編集 ]
最早、戦略として計算出来ないレベルですね…
怪我をする度に、更に脆くなるという悪循環。

[ 2017/01/15 13:15 ] [ 編集 ]
ロイスは怪我をしやすいとは思いますが
今シーズンドルトムントの選手の怪我が多いのは攻守において組織的ではなく個人技頼みで
攻撃ではドリブルしてくるならファール覚悟で止めればいいと思われて足を狙われやすいしボールの失い方が悪いので守備にも負担がかかります
内転筋の故障が多いのも納得です
このままのやり方でいくなら失点と怪我人は増えるばかりなのではないかと思います
プレスにいくようになりましたが連動性のあるプレスではないので負担が増えるばかり

ウィンターブレイクの間にチームとして機能するようにトゥヘルが何らかの策を実行してくるかと期待してましたが今の所特に変わらず
後半戦も厳しいのかなと覚悟しておきます
[ 2017/01/15 14:59 ] [ 編集 ]
 
よくガラスの足とか例えられるけど
ガラスでもこんなに壊れないと思うわ
[ 2017/01/15 15:09 ] [ 編集 ]
ここまで怪我するのは怪我しすぎて体が怪我を怖がって
無理な動きをするから更なる怪我に繋がってるんじゃないの?
怪我しやすい選手はたしかにいるけどロイス並みに怪我してる選手は記憶にないぞ
[ 2017/01/15 15:51 ] [ 編集 ]
いくらなんでも今季の怪我人の多さは不運で済ませれるレベルじゃないね
トレーニングの内容が問題なのか、それともスタッフの問題か
トレーニング次第でベンチ外とかしちゃうから選手はオーバーワークになっているのかもしれない
[ 2017/01/15 16:09 ] [ 編集 ]
フレドリーマッチを見た限り、チームはやっと後ろ固めることに手をつけた印象がありますね。特に前のゲームの後半開始からラモスと香川をトップにおいて10人がコンパクトに距離保ちながらやり始めて2点取った。

で、これやり続けんならケガ人のことはあまり気にしなくていい。このシステムはフットボールゲームの基礎中の基礎だから個人能力とかあまり関係ない。そこそこサッカーやったヤツなら誰だってやれる。現に、パスラックが3人抜きしたり、交代でなぜかセカンドトップに入ったゲレーロまで点取った。

こういう基礎的なとこでチーム内競争させんなら若手にはチャンス。シンプルにやるだけだから細かいチームオーダーなんて気にせずのびのびやれる。ケガ人ありがとうだよ。

監督はケガ人のことなんか嘆いてないで、若手の良い面引き出してもらいたいな。いい若手がいくらでもいるんだし、これできんなら勝ち点なんか後から付いてくるでしょ。若手がガンガン行ければチームはいくらでも勢いつくんだからさ。

それにもうケガ人どーたら言ってる時期じゃないしね。勝負どこなんだからそんなもんは置いてくしかない。 いるヤツらで勝負。

前から言ってることだけど、ドルはいらんことやらなければどこにも負けないよ。

トゥヘルにとっちゃ監督として最高の見せ場だと思うよ。
[ 2017/01/15 16:23 ] [ 編集 ]
試合での負傷ならしょうがない面もあるけど、合宿でこの多さは異常でしょ

監督のハードな要求が問題な気がする
[ 2017/01/15 16:38 ] [ 編集 ]
ひそかにゲレイロ復帰に期待してます
もちろん香川も頼む!
[ 2017/01/15 17:19 ] [ 編集 ]
いくらドルトムントにとって象徴的な選手とはいえ今後あまりに怪我し過ぎると
バドシュトゥバーみたく(レンタルだけど)どっかに放出されそう・・・
まあロイスは若手時代に1回出されてるけど
[ 2017/01/15 17:29 ] [ 編集 ]
練習での怪我なら監督が一番の責任
次に栄養士、フィジカルコーチ、メディカル、グラウンド整備士、クラブの問題
それらを決めてるのもほぼ監督だから監督の責任
それだけ怪我人多いなら肉体を酷使するゲーゲンプレスや練習量や食事を見つめ直すべきだよね
[ 2017/01/15 20:01 ] [ 編集 ]
香川選手の怪我のときにも思ったけど、BVBに限らず
EUはメディカル機器が少ないのかな
CTとMRIの人口当たりの設置数は日本が断トツらしい
2014年のデータだと人口100万人当たり
CT:日本101、二位の米国の2倍(実数は米国が多い)3位、イタリア
MRIも同じような構図の模様、ドイツじゃ安易に検査できないのかな
だから内田選手が日本に帰国して検査してたのか?
[ 2017/01/15 20:17 ] [ 編集 ]
ドイツは医療費が無料なだけに大掛かりな検査をしてもらうのに時間がかかる傾向にあると思います。もちろんそれで日本みたいに大したことないのに検査を要求する人が増えたら回らないからそれは理解できますが、彼ぐらいの著名人なら例外だと思うのですが、そういうわけにはいかないのでしょうか。その辺、私も気になります。内田選手やハーフナー選手が日本で治療を選んだのはそういうこともあるのでは。

大好きな選手ですがあまりにケガが多すぎるので他のクラブに移籍はなさそうですよね。原因は一つではない気がします。他の方も述べていますが、スポーツ治療的なもの、栄養的なもの、ドイツの半端ない寒さと冬の日照時間の少なさとか色々ある気がします。でもドルトムントは地方都市だから限界があるような気がします。ビッグクラブなんだからその辺はクラブで可能な限りなんとかしてほしいですね。
[ 2017/01/16 13:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。