ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「長谷部が監督になれば引く手あまたになるかもしれない!」長谷部特集第2弾!《ドイツの反応》




90Min】1月10日


長谷部、引退後の計画を明かす!


entry_img_1444.jpg
引用元:90Min


32歳という年齢、そして残り一年半という契約を考えれば、引退後のキャリアについて考えることは当然だろう。アイントラハト・フランクフルトの長谷部は彼が描いていることを明かしてくれた。


“引退後は監督になりたいと、ともうはっきり言う事が出来ますね。”


この日本人は、そのキャリアにおいていくつかの物事を達成している。そのハイライトの一つはヴォルフスブルクでのリーガ優勝だろう。しかしこの32歳はまだサッカーを楽しんでいる。彼はリベロという新たな役割でアイントラハトで素晴らしいシーズンを過ごしている。“サッカーが僕の人生でナンバー1です。”とこの守備のスペシャリストはキッカーで語った。

スポンサーリンク


そして彼がプロ選手として引退した後で、さらにサッカーにかかわって仕事をしたがることは当然と言えるだろう。この日本人は監督としてのキャリアをスタートさせることをもう長い間考えている。“今では引退後に監督になりたいと、はっきり言う事が出来ますね。そしてニコ・コヴァチのようになりたいです。”と長谷部はキッカーで語っている。彼はすでに“10年以来毎日の仕事の日記”をつけているそうだ。



長谷部はブンデスリーガで8年プレーしているが、ここで監督として仕事をしたいと考えている。もし彼がニコ・コヴァチと同じように歩んだとしたら、多くのクラブが彼の獲得に動き出すことになるかもしれない。しかしまだそうなるまでは時間がある。



この日本人は2018年までフランクフルトと契約しており、この契約を全うしない理由は全くない。もしこの契約終了時に状態が良いと感じていれば、もういちど契約を延長する事もあるかもしれない。もし後半戦も前半戦と同様に成功を収めれば、この32歳は来シーズンはチャンピオンズリーグでプレーする事になる。そして日本代表のキャプテンとしても2018年のロシアワールドカップに参加したいと思っているかもしれない。






以上です。

長谷部選手がドイツで監督になりたいと発言した事をうけて、複数のメディアで特集記事が書かれていましたので、別なものを紹介しました。

個人的に興味深かったのは、前回紹介した記事で、長谷部選手が、ドイツでのほうが発言を多く求められる、と語っている事です。

これはおそらくインタビューなど、自分の考えを聞かれる機会が多いという事ではないかと想像しますが、外国人のドイツ語習得が話題になっていただけにより興味深く感じた次第です。

おそらく長谷部選手はその重要性を実感したからこそ、ドイツ語の勉強にも力を入れたのではないかと思います。

でもいずれ日本人がブンデスリーガで監督をやっている事があるかもしれないと思うと胸が熱くなりますね。頑張ってほしいです。





[ 2017/01/16 20:15 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(9)
飛ばし記事なのかな???

まだ待ってみよう
[ 2017/01/16 21:13 ] [ 編集 ]
将来1部リーグで監督なんて事になると嬉しいですね。
最後はドイツで得られたものを日本で還元して欲しいです。
[ 2017/01/16 21:15 ] [ 編集 ]
長谷部選手はブンデスリーガで優勝と降格という酸いも甘いも体験し、CLやEL、プレーオフを戦った経験を是非とも生かして日本人初のブンデスリーガでチームを率いる監督に就任してほしいな。
[ 2017/01/16 21:55 ] [ 編集 ]
>長谷部選手が、ドイツでのほうが発言を多く求められる、と語っている事です。

長谷部、この年末帰国時の日本での記事やインタビューは佐藤ありさとの結婚式周りの事ばかりだったし、長谷部はこういうプライベートの事を聞かれることが大嫌いだからね。明確に拒否していた。

正直、日本の記者でずっとブンデスリーグの試合を追っている人は少ないと思うし、特にフランクフルト辺りはね…試合見ていないから、サッカーの事は代表戦の事位しか訊くことないし、代表戦は3月まで無いし。発言求められないのわかる。話題が無い。
[ 2017/01/16 23:13 ] [ 編集 ]
長谷部の持ち味はカバーリングだと思うし
ちょいちょい未来が見えてるんじゃないかと思うレベル
監督になるならそこを活かして守備戦術に長けた監督になってほしいなぁ
[ 2017/01/16 23:31 ] [ 編集 ]
案外、サッカー史に残るような偉大な監督になるかもしれない。
サッカー選手は基本的に知性を感じさせないが、彼は別だ。
[ 2017/01/17 05:51 ] [ 編集 ]
将来、日本人監督も欧州組がゴロゴロと出来ても良いだろうな
長谷部や内田はドイツ
長友はイタリアとか
古いとこでは小野がオランダ
中村はスコットランドやらでね
[ 2017/01/17 15:22 ] [ 編集 ]
 戦術眼に優れた選手という印象を持った事は一度もないけど、現役選手の頃から監督になるつもりで活動し、後に監督の道を歩んだ人は良い指導者になる可能性が高いと思うので、頑張ってほしいです。
[ 2017/01/18 18:43 ] [ 編集 ]
日本代表でもフランクフルトでも、チームの大黒柱である長谷部はとても賢い選手。
戦術眼に長けた素晴らしい監督になるだろう。
ドイツ紙に「ベッケンバウアー」って呼ばれてたね。
[ 2017/01/18 23:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。