ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ソクラティスは軽傷!その他ロイス、ゲッツェ負傷者状況詳細!《ドイツの反応》




西ドイツアルゲマイネ】1月14日


デンベレ―、ブレーメン戦は欠場か!

entry_img_1442.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ



マルベラ

ブレーメンとの公式戦を一週間後に控えたドルトムントは怪我人に悩んでいる。そのうちの何人かは攻撃陣だ。ウスマン・デンベレーは腸骨筋の筋を痛めてしてしまったようだ。まだブレーメン戦に欠場すると決まったようではないと、BVBは公に発表している。しかし、これは同時に欠場する可能性を意味してもいる。

スポンサーリンク



ロイスは筋肉に問題。リュッティヒ戦も欠場


マルコ・ロイスは、軽い筋肉の問題のためにリュッティヒとのテストマッチを欠場した。この攻撃陣はチームトレーニングにあまり参加することはできず、ほとんど個人トレーニングに励んていた。それに加えてピエール・エメリック・オバメヤンは、アフリカカップ出場のため欠けることになっている。


オバメヤンの代わりとして、リュッティヒ戦ではアンドレ・シュルレがそのポジションでプレーしたが、何度か良いチャンスを得ており、おそらくブレーメン戦でもそのポジションでの出場が濃厚だとみられる。もう一つの可能性はラモスだが、テストマッチではベンチスタートだった。


さらにテストマッチの午前中のトレーニングで足に打撲を負ったズヴェン・ベンダー、そして背骨が固まってしまったマリオ・ゲッツェ、さらに足首に問題を抱えているゼバスティアン・ローデがいる。


それ以外に、膝に問題を抱えるヌリ・シャヒンとネヴェン・スボティチはまだ基本トレーニングの段階だ。このセルビア人は1月23日にチームトレーニングに戻るとみられている。




西ドイツアルゲマイネ新聞】1月15日


ディフェンダーのボス、ソクラティスはリュッティヒとのテストマッチで負傷交代となったが、足首に軽い怪我をしていた。しかしトゥヘルによると“診断の結果、来週復帰する事が期待できるというものだった。”と語った。このセンターバックは、12月10日のブンデスリーガ、ケルン戦ですでにくるぶしを負傷していた。

リュッティヒ戦で欠場したローデ、ゲッツェ、ベンダーの負傷は大きなものではなくて、どちらかと言えば念のためという事のようだ。トゥヘル:“マリオの場合は、背中の問題が筋肉の負傷へとつながる危険性があったんだ。”






以上です。

前回の記事ではそれぞれの負傷者状況には言及されていませんでしたので、今日と昨日の西ドイツアルゲマイネ新聞の記事から、負傷者状況をまとめて紹介しました。


ロイス、デンベレ―あたりはもう少し時間がかかるかもしれないようですが、その他は割とすぐに復帰する可能性もあるという事で少し安心しました。ただせっかくの合宿で連携を試す事ができなかったのはやはり残念ですね。

ソクラティスがブレーメン戦でプレーできるかもしれないのは本当に良いニュースですが、それがケルン戦での負傷箇所という事なので、慎重に判断してもらいたい所ですね。



[ 2017/01/15 18:30 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(1)
とりあえず念のために休ませている選手も18日のパダーボルン戦とのテストマッチは休ませましょう
リーグ再開のブレーメン戦の次の日にまたテストマッチがありますね
昨シーズンもそんな感じでしたが軽症組はそこからでいいかなと思います
[ 2017/01/15 21:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。